グラブル 水 杖 ハイランダー。 【グラブル】水杖パ、技巧編成のお話【古戦場】

【グラブル】オベロン4凸利用の水杖パ、技巧編成について

グラブル 水 杖 ハイランダー

皆さん水古戦場の準備って進んでますか? 僕はもう手詰まりです。 助けて さて今回は巷で話題になっている 「水杖」について取り上げたいと思います。 水杖って何? の語源は誰かがなんか言ってた気がするけどよく覚えてないんで割愛します。 要は全部違う武器装備してねってやつです。 エピックウェポンの一つ、支配の天秤の第二スキルを適用させるのにこの編成を組む必要あり。 こいつ使う編成ね んで水古戦場前だから話題になるのもわかるんですが、水杖ってのはどういうのかというと、 水杖と申します。 こんな編成です。 終末・天司武器をはじめ水ってけっこぅ杖武器が多いんですよね。 じゃあいっそ天秤入れつつ杖で染めてコスモス杖でドーン!すれば強いんじゃね?って発想で生まれた編成。 早い話が 「めっちゃ上限高くて必要リミ武器もそんなにない、杖得意に優秀なキャラが多い水と相性がいい 見た目だけは 」編成です。 安上りなのもグッド。 上の編成だとネーレウス入ってますがないなら氷晶杖とかコキュ杖でもブチ込んどけばいいんじゃないでしょうか 3. で、実際強いの? 皆さん知りたい事って結局これですよね。 じゃあ上記の編成でシヴァでもソロで倒してきましょう。 キャラ、アビ、石は下記のものを使用します。 え、水カリは入らないのかって? 技巧編成じゃないのに入れるわけないだろバカタレ 今回用意した編成はこちら ガブリエル持ってない人は適当な石でも入れればいいんじゃないですか? で、結果がこちら。 必然奥義軸っぽい動きになる。 じゃあお前が使ってる編成だとどれぐらいのタイムなんだと言われそうなので一応置いておきます。 終末渾身奥義上限のままなので色々酷い事になってますが 編成ガバり太郎 どういう編成使ってるの、という問い合わせには答えられません。 古戦場終わったら公開するかもね 自分の編成については一先ず置いといて、水杖に話を戻します。 強い事には強いんですが、この編成がしっかりダメージ出せる状況って基本的に「有利かつ防御値が12程度、かつバフデバフをしっかり入れている」前提になってるんですね。 ネーレウスが無い場合は更にダメージが下がる。 防御値低い敵に下限までデバフって入れないでしょって話になってしまいます。 これ防御高い古戦場だとまあ苦戦するんじゃないかな~って感じがします。 そもそも 技巧編成じゃない=バーストパーツの水カリが入ってこない以上古戦場には不向きと言えるでしょう。 長いから結論だけ言ってくれ頼む という読者も多そうなので結論を申し上げますと、 「古戦場など速度を求める場面においては弱い」、が個人的な評価。 水属性使うのって現状古戦場くらいなのでこれは比較的深刻な問題点なんじゃないかな~って思ってます。 そして問題点はもう一つ。 編成である以上渾身が足りないため、必然終末の第三スキルは渾身で固定になります。 アホみたいに強い 以上を踏まえて僕個人としては水杖は 聖域の錫杖を掘る労力も含めて 労力に見合った火力は出ないためオススメできない、という意見を持っています。 水に自信ニキなら速度出る編成は色々組んでるはずなので、そもそも水杖をやる必要もないでしょう 少なくとも技巧編成組めてる人間は見向きもしない 5. それでも編成が組みたい!という君へ リソースが足りないから編成でお茶を濁したい、今回の復刻で水カリ引いたけど大歳もも数が足りなくて活かせない、という方も多いかと思います。 去年の時点で水カリ引いてる連中はほぼ全員技巧編成にシフトしてると思ってるのであくまで復刻で引いた組へのアドです。 水杖が駄目なら技巧を組めばいいじゃない。 大歳とが1本ずつあれば一先ずクリティカルを確定させつつ編成を組むことができます。 具体的にはこんなの。 あるならオベロンと入れ替えましょう ネーレウスない人はフェイトレス辺り入れればいいと思う 予測ダメージ自体は杖染めより下がりますが、確定クリティカルの1. 5倍がかかるため実ダメージはこちらの方が常に高くなります 杖にこだわる必要がなく、フェイトレスなどの強い武器が入れられるのも魅力。 更に水カリが採用でき、虚空杖やオメガ杖に縛られないためキャラも杖得意で縛る必要もないと痒い所に手が届く編成です オベロンは4凸も来るし取り敢えず1本は作っておいて損はないでしょう。 水の編成相談とかはDM開放してる はず なのでそっちに投げてもらえばある程度は返します。 今回はこの辺で終わりにします。 それでは。 lem-pleiades.

