エリシア クロロ ティカ。 [B! 生き物] エリシア・クロロティカ

光合成ウミウシが激減、危機的状況、研究に支障も

エリシア クロロ ティカ

『破壊する創造者』の第一章「ウィルスは敵か味方か」より 「エリシア・クロロティカ」という生き物がいる。 木の葉のような形をした美しいウミウシである。 アメリカ海岸の塩沼に生息している。 北はカナダのノバスコシア州から、南はフロリダ沿岸地域の暖かい水の中にいて、分布域は非常に広い。 その名からも想像できるとおり、緑色で、半透明の身体をしている。 少し黄色味がかった緑の部分をひらひらと優雅に動かして泳ぐ。 これは、生物的にはウミウシにとって足の延長のようなものと考えられる。 この生き物には不思議な性質があるが、それは色に表れている。 エリシア・クロロティカは、「植虫類」と呼ばれる生物の一種なのだ。 「植虫類」というのは、植物と動物、両方の性質を併せ持った生物である。 19世紀の終わりに、英国の生物学者、フレデリック・キーブルがつけた名前だ。 ただ、不思議なそれですべてではない。 この風変わりで美しい生き物には、さらに驚くべき特徴があるのだ。 少々恐ろしい、しかし示唆に富む特徴が。 それを知るためにには、エリシア・クロロティカが実際に暮らす沿岸部に行き、興味深い生態を詳しく見てみなくてはならない。 この雌雄同体生物の一生は、春の暖かさの訪れとともに始まる。 あらゆるものが眠りから覚め、動き出すような時期だ。 その頃、汽水の中に卵塊が産みつけられる。 一週間ほどすると卵がかえり、幼生が姿を現す。 幼生たちは次の数週間、その場で泳いで過ごす。 海岸湿地で、プランクトンが多数集まっている場所だ。 泳いでいる間、幼生たちは、ずっとヴァウチェリア・リトレア(Vaucheria litorea)という藻類の緑の糸状体だけを探し求める。 見つかれば、幼生たちは、それに付着し、そこが彼らの居場所になるのだ。 小さなウミウシへの変態もそこで完了させる。 変態が終わると、エリシア・クロロチィカはすぐに付着していた藻類を食べ始める。 細胞壁を破り、細胞の中身を吸いだすのだ。 ヴァウチェリア・リトレアは木の葉に似た緑色をした藻類で、細胞の中には、一般に「葉緑体」と呼ばれている楕円の細胞小器官が詰まっている。 ウミウシは、細胞の中身を吸い出した後、葉緑体と他の部分を選り分ける。 そして、葉緑体だけを、消化管の内側にある特殊な細胞の中にしまい込むのだ。 その後、消化管は拡大し、いくつもの枝分かれして、成長を続けるウミウシの全身に広がる。 これによって、貴重な葉緑体は、表皮の直下の融合層と呼ばれる部分に送られることになる。 葉緑体で「満腹」になったウミウシは口を失い、その後は生涯、太陽エネルギーだけで生きていく。 必要なエネルギー全てを、藻類から取り込んだ葉緑体によって得るようになるのである。 木の葉そっくりの身体の中に、無数の豆電球が埋め込まれているように見える。 その豆電球は日光を浴びると、緑色に光るのだ。 取り込まれた葉緑体は、ウミウシが生きている限り、日光からエネルギーを取り出し続ける。 その間、葉緑体は自らを維持するためのタンパク質を必要とするはずである。 タンパク質の供給を続けるには、そのための遺伝情報が必要になる。 本来、遺伝情報を持っているのは、藻類の細胞核である。 では、すでに藻類の細胞核から切り離されてしまった葉緑体は、ウミウシが生きている9カ月の間、どうやって生き続け、機能し続けるのだろうか。 実は、進化の過程で、重要な遺伝子が藻類の細胞核からウミウシの細胞核に受け渡されたのだ、ということが現在ではわかっている。 どうやらこれには、ウィルスが関与しているらしく、その証拠も集まり始めている。 再び春が来て、エリシア・クロロティカの命が終わる頃のことだ。 卵を産みつけが終わると、その直後に大人のウミウシは病気になり死んでいく。 それまでおとなしかったウィルスたちが急速に増え、あらゆる組織、器官に充満するからだ。 この時、ウィルスはにわかに性質を変え、ウミウシの身体を攻撃することになるのだ。 カテゴリー: , , 作成者:.

