プログラマー きつい。 文系でもSEになれるか?きつい?辛い?ついていけない?女子は?志望動機

【体験談】プログラマーの仕事がきつい(しんどい)かどうかは働き方によると言う話|NANOBLOG

プログラマー きつい

あので、今回は「プログラミングが難しくてつらい、きつい」と言う点は一度除外していきます。 実際にプログラミングが意味不明で頭を抱えている・・・自分はプログラマーに向いていないのでは・・・とお悩みの方はぜひこちらの記事をご確認ください! 自分の持っている案件が炎上した時 みなさんは「炎上」といった言葉をご存知ですか? よく、ツイッターなどのSNSで有名な人が不適切な発言をし、反対意見や過激な反応で盛り上がってしまうことを炎上する、と言いますよね。 実はこれ、プログラマーにもよくある話なんです。 まず、プログラマーの仕事の案件内容はだいたいこの2種類のどちらかとされています。 自社サービスのシステム開発• 他社のプロジェクトのためのシステム開発 自社サービスなどのシステム開発とは自分が所属している会社でオリジナルのサービスを展開し、そこで展開するためのシステムを開発することです。 他社のプロジェクトとは他の会社さんが「こんなサービスをアプリやソフトなどで展開してお客さんに使用してもらいたい!」と言うプロジェクトの依頼を受け、そのシステム開発をするということです。 (依頼されて開発するので受託案件とも言います) 基本的にはクライアントさんがいる状態で「こんなシステムを作って欲しい!」「こんなサイトを作って欲しい!」と依頼される受託案件の方が業界でみても仕事の割合が多いのが現状です。 そして 炎上案件とは「このクライアントさんから請け負った受託案件」で主に発生するトラブルです。 炎上案件とは 受託案件はシステムやサイトにはリリース日、つまりプロジェクトが完成する期限があります。 エンジニアやプログラマーはその期日までにクライアントさんとお話しを詰めて、プロジェクトを進め、その中で「こう作ろう!」といった方針にあったシステムをプログラマーシが開発するする、という流れが一般的です。 その中で スケジュールがうまく進まないこともあり、リリース期限にシステムが間に合わずにクライアントの方とトラブルになる、といったケースがあります。 このように トラブルが発生してしまった状態を「炎上案件」と言います。 こうなると期限が迫っているのに全然システムが出来上がっていない、作ってはいるもののバグだらけで完成とは程遠い・・・といったケースが多発し、残業が多くなるのはもちろん、ストレスに追われてしまいます。 炎上してしまう理由は案件によって様々ですが、どんな理由であれ エンジニア、プログラマーとして避けては通れないのがこの炎上案件の辛さなのです。 バグが発生し、自分ではどうしようもできない時 どんなに勉強して技術があってもシステムを開発していれば必ずバグには打ち当たるものです。 そうなるとやはり「どうしてこのバグが発生しているのか」「このバグを修正するにはどうしたらいいか」を調べ、考えて実装しなければなりません。 一箇所でつまずいてしまうと、そこだけに時間が取られてしまうこともあります。 そうすると全然進めなくなってしまい、がんじがらめになってしまいます。 