東京 リーガル マインド 事件。 株式会社東京リーガルマインドの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (1474)

LEC元講師が語る東京“イリーガル”マインドが「名ばかり個人事業主」で稼ぐ貧困ビジネスの現場:MyNewsJapan

東京 リーガル マインド 事件

東京リーガルマインド事件(東京地裁平成7年10月16日決定) 「競業避止義務を合意により創出する場合には、競業行為の禁止の内容が必要最小限度にとどまっており、かつ、労働者の受ける不利益に対する十分な代償措置をとっていることを要するものとされた。 」 [事実の概要] X会社は、大手の司法試験受験予備校であり、Yは、その専任講師を務め監査役にも就任していた者であるが、平成7年5月25日にX会社を退職すると前後して同月2日A会社を設立し、同社が営業主体となって司法試験受験指導を行うB塾を開業した。 そのため、X会社は、Yに対し、競業避止義務を定める従業員就業規則、役員就業規則及び個別の特約に基づき、B塾の営業等の差止めを求めた。 [判決の要旨] 労働者は、労働契約に付随する義務として使用者の事業目的に反しその利益を損なう競業行為を行ってはならない義務(競業避止義務)を負うが、労働契約終了後は、職業選択の自由の行使として競業行為であってもこれを行うことができるのが原則であり、労働契約終了後まで右競業避止義務を当然に一般的に負うものではない。 しかし、一定の限定された範囲では、実定法上労働契約終了後の競業避止義務を肯定すべき場合がある。。 労働契約終了後であっても一定範囲で競業避止義務が肯定されるのは、労働者の職務内容が使用者の営業秘密に関わるものであるため、労働者が職務遂行上知った使用者の秘密については、労働契約終了後であってもこれを漏洩しないという信頼関係が使用者と労働者との間に存在することに基づくものと考えられる。 不正競争防止法の規定は、労働者が信義則上営業秘密保持義務を負うため労働契約終了後の競業避止義務を肯定すべき場合につきその要件及び効果を明らかにしているものであり、当事者間の契約なくして実定法上労働契約終了後の競業避止義務を肯定し得るのは同法の右規定が定めている場合に限られるものと解するのが相当である。 一般に、このような競業避止義務を定める特約は、競業行為による使用者の損害の発生防止を目的とするものであるが、それが自由な意思に基づいてされた合意である限り、そのような目的のために競業避止義務を定める特約をすること自体を不合理であるということはできない。 しかし、労働契約終了後は、職業選択の自由の行使として競業行為であってもこれを行うことができるのが原則であるところ、労働者は、使用者が定める契約内容に従って付従的に契約を締結せざるを得ない立場に立たされるのが実情であり、使用者の中にはそのような立場上の差を利用し専ら自已の利のみを図って競業避止義務を定める特約を約定させる者がないとはいえないから、労働契約終了後の競業避止義務を定める特約が公序良俗に反して無効となる可能性を否定することはできず、その判断に当たっては、競業避止義務を定める特約が、もともと当事者間の契約なくして実定法上労働契約終了後の競業避止義務を肯定し得る場合について、競業禁止期間、禁止される競業行為の範囲、場所につき約定し、競業避止義務の内容を具体化しつつ競業避止義務の存することを確認したものであるか、それともそのような場合ではなく競業避止義務を合意により創出するものであるかを区別する必要がある。 前者の場合には、競業行為の禁止の内容が労働者であった者が退職後であっても負うべき秘密保持義務確保の目的のために必要かつ相当な限度を超えていないかどうかを判断し、右の限度を超えているものは公序良俗に反して無効となるものと考えられる。 右の判断に当たっては、労働者が使用者の下でどのような地位にあり、どのような職務に従事していたか、当該特約において競業行為を禁止する期間、地域及び対象職種がどのように定められており、退職した役員又は労働者が職業に就くについて具体的にどのような制約を受けることになるか等の事情を勘案し、使用者の営業秘密防衛のためには退職した労働者に競業避止義務賦課による不利益を受忍させることが必要であるとともに、その不利益が必要な限度を超えるものではないといえるか否かを判断すべきであり、当該特約を有効と判断するためには使用者が競業避止義務賦課の代償措置を執ったことが必要不可欠であるとはいえないが、補完事由として考慮の対象となるものというべきである。 これに対し、後者の場合には、労働者は、もともとそのような義務がないにもかかわらず、専ら使用者の利益確保のために特約により退職後の競業避止義務を負担するのであるから、使用者が確保しようとする利益に照らし、競業行為の禁止の内容が必要最小限度にとどまっており、かつ、右競業行為禁止により労働者の受ける不利益に対する十分な代償措置を執っていることを要するものと考えられる。 本件における競業避止特約は、Yらの役員としての地位に伴う委任契約の内容をなすもので、労働契約に付随するものではないが、上で述べた考え方は、本件にも当てはまるものである。 本件における競業避止特約は、もともと当事者間の契約なくして実定法上委任契約終了後の競業避止義務を肯定し得る場合についてのものではなく、競業避止義務を合意により創出するものであることになるところ、競業禁止期間が退職後2年間だけ存するという比較的短期間に限られたものであることを考えても、目的達成のために執られている競業行為の禁止措置の内容が必要最小限度にとどまっており、かつ、右競業行為禁止により労働者の受ける不利益に対する十分な代償措置を執っているということはできないから、YとX会社との間の本件役員誓約書及び本件役員就業規則における退職後の競業避止義務に関する条項の内容の約定は、公序良俗に反して無効といわざるを得ない。

