自衛隊 辞め たい。 自衛隊を辞めて5年経った僕が自衛隊を辞めて後悔している事を3つ上げてみる

私が自衛隊を辞めた5つの理由と退職後の転職・就職先の現実

自衛隊 辞め たい

自衛隊の入隊理由 ハッキリ言って、 自衛隊の内部は私が想像していた通りの所でした。 結論から言うと、多少の重い・軽いはあるにしろ基本的には想像通りで、そうと分かっていたのに危惧していた部分が原因で「もうやっていけない」と思い立って辞めることになります。 そもそも私の場合は、自衛隊も入りたくて入ったわけではないような感じなので、ちょっと特殊な感じですが。 今では笑い話の1つですが、私が「あ、もう無理。 辞めよう」と思った直接的な瞬間は、 年下の先輩から「脚立を洗え」と命令された瞬間でした。 私は隊長から脚立を借りてくるように言われ、A士長の部隊から脚立を借りて使用し、綺麗に整備してから返却しました。 その後、別の人がその脚立を勝手に借りて使用し、汚れた状態で返します。 その汚れた脚立を見たA士長が、私に向かって 「ちゃんと整備してから返せ」と言ってきたという感じですね。 この先輩はいわゆる外様で、別の部隊から移転してきた隊員でした。 最初は私の階級章を見て先輩だと勘違いしてペコペコしていたのですが、私の方が半年後輩だと気付いた瞬間に態度が急変したので、私もあまり好きじゃなかった人物です。 「洗って返せ」「洗って返した」という、私とA士長が軽い小競り合いのようになって事態が大きくなると、私が返却した後で脚立を使用して整備し忘れていたという人物が出てきます。 私はここでA士長が私に「勘違いしてた、すまない」と謝って終わりかと思っていたのですが…。 今でも一語一句覚えています。 「俺が貸したのはキミに対してで、キミが洗って返すのが筋だ。 俺はキミが脚立を洗ったところを見ていない。 だから今洗え」と言われたんです。 今なら「無茶苦茶やん!」と言って笑えますが、当時は後輩の私が 「お前まじで言ってんのか?」という方向に行ってしまったので、A士長としても後輩に舐められてはいけないと思って、引くに引けなかったのではないかと思います。 私は年下の先輩に命令されることに関してはもう免疫があったので、そこに関しては何も思わなかったのですが、言い分のメチャクチャさと「キミ」という呼称に腹が立ったんでしょう。 この人は私の名前も覚えていないうえに、勢いだけで文句を言いに来たんだなぁと。 結局、隊長クラスの耳まで話が届く騒ぎとなり、どっちが悪いというのはハッキリさせることもなく、私が脚立を綺麗にして返せば事は収まるということで、もう嫌味なほど綺麗に磨き上げて返却し、その足で中隊長室へと向かって退職を願い出ました。 私が自衛隊を辞めた理由 前項に書いたのは、あくまで 辞めることを決断したキッカケの出来事です。 時期的にはゴールデンウィークが明けた頃でしたが、私はこの年の頭にも「自衛隊を辞めようかな」と考えていたので、辞めようか続けようか悩んでいたところをA士長によって辞める方向に後押しされたという感じですかね。 いや、もしかしたら辞める理由を探していたのかもしれません。 ここからは 私が自衛隊を辞めた理由、辞めようと揺らぎ始めた理由についてご紹介したいと思います。 自衛隊=カッコ悪いという認識があった 私は自衛官がカッコ悪い職業だと思っていました。 名前を書けば合格できる試験で選ばれて、 誰でも入れるのが自衛隊だと思って見下していました。 辞めた今ではそんなことは微塵にも感じませんが、自分が自衛官だった頃は友人たちにも「自衛隊に入った」とは言えず、友人関係を一旦リセットしたほどです。 こういう状態だと何もかもが嫌で、 駐屯地から出る際に敬礼してから出るという所作の1つ1つが気持ち悪いと感じますし、身分証を大事そうにベルト部分に縛着している状況も気持ち悪いと思っていました というか縛着という表現も気持ち悪い。 ふと冷静になった時に 「俺はこんな感じのことをあと30年近くも続けていくのか」と考え、いずれ子供が生まれたとして「うちのお父さん自衛隊なんだー」って言われるのが嫌だと感じたのも事実です。 理不尽なことがとにかく多い これは一般社会に理不尽なことが無いと言っているわけではありません。 自衛隊には 自衛隊特有の理不尽さというか、一般の方には伝わりにくい横暴さが多かったという印象です。 