修正してテストをして何度も何度も繰り返しても改善されない時は流石にメンタル的にも苦しくなってしまいます。 また、 周りの人に助けを求められたり、声をかけられる状況ならまだ気が楽かもしれませんが、人に聞けない状況だった場合などはさらにどうしていいかわからず頭を抱えてしまう・・・なんてこともあるのです。 システム障害が発生した時には休日出勤も システムがリリースされている案件などで、稀に発生するのが「システム障害」です。 突然エラーが発生してしまい、システムが起動しなくなったり、サイトが表示されなくなったり・・・という トラブルが発生した時、プロジェクトマネージャーなどの責任者、またシステム障害が発生した部分を担当したエンジニアは、休日や夜間であっても緊急で出勤しなければならないこともあります。 サービスやシステムが大きければ大きいほど、利用がストップしてしまい大きな損失になることも多く、システム障害が発生したら一刻も早く復旧する必要があるためです。 もちろん、イレギュラーなケースなため毎日苦しい、つらい、ということではありませんが、こういった可能性がある、ということもふまえてシステムを作ったりプロジェクトを進める、ということを忘れてはいけません。 プログラムや案件と向き合うつらさに直面したら このように案件によっては炎上してしまい、トラブルが発生してとても苦しいケースやシステムでトラブルが発生した時には緊急で対応しなければいけない、といったケースがあります。 こうなると プログラマーやエンジニアは「システムや案件のトラブルに対する耐久や解決能力」が求められることがあります。 炎上案件は鎮火するまでやはり精神的にかなり苦しくなりますし、突然のシステムエラーも大変つらいですよね。 しかし、これはプログラマー、エンジニアとして避けては通れない部分があります。 ではそんな時、自分のメンタルを保つにはどうしたらいいのでしょうか。 炎上案件もいつか終わる 炎上案件を請け負っていると状況の終息が想像できず、胃が痛い思いをしながら仕事をすることになると思います。 しかし、 炎上案件もいつかは必ず終わりがきます。 このことを忘れずに少しでも早く炎上の鎮火ができるようにで勤めていくことが大切です。 障害やエラーは感情のないクレーム システム障害やエラーが発生した時、どうにかしなければと頭がパニックになってしまうこともあるかと思います。 しかしプログラムは書いた通りにしか動きません。 障害やエラーはシステムからの感情がないクレームです。 この場合こちらが感情的になって焦ってしまってもシステムのエラーは改善しません。 あくまでも冷静に、「エラーを解決するにはどうしたらいいか」を考え、修正に臨むことが大切です。 未経験で一番つまずくのは「わからない」といこと 冒頭でいったん除外した「 プログラミングがわからなくて苦しい」というつらさですが、これが未経験でプログラマーを目指している人の中では一番多い苦しさ、つらさであることは事実です。 毎日コツコツ勉強をしていてもなかなかシステムが上手く動かず、エラーが続き、自分でモチベーションを管理するのも苦しくなってくることでしょう。 プログラミングはかなり専門的な分野のお仕事です。 「プログラミングがわからなくて苦しい」、「プログラミングが全然楽しくない」・・・とお困りでしたらぜひ下の記事も読んでみてくださいね。