次の

上限解放コスモス武器(杖)は水理想装備編成に入るのか検証してみた(グラブル攻略)

グラブル 水 杖 ハイランダー

水マグナの杖得意オメガ杖編成の必要な武器、2つの編成例、実際のダメージなどを解説。 運用の動画も掲載しています。 オメガ杖編成に必要な武器と本数 テュロスワンド エウロペ杖 SLv15時、• 【海神方陣・杖術】杖得意の水キャラのみ方陣攻刃18%• 【イクシード・ウォータ】水キャラの奥義ダメージ上限15%UP という2つのスキルを持ちます。 方陣攻刃18%というのは4凸リヴァ短剣と同じ効果量。 杖得意キャラは得意武器補正で攻撃力が多く加算されるため、杖得意キャラで固めた編成の場合は4凸リヴァ短剣の上位互換となります。 また、スキル2【イクシード・ウォータ】は方陣スキルではないのでリヴァマグの加護が乗りません。 1本につき奥義上限は15%UPし、合計で30%まで上限UP効果が適用されます。 よって エウロペ杖の編成本数は基本的に2本となります。 このエウロペ杖を編成できるのが水マグナの剣豪など他の編成やヴァルナ編成との大きな違いで、明確なメリットでもあります。 テュロスビネット エウロペ琴 SLv15時、• 【海神方陣・攻刃】水キャラの方陣攻刃14. 5%UP• 【海神方陣・必殺】水キャラの奥義ダメージ9. 5%UP 方陣必殺の奥義上限は合計で30%まで効果が適用されます。 片面4凸リヴァマグで1本につき20. 9%上限が上昇するので、2本で最大の30%に達します。 一方奥義ダメージUPは合計で約100%UPが上限なので、5本まで編成する効果があります。 ただし、剣豪編成ほど奥義の頻度が高くない杖パにおいては、奥義ダメージUPのみを目当てに多くのエウロペ琴を編成するメリットは薄いです。 よって エウロペ琴の編成本数は、奥義上限UPの最大効果量30%に達する2本までとするのが基本です。 方陣必殺とイクシード・ウォータは共存する エウロペ琴の方陣必殺と、エウロペ杖のイクシード・ウォータの上限UPは共存します。 方陣必殺=30%UP• イクシード・ウォータ=30%UP で合計60%の奥義上限UP効果を得ることができます。 これはエウロペ杖を編成できる水マグナ杖パ特有の強みです。 4凸コスモス杖• 装備中の杖の攻撃力とHPが上昇 1. 単に火力がUPするだけでなく、ダメージ上限もUPされられる貴重な手段で、 編成優先度はかなり高いです。 コスモス杖自身も「杖」に含まれます。 水マグナ杖パにおいてオメガ杖をメインで持つ恩恵はそれほど大きくないので、属性は水以外で基本的に問題ありません。 水でも良いです。 オメガ武器の第二スキルの奥義上限UP 15% は、方陣必殺ともイクシード・ウォータとも共存するのでさらに奥義上限をUPさせることができます。 虚空杖 アーカーシャ武器の一つ「虚空の拝腕」。 杖、楽器得意キャラのEX攻刃20%UP、バトル開始から10ターンEX攻刃10%UP• 杖、楽器得意キャラが自分に付与されている強化効果数に応じて与ダメージ上昇 バトル開始から10ターンはEX攻刃30%UPと、ゼノコキュ武器を大きく上回ります。 また、水マグナ杖パは自然と強化効果がいくつも付与されるので 第二スキルの恩恵も受けやすく貴重なダメージ上限突破手段となります。 奥義効果も強力、メイン武器候補 虚空杖の奥義効果は、奥義ターンを含めて4ターンの間味方全体に• 水属性攻撃20%UP• 参戦者の数に応じて攻防UP 攻撃UPは別枠でソロ時5% と火力UPとして強力な奥義効果を持っています。 よって、虚空杖はメイン武器の候補の1つとなってきます。 攻刃は18%とリヴァ短剣やエウロペ杖と同じ。 