お 宮参り ワンピース。 お宮参り 服装 ママ》春・夏・秋・冬・色・ワンピース・スーツ・黒・フォーマル

お宮参りはワンピースがベスト!選び方や注意、コーデをチェック|mamagirl [ママガール]

お 宮参り ワンピース

お宮参りにワンピースを着て行こう お宮参りの服装を考えたとき、赤ちゃんの服装などにあわせてワンピースを選ぶママもいるのではないでしょうか。 授乳など、赤ちゃんのお世話をすることも考えると、どのようなデザインがよいのか悩むママもいるかもしれません。 実際に、ママたちはお宮参りのワンピースをどのように選んだのかご紹介します。 お宮参りに着るワンピースを選ぶときのポイント お宮参りには、どのようなワンピースを選ぶとよいのでしょうか。 お宮参りにワンピースを着たママたちに、選ぶときのポイントを聞いてみました。 落ち着いた色やデザイン 「お宮参りに着るワンピースは、落ち着いた色にしました。 主役である赤ちゃんの華やかな祝着を引き立てることができました」(30代ママ) お宮参りの主役は赤ちゃんと考えて、落ち着いた色やデザインのワンピースを選んだママもいるようです。 シンプルなデザインのワンピースはさまざまな場面で着ることができ、長い期間使うことができたというママの声もありました。 授乳がしやすい 「外出先でも授乳がしやすいように、授乳口がついているワンピースを選びました。 赤ちゃんが泣いたときも、すぐに授乳できたのでよかったです」(20代ママ) 「写真スタジオの後にお宮参りへ行く予定だったので、授乳がしやすいワンピースを用意しました。 前開きのワンピースを選ぶと、スムーズに授乳することができました」(30代ママ) 授乳口つきや前開きのデザインのワンピースを選ぶと、授乳がしやすかったというママの声がありました。 お宮参りの頃は、まだ授乳回数が頻繁な場合もあるかもしれません。 お世話のしやすさを意識してワンピースのデザインを選ぶとよさそうですね。 ゆったりとしたデザインを選ぶと、体への締めつけを感じにくかったです」(40代ママ) 「お宮参りは立ったり座ったりすることが多いかもしれないと思いました。 試着して着心地が楽だと感じたワンピースを選ぶと、移動やお参り中もすごしやすかったです」(20代ママ) 産後は、まだ体調が安定しないママもいるかもしれません。 ゆったりしたデザインや伸縮性のある素材など、着心地が楽なワンピースを選ぶと、お宮参りの時間もすごしやすかったというママの声もありました。 【季節別】お宮参りに着たワンピースの特徴 春夏や秋冬など、季節によってママたちが選んだワンピースの色や素材もさまざまなようです。 実際に、ママたちがお宮参りに着たワンピースの特徴を季節別にご紹介します。 春 「春だったので、ペールピンク色のワンピースとノーラカーのボレロを着てお宮参りへ行きました。 パンプスにベージュを選ぶと、春らしい明るい印象になりました」(30代ママ) 春らしい色のワンピースを選び、全体的に明るく華やかな印象のコーディネートでお宮参りへ行ったママもいるようです。 パステルカラーのワンピースは、春らしい印象になるかもしれませんね。 夏 「夏にお宮参りへ行きました。 冷感素材で作られている白と水色のバイカラーワンピースを選ぶと、屋外で記念撮影するときも見た目が涼しく感じました」(20代ママ) 冷感素材のワンピースを選ぶと、暑い夏でも涼しく感じられるかもしれませんね。 水色や青など爽やかな色のワンピースを選び、汗染みのできにくいインナーをあわせて暑さ対策をしたというママの声もありました。 秋 iStock. 黒だと重く見えるかもしれないと思い、袖がレース素材のワンピースを選び、鞄や靴はベージュにしました。 レースの柄は落ち着きのある上品なものを選ぶと、フォーマルな雰囲気になりました」(20代ママ) 暗めの色のワンピースを選ぶときは、素材にも気をつけたママがいるようです。 ベージュのジャケットと、秋らしい千鳥柄のワンピースを組みあわせたというママの声もありました。 冬 「寒い冬の日だったので、暖かい服装を意識して裏起毛の紺色のワンピースとジャケットにタイツをあわせました。 抱っこ紐をつけまま羽織れるママコートを着て行くと赤ちゃんの防寒にもなりました」(40代ママ) 冬にお宮参りへ行く場合、防寒対策として裏起毛のワンピースを選んだママもいるようです。 冬は濃い目の色を選んだり、ワンピースの丈が長いものを選ぶのもよいかもしれません。 お宮参りでワンピースを着たときの髪型 ワンピースにあわせて、どのようなヘアアレンジをしてお宮参りに行けばよいのか悩むママもいるかもしれません。 実際に、ママたちがワンピースを着たときにしたヘアアレンジをご紹介します。 ショートやボブ 「ショートヘアの両サイドを編み込みにし、耳の後ろにヘアピンで留めました。 残った髪を巻き、上からかけるように馴染ませると女性らしい印象になり、ワンピースにもあわせやすかったです」(20代ママ) 「ボブの長さの髪を左右どちらかにわけてからヘアアイロンを使って内巻きカールにし、ボリュームの少ない方の片側の髪を耳にかけました。 簡単なアレンジですが、シックなデザインのワンピースにもあわせやすいと思いました」(30代ママ) ワンピースのデザインや雰囲気にあわせて編み込みや内巻きをし、短めの髪でもヘアアレンジを楽しんだママもいるようです。 ショートやボブの場合、前髪のヘアアレンジだけでも、いつもと雰囲気を変えることができたというママの声もありました。 ミディアムやロング 「お宮参りにはミディアムの長さの髪をハーフアップにしました。 全体をゆるめに巻いておくと、動きのあるふんわりとした印象になるので、淡い色のワンピースと相性がよかったです」(20代ママ) 「ロングヘアの両側を三つ編みにし、網目を少しつまんで引き出します。 2つの三つ編みを頭の後ろでねじり、ヘアピンで留めておだんごを作りました。 三つ編みをほぐしてからおだんごを作ると、かっちりしすぎずやわらかい印象になりました」(30代ママ) 髪が長い場合、ワンピースにあわせてハーフアップやまとめ髪など、いろいろなヘアアレンジができそうですね。 まとめ髪をするときは、事前に全体を巻いたりヘアワックスを使ったりするとアレンジがしやすかったというママの声もありました。 季節にあわせてワンピースを選ぼう.