次の

プログラマーはきついけど楽しい。文系未経験でも挑戦すべき【結論】

プログラマー きつい

プログラマーは未経験者にとってきつい仕事なのか? プログラマーは未経験者にとってきつい仕事なのか?この答えは「YES」ですね。 はっきり言って最初は数えきれないくらい心折れる体験もするのではないかと思います。 他の仕事と比べてもプログラマーはきつい仕事なのか? 個人的な意見にはなりますが、未経験で入った業界はプログラマーに限らずどこでも仕事はきついと感じるんじゃないかというのが本音です。 ただプログラマーの場合、未経験だとどう頑張っても自分一人で終わらせられない仕事がたくさん出てきます。 他の仕事だと未経験でも遅いなりになんとか終わらせることが出来る仕事も多いと思いますが、プログラマーの場合、一日掛けても進捗0なんて体験も珍しくありません。 残業時間が長いからきついという話は本当なのか? プログラマーの仕事がきついと言われる理由として、残業時間が長いという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 残業時間に関しては、プロジェクトによるとしか言えず、どの企業に入社するかよりも担当するプロジェクトが大きく影響します。 しかし、最近では働き方改革の影響か、多くのプロジェクトでそこまで長い残業時間になるようなスケジュールは組まれないように改善が進んでいます。 未経験者がプログラマーになってきついと感じる理由 未経験者がプログラマーになってきついと感じる理由の中でも、代表的な悩みをご紹介していきたいと思います。 業務時間外にも勉強することがほぼ必須 プログラマーと言えば、業務時間外にもプログラミングの勉強をしないと技術についていけなくなると言われています。 未経験者の場合、実力も不足しているため、尚更業務時間外にも勉強しないと必要なスキルを身につけることは難しいと言わざるを得ません。 こればっかりは、未経験者を脱出した後もプログラマーである限り避けては通れないため、努力するしかないですね。 質問の仕方が分からない 未経験でプログラマーになった方が持つ悩みとして共通しているのが、質問の仕方が分からないという問題です。 自分で考えて分からないから先輩や上司に質問をしてるのに、質問の意味が分からないと言って突き返されてしまうんですよね。 こればっかりは、何度も質問して経験値を積むしかないと思います。 多くの人が同じ悩みを持っているため、自分だけと思わずに改善出来るところは徐々に改善して、心折れずに何度も質問することが大切です。 プロジェクトが残業続き プロジェクトが残業続きで、生活が仕事一色になってしまっている方も中にはいらっしゃると思います。 未経験者で1社目にこういったプロジェクトに当たってしまった場合は諦めるしかないですね。 必要なスキルが身につく、または十分な業務経歴が得られるまでなんとか耐えましょう。 未経験でプログラマーに転職したのに、すぐに退職してしまうと次の転職時に悪い印象を与えてしまうことは避けられません。 一方で、体調を崩してしまっては元も子もないため、頑張り過ぎには要注意です。 未経験にはきついプログラマーでもメリットは大きい 未経験にはきついとされるプログラマー、実際経験してきた感想としては大変ではありますが、挑戦するメリットも大きいと感じています。 業務経歴さえ得られれば転職は簡単 プログラマーの場合、一度転職して業務経歴さえ得られれば、次の転職が遥かに楽になる傾向にあります。 多くの企業が、実務経験がある方の中途採用を実施しており、需要過多の状況が長年続いています。 また転職すること自体も珍しくない業界なため、より待遇の良い企業へのステップアップを狙うことが可能です。 給与水準が高い IT業界は他の業界に比べて給与水準が高いのもメリットの1つです。 未経験者の場合には、他業界とそれほど給与が変わらないことも少なくありませんが、一度転職してしまえば一気に数百万円年収が上がるなんてことも珍しくないのが、プログラマーの転職です。 きついと言われる未経験からのプログラマー転職でも、最初の壁を超えてしまえば大幅な給与アップも簡単に狙うことが可能となります。 独立も比較的簡単 プログラマーとしてのスキルがあれば、独立も比較的簡単に実現出来ます。 フリーランスはもちろん、ご自身で会社を立ち上げる際にも、なるべくコストを掛けずに独立することが可能なため、挑戦しやすい環境を得ることが可能です。 企業で学んだ技術がそのまま独立するためのスキルとして活かせるため、最初はきつい業務でも、一種の修行期間と捉えてスキルアップに従事するのも良いでしょう。 未経験プログラマーが仕事をきついと感じる度合いは準備の差が影響する 未経験プログラマーが仕事をきついと感じる度合いは、ご自身のスキルにも少なからず比例します。 そのため、いくら未経験入社だからといって知識ゼロの状態で転職するのではなく、どれだけ事前にプログラミングスキルを身につけていけるかが重要です。 無料でもプログラミング学習は十分可能 現在はインターネット上に、無料でプログラミングを学習出来るサービスはいくつも存在します。 「」や「」といったサービスが国内サービスでは有名どころです。 また海外サービスでは「」などが非常に分かりやすく無料で体系的にプログラミングを学べるためおすすめです。 オンラインのみで学習することが出来るスクールも増えていますし、転職保証が付いたスクールも数多く存在します。 プログラミングスクールは賛否両論あるため、一概におすすめはしませんが、独学するよりも効率的にプログラミング学習を進められることは間違いありません。 受講料に見合うと感じれば、受講を検討するのも良いでしょう。 条件を満たせば無料で通えるプログラミングスクールもある プログラミングスクールの中には、条件次第で無料で通えるスクールや、全額キャッシュバック制度を導入しているスクールも存在します。 こういったスクールをうまく活用すれば、効率的にプログラミングスキルを身に付けられ、費用もほどんど掛からないためお得になっています。 さいごに:プログラマーは未経験にはきつい仕事!それでもやりがいとメリットは大きい 本記事では、プログラマーは未経験者にとってきつい仕事なのかについて、ご紹介してきました。 結論として、確かに最初はかなりきつい思いもすると思いますが、得られるメリットの方が大きい職種かなと感じます。 今後ほぼ確実に伸びることが約束された業界でもあるため、未経験の方がきつい思いをしてでも、プログラマーに転職することは検討する価値があると思います。

