チャイナ ボカン シリーズ。 中国の爆発まとめ★チャイナボカンシリーズ

【チャイナボカンシリーズ】中国でいままで爆発したことがあるもの...

チャイナ ボカン シリーズ

私見だが、現代の日本における中国情報の消費には複数のパターンがあると考えている。 まずは中国の政治・経済への真面目な関心で、これは19世紀から続くかなり伝統的な切り口だ。 また、漢詩や中国史への関心も、近年は存在感が薄れてきたが古くから脈々と続いている。 いっぽう、もうひとつ大きなトピックがB級ニュースだろう。 有名どころでは段ボール肉まんや「チャイナボカン」シリーズ、比較的マニアックなところでは、ゼロ年代のネット黎明期に人気が爆発した中国製ロボット「先行者」、北京五輪時のパクリ・パンフレットの「涼宮ハルビン(通称)」、遊園地のニセキャラクター……といったユルめの笑える話題である。 10年間中国のB級ニュースを探し続けてきた筆者が感じた異変 私はライターになる以前の2008年から中国のネット掲示板の翻訳ブログを運営して彼の国のトホホな話題を探し続け、最近でも大連の上場ダッチワイフメーカーだの深センのネトゲ廃人村だの怪しいものばかり取材している。 学生時代までさかのぼるなら、トホホな中国との付き合いは15年以上におよぶ。 政治や経済のギラギラした話題から距離を置き、泥臭くてリアルな中国社会が垣間見えるのがB級ニュースの醍醐味だ。 ところが、近年はなぜか中国のB級ニュースがとんとつまらなくなった。 過去と比べて無邪気に笑える話が減ったのである。 過去にこの手の話の配信が多かったサーチナやレコードチャイナなどのウェブニュースの配信もかなり減少している。 私は今年の4月14日、自分と同じく中国B級ニュースに詳しいジャーナリストの高口康太、アジアITライターの山谷剛史氏らとというトークイベントを予定している。 今回の記事ではこれに先立って、中国のトホホな話の報道が減ってしまった理由を自分なりに考察してみることにしたい。 1.中国の出来事は同じことの繰り返し まずは以下に、日本でよく報じられがちな中国のおもしろニュースの例を挙げてみよう。 ・パクリのミッキーやドラえもんが登場 ・自動車や携帯電話や店舗が爆発 ・ニセ銀行やニセ公的機関が出現 ・農民が謎の発明 ・公害で川がカラフルに変化 ・事故で横転したトラックの荷台に地元住民が群がり略奪 いずれも非常に楽しげな話だが、実はこれらは中国の報道を定点観測していると、数年に一度くらい似たような話が出てくる。 中国の人口は日本の10倍なので、似たような行動をする人も10倍多くいるわけであり、結果的に構図が酷似した事件が定期的にリピートされるのだ。 当然ながら、過去の事件と似た話は新鮮味に欠けてニュースバリューが下がるため、日本では報じられにくくなる。 加えて近年の場合は、ゼロ年代までは派手に起きていた事件が、縮小再生産を繰り返すだけになった例も多く見られる。

