あんた あの この なん なの さ。 あんた、あの娘のなんなのさ ダウンタウン・ブギウギ・バンドのつぎはぎだらけの青春(塩沢茂 著) / 海星堂書店 南店 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

あんた、あの子のなんなのさ 携帯ホームページ フォレスト

あんた あの この なん なの さ

でもnot挿ニュ…(自主規制)蔵馬が桑原くんに悪戯しちゃう話。 『少年は只、淫らな狐の夢を視る』の続き。 こっちに置きましたが、性描写はありません。 桑原くん一人H。 『少年は〜』の続きです。 ただ、エロしかありません。 『少年は〜』これで一応完結です。 分岐小説です。 今の所エロ無しですがなんとなくこっちに置きました。 sweet silent night クリスマス小説。 飛影くん、初めてのクリスマス。 取り敢えず、イベント事にはのっとこう小説です。 元日に間に合わなかったお正月小説。 サラリとした性描写あり。 監禁 NEW! 18歳以上推奨。 酒は飲んでも飲まれるな NEW! 桑原くんが社会人。 酔っ払い桑原くんが飛影に甘える話。 前回監禁ものだったので、甘々な飛桑を目指したけれど…甘々って何だっけ…。

次の

あんたあのこのなんなのさ? おもしろステッカー カーステッカー カーグッズ バイク シール 雑貨 車 二輪 旧車 愛車 ドレスアップ カスタムカー :st

あんた あの この なん なの さ

」 韻 を擬人化した場合のラッパーとの関係性についてR-指定の分析が語られました。 このチャートを綺麗にまとめたのがコチラ(クリックで拡大) 放送内でのコメントを薄い記憶を元に書き起こしてました。 Kダブシャイン 若干下僕寄りの中心。 たまにあるライムのための無理な表現が面白い。 R-指定 始めは恋人のように憧れていた、韻を手にしてからは下僕のように扱った時期もあった。 親友になりたい。 宇多丸 がっつり友達。 「ラストヴァース」では16小節同じ韻で踏みきることから、映画の話、アイドルの話で決まったメンツで朝まで飲み明かす様に通づる。 BOSS THE MC 宇多丸と全く同じ場所。 リリック中心に見せて実はめちゃめちゃ踏んでいる。 超長いヴァースの半分を同じ韻で踏んだりする。 LITTLE, キャプテン翼の「ボールは友達」と同じ関係性。 ZEEBRA 海外的な踏み方、フランクなSEXもやる。 セフレ的な踏み方を最初に啓蒙した人。 スチャダラパー 外国のSEXとは違うフランクさ。 日本のセフレ感。 サイプレス上野 レジェンド達が踏んできた韻への憧れの気持ちは恋人寄りだが、バトルなどでは踏まずにいいラップもする。 べったりしないフランクな付き合いをしているので恋人と友達の中間。 いい距離感。 Mummy-D いい夫婦。 マボロシの時はあえて離れて心では繋がっている。 餓鬼レンジャー 韻に対する愛と韻をどう抱けばいいか分かっている感じが、がっつり恋人。 韻シスト こっちが見てて微笑ましくなる恋人。 ICE BAHN 「愛しのライムちゃん」という曲を出すほど韻を愛している。 韻とは他人。 別次元にいる ファンキー加藤 昔はめちゃめちゃ韻を踏んでた。 行けっ!! 行けっ!! 」と韻を下僕のように使うHIDAさんが好き。 韻踏合組合の韻は忠実な兵隊。 志人 凄いリリカルだけどリスナーが訳わからなくなる程、踏むときがある。 KOHH パッと聴いた時に、あまり踏んでないように聞こえるが実は巧みに踏んでいる。 しかし踏まない時は思い切って踏まない。 韻をフランクに音として捉えている、セックスの感覚も海外の感じぐらいフランクにいける。 いつでもできるよ?みたいな感じ。 宇多丸:「俺が一晩かかるもの一瞬でやっちゃう」 TOKONA-X いち早く踏まなくてもかっこいいラップができる事を見せた、セフレのような関係。 だけど抱く時はハードに抱く。 RIP SLYME,スチャダラパー,漢,T-Poblow セフレのような付き合い。 やろうと思えばやれるし、やらなくてもいい。 NIPPS 執着心が全くない。 韻の方からよってくる。 ブッダは全体的にセフレ度が高い。

次の

あんた、あの娘のなんなのさ ダウンタウン・ブギウギ・バンドのつぎはぎだらけの青春(塩沢茂 著) / 海星堂書店 南店 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

あんた あの この なん なの さ

どぉも、 ご無沙汰しております。 ともやです。 ブログさぼってゴメンナサイ HOT ROD showのことで頭がいっぱいでブログなんていう存在を 完全に記憶から消していました。 HOT ROD終わったのになんの報告も無いやんけボケ! まさか、ほんとにまに合わなかったんちゃうやろなーコラァー!!! と、ご心配してくださる心優しき方々、お待たせ致しました。 YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2008 D-CLUBは眠らない!怒涛の追い込み塗装奮闘気前編!! をお届けいたします。 突然ですが、この写真 撮影された日付は12月4日 HOT ROD showは12月7日 搬入は12月6日朝8時 ってことは、大阪は12月5日の夜に出ないといけない。 まぁ、俗に言う 絶対絶命ってやつです。 僕の担当は 塗装です。 もちろんタンク、フェンダーなども塗装の真っ最中でした。 あせりまくって写真とか全然とってませんが・・・・ フレームが僕の下にやってきたのが、12月4日18時頃、 果たして間に合うのか!? 無理臭い・・・ 20時30分サフを吹き終わる。 22時 ブラック 完了(携帯画像でゴメンナサイ) まだまだやりますよ~~!! 無造作に置かれているタンク タンクにエアブラシと筆をつかって、和風の髑髏(我者髑髏のバッタモン)を入れ! フェンダーのマスキングがへばりついて取れないというアクシデントも切り抜け! (フェンダーのマスキングは店長が一生懸命剥がしてくれました、有難う御座います店長!) やっとこさクリアーを塗ることに!! タンク、フェンダー、フレームを次々とクリアー塗装! またまた携帯画像です。 ほんとぉにてんやわんやだったもんで・・・・・・ 塗装担当なのでブースにこもりっきりでしたが、 もちろんこの間にも下の工場でも細かい部品の製作、磨きなどなど、休む間もなく作業は続いていました。 「フラ代 37歳」を筆頭とした工作機器の音だけが響いていて、大変さがひしひしと伝わってきます。 全て塗り終わった頃にはもぉ深夜です。 あとは、次の日、タンクやら何やらが、落下して悲惨なことになってないか祈りながら帰るだけです。 この日の夜、タンクがボッコボコになってる夢を見ました。 チビリそぉでした・・・ 12月5日、なんとか無事塗装も乾いておりあとは 磨くだけです!!! さぁ、果たして搬入に間に合うのか いける臭い 後半に続く・・・.

次の