自衛隊の部隊にもよると思いますし、辞めた後で就職する会社にもよると思いますけど、よほどのことが無い限り、 自衛隊よりも理不尽なことがまかり通る会社は少ないんじゃないかなというのが私の考えです。 もちろん例外は山ほどありますが 「だったら自分の目で確かめてみたら?」と思います。 私は陸上自衛隊を途中でドロップアウトした人間ですが、強がりでも何でもなく「自衛隊を辞めたことを後悔していない」と断言できます。 恋愛関係の悩み 私は自衛隊の入隊時~退職時の6年間に、彼女が1人もいませんでした。 「できたら欲しい」という感情はありましたが、自分から積極的に動くということはしませんでしたし、職場が同じ女性自衛官の人から「良い人いるんだけど会ってみる?」という紹介の話を貰えたことは何度かあったものの、それに乗っかったことは無かったです。 単純にモテる方ではなかったので、自信が無かったというのもあるでしょう。 それを自衛隊のせいにしていた感もあります。 寮生活、有事の際の招集、飲み会が苦痛 第一に、 誰かと一緒の部屋で寝るということが嫌でした。 私は相当ガサツな方ですが、それでも精神的に堪えたので、神経質な人だとまず務まらないです。 最初は先輩と一緒の部屋に放り込まれて苦痛だったものの、その先輩も理解のある人でしたし、その後は気の合う同期や仲の良い先輩と同じ部屋だったので、私は相当恵まれている方だったと思います。 それでも嫌なものは嫌でした。 なぜかわかりませんが、私の休みの日に限って地震が来たんです。 せっかくの休みが潰れてしまうという不信感や、夜勤明けで寝ていない時のイライラなどもあり、少しずつ不満が募っていきました。 そしてそれが朝ならまだいいのですが、夜となるとお酒を飲んでいる人も多いので、普段からお酒を飲まない私のような人間は、馬車馬のごとく利用されます。 急に泊りがけで出動ということもあったので、そういう部分も嫌でした。 そしてこれが1番かもしれませんが、 飲み会が本当に嫌で嫌で…。 お酒が好きな人でも「できれば隊の飲み会は出たくない」という人が多いのに、お酒を飲めない私のような人間が出たくなるわけがないでしょう。 お金を払って免除されるのであれば、余裕で1万円くらいは出しても良かったです。 1週間断酒していたから、真っ先にお酒が飲みたいらしいです。 こういう部分も全く価値観が合いませんでした。 そして、辞めたい理由を色々考えた時に 「これらの幾つかは、自衛隊を辞めれば解決する問題なのでは?」と思ったので、辞めることを検討し始めたという流れです。 やはり毎日お風呂に入りたかったですし、毎日歯を磨きたかったです。 山籠もりなんて年に数回しかないとは言え、トイレで用を足せないとか今思い出しても苦痛ですね。 自衛隊を辞めて後悔していないかどうか ここについては強がっているわけでもなく、本心から 「辞めたことを後悔している気持ちは微塵もない」と言い切れます。 続けられるなら続けていた方が、会社から得られる所得という意味では「自衛隊の方が稼げただろうなぁ」という気はしていますし、休みも絶対に多かったと思っています。 私の場合は、自衛隊という組織が自分にはとことん合いませんでした。 自衛隊を辞めた後に勤めた会社では、17時に仕事が終わるなんてことはないですし、連休も3連休以上なんか滅多にありませんけど、 自衛隊の時には感じなかった大きなやりがいを感じましたよ。 結局は向き・不向きで、楽をしてお金を稼げるから幸せだとは限りません。 そして自衛隊が楽だと考える人もいれば 「仕事は楽かもしれないけど、仕事以外の部分がきつい」と感じている現職の自衛官の人は山ほどいるはずなので、本気で悩む前にまずは自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。 まとめ 私が自衛隊を辞めた理由は以上となります。 そんな時にたまたま嫌なことがあったので、爆発したんだと思います。 あの時爆発していなかったとしても、いずれは辞めていたと思いますが、自衛隊を辞めた今の方が人間味は出たんじゃないかと。 もし当時の私のように 「自衛隊を辞めようか悩んでいる」という人は、私ができることであればアドバイスさせていただきますので、気軽にお問い合わせください。