次の

ゲーム開発の仕事はきつい?ITエンジニアに社畜が多い本当の理由

プログラマー きつい

世間的にIT業界は激務できつい、ブラック、そんな悪いイメージがついているため、 (IT業界に興味があるけど、プログラマーの仕事ってそんなにきついの?ブラックなの?)と、不安で仕方ない人も多いと思います。 私も新卒で入社した会社では激務に耐えられなかったのですが、その後転職してからは激務とかきついとか感じたことはなく、いまは楽しくエンジニア・プログラマーとしての仕事を続けられています。 IT業界で2度転職した自身の経験や、周囲の友人達から話を聞いた内容も踏まえると「結局は会社による」ということになります。 大変なところもありますが、全てがそうという訳ではありません。 IT業界のプログラマーは昔は3K(きつい・帰れない・給料が安い)なんて言われたりもしていましたが、最近は7Kなんて言われるようにもなりました。 今回は私の経験談からエンジニアの仕事はどんなところがきついのか?プログラマーになるのは辞めた方がいいのか?と、転職するのが不安になあなたにアドバイスを送りたいと思います。 Contents• しかし、全ての会社がそうではないですし、それは他の職種でも同じなので、プログラマーになることを過剰に恐れる必要はありません。 昔は「ブラック企業」という言葉すらなく、社会的にもあまり問題視されていなかったのに対して、最近ではブラック企業はかなり警戒されていますし、労働基準法の目も厳しいので以前よりは確実に働きやすい環境にあります。 いまはIT業界はどこもプログラマー不足のため、プログラマーは職場を選べる立場にあります。 なので、あなたが自らの望む働き方を選べばいいだけだと私は思います。 派遣で働く場合、都心部だと事務職の場合1000〜1300円程度が相場かと思いますが、プログラマーだと2000円とかも珍しくありません。 私はプログラマーの給料 単価 が低いと思ったことは一度もありません。 ただ、残業代が支払われなかったり、裁量労働制を採用している企業では、長時間働いているのにこれだけしか貰えないのか!と割に合わない!と感じる人は多いかもしれませんね。 会社員として出世するのには興味がないという人も、プログラマーになればスキルを身につければフリーランスとして活躍することも出来ますし、努力をする選択肢がたくさんあるところはプログラマーの魅力だと思いますね。 昔はそういうのも当たり前にあったそうですが、いまの時代に帰れない会社なんてそうそうないと思います。 ただ、帰ろうと思った時にシステム障害が発生して、対応に追われて帰ろうと思った時間に帰れなかったりというのはありますね。 あとは特にSIerなんかでは長時間残業が慢性化しやすいので、定時に帰るという文化がないような会社はたくさんあるかと思います。 残業するのが当たり前で、一定の時間にならないと帰らないような。 この当たりは会社次第なので、入社する時におおよその残業時間の目安などはしっかりと確認しておきましょう。 私が新卒で入社した会社は、誰も有給を取ろうとしなかったので、なかなか使いづらい雰囲気はありましたね。 しかし、転職していまの職場になってからは、有給を使っていいよという雰囲気があるので有給なんかも使っていますね。 就職する上で休みが取れるかどうかを気にするならその辺りも入社前にしっかり確認しておきましょう。 「何でもやります!」とやる気と気合だけで面接を突破しても、後々困ることになりますので、有給を使っている暇なんてないよ?とか言う会社はこちらから願い避けましょう。 なので、何かしらの作業をするにも細かく権限が振られていたり、何重にも承認をもらわないと動かないような仕組みになっていたりと、そういった面での規則は厳しいですね。 しかし、どういう人が合うかというとこれがまた難しくて、ルールが厳しいので大雑把な性格な人には向かないんじゃないかなと思ったりもするんですが、真面目な人の方が案外病んでしまったりもするですよね。 なので、ほどほどに適当で、ほどほどに真面目にっていう、絶妙なバランス感が大事なんじゃないかなと思います。 予定があっても急に障害対応で行けなくなってしまったりすることなんかは、恋愛においてデメリットだったりはするんでしょうけど、それは他の職業でも打ち合わせが伸びたりとかはありますよね。 