オッパ い マウス パッド 使い方。 Windows10 タッチパッドを有効・無効に設定する方法

マウスパッドおすすめランキング10選!手首の疲れ軽減&ゲームに最適マウスパッド

オッパ い マウス パッド 使い方

1 マウスパッド 拡張サイズ を開封 amazonbasicsの箱に梱包されています。 商品名は「超ロングゲーミングマウスパッド」のようです。 中身はマウスパッドのみです。 袋に入っていました。 布製のマウスパッドです。 右下に「amazon basics」のロゴがあります。 色は黒です。 光に当たると中の繊維が光り、グレーっぽく見えます。 背面にはゴム製の滑り止めがあります。 キーボードやMacbook Airを置いた様子です。 マウスが「マウスパッドからはみ出す」ことがなくなりました。 左の方 梱包時に内側になっている部分 に少し「巻きグセ」がありました。 左手でマウスを扱う人は、購入した直後にマウスパッドが波打っている印象を持つかもしれません。 マウスパッドの端が「切りっぱなし」の状態です。 長期間使用していると「ほつれ」「毛羽立ち」が起きる可能性があります。 下の画像は1年間使用したRazerのマウスパッド。 2 Amazonベーシックのマウスパッドを比較 Amazonベーシックのマウスパッドは4種類あります。 サイズを表にまとめました。 「拡張サイズ」は他の種類に比べて、0. 5mm厚いことが分かります。 差は1mm以下と小さいため、気にする必要はないと思います。 3 実際に使用した感想 メリットは、マウスがマウスパッドから「 はみ出さない」という点。 マウスパッドが大きいため、「机の上がほとんどマウスパッド」の状態です。 以前は、マウスパッドからマウスがはみ出すことがありました。 机のマウスパッドの段差でガタつくことがありました。 マウスを上下左右に振った時に「引っかかり」はありません。 また、「カーソルが不安定になる」という状態にはなりませんでした。 マウスパッドはデザインが派手な種類が多く、 シンプルな点が気に入っています。 キーボードやマウスなど「キラキラした物を目立たせる」効果があります。 デメリットは、ペンなどで 文字を書きにくいという点です。 布製でクッション製が高いため、プリントなどに文字を書くと紙が破れてしまいます。 パソコンの周囲で文字を手書きすることが多い人は、やのサイズが良いと思います。 大型のマウスパッドは3,000円以上する商品が多いです。 「1,500円で購入できる」という点は コスパが良いと思います。 ゲームなど、 広い範囲でマウスを動かす人におすすめです。 興味があれば、チェックしてみてください。