次の

お宮参りの母親の服装にはレンタルスーツがおすすめ!不安や疑問も解消

お 宮参り ワンピース

- How to - ママ服の選び方 1和装、洋装のどちらかを決める 昔は子どもの服装に合わせて着物を着ていましたが、今はどちらのスタイルでもOK。 父親はブラックスーツ、一つ紋か三つ紋の羽織と着物、袴。 【赤ちゃんより格下】 母親はスーツ、ワンピース。 父親はフォーマルスーツ、ビジネススーツ。 赤ちゃんが洋装(ベビードレス・セレモニードレス) 【赤ちゃんと同格】 母親はスーツ、ワンピース。 父親はフォーマルスーツ、ビジネススーツ。 【赤ちゃんより格下】 母親はワンピース。 父親はジャケットとスラックス。 4自分と赤ちゃんの体調を一番に 授乳中はマタニティ・授乳服が便利。 お宮参りはいつお祝いするの? 正式には、男の子なら生まれてから31日目、女の子なら32日目に行いますが、だいたい誕生日から1ヶ月を目安に行うことが慣例になっています。 「いつまでに行わなければならない」という決まりはなく、母子の体調を考慮して日取りを決めます。 特に大安の日、友引や先勝の午前、先負の午後が好まれます。 お宮参りは誰と行く? 赤ちゃんを抱くのは誰? 本来は、赤ちゃんと父親、父方の祖父母で行うものでしたが、現在は自由です。 赤ちゃんと両親だけの場合もありますし、父方の祖父母、母方の祖父母の両方が集まる場合もあります。 赤ちゃんを抱くのも正式には父方の祖母ですが、現在は母親が抱くことも多いようです。 父親の服装は? 父親はビジネススーツやジャケット&スラックスが主流です。 夫婦で和服や礼服を着るのは、子どもが着物(正装)場合のみ。 主役の子どもと同格になりバランスがとれるためOKですが、主役以外は格下の服装でも構いません。 ただ普段着などのカジュアル過ぎる格好では、祈祷などの厳かな雰囲気で浮いてしまうため避けましょう。 お宮参りの当日何をする? 1 赤ちゃんの着替え 出かける直前がおすすめ 2 神社へ参拝。 祈祷を受ける 要予約 3 写真スタジオへ記念撮影。 前撮りをしている場合は省略 4 父方・母方の祖父母や親族を招いて会食 家族で通常のお宮参りをする場合は、近所の神社に参拝するだけで十分です。 神社のお参りの基本は「2礼2拍手1礼」。 もし作法に沿って行いたい場合は、上記のように神社に予約をして神職に祝詞をあげてもらう方法もあります。 当日に必要な費用はいくら? ・ 衣装料/各自 購入以外にもレンタルや親戚に譲ってもらう場合もあります ・ 初穂料(玉串料)/5,000円~10,000円ほど 祈祷の際に神社に収める祈祷料です ・ 写真撮影料/ 5,000円~8,000円 プリントする枚数で追加料金が必要になります ・ 食事代/各自 予め予算がつきやすいコース料理を予約し、食事会をひらくのもオススメです.

次の

お宮参り・初宮参りとは?服装・時期はいつ・やり方・作法の基礎知識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

お 宮参り ワンピース

冬のお宮参りは暖かさが最優先• 明るい色を選べば冬の服装に映える• ウールやツイード素材で見た目にも暖かく 冬のお宮参りは暖かさが最優先 寒い冬のお宮参りは、暖かさを最優先に洋服を選びましょう。 寒い中のお宮参りは、産後のママにはつらいものです。 神社の室内で御祈祷を受けるときには靴を脱ぐこともあるので、一層寒く感じられます。 暖かい洋服で寒さ対策を万全にして、風邪を引かないように気をつけましょう。 明るい色を選べば冬の服装に映える 濃い色が多くなる冬の洋服ですが、明るい色を選ぶと華やかな印象が際立ちます。 黒いコートやタイツで全体的に暗くなりがちな冬に、あえて白やグレーの洋服を選べば、写真映えも良くなります。 ウールやツイード素材で見た目にも暖かく 冬の素材でおすすめなのが、ウールやツイードなどの暖かい素材です。 羊毛のウールは、繊維が絡みあって空気をたくさん含むので、保温効果が高いという特徴があります。 型崩れやシワにもなりにくい、冬にもってこいの素材です。 自宅で洗濯できるウールも多いのでお手入れも簡単ですね。 冬服の代表格と言えるツイード素材も、太く短い羊毛で織られて暖かく冬におすすめの素材。 生地をうまく選んで、着心地も見た目も暖かく装いましょう。 【写真映え】お宮参りの服装(冬12〜2月)でママにおすすめなワンピース5選 安心と信頼の日本製 メリノウール フォーマル ワンピーススーツセット マタニティセットアップスーツ マタニティから産後もずっと着回せる 膝が出ない安心丈の高級感漂う日本製王道美人ママスーツ.

次の