第二スキルではオメガ武器と同じように任意のダメージ上限をUPさせることが可能。 オメガと同じ効果を付けた場合には片方しか適用されないので、オメガ杖の第二スキルと被らせないように注意しましょう。 選択したスキルによっては奥義効果も中々強力なので、 メイン武器としても候補となります。 5凸すると第三スキルとして非常に強力な火力UPスキルをつけることが可能となりメイン武器としてもさらに有用となりますが、強化のハードルは高め。 4凸状態でも恩恵は大きいのでぜひ作成しておきたいです。 バハ杖 杖得意編成では、最も優先的に編成したいバハ武器です。 といっても、エルーンとハーヴィンと星晶獣と不明以外の種族を編成する場合には、バハ杖でなく適したバハ武器にします。 ゼノコキュ杖 杖パにおいてはゼノコキュ琴よりも攻撃力が高くなります。 虚空杖と合わせて2本EX武器を編成する場合の候補。 カーオン杖 新実装された武器。 あれば1本入ります。 編成する場合、3本目のエウロペ琴かゼノコキュ杖を抜く。 ルナティックブルーム 黒猫英雄武器 黒猫道士の英雄武器。 後述 黒猫の1アビ「ブラックチャーム」を維持する立ち回りをする場合には必須。 第二スキルのエンブレムはどれも今一つの性能なので、どれをつけても大差ありませんが、味方の回復や強化アビリティを適宜使用するのを想定するなら「天聖」がおすすめ。 ブラックチャームについて詳しくは後述の黒猫編成で解説します。 ウォーロック編成 装備編成例 武器• 永遠拒絶の杖• エウロペ杖2本• エウロペ琴• カーオン杖• 4凸コスモス杖• バハ杖• 天司武器 「杖」が9本編成されているため、コスモス杖によりダメージ上限は9%上昇。 エウロペ杖、琴の本数 エウロペ琴は2本編成したいのですが、他の優秀な武器との比較で1本としています。 基本的には、• どちらにしても差はほぼない また、カーオン杖やバハ杖の枠に2本目のエウロペ琴を編成して「杖2琴2」の形にすると、奥義上限が最も高い状態にできます。 ハイランダーについて 画像の編成のエウロペ杖1本を支配の天秤に変えるだけで、ハイランダー編成になります。 ただし、基礎火力は少し落ちてしまいダメージが上限に届きにくくなるため、終末を5凸していない限りハイランダー編成にする優先度は低いです。 とはいっても 火力差はほとんどないので、「エウロペ杖2本目を作りたくない等の理由で終末4凸でもハイランダーにする」のは全然アリです。 初速を意識する場合 片面エウロペにすると、他属性の強力な召喚石を複数編成できるメリットがあります。 鰹剣豪と違い奥義に依存する訳ではないので、鰹は必須ではありません。 他に必須の召喚石はありません。 キャラ編成例 ウォーロックに、リリィ、エウロペ、フォリア。 ウォーロックの新リミアビ「レプリケーションキャスト」は、サブ含め杖得意が5人以上で、全員の奥義ゲージが100%UPと強力。 リヴァマグの召喚効果の防御ダウンを組み込めるのはマグナ編成の強みです。 ブラックヘイズの命中率は100%を超えているので安心で、このために主人公のジョブはウォーロックとします。 編成キャラについて リリィの奥義での全体水属性攻撃バフを強化できるエウロペ、エウロペの2アビバフを奥義バリアで守れるフォリアと互いに相性が良いです。 ダメージ軽減と弱体回復手段も充実しており、大きな弱点は見当たりません。 他の杖得意キャラとしては• スロウや攻撃ダウンを持つマキュラ・マリウス• 攻防ダウンと奥義やアビでの火力バフを持つアルタイル• クリティカル発動時に1割追撃などのカリオストロ サブでも強力• 片面攻防25%ダウンに自身高火力のドランク など強力なキャラは何人もいます。 