次の

ゲーミングマウスパッドの寿命「G440t」「G640r」を使ってみて

オッパ い マウス パッド 使い方

この記事を執筆するにあたって ノートパソコンにはタッチパッドという操作用の機能がついている機種があります。 このタッチパッドを使うことで、マウスがない場合でも、マウス操作と同じように滑らかな操作を行うことができます。 しかしながら、その操作方法は少しだけマウスを操作する場合と異なるので操作方法をしって、慣れる必要があるかもしれません。 とくにクリック、ドラッグ&ドロップ、スクロールなどマウス操作とタッチパッドでの操作を比較しています。 さらには、マウスではできないような操作もこのタッチパッドだと瞬時に行える場合があります。 また、windowsのタッチパッドとmacの製品でもすこし操作が違うのが特徴でもあります。 しかしこれらの操作を覚えることで、マウスがなくともパソコンの操作が可能なため、いつでもどこでも仕事をする事が出来るメリットがあります。 Written By アテ ワン 目次• ノートパソコンのタッチパッドの使い方について解説します ノートパソコンを使っている人なら必ず触ったことがあるタッチパッド。 このタッチパッドはデスクトップのパソコンのマウスに慣れてしまっている人だと、もしかすると使いづらいかも知れません。 しかし、ノートパソコンのタッチパッドの使い方になれてしまえば、いつでもどこでも仕事ができ、時間を有効活用することができます。 きっとノートパソコンがほしくなるに違いありません。 今回はそんなノートパソコンのタッチパッドの使い方を解説していきましょう。 ノートパソコンのタッチパッドの基本の使い方! まずはノートパソコンおタッチパッドの基本操作を紹介します。 基本的には一本か二本の指があれば操作ができてしまうのがポイントです。 それぞれの使い方を見ていきましょう。 キーボードの手前にあるパッドに指を当ててスライドすることでマウスのカーソル操作ができます。 狭い場所や、外出先などでマウスの使用ができなくてもこれで自由にパソコンの画面をを操作することができます。 簡単に言えば、一本指の時と同じようにスライドさせることでマウス操作ができるのですが、マップの拡大など、2本の指を使えば簡単にできます。 方法は実に簡単です。 その拡大したい画面で指二本を同時にタッチパッドの上で開けば、その画面や文字が拡大されます。 同時に、縮小させる場合も指二本で幅を狭めれば行うことができます。 マウスと同じように操作する方法と、タッチパッド独自の方法がありますので、それぞれのやり方をみていきましょう。 画像と照らし合わせて見てみましょう。 右クリックをしたい場合はこの右側をそのまま軽く叩けば、マウスの右クリックと同じ操作を行うことができます。 また、任意の場所を二本指でか軽く叩くことでも行えます。 この場合、叩く場所に指定はありません。 これでほとんどマウスを使った場合と同じ操作をする事がかのうです。 また、左クリックに関してはタッチパッドのどこの部分でもよいので軽く叩くと、左クリックと同じ操作を行うことはできます。 この操作はスライドして行う基本操作と組み合わせて使うことでほかの操作に役立ってきますのでしっかりと覚えておきましょう。 これさえマスターできればほとんどの操作が出来るといっても過言ではありません。 ひとつはウィンドウの横にあるスクロールバーを操作する方法と、新しいマウスには必ずといってよいほどついているスクロールホイールを使った方法です。 今回はそのスクロール方法ごとに紹介していきましょう。 画像と照らし合わせながら、その操作を確認していきましょう。 この方法を行えばスクロールホイールと同様の操作が可能です。 そのやり方を見ていきましょう。 任意の場所をダブルタッチ• 左クリックを押しっぱなし 1の任意の場所のダブルタッチはトントンと軽くタッチすることで選択できます。 このとき二回目のタッチを離さないで動かすことでドラッグをするので、以外に苦手な人が多いそうです。 もうひとつの方法は普通のマウスと似ているのでやりやすいでしょう。 まず左クリックで、ドラッグしたいものを選択します。 そのままもう一箇所別の指か手でスライドさせてマウスのカーソルを動かします。 こうすることで、移動してきたものを別の場所におくことができます。 参考: macのノートパソコンのタッチパッドは細かい操作ができる! macでは指を三本や四本つかうことでさらに便利な操作が可能です。 見ていきましょう。 これを使うと次のような操作が可能になります。 是非参考にしてみてください。 開いているウィンドウからウィンドウへすばやく移動することができる• 上にスワイプすることでマルチデスクトップを表示させることができる たくさん開いているウィンドウをスマートフォンの画面のように流すことができます。 方法はタッチパッドを三本指でさわり、そのままウィンドウを一時的に流したい方向にスライドさせます。 似たような操作でwindowsの場合も仮想デスクトップを表示することができますが、macのノートパソコンを使っている場合はぜひ覚えて使ってみましょう。 可能な操作は次のようになります。 Launchpadを表示しアプリのアイコン一覧を瞬時に出せる• 開いているウィンドウとデスクトップ画面を行き来できる 親指と残りの指を開いたり閉じたりすることで操作が可能です。 そんなに難しくはないでしょう。 4本の指を閉じることで Launchpadを開くことができます。 4本の指を開くことでウィンドウからデスクトップ画面を瞬時に移動することができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はノートパソコンのタッチパッドの使い方をご紹介いたしました。 このタッチパッドの使い方を今一度まとめてご紹介しましょう。 ノートパソコンのタッチパッドは指でマウスと同じ操作を行うことができる• ノートパソコンのタッチパッドでカーソルを動かすのは一本指で、タッチパッドをスライドすることでできる• ノートパソコンのタッチパッドで左クリックするにはタッチパッドの左下を押すか、タッチパッドのとこかを一度叩く• ノートパソコンのタッチパッドで右クリックするにはタッチパッドの右下を押すか、タッチパッドを二本指で叩く• ノートパソコンのタッチパッドでスクロールするには左クリックとスライドを同時に行うか、タッチパッドの中心を二本指でスライドする• ノートパソコンのタッチパッドでドラック・ドロップするにはタッチパッドを二度叩いて動かす方法と、左クリックを使う方法がある ノートパソコンは以上のような操作でマウスを使わずともパソコン操作を行える大変便利な家電製品です。 ぜひ、操作を覚えてノートパソコンを使いこなしましょう。