次の

自衛隊辞めたい…自衛隊から転職して後悔?辞めて正解?再就職の事例

自衛隊 辞め たい

『自衛隊は辛いから辞めたい!』という人はあなただけではない 自衛隊が辛いから辞めたいと悩む自衛官はたくさんいます。 実際に、「 国家公務員の負傷別自殺率データ」によると、自衛官の自殺率は平均を大きく上回っていることがわかります。 出典: また、自殺まで追い込まれなかった場合でも、うつ病などの精神的な病にかかっている人も多いので、「辞めたい」という気持ちは、あなたの心が悲鳴を上げているサインだと捉えてください。 少しでも心身に異変を感じたり、すでに悩んでいる場合は、 今すぐ病院で検査を受けましょう。 ここで、我慢することはあなたにとって一つもメリットがありません。 自衛隊を辞めたいと思う理由・原因 自衛隊を辞めるタイミングとしては、任期満了で辞めることが一番の理想です。 任期制の隊員であれば、満期金を貰えるので、その後の生活を考えると任期満了で辞めるのは最もいい辞め方です。 しかしながら、様々な理由から 「早く自衛隊を辞めたい」と悩んでいる隊員がたくさんいるのです。 実際自衛隊は離職率の高い職業の一つですが、一体どんな理由で退職を考える人がいるのでしょうか。 そこには、以下の3つの問題が大きく関係しています。 社会人としてのキャリア• 人間関係• 自衛隊ならではの特性 それぞれ解説していきます。 社会人としてのキャリアの問題 一つ目は、社会人としてのキャリアに関する問題です。 仕事環境が基本的に変わらず将来に不安を感じる• 経験を積むとデスクワークも増えて残業が日常化する• トレーニングばかりの日々で責任感が感じられない• 家族や恋人との時間が作れず将来が不安になる• 定年まで自衛隊を続けると世間知らずになりそう 2. 人間関係の問題 人間関係の問題は、もちろん民間企業でも起こりますが、自衛隊で起こる人間関係の問題は、民間企業で起こる人間関係の問題とは少し異なります。 人間関係に嫌気がさす• 体育会系の雰囲気が合わない• パワハラが辛い• 隊員同士で頻繁に揉める• 暴力やいじめが辛い 3. 自衛隊ならではの特性の問題 自衛隊では、民間企業のサラリーマンが体験しないような規律・風潮があります。 上司の命令は絶対という風潮が嫌• 狭いの村社会的なルールが合わない• 休暇でも連絡があるので心が休まらない• 消灯時間などが決められているのが辛い 自衛隊を辞めたいと思い、行動に移した人たちの声 実際に自衛隊を辞めた人たちは、 「 自衛隊を辞めてよかった」 と思っているのか、それとも 「 自衛隊を辞めなきゃよかった」 と後悔しているのか。 自衛隊を辞めて民間企業に転職した人たちの声を見ていきましょう。 自衛隊を辞めてよかった人の声 「自衛隊を辞めてよかった」と考えている人は、以下のような特徴があります。 自身の夢や目標に向かっている• 自衛隊を経て、自分の適性を把握している 家畜の殺処分にも自衛隊駆り出されるのか… 大人の豚だろうと変わらないけど子豚も殺さないといけないなんて耐えられない…。 自衛隊辞めてよかった…と同時に隊員に感謝、豚さんにも感謝そして安らかに…。 ヤマトで働いてギター弾いて週末にはセッションとか…すごい充実してる。 あまり考えずに仕事を選んでいる• 自衛隊を辞めて、自身をうまくコントロールできていない 自衛隊戻りたい 仕事くそつまらんやん 給料もクソ安いし、ほぼ毎日残業やし おわってんだろ。 もし、自身の希望や適性に合っている仕事があるのであれば、これまで培ってきたスキル・資格を有効利用すべきです。 例えば、以下の職種は自衛隊の経験が活きやすい職種です。 警備員• ドライバー• 営業職 警備員 体力仕事でありながら、安全を守るという点では、自衛隊の仕事に近い仕事です。 立場や守るべき対象は変わるかもしれませんが、転職後も仕事内容には順応しやすいため、自衛隊の仕事内容が苦でなければ、おすすめの職種です。 ドライバー ドライバーの中でも、特に大型トラックの運転手などが向いているかもしれません。 長距離運転は、座っているとはいえど、非常に体力の必要な仕事です。 また、荷物の搬入出で重い荷物を運ぶことも多いので、筋力も重要です。 運転や車の好きな人であれば、自衛隊の訓練で培った体力を活かせる職種だといえます。 営業職 営業職の中でも、ルートセールスではなく、新規顧客開拓を行う営業が向いているでしょう。 扱う商材によっても異なりますが、自衛隊で培った忍耐力を用いることで高い営業成績を残すことができるかもしれません。 営業は、自身が成果を挙げた分だけ、給料が多くなるインセンティブ制度を採用していることが多いため、成績次第では、これまでの数倍の給料をもらうことも可能です。 自衛隊を辞めたい時に用いる失敗しない転職方法 自衛隊を辞めたいと感じても、初めての転職活動は不安なはず。 だからこそ、下記のポイントを忠実に守って転職活動を行うことで、失敗しない転職活動を実現することができます。 (注)下記の記事では、余裕を持った転職活動をするために、退職する前にすべきことを解説しています。 公務員であるメリットは公務員のうちにしか使えないので注意してください。 自衛隊の場合、退職については自衛隊法を基本法令とした各種法令・規則で定められています。 自衛隊法第40条(退職の承認) 第三十一条第一項の規定により隊員の退職について権限を有する者は、隊員が退職することを申し出た場合において、 これを承認することが自衛隊の任務の遂行に著しい支障を及ぼすと認めるときは、その退職について政令で定める特別の事由がある場合を除いては、任用期間を定めて任用されている陸士長等、海士長等又は空士長等にあつてはその 任用期間内において必要な期間、その他の隊員にあつては自衛隊の任務を遂行するため 最少限度必要とされる期間その 退職を承認しないことができる。 引用: 要するに、民間企業に比べて、退職の許可をもらう人までが遠く、間に何人もの上司がいるため、非常に時間がかかります。 自衛隊の手続きの特性上、スムーズに手続きが進んでも退職までに「 3ヶ月」はかかると考えていましょう。 ただ、プラスに考えれば、3ヶ月の間じっくり転職活動を行うことも可能です。 引継ぎをしながら、代休・年次休暇を取得しつつ計画的に転職活動を行うことで満足のいく転職活動を実現しましょう。 転職活動はメリットだらけ 転職活動は、実は 「 転職を考えていない方にも」 メリットのある活動なんです。 その理由は、• 自分の市場価値が把握できる• 今後のキャリアが明確になる• 業界のトレンドに詳しくなる• (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる 上記のようなメリットがあるためです。 自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。 もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。 戦略的な転職活動には転職エージェントを「使い倒す」のが鉄則 戦略的に転職活動を行うためには、転職に関するプロである、転職エージェントに相談をしながら転職活動を行うのが鉄則です。 転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。 だからこそ、 転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。 転職エージェントとは、「 転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」サービスです。 具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。 転職相談• 求人案件の紹介• 応募書類・履歴書の添削• 面接対策• 面接日程(スケジュール)の調整• 年収交渉 自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。 そのため、 一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。 初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。 それでは、具体的な転職エージェントの活用方法について解説を進めていきます。 失敗しない転職活動のポイント 転職活動は退職前に始めることができます。 前述の通り、転職エージェントを利用することが鉄則ですが、その際にもポイントを守って利用するだけで、効率的かつ失敗しない転職活動を実践できます。 失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、 転職エージェントは必ず、 3社以上を併用 してください。 実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。 転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4. 2社です。 