次の

Appleら3社、ソフトの不正コピーで東京リーガルマインドを提訴

東京 リーガル マインド 事件

投稿者: 反町雄彦 投稿日:2013年 8月22日 木 06時25分36秒 違法コピーソフトの著作権裁判 LECは、2000年4月 マイクロソフト、アドビシステムズの違法コピーソフトを社内ぐるみで製作して教材製作に使用していたとして、マイクロソフト社、アドビ社などから損害賠償を求める訴訟を起こされた。 これは、ネットワークプロテクトを解除した上で違法コピーを製作したためである。 裁判では、LEC側が「不正コピーが発覚した後に正規品を購入すれば、過去に不正コピーをしていた分についての損害賠償は一切支払う必要がない」と主張したが、これを東京地裁では「失当(当を得ていない不当の意)である」として否定し、8,472万400円の損害賠償の支払いを命じた[4]。 教材作成の著作権裁判 LECは、同社の中小企業診断士講座の教材について、原著作者から著作権(複製権等)及び著作者人格権を侵害されたとする訴訟を提起された。 知財高裁は、2007年2月28日、LECらに対して損害賠償金50万円の支払いを命ずる旨の判決を下した[5]。 提携校の前橋校閉校 LECの提携校である前橋校は、2008年10月1日に前橋校運営の有限会社が経営の放棄を通知したため、2008年11月30日に閉校した。 これについて、報道によると、提携校側は経営断念の理由を「LECブランド使用料が高額で経営悪化が著しかったとした上で『本部には度々、閉校の旨を申し出ていたが、受け入れられなかった』」としている[6]。 一方、LEC側は、提携校社長の健康上の理由としている[7]。 不当表示による排除命令 LECは、司法試験合格者数の不当表示(景品表示法第4条第1項1号の優良誤認)で、公正取引委員会より排除命令を受けた。 それによると、2003年度司法試験全合格者1,170名の94%に当たる1,099名及び1989年度から2003年度までの15年間における司法試験全合格者12,059名の91. 14%に当たる10,991名が、LECの司法試験対策講座を受講した者であるかのように表示していたとのこと。 また、遅くとも2000年度以降のLECの合格実績は、LECの司法試験対策講座を受講した者に加えて、口述試験会場までの送迎バスを利用した者、論文試験解答等の資料の提供を受けた者、受験願書の提供を受けた者等のLECの司法試験対策講座を受講していない者を含めて算出しているものであったとしている[8]。 LEC大学の改善勧告 文部科学省は、LEC大学に対し、再三にわたり留意事項の内容を通知すること等により、大学における教育研究や学校設置会社の運営に係る問題点について改善に向けた指導を行ってきたにもかかわらず、未だ十分な是正がなされていないことは極めて遺憾であるとして、2007年、改善勧告を行った[9]。 LEC東京リーガルマインド大学も参照。 助成金の不正請求 LECは、国の行う「ジョブカフェ」の新潟県内分について事業委託を受けたが、同事業と無関係の広報活動を行いながら事業経費として助成金を不正請求していた。 これは、2005年6月、新潟県長岡市のジョブカフェ「キャリア応援プラザ館」の事業開始が遅延した際、既にカウンセラーとして雇用した従業員21人を同県内の公立高校・私立高校129校を訪れてLEC大学の資料を配布させた人件費約100万円を、ジョブカフェ事業経費の一部として誤って請求したものである。 これについてLECの広報課は、経理上の不手際(具体的には、従業員の出勤簿に大学の営業をしていた旨の記載がなかったため、経理担当者がジョブカフェ事業と誤解して一括請求した)があったとしている[10]。 元専任講師の労働問題及び競業避止義務関連の係争 LECは、その専任講師を務め監査役にも就任していた者が、同社を退職する前後に司法試験受験指導を行う伊藤塾を開業した件について、競業避止義務を定める従業員就業規則、役員就業規則及び個別の特約に基づき、伊藤塾の営業等の差止めを求めた。 しかし、1995年、東京地裁から、「労働者の受ける不利益に対する十分な代償措置を執っているということはできない」とする決定を受けた[11]。 LEC大学での労働問題 LEC大学の専任教員が、不当解雇されたとして、個人加入が可能な労働組合を通し大阪府労働委員会に救済申し立てを行ったことが、報道により明らかとなった[12]。 報道によれば、入社前に約束のない産学連携で企業等から収入を上げなければ賞与もないし、非常勤にするという激しい追及があったという。 これについて、LEC大学は、同教員は、休職命令を受けた後、就業規則に基づき自動退職したとしている[13]。 2010年4月13日、大阪府労働委員会は、大阪教育合同労働組合との団体交渉においてLECによる不当労働行為があったことを認定し、LEC側に謝罪文を交付するよう命じた[13]。 同月30日、LECは同組合に対して宛てた文書にて「今後このような行為を繰り返さないようにいたします」と述べた[14]。