次の

それでちゃんと効果でてるの?意外と知らないマウスウォッシュの正しい使い方

オッパ い マウス パッド 使い方

(カフェで大きなテーブル使わなくて済む) ・USBポートが一つ空く。 (ノートPCのUSBポートは少ないので、一つ空くだけで助かります) ・マウスを持ち歩かずに済む。 (荷物のスペースが空き、重量も少し軽くなる。 ・快適に操作できるので、「俺、カッコいいだろ?」と自己満足に浸れる。 ・マウスの時は使わなかったであろうショートカットを覚えることで、マウスより早く操作できることがある。 ノートPCを買ったのは、お昼休憩の時間に作業するためです。 でも、このタッチパッド裁きではとんでもなく効率が悪い。 せっかく、軽量かつデスクトップPC並みに動くノートPC を買ったのに・・・・・・ 活かしきれていない)涙 マウスだった時の私の操作速度は、えぇ~そりゃ~もう、F1クラスでしたね。 でも、タッチパットになると乗り始めの自転車ぐらいの操作速度になってしまいました。 「ま、まずい!カフェでカッコ悪くなってしまう!」 誰も私のことなど興味ないのに、焦って色々調べて実践しました。 その甲斐もあり、最近になってようやく自動車クラスになれたと思います。 反復練習すれば、F1クラスに返り咲けるでしょう。 あと、操作速度以外にも嬉しいことがありました。 マウスを使わなくなったので、膝の上で作業できるようになったんです! 家のソファに座って、膝の上にPCを置いて操作する。 これってマウスがあると相当面倒くさいし、しんどいんです。 でも、マウスを無くしてタッチパッド操作に変えただけで、気軽度がガラッと変わりました。 味を占めた私は、最近ずっとソファに座りながら快適に作業してます。 さて、長い前置きはこの辺にして、本題の タッチパッド術を紹介しますね! クリック関連 マウスのクリック操作をタッチパットに変えると、どういった動作になるかを紹介してます。 左クリック 一本指で「ちょん」と1回、タッチパッドを触れる。 このちょんと触れる動作のことを、 「タップ」といいます。 タップ以外に、 カチッとなるまでタッチパッドを押 す 「クリック」もあります。 これは後述しますね。 左ダブルクリック 一本指で「ちょんちょん」と2回連続、タッチパッドを触れる。 2回連続でタップするということですね。 右クリック 2本指で「ちょん」と一回、タッチパッドを触れる。 または、 タッチパットの右下を「カチッ」と押す。 これでも右クリックできますが、 意外と「カチッ」と押し込む動作はしんどいですし、操作速度のロスが発生します。 なので、極力使わないのが私のタッチパット術です。 ドラッグ 一本指で「カチッ」と1回、タッチパットを押す。 1回クリックするということですね。 ドラッグに関してはクリックが必要です。 カーソル移動・スクロール関連 マウスカーソル移動 一本指でタッチパッドの上を移動させる。 これでマウスカーソル(矢印)を移動させれます。 画面スクロール 2本指でタッチパッドを上を移動させる。 マウスホイール(マウスの真ん中にあるクルクルできる箇所)の上下と同じ動作になります。 文章関連 文章の任意選択 タッチパットを使う場合は「カチッ」とドラックしたままで、指を移動させる必要があります。 前途したとおりこの操作は何度も使うと手が疲れてきます。 また、長文を選択する場合など意外と使いづらいです。 そこで、提案したいのが下記の操作です。 かなり便利ですので、是非使ってみてくださいね。 選択したい開始箇所にタップしてカーソルを出現(縦棒のチカチカを出現させる)させて、選択したい終了箇所をShiftキーを押しながらタップする。 この作業をすることで文章が選択(文章が暗転)できます。 全てをコピーしたいときによく使います。 カーソルを行の先頭・最後へ Homeキー:カーソルを行の先頭へ(行頭へ) Endキー :カーソルを行の最後へ(行末へ) 「いつ使うんだ?」 と、言われそうですが、1行だけコピーしたい時によく使います。 一番上に戻る時に便利なショートカットです。 ブラウザ関連 ネット検索 ブラウザを開いている状態で、F6を押すとアドレスバーにカーソルが移動します。 そのまま、検索したいワードを入力してEnterを押すだけで検索できます。 Windows10なら、前途したウィンドウズキーでもネット検索できるようになってますよ。 タブは画面上部にあるため、カーソルを上に移動させるのが意外に面倒なんですよね。 便利技 ファイルやアプリの起動(検索機能を使う) ある程度タッチパッドを使ってくると、タッチパットでカーソルを移動させるのが面倒に感じてきます。 そこで、お勧めしたいのが、 ウィンドウズ キーを押して、立ち上げたいファイルやアプリを入力する。 例えば、googleChomeを起動したい場合。 ウィンドウズキーを押して、「cho」と入力するとchomeが出現します。 後は、Enterキーを押すだけです。 InternetExplorerなら「i」と入力するだけで表示されたりします。 よく使うExcelファイルだって、ファイル名の最初の文字を少し入れるだけで表示されますよ。 この機能の良いのは よく使うファイルやアプリが優先されて表示されるという点です。 アプリ切替 定番のショートカットです。 起動しているファイルやアプリを切り替えることができます。 サッとファイルを閉じたいときに便利です。 圧倒的に早くて、なんか気持ちいいんですよ。 最後のUを、Iでサインアウト、Sでスリープ出来ます。 まとめ いかがでしたでしょうか? タッチパットだけでなく、便利なショートカットも紹介しました。 マウスよりタッチパットのほうが、ショートカットを使いやすく感じます。 ずっと、キーボードの上に指があるからショートカットが押しやすい。 なにより、 タッチパッドとキーとの距離が近いから、マウスより速くショートカットを押せる。 紹介した中で特におすすめしたいのは下記の2点です。 この2つを覚えるだけで、私の作業効率は飛躍的に向上しました。 後はあなたの操作スタイル・PCの使用用途に合わせて、便利なショートカットを探すのも楽しいですよ! では、快適なPCライフをお過ごしください! どうも、マサヤ@プログラム勉強中です! メイン記事はプログラムですが、楽しく生きていくための学びや料理など、色々好きなこと書いてます。 場所・時間に縛られず、好きに生たい。 それを実現するためエンジニアを目指すブログです。 by ニーバーの祈り タグ一覧.

次の