出典:リクナビNEXT 「 」 転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。 希望の求人に出会える確率UP• 担当と相性が合わなくても安心 1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。 幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。 おすすめの転職エージェント 転職賢者が本気でおすすめしている転職エージェントについてご紹介します。 前述の通り、 3社以上のエージェントに相談して、幅広く業種・業界を検討しましょう。 パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。 最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書はキャリアアドバイザーに相談しながら、一緒に作成すればいいのです。 いずれも 3分程度で登録が完了します。 転職エージェントを 「使い倒す」 マル秘テクニック エージェント側もあくまで「ビジネス」です。 エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。 絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。 下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。 「内定」をもらうことはゴールではありません。 転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。 全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です! 1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う 転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。 「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。 担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。 実務的な処理として、• 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ• 応募者がいなければ次の10人へメールを送る といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。 更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。 担当者とのファーストコンタクトでは 「転職時期はいつ頃をお考えですか?」 と聞かれるはずです。 この時に少しでも転職を考えている場合は 「良いところがあればすぐに転職したい」 と伝えておきましょう。 そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう 担当のアドバイザーに情を移してはいけません。 性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。 「初めての転職だし、こういうものかな、、、」 と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。 もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。 【担当変更メール文面例】 いつも大変お世話になっております。 大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 絶対に虚偽の申告はしない 登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。 エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。 この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。 アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する 大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。 しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。 面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、 「 面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。 下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。 【実際にあった最悪の推薦文】 業務内容を把握している現場の方の目で ご判断頂くことが一番かと思います。 スキル面については、ぜひ面談の際に お聞きいただければと思います。 嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。 あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。 同じ案件に複数のエージェントから応募しない 3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。 企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。 その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その 転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる 内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、 正直に 内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。 そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。 相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。 承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。 エージェント側としては、これもよくある事例です。 内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。 最低限のマナーを守る エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。 自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。 大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。 相手も「人」です。 何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。 下記で、「 登録しておけば間違いない」 おすすめ転職エージェントに登録できます。 仕事は、「楽しくあるべき」だ。 パソナキャリア 『 』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。 サポート体制の質の高さから、 『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。 拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。 マイナビエージェント 『 』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。 良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。 さらには、 市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。 また、女性の方は『』という、いわゆる「 女性専用のマイナビエージェント」があります。 女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。 マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。 初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