次の

Appleら3社、ソフトの不正コピーで東京リーガルマインドを提訴

東京 リーガル マインド 事件

取締役の競業避止義務とは? 最近は競業避止義務という言葉を聞く機会がありますが、どのような内容なのか詳細がわかりづらい言葉です。 ここでは競業避止義務の意味と違反をした場合の罰則、具体的な判例についてご紹介します。 自分自身が働いている会社と競合が起こることを指します。 具体的には働いている会社の営業を妨害したり不利益をもたらすことです。 特に転職を伴う場合に競業が起こることがよくあります。 通常は社員に対して退職ののちに同業他社で働くことはある一定期間認めないような誓約書を求めることが多いです。 取締役という立場は会社経営層にあたり、会社の機密情報や重要顧客情報、機密技術など経営に大きく影響を与えるものを知っている立場になります。 取締役の知り得る情報が他に漏れることは会社が多大な損失に直結するわけです。 関連相談• 携帯電話販売店の役員でありながら、自分自身にて携帯電話販売店を起業してビジネスを開始する場合は競業にあたります。 もう一つわかりやすい例を挙げるとすると飲食業でしょう。 焼き鳥屋で働いている店長が、隣町にオープンする店長兼取締役として抜擢される場合、得意先顧客が流れる可能性が高いですし、隣町というエリアの特性もあり最初に働いている焼き鳥屋に大きな営業損害を与える可能性があるため競業にあたります。 これは販売店や飲食業だけでなくサービス業、製造業などそのほかの業種にも当てはまります。 例えば自分自身が働いている場所が東京で、会社を起業しようと思っている場所が大阪だから問題ないのではと思うかもしれませんが、現在所属している会社が大阪に出店計画をしていたり、顧客が大阪の方が多いなど客観的事実があると競業にあたります。 会社に対する損害額を算出することは非常に難しいですが、取締役が競業行為で得た利益の一部は損害額であると請求することはできるでしょう。 このような損害賠償請求を避けるために、取締役は競業行為に当たるかもしれないことをする場合は事前に取締役会に付議して決裁を受けておくことが大切です。 これは取締役だけに限らず会社に損害を与えたり与える可能性のある人は誰に対しても訴訟することができます。 裁判の判決の結果次第なので必ず違法と思われる行為を即刻でやめさせることができるとは言えませんが、訴えることで牽制になることは間違いありません。 退職後に自分自身で同業の会社を経営したとしたら、これまで勤務していた会社に影響を与えるため、前会社が競業避止義務の誓約書を退職時にサインさせることもあります。 もし同業他社に転職する場合でも円満退職ができるように出来るだけ誠意を持って説明や手続きを踏むことが大切です。 退職する理由を真摯に正直に話しキャリアを積んでいきたいという前向きなことで説明をすれば会社側も納得して退職することを受け入れてくれるでしょう。 決して現在の会社の文句や悪口を伝えることは退職することにプラスになりませんし、後々トラブルになることがありますので注意がいるでしょう。 よって社外取締役になる場合もこれまでの自分自身の経歴や、現在就任している役職などを勘案して就任できるかどうか検討をすることが大切です。 判決は競業禁止の合理的な理由が不明であり、退職者が受ける不利益に十分対応していないことから監査役と会社との退職時の誓約書は無効となりました。 技術部門で重要秘密技術に関与していた2名であったこと、機密保持手当を支給されていて退職後2年間同業他社に直接、間接に関与しないという誓約書があったことを勘案し、競業避止義務違反にあたるとなった判例になります。 その後同業他社に勤務していることが発覚したため、会社側が退職金の半分の返還を求めた訴訟になります。 判決は地裁では会社の主張が認められませんでしたが、高裁、最高裁では一転会社の主張が認められる形になりました。 まとめ ここでは競業避止義務の意味と違反をした場合の罰則、具体的な判例についてご紹介してきましたが、転職を考えている人で詳細を知りたい人は転職エージェントに相談をしてみましょう。 転職エージェントは競業避止義務違反について詳しいですし、最新情報を持っています。 登録は無料ですので是非連絡をしてみてください。 本記事の初回公開日は2019年05月15日です。

次の