次の

Category:Elysia chlorotica

エリシア クロロ ティカ

『破壊する創造者』の第一章「ウィルスは敵か味方か」より 「エリシア・クロロティカ」という生き物がいる。 木の葉のような形をした美しいウミウシである。 アメリカ海岸の塩沼に生息している。 北はカナダのノバスコシア州から、南はフロリダ沿岸地域の暖かい水の中にいて、分布域は非常に広い。 その名からも想像できるとおり、緑色で、半透明の身体をしている。 少し黄色味がかった緑の部分をひらひらと優雅に動かして泳ぐ。 これは、生物的にはウミウシにとって足の延長のようなものと考えられる。 この生き物には不思議な性質があるが、それは色に表れている。 エリシア・クロロティカは、「植虫類」と呼ばれる生物の一種なのだ。 「植虫類」というのは、植物と動物、両方の性質を併せ持った生物である。 19世紀の終わりに、英国の生物学者、フレデリック・キーブルがつけた名前だ。 ただ、不思議なそれですべてではない。 この風変わりで美しい生き物には、さらに驚くべき特徴があるのだ。 少々恐ろしい、しかし示唆に富む特徴が。 それを知るためにには、エリシア・クロロティカが実際に暮らす沿岸部に行き、興味深い生態を詳しく見てみなくてはならない。 この雌雄同体生物の一生は、春の暖かさの訪れとともに始まる。 あらゆるものが眠りから覚め、動き出すような時期だ。 その頃、汽水の中に卵塊が産みつけられる。 一週間ほどすると卵がかえり、幼生が姿を現す。 幼生たちは次の数週間、その場で泳いで過ごす。 海岸湿地で、プランクトンが多数集まっている場所だ。 泳いでいる間、幼生たちは、ずっとヴァウチェリア・リトレア(Vaucheria litorea)という藻類の緑の糸状体だけを探し求める。 見つかれば、幼生たちは、それに付着し、そこが彼らの居場所になるのだ。 小さなウミウシへの変態もそこで完了させる。 変態が終わると、エリシア・クロロチィカはすぐに付着していた藻類を食べ始める。 細胞壁を破り、細胞の中身を吸いだすのだ。 ヴァウチェリア・リトレアは木の葉に似た緑色をした藻類で、細胞の中には、一般に「葉緑体」と呼ばれている楕円の細胞小器官が詰まっている。 ウミウシは、細胞の中身を吸い出した後、葉緑体と他の部分を選り分ける。 そして、葉緑体だけを、消化管の内側にある特殊な細胞の中にしまい込むのだ。 その後、消化管は拡大し、いくつもの枝分かれして、成長を続けるウミウシの全身に広がる。 これによって、貴重な葉緑体は、表皮の直下の融合層と呼ばれる部分に送られることになる。 葉緑体で「満腹」になったウミウシは口を失い、その後は生涯、太陽エネルギーだけで生きていく。 必要なエネルギー全てを、藻類から取り込んだ葉緑体によって得るようになるのである。 木の葉そっくりの身体の中に、無数の豆電球が埋め込まれているように見える。 その豆電球は日光を浴びると、緑色に光るのだ。 取り込まれた葉緑体は、ウミウシが生きている限り、日光からエネルギーを取り出し続ける。 その間、葉緑体は自らを維持するためのタンパク質を必要とするはずである。 タンパク質の供給を続けるには、そのための遺伝情報が必要になる。 本来、遺伝情報を持っているのは、藻類の細胞核である。 では、すでに藻類の細胞核から切り離されてしまった葉緑体は、ウミウシが生きている9カ月の間、どうやって生き続け、機能し続けるのだろうか。 実は、進化の過程で、重要な遺伝子が藻類の細胞核からウミウシの細胞核に受け渡されたのだ、ということが現在ではわかっている。 どうやらこれには、ウィルスが関与しているらしく、その証拠も集まり始めている。 再び春が来て、エリシア・クロロティカの命が終わる頃のことだ。 卵を産みつけが終わると、その直後に大人のウミウシは病気になり死んでいく。 それまでおとなしかったウィルスたちが急速に増え、あらゆる組織、器官に充満するからだ。 この時、ウィルスはにわかに性質を変え、ウミウシの身体を攻撃することになるのだ。 カテゴリー: , , 作成者:.