極めて高い防御性能に加え、全体火力バフ、累積攻防ダウンを持ちつつ火力も高めなリリィは、最優先で編成したいキャラだと思います。 「〇〇がいないと杖パは運用できない」ということはありません。 実際のダメージ• ザ・ムーンは5凸• トライアルの防御下限 以上の条件でのダメージとなります。 主人公の奥義上限:約410万 フォリアバフ時450万• 主人公の通常上限:約69万 フォリアバフ時77万• 他キャラの奥義上限:約380万• 主人公のブラックヘイズ 両面攻防25%ダウン、暗闇、毒 が強力で命中率が100%を超えている• 主人公のアビリティが2つ空いているのでディスペルやグラビティ、他心陣、チェイサーなどを持てる• 新実装されたリミアビ「レプリケーションキャスト」が強い 気になる点• フォリアのバフがかかっていないキャラは連撃率に不安があり、そこそこシングルアタックが出る とりあえずウォーロック編成ができれば特に問題ありません。 黒猫道士編成 装備編成例• メイン:ルナティックブルーム 確定• エウロペ杖2本• エウロペ琴2• 永遠拒絶の杖• バハ杖• 4凸コスモス杖• 虚空杖• 天司武器 英雄武器「ルナティックブルーム」を用いて、強力な全体バフである黒猫の1アビ「ブラックチャーム」を維持しながら戦う編成。 連撃率が高いため、カーオン杖の優先度はかなり下がります。 エウロペ杖と琴の本数、ハイランダー、召喚石についてはウォーロック編成で触れたのと同様です。 ブラックチャームとは 味方全体に• 攻撃30%UP 攻刃枠• 防御80%UP• DA率60%UP• TA率10%UP• 弱体耐性UP を付与するアビリティ。 主人公のMPが0にならない限り永続します。 MPを保ち続けるには実質的にルナティックブルームが必須なので、すなわちブラックチャームを運用するにはルナティックブルームが必須となる訳です。 ルナティックブルームは攻刃スキルを持ちませんが、ブラックチャームの強力なバフによって問題になりません。 キャラ編成例 主人公黒猫道士にリリィ、エウロペ、ドランク。 よってこの編成の場合は主人公にミストはなくても良いです 黒猫のミストの命中率は素だと100%に満たないため、主人公のミストを使いたい場合はドランクの1アビ 弱体耐性ダウン 必須。 つまり、主人公黒猫でソロの場合は「リリィ、エウロペ、フォリア」の構成は不可能です。 MPを保つために「ムーンライト」は基本必要です。 実際のダメージ• ザ・ムーンは5凸• トライアルの防御下限 以上の条件でのダメージとなります。 黒猫編成の利点• 効果量の高い全体防御UPにより被ダメージが大きく減少 気になる点• ソロの場合はキャラ編成の縛りがキツくなる ウォーロック編成よりも、より耐久向きの編成となっています。 水マグナオメガ杖編成は作る価値あり 今回紹介した『水マグナオメガ杖パ編成』は、終末武器が4凸の状態でリミ武器なしの水マグナ編成としては十分ダメージを出せていると思います。 水マグナ編成の他の強力な編成としては「鰹剣豪」がありますが、ダメージカットや弱体回復といった防御面では明らかにオメガ杖編成の方が上手です。 杖得意キャラ限定というキャラ編成面でのハードルは若干高いとは言えますが、この条件をクリアできるのであればオメガ杖編成は間違いなく作成する価値はあり、総合的に見て強いと感じています。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブル】水属性で使える「杖」武器と水杖パ紹介!無課金でも形にしやすい汎用編成!【コスモス杖も】