次の

自衛隊を辞めたいなら、すぐにでも次の仕事を探し始めるべき!

自衛隊 辞め たい

日々のアクセスは右肩上がりで伸びています。 いつも見て頂けて本当に嬉しく思います。 2011年の3月に自衛隊を除隊して民間企業に出て6年が経ちました。 このブログをキッカケに今でも現役の自衛官の人と繋がる事が出来たり 新しい出会いや発見がある事に日々感謝です。 そして、このブログを見に来る人は 自衛隊を辞めたい人・自衛隊を辞めて後悔している人・自衛隊を辞めて良かった人 他にも自衛官の彼女・自衛官の嫁・自衛官と付き合いたい人 色々な人に来て頂いています。 いつも見て頂きましてありがとう御座います! 今回は今から約5年前に自衛隊を辞めた僕が、自衛隊を辞めて後悔している事を3つ書いてみました。 もう既に自衛隊を辞めた方や自衛隊を辞めるかどうか考えている人も参考にしてもらえばと思います。 それではどうぞ! 目次• 自衛隊を辞めて後悔する瞬間 僕が 「自衛隊を辞めて失敗したなー」 と思った瞬間と言うのはこの6年間で大体3回くらいあったと思います。 2年に1回くらいのサイクルで訪れている計算ですねw 僕が自衛隊を辞めなかったら良かったなと思う瞬間のランキングですが• 数字を追う事のストレス• 長期休暇が取れないストレス• 病気や怪我があった時などの福利厚生的なストレス この3つですかね。 1つ1つ噛み砕いて説明したいと思います 数字を追う事のストレス 自衛隊から民間企業に出て どうやって会社は社員に給料を支払っているのか? 会社として事業を続けて行けるのか? など、自衛隊ではあまり意識していなかった事の多くを学んでいます。 世の中にあるほとんどの会社には売上や利益目標があります。 そして当たり前の事ですが売上、利益の中から 社員の給与や土地や家賃、税金などを払って行きます。 会社のお金を貯める事で新しい人材を採用したり、新規事業を行ってより会社を大きく成長させます。 ほとんどの人が仕事をする上で、「数字」はつきものです。 営業であれば目標の数字を追いながら仕事をします。 売上目標に達しない場合はその原因を会社や上司に説明する責任があります。 また今後どうやって改善を図って同じ事をしないか?などのアクションプランも説明します。 人によってこの「目標数字」は全く違います。 割とイージーな数字を追ってる方もいれば、そもそも数字を持たない様な管理系の仕事もあります。 立場によっては同じ会社の社員の生活まで背負うレベルの「数字」を追う方もいます。 数字を落とす事で人を解雇しなければならなかったり、事業を縮小しなければならなかったりもする訳です 数字のストレスは自衛隊時代には感じなかった事の1つでたまに 「自衛隊時代はこういったストレスを感じる事は無かったな・・・」 と思う事があります。 公務員やNPO法人以外であれば別ですが 民間企業であれば、コンビニだろうが飲食店であろうが街の雑貨屋さんだろうが どこもみんな、この売上・利益の数を追っているのです。 