次の

光合成の収率 生理研究H30

エリシア クロロ ティカ

エリシア・クロロティカと共生する葉緑体、そしてレトロウイルスのような例は、 そうは知られていないが、決して特殊なものではないだろう。 ミ トコンドリアは、酸素呼吸に伴うエネルギー産生を担っており、我々が手を動かし、 頭を働かせるのも、すべてミトコンドリアのおかげである。 葉緑体と同様に、ミトコンドリアも元は単独で暮らしていた微生物、好気性細菌だ った。 それが証拠に、彼らは核DNAと別の独自の短いDNAを持っている(核DN Aの30億塩基対に対し、1万6569塩基対しかない)。 その細菌が、10億年以上前のある日、「プロチスト」という単細胞の真核生物に 入り込んで共生関係になった。 現生の真核生 物は、すべてこの時の細菌=原ミトコンドリアの子孫である。 なぜならすべてのゲノ ムが似ているからだ。 エネルギー供給してもらう宿主の真核生物も、見返りと してミトコンドリアのためにたんぱく質をコードする遺伝子などを自らのゲノムに取 り込み、ミトコンドリアの負担を緩和してやっている。 ミトコンドリアのゲノムには今では37遺伝子しか存在しないが、もともとプロチ ストに侵入する前は、2000ほどの遺伝子を備えていたと考えられる。 そして真核 生物と共生関係を深めるとともに300ほどの遺伝子が宿主ゲノムに引っ越しし、残 りの必要性の薄れた遺伝子はリストラして今日のようにスリム化した。 この過程でも、おそらくレトロウイルスが関与した可能性がある。 ちなみに、ミトコンドリアとは真核生物にとってこんなにも大切な存在だから、遺 伝的異常があると「ミトコンドリア病」と総称される様々な病気になる。 それなのに『破壊する創造者』によって教えられるその起源細菌は、驚くべき物な のである。 何と我々に不可欠なミトコンドリアは、発疹チフスリケッチアという病原 体に近いのだという。 両者は、おそらく祖先を共通していただろう。 葉緑体は、藍藻(シアノバクテリア)が真核生物と共 生関係に入ったものだが、かなり意外なのは最近、マラリアの病原体であるマラリア 原虫にも葉緑体の痕跡が見つかったことだ。 おそらくマラリア原虫は、元は他の藻類 と同様に細胞内の葉緑体の助けを借りて、自ら炭水化物を合成し、それで暮らしてい たのだろう。 ところがいつの頃からか、動物の赤血球に寄生して暮らすようになった。 どんなき っかけがあったか分からないが、そちらの方がずっとラクチンだったので、マラリア という厄介な病気を引き起こす迷惑寄生者になり下がった。 生物にとって楽して繁栄 できれば、それに越したことがない。 というか、「楽している」というのは、それだ け適応度が高いのだから、自然淘汰で必然的にそうなる。 それでも用心深く葉緑体の痕跡を残しているのは、宿主が死に絶えたら再び自活す る用意なのか。 もっとも進化学の常識からすれば、いったん退化した機能は元へは戻 せない。 現在の姿に特殊化してしまっているからだ。 葉緑体の痕跡は、我々の盲腸に似た、ただの「痕跡器官」なのではないかと思う。 当初は、当惑で迎えられたけれども、今では信じていない人はいな いほど生物学者の常識、となっている。 閑話休題。 ウイルスというと、AIDSやインフルエンザ、子宮頸がんなどを感染させる悪者 と思われているが、それは大きな誤解のようなのだ。 そうした不都合さは、当該ウイルスが我々になじむほんの一時期、それもこく短期 の葛藤にすぎない。 全く医学という手段のなかった原始人も滅ぼされなかったのだ。 それを思うと、H5N1型鳥インフルエンザ・ウイルスも、それほど気に病むこと ではないのかもしれない。 一時期、多数の犠牲者を出すだろうが、人類が滅亡するこ となどありえないのだ。

次の