次の

【チャイナボカンシリーズ】PC爆発で店舗炎上…店員「火事など起きていない。訓練だ」

チャイナ ボカン シリーズ

当ブログのエントリ、にもチラッと書いたのだが、米国のマサチューセッツ州ボストンで、4月15日の午後2時50分 日本時間16日午前3時50分 頃、開催中だったボストン・マラソンで二度の爆発が起こり、死者3人、負傷者130人以上を出したテロ事件があった訳だ。 マラソン大会のゴール付近で起きた爆発は人為的なものと見られ、容疑者と動機も不明だが、捜査当局はテロ行為であると見て、テロとの関連を調査中とし、ホワイトハウスも複数の爆発物によるテロ行為と述べている。 そんな中、支那 中共 のニュースサイト「レコード・チャイナ」が、同じく支那の国営メディア「新華社」の報道として、参加したランナーの中には28人の中国人が含まれていたが、その安否が依然として不明だと報じている。 同記事では、マラソン大会を主催するボストン体育協会に依ると、今回のボストン・マラソンには中国からは25〜59歳の28人が参加しており、新華社北米支局の記者に依ると、28人は現段階で連絡が付いておらず、その安否は不明となっているそうだ。 この28人の支那人が行方不明と言うニュースを読んだ時、支那と爆発と言う事で、大変、不謹慎ながら「チャイナ・ボカン・シリーズ」を思い浮かべてしまった。 チャイナ・ボカンとは、これまた当ブログのエントリ、にも書いた通り、支那では日本の常識では考えられない様な、様々な物が爆発する訳である。 そんなだから爆発と言えば、支那の国技みたいなもんなので、もしかしたらマラソンランナーが爆発したのではないかと言う、不謹慎極まりない想像をしてしまった。 更に、テロで使用された爆破物が「圧力鍋」だと発表された際には、その爆発した圧力鍋は「メイド・イン・チャイナ」なのかとね、これまた不謹慎な想像をしてしまった訳である。 そう考えると、色んな物が爆発ばかりしている支那と言う国は、年がら年中テロが発生している様なもんじゃねえか。 って話になる。 まぁ、あれだ。 まだまだ書きたい事は、犬の糞ほど沢山あるが、これ以上書いていると更に不謹慎な事を書いてしまいそうなんで、今回のエントリはこの辺で。 【ネッタイムス・東坊京門・作】.

次の

ボストン爆破テロとチャイナ・ボカン・シリーズ: ネッタイムス・ブログ

チャイナ ボカン シリーズ

当ブログのエントリ、にもチラッと書いたのだが、米国のマサチューセッツ州ボストンで、4月15日の午後2時50分 日本時間16日午前3時50分 頃、開催中だったボストン・マラソンで二度の爆発が起こり、死者3人、負傷者130人以上を出したテロ事件があった訳だ。 マラソン大会のゴール付近で起きた爆発は人為的なものと見られ、容疑者と動機も不明だが、捜査当局はテロ行為であると見て、テロとの関連を調査中とし、ホワイトハウスも複数の爆発物によるテロ行為と述べている。 そんな中、支那 中共 のニュースサイト「レコード・チャイナ」が、同じく支那の国営メディア「新華社」の報道として、参加したランナーの中には28人の中国人が含まれていたが、その安否が依然として不明だと報じている。 同記事では、マラソン大会を主催するボストン体育協会に依ると、今回のボストン・マラソンには中国からは25〜59歳の28人が参加しており、新華社北米支局の記者に依ると、28人は現段階で連絡が付いておらず、その安否は不明となっているそうだ。 この28人の支那人が行方不明と言うニュースを読んだ時、支那と爆発と言う事で、大変、不謹慎ながら「チャイナ・ボカン・シリーズ」を思い浮かべてしまった。 チャイナ・ボカンとは、これまた当ブログのエントリ、にも書いた通り、支那では日本の常識では考えられない様な、様々な物が爆発する訳である。 そんなだから爆発と言えば、支那の国技みたいなもんなので、もしかしたらマラソンランナーが爆発したのではないかと言う、不謹慎極まりない想像をしてしまった。 更に、テロで使用された爆破物が「圧力鍋」だと発表された際には、その爆発した圧力鍋は「メイド・イン・チャイナ」なのかとね、これまた不謹慎な想像をしてしまった訳である。 そう考えると、色んな物が爆発ばかりしている支那と言う国は、年がら年中テロが発生している様なもんじゃねえか。 って話になる。 まぁ、あれだ。 まだまだ書きたい事は、犬の糞ほど沢山あるが、これ以上書いていると更に不謹慎な事を書いてしまいそうなんで、今回のエントリはこの辺で。 【ネッタイムス・東坊京門・作】.

次の