ブッダ ブランド アルバム。 BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)、奇跡のニューアルバム『これがブッダブランド!』10月30日発売

【NEWS】BUDDHA BRAND 19年ぶりとなるアルバム『これがブッダブランド!』のアートワーク公開

ブッダ ブランド アルバム

Biography メンバー MC• DEV LARGE(デヴラージ)• CQ(シーキュー)• NIPPS(ニップス) DJ• DJ MASTERKEY(ディージェイ・マスターキー) 来歴 1988年にCQ、DJ MASTERKEYがニューヨークに渡り、1989年にDEV LARGE、NIPPSと出会い、前身グループ「うわさのチャンネル」を結成。 1990年にグループ名をBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)に改名し、本格的に活動を開始。 1995年に日本に帰国し、翌1996年5月22日、シングル「人間発電所」でcutting edgeよりデビュー。 同年7月7日に開催されたヒップホップイベント「さんピンCAMP」に出演。 SHAKKAZOMBIEとのユニット大神としての出演や、DEV LARGEはLAMP EYEの「証言」のMCとしても出演。 1996年12月4日、シングル「黒船」を発売。 翌1997年4月23日にシングル「ブッダの休日」を発売し、同年11月12日にもシングル「天運我に有り(撃つ用意)」を発売。 また、当楽曲はトヨタ自動車「ハイラックス ピックアップ」のCMソングに起用、BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)自身もCMに出演。 1998年にDEV LARGEがレコードレーベル「EL DORADO RECORDS」を設立。 2000年1月26日、ミニアルバム『DON'T TEST DA MASTER』を発売し、同年3月15日にはベストアルバム『病める無限のブッダの世界 〜BEST OF THE BEST(金字塔)〜』を発売。 2003年、ベストアルバムの再編集盤『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のラップの世界』、『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のインストの世界』を同時発売。 2005年、MC3名によってILLMATIC BUDDHA MC'Sを結成。 2011年1月19日、DEV LARGEがBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)関連音源を使用したミックスCD『D. L presents : Official Bootleg Mix-CD "ILLDWELLERS" g. a ILLMATIC BUDDHA MC'S Mixed by MUTA』をcutting edgeより発売。 メンバーそれぞれのソロ作品や客演作品からも選曲されており、ミックスはDJ MUTA(JUSWANNA)が担当。 このミックスCDを制作することになったきっかけについてDEV LARGEは、「出来の悪いBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)のミックスCDが半ばオフィシャルな状態で勝手に出されてる」との報告を受け、「変なもんをブッダのファンが掴まされないためにオフィシャルを作らなければならないと思わされた。 」とコメント。 2015年5月4日早朝にDEV LARGEが急逝。 5月5日にK DUB SHINE、ZeebraらがTwitter等のSNSで報じ、6日にはDEV LARGEの所属レーベルであるPヴァインによって公式に発表された。 Discography シングル• 「人間発電所 プロローグ」(1996年5月22日) - 2003年12月3日再発売。 「黒船」(1996年12月4日)• 「ブッダの休日」(1997年4月23日)• 「天運我に有り(撃つ用意)」(1997年11月12日) - 2003年12月3日再発売。 ミニアルバム• 『DON'T TEST DA MASTER』(2000年1月26日) ベストアルバム• 『病める無限のブッダの世界 〜BEST OF THE BEST(金字塔)〜』(2000年3月15日) - 2枚組ベストアルバム• 『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のラップの世界』(2003年12月3日) - ベストアルバムの再編集盤。 『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のインストの世界』(2003年12月3日) - ベストアルバムの再編集盤。 アナログ• 「人間発電所 ORIGINAL '95 VINYL VERSION 」(1995年)• 「Funky Methodist」 (1997年)• 「ブッダの休日」(1998年)• 「REMIX KRUSH GROOVE4 」(1998年)• 「DON'T TEST DA MASTER」(1999年)• 「HI-JACK」(1999年)• 「RETURN OF THE BUDDHA BROS. 」(1999年)• 加藤ミリヤ「夜空」(2004年9月8日)• 「人間発電所」をサンプリング.

