茹で 鶏 タレ。 麻辣味のタレが決め手の本格よだれ鶏のレシピ

麻辣味のタレが決め手の本格よだれ鶏のレシピ

茹で 鶏 タレ

保存がきく!簡単・ゆで鶏。 鶏もも肉…3枚• 水…1. 5リットル• 塩…小さじ2• 長ネギの青い部分…1本分• しょうが 皮付き …5~6枚 作り方 鍋に水・鶏肉・塩・酒・ネギ・しょうがを入れて沸騰するまで強火にかけます。 沸騰したらアクを取り、弱火しにて20分茹でます。 10分ほどで鶏に火は通りますが、柔らかくするため20分茹でています。 20分経ったら火を止め、そのまま冷まして完成です。 容器に鶏肉とスープを入れておけば、冷蔵庫で4~5日保存可能。 チキンスープなど、様々な料理に活用して下さい。 塩麹…大さじ1 トマトは粗みじん切り、玉ねぎは細かめのみじん切りにします。 ボウルなどに味付けし、よく混ぜて完成。 少し時間をおくと馴染みます。 練りワサビ…小さじ1• 黒胡椒…適量 ボウルにワサビと少しだけヨーグルトを入れ、ワサビを混ざりやすくします。 よく混ざったら残りのヨーグルトと塩を入れてまぜ、黒胡椒でスパイスをきかせて完成。 黒ゴマ…少々• 黒胡椒…少々 長ネギをみじん切りにし、ボウルに入れる 水に晒さない。 塩をまぶしてよく混ぜ合わせてから、ごま油・黒ゴマ・コショウを入れて完成。 水…大さじ2• めんつゆ…大さじ2• ミキサーにナッツと水・残りの調味料を入れ、ときどき止めて混ぜながらクリーミーなソースにする。 ナッツはおつまみで食べるようなものでOK。 番組ではカシューナッツ・くるみ・アーモンドが入ったものを使用していました。

次の

麻辣味のタレが決め手の本格よだれ鶏のレシピ

茹で 鶏 タレ

ねりごま・・・・・・・小さじ1• 紹興酒・・・・・・・・大さじ1 一般的な調理酒で代用可• 黒酢・・・・・・・・・大さじ2 他の酢でも代用可• 辣油・・・・・・・・・大さじ3• 花椒油・・・・・・・・大さじ1 B• ごま油・・・・・・・・大さじ1• 生姜・・・・・・・・・少々• にんにく・・・・・・・一片• 砂糖・・・・・・・・・小さじ2• 豆板醤・・・・・・・・小さじ1• いりごま・・・・・・・適量• 鶏ガラスープ・・・・・大さじ2 茹で鶏を作ったときのもの C• 青ネギ、パクチー・・・お好みで ねりごまはいりごまとごま油をすり潰して作ってもいいですし、芝麻醤があればそれでも構いません。 今回はねりごまを作って加えています。 作り方は後述 本格よだれ鶏用の鶏肉を仕込む 鶏肉の仕込みから開始します。 沸騰したお湯に鶏肉を入れ、あれば生姜スライスと長ネギの青い部分を臭みけしでいれます。 鶏肉を入れて温度が下がるので、再び沸騰するまで強火で加熱し沸騰したら火を消して温度計を準備します。 完成したら 氷水に鶏肉をいれて締め、取り出して水気をふき取ってスライスします。 鶏肉の仕込みはタレの仕込みと同時並行でも事前に作っておいても構いませんが、 鶏を茹でた汁は再利用するので捨てないようにします。 細かな工程などは以下の記事も参照してください。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

思ってたより簡単だった!「ゆで鶏」の人気アレンジレシピ5選

茹で 鶏 タレ

茹で鶏は5日ほど日持ちするとはいえ、やっぱり だんだん肉の表面の色が悪くなってきます。 そのため早めに食べきるのが理想ではあるのですが、できることなら長く楽しみたいですよね。 茹で鶏に満遍なく調味料が馴染むよう、先に A を混ぜておくのがポイントです。 棒棒鶏は、一般的には茹で鶏の上にタレをかける料理ですが、このように事前にタレで和えておくことで、常備菜としてすぐに使えて便利ですし、保存性も向上します。 劣化の原因は 酸化の要因が大きいので、ねりごまたっぷりの棒棒鶏ダレでコーティングすることで、空気に触れるのを極力防ぎます。 お酢を使うので酸性になり、また砂糖も入っているため、雑菌が繁殖しにくくもなります。 茹で鶏の状態によりますが、 冷蔵庫で3日程度は日持ちします。 千切りにしたキュウリの上に乗せるだけで、パパッと簡単おつまみが完成。 これほんと美味し過ぎて、最近毎晩食べてます。 笑 仕上げにラー油を垂らして糸唐辛子を乗せると、見栄えが良くなりますよ! ところで、棒棒鶏って、なんでこんなにキュウリが合うのでしょう。 キャベツやレタスを下に敷いて食べると、イマイチしっくりこない。 キュウリだからこそ、 「棒棒鶏うま!!」てなる。 この青っぽい味と、みずみずしさが良いのでしょうか。 不思議なものです。

次の