長期休暇が取れないストレス 休暇については、民間の企業も会社によって休暇の日数や有給休暇の使い方が違うので 一概に決めつける事は出来ないのですが、恐らく 自衛隊に比べると長期休暇を取れる可能性はかなり低い と思って下さい。 これは会社の経営状況だったり個人の仕事がどこまで進捗してるか?などによって変わってきますが 僕は、社会人になって14年、自衛隊を辞めて5年以上経過しましたが 自衛隊時代に代休を組み合わせて取った年末年始休暇が今までで最長休暇記録です。 民間企業に出ると10日以上の長期休暇を取れるチャンスはかなり稀なので 「自衛官時代の様に長い休暇が欲しいな・・・」 と思ってしまう事もありますね。 病気や怪我があった時などの福利厚生的なストレス 実は僕は現役の自衛官時代に大きな病気をした事があります。 幸いにも命に別状は無い病気でしたが、 自衛隊中央病院に2ヶ月程入院しました。 もちろん2ヶ月間は完全休養で、仕事もしなかった訳ですが その間、なんと!僕の給料は普通に健康体で部隊で働くよりも増えていたんですねw 理由はたっぷり溜まっていた有給や代休を使わせてもらった事と、自衛隊の保険 それと自衛隊の病院に入院したので医療費が掛からなかった事 退院した後に自分の口座を見てビックリした事を今でも覚えていますw 病気が怪我は自衛官のみならず誰でも起こり得るリスクの1つ 自衛隊はそういった万が一の際の保証が最高レベルだと思います。 家庭を持っていれば奥さんや子供は安心して生活できるでしょう。 対して民間企業の場合は、公務員のそういった保証が一切ありません。 長期的に会社を休む事になれば場合によってはリストラされるかもしれませんし もちろん働いていない間の給料は1円も入ってきません。 こういった不安を少しでも取り除く為にみんな民間の保険に加入したりしているんですね。 自衛隊を辞めて後悔する事は色々あるけど・・・ 人間関係のストレスや上下関係の厳しさ、集団生活の難しさなど自衛隊の頃も色々なキツイ事がありました。 その反面、ボーナスが確実に出る安心感や休暇が沢山取れたりと良かった事も沢山あります。 「自衛隊を辞めなければよかったな・・・」 と思う事も正直あります!w だけど、民間企業には民間企業で自衛隊には無い色々なやりがいや楽しさが沢山ある事も事実です。 僕は自衛隊を辞めた事を後悔しているか? と聞かれると 答えは 全く後悔していない と自信を持って言えます! 自衛隊を辞めたいとか、再入隊したいとかとにかくモヤモヤしてる方は 参考までに下記記事も見てみると良いかもしれません 自衛隊でも一般社会でも 「仕事は仕事です」 1つ1つの仕事を一生懸命にやって、回りの人と協力しながら成長しなければならないし そうしないと楽しくない!と僕は思っています。 iPhoneを作ったスティーブジョブズの言葉にこんな言葉があります スティーブ・ジョブスは、生前、毎日鏡に向かいこう問いかけていたそうです。 『もし、今日が人生最後の日なら、今日やる事は、本当にやりたいことだろうか?』と。 今自衛隊の事でツライ人や悩みを抱えている人も、自衛隊を辞めて後悔している人も 1日1日をしっかりと前向きに生きていきたいですね.

次の