次の

BUDDHA BRAND

ブッダ ブランド アルバム

ニューヨークで運命的に出会ったMC3人とDJ。 ラッパー/プロデューサー/レーベル・オーナーなど八面六臂の活躍をみせる、デヴ・ラージ。 多彩なボキャブラリーを駆使してヒネリのある詞を渋い声で繰り出すCQ。 難解なリリックでリスナーを翻弄するNIPPS。 そして、ニューヨーク仕込みのDJプレイで、クラウドを自由自在にロックするマスターキー。 彼らは95年に自主制作による12インチ・シングル「FUNKY METHODIST」を引っ提げ帰国、翌年、シングル「人間発電所」でメジャー・デビューを果たした。 彼らがすかさず大反響を呼び、「無敵の3本マイク、ブッダMC'S」と言わしめた理由には、かなりブッ飛んだコトバの言い回しが挙げられる。 それは例えば、「全身超ILL HIPHOP フロー者、いかれてる、いっちゃってる、異ノーマル、病んでるBUDDHA COMIN AT YA天下一ILLER」といった一節に顕著だ。 まるで日本語と英語をパズルのように巧みに組み合わせ、独自のコトバで強烈なパンチ・ラインを創造するのである。 また、デヴ・ラージが手掛けるトラックは、膨大なレコード・コレクションから厳しく選び抜かれた、70'sファンクやソウルの珠玉のネタを中心に構成され、原曲のドス黒いテイストを色濃く反映させている。 そしてこれまでの活動を凝縮し、最大限に注ぎ込んだ大作が00年リリースの『病める無限のブッタの世界〜 BEST OF BEST(金字塔)〜』だ。 音楽業界やヒップホップシーンに対する闘いの姿勢を中心としたリリックは、アルバム全体に張り詰めた緊張感をもたせ、男臭さを充満させたといえる。 ——彼らは作品をリリースするごとにセールス面でも成果をあげながら、自らの硬派スタンスを常に崩すことなく、マスとコアの両軸で絶妙にバランスをとっている稀有なアーティストだ。

次の

ブッダブランド ニューアルバム 2019年10月30日発売!

ブッダ ブランド アルバム

2019. 27 BUDDHA BRAND、およそ19年ぶりにニュー・アルバム『これがブッダブランド!』ジャケ写公開 BUDDHA BRANDが10月30日(水)にリリースするおよそ19年ぶりのニュー・アルバム『これがブッダブランド!』のカバー・アートワークが公開された。 本作のアートワークは、D. LがBUDDHA BRANDのデモテープの配布用に作っていたという「自作カセット・インデックス」の原画をベースに、リメイク&アップデート作業を行い完成させたものだという。 2000年にリリースされたベスト・アルバム『病める無限のブッダの世界 ~BEST OF THE BEST(金字塔)~』以来のニュー・アルバムとなる本作『これがブッダブランド!』には、7インチ・シングルとして先行リリースされた「Codeな会話」「Punch(仮)」のほか、晩年のD. Lがブログにて「『FUNKY METHODIST』の次のシングルにしようと企むもののNIPPSがいつまで経ってもリリックを書かないことから未発表となった」と語っていた「マタドール(76コロシアム)」。 前作に収録される予定だったものの、卑猥すぎるリリックでレコード会社から許可が降りなかったという「BUDDHA PORNO ALL STARS(女体の狩人のテーマ)」フル・バージョン。 そして、D. Lがニュー・アルバム制作のディールをレーベルと結ぶため、2004年辺りに作った楽曲だと思われる、夢を題材にした「生きる」といったお蔵入り楽曲を収録。 全6曲収録の作品となった。 その流れで、これまでの楽曲のアンプラグド版だったり色々構想もあって なんやかんやと準備は進めていたんですが、その中の1つが 「今度リリースしようとしているILLDWELLERSか、2ndアルバムの アートワークは当時の雰囲気でいってみようと思う」という氏の考えの元、 D. Lが「BUDDHA BRAND」のデモテープの配布用(95年くらい)としてつくっていた 「自作カセット・インデックス」の原画をベースに、リメイク&アップデート作業をしていたのが 今回のジャケです。 それが2012年くらいの話で。 でも結局ILLDWELLERS含め、2ndアルバム(仮)が リリースできなくなったために、そのままになってたんですが、、 【リリース情報】.

次の