最近はプログラマーでもイケてる感じの人も多いですが、オタクっぽい感じの人が多いというのも事実なので、強いて言うならそういった人の割合が多いので、他の職種と比べると結婚率が低いのかなと思いますね。 でも看護師さんとかでも夜勤はある訳ですから、これも特別プログラマーだけが…って訳でもないですし、そこまで神経質になる必要はないと思います。 私が新卒で入社した時は、月100時間以上残業するのが普通でしたし、そういうもんだと思っていましたが、転職してからはほとんど残業をしたことがありません。 しても月20時間くらいですね。 手に職が付くので仕事に困らなくなります。 いまはどこの企業もプログラマー不足なので、これからその傾向はどんどん高まっていくでしょう。 いま何も専門性がなくて将来が不安という人は、少しITスキルを身につけるだけで、将来の選択肢の幅がうんと広がるので、プログラマーを目指すことは非常におすすめですね。 その分大変でもありますし、日々スキルを身につけるために勉強しなければいけないのですが、非常にコストパフォーマンスの良い職業だと言えます。 会社員として働くなら、他の職種より少し高いくらいですが、フリーランスとして独立できるようになればその傾向は特に顕著です。 最近は若い人も独立して稼いでる人が非常に多いですよね。 いまは 「 」「」のようなフリーランスエージェントを使えば、自分で営業しなくても仕事を受けることが出来るので、20代でも、実務経験を3年ほど積んでフリーランスで月60万円程稼ぐことが出来るようになります。 未経験者がIT以外でこれだけ稼ごうと思ったら、他には歩合制の営業で結果を出すくらいしかないんじゃないかなと思います。 いまの年収に不満があってなんとかしたいならITスキルを身に着けてエンジニアになるのも1つの選択肢だと思います。 いまは未経験からでも転職をサポートしてくれるプログラミングスクールもあるので、興味のある方はまずは一度説明会に参加してみることをおすすめします。 個人的に最もおすすめなのは完全就職保証の 「 」ですね。 私が受けるとしてもここを選びます。 最近は無料のプログラミングスクールなんかもあるので、お金がないという人は無料で通えるスクールに通うのもいいですね。 無料スクールなら個人的には 「 」がおすすめです。 大企業でシステム開発がやりたいという人は「SIer」に行けばいいし、安定した環境で平和に働きたいとう人は「社内SE」を目指せばいいし、やりがい重視なら「WEB系エンジニア」もいいですし、自由で年収アップを目指したいなら「フリーランス」を選べばいいんですよね。 なので、一概にエンジニア SE はブラックと言って嫌煙するのではなく、こういった働き方の中から丁寧に自分に合う会社を見つけることが重要だと思います。 何人かに1人は、どうしても会社員という働き方が合わないと感じる人は出てくると思います。 なので、そもそも会社員が向いてないんじゃないかなと思っている人はITスキルを身につけられるプログラマーになれば、いざという時にも他の職種より少し有利に独立を進められます。 ITスキルを身につけて困ることはない! いまの時代にITスキルを身に着けて困ることはないですし、ITスキルは確実に人生の選択肢の幅を広げてくれます。 いまは昔よりも労働環境は格段に良くなっていますし、「ブラック企業」が社会問題視され始めてそういった企業もだいぶ減っています。 プログラマーに興味があるなら、きついのか?激務なのか?ということは過剰に心配せずに目指してみることをおすすめします。 プログラミング未経験からエンジニアを目指したいのであれば、先程も軽く紹介しましたが、完全就職保証の 「 」がおすすめですね。 無料スクールなら 「 」がおすすめです。 以前はプログラミングスクールなんてなかったので、いまは時代の流れとともに、学ぶ環境も整って恵まれているなと思います。 プログラミングスクールに通わずに転職したいのであれば、転職エージェントは 「」「 」あたりがおすすめですね。 どちらも「量より質」を重視して、丁寧に個別相談に乗ってくれたり、職務経歴書などの転職のサポートをしてくれる点が魅力ですね。 未経験からIT業界に転職することは決して難しいことではないので、興味があるならば是非一歩踏み出してみて下さい。

次の