グラブル 水 杖 ハイランダー

必殺スキルを持つ武器を複数入れた奥義軸や、技巧武器を入れて確定クリを狙う通常軸など多彩な編成を持つ。 ドラゴニック武器は5凸で起用候補 5凸時に神威を習得、耐久面で貢献 六竜HL実装に伴い追加された武器で、防御UPにダメージ軽減といったスキルに、任意で通常神威か方陣神威を設定可能。 ただし、 終末武器と共存せず、編成にどちらか1本しか入れられないため起用場面は限られやすい。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり汎用性が高まる。 ここから 入手次第4凸ブルースフィアを増やして完成形を目指す流れとなります。 終末5凸 渾身 を用意でき上限が出せる状況であれば1枠を天秤に変えてハイランダー編成にするのも選択肢。 キャラのLBや船炉等の有無で 上限に届く場合はフィンブルをコスモス武器などの上限武器にするのも選択肢です。 ブルースフィアは1本からでも奥義火力を底上げできるため、最優先で作りたい武器です。 ブルースフィアやミュルグレスが増えてきたら、玄武殻拳や玄武甲槌・邪などと入れ替えていきましょう。 ただし この段階では、ロペ琴中心のマグナ編成には劣る点に注意。 ここをスタートとして、4凸のリミ武器が作成でき次第入れ替えていく流れになりますね。 方陣枠は4凸ロペ琴を作成できるまではリヴァ短剣でもOK。 ヴァルナの加護は乗らないが、1本あたり奥義上限9. メイン武器やCWとしてゴットフリートが優秀なため、作成優先度は劣るものの、サブ装備であればゴットフリートの代用として活躍できる。 また、鰹剣豪での奥義周回時には奥義効果の防御DOWN目的でメイン武器として役立つ。 無課金でも入手可能なヴィルヘルムである程度代用できるほか、リミ武器が揃うと最終的には外れやすく、今から作成する優先度は低め。 奥義で刻印付与もあるため、水着カリオストロを採用した確定クリ編成で役立つ性能。 確定クリティカル編成を目指す際の繋ぎとして使える。 火属性の敵に対して 最終ダメージを1. 23倍するスキルが破格。 対有利属性の編成では固定で入る枠。 編成内の火力が十分確保できている状況であれば、上限をさらに伸ばす目的で採用したい。 ブルースフィアやガブ杖、コキュ杖など多くの杖武器を編成する際に編成候補となる。 得意武器関係なく火力HPを確保しつつ、 上限を確保できる武器として編成候補となる。 ただし、オメガ武器の上限枠と共存しないためそこには注意したい。 5凸解放をすると、加護対象の「渾身」や「進境」といった強力なスキルを付与可能。 特にヴァルナ編成でHPを盛る手段として出番あり。 先制に加護は乗らないが、8T間は加護込みでもミュルグレスの攻刃量を上回るので、 8ターン以内かつ連撃率を重視しない場合 開幕奥義周回など においては優先的に編成したい武器。 先制スキルは2本目以降効果は上乗せされないので、編成本数は1本。 4番手に強力なアタッカーを配置できるなら是非編成に入れておきたい。 同じEX攻刃スキルを持つコキュ杖よりもATK値が高いためこちらが優先して編成される。 フェイトレス入手後は、 フェイトレスがEX攻刃枠として最優先となる。 EX枠の2本目以降や杖染め編成など編成候補。 Slv15時点ではゼノコキュ武器2本目より優先度は低いが、5凸後Slv20まで育成するとゼノコキュ武器2本目より優先して入る。 ただ5凸コストは重いうえ得られる恩恵は微差、また最終的に編成から外れる可能性も大きいためヴァルナ編成での5凸育成優先度は低め。 カツウォ召喚による開幕奥義編成でも主軸となり、 奥義軸のヴァルナ編成ではほぼ固定でスタメンに入る立ち位置。 三幕効果中の 確定TAによる奥義の回転率の高さと奥義時に無属性追加ダメージが発生する点が特徴のキャラ。 コーヒーブレイク消費で与ダメUPの全体化や奥義後全体に1割追撃追加など全体の火力強化もでき、特に通常攻撃を軸とする確定クリ編成で活躍する。 特殊技の遅延や奥義のバリアで全体の耐久力を高められる。 自身や単体の火力強化もでき、 杖得意編成での支援役として優秀なキャラ。 汎用 最終後は奥義の水攻撃UPに加え、敵特殊技に合わせて自動発動するHP回復でフィンブルを複数本採用した場合の渾身維持にも貢献できる性能。 奥義やサポアビで火力面も十分優秀なキャラ。 高上限の奥義と必殺環境の相性もよく、 攻防両面で大きく貢献できるの点が魅力。 十天衆 高上限の奥義が必殺環境で活きる。 ただし強化消去を使う敵に対しては連撃支援が機能しづらい点に注意。 特にメイン金重運用時の剣豪編成と相性が良い。 こちらもフィンブル複数本の渾身寄り編成など、高HPを維持したい場面でより長所を伸ばせる。 グラブルの他の攻略記事はこちら.

次の