泣くと目が腫れる理由。 泣いた後の目の腫れをなんとかしたい!速攻スッキリ解消法

まぶたのむくみ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

泣くと目が腫れる理由

泣いたあとの目の腫れを治す方法! では、前置きナシで早速、 一番早く目の腫れがとれた方法を紹介します。 なぜこの方法が、最も目の腫れに効くのかという理由は後ほど話すとして、まずは治し方をご紹介しますね! 1. 蒸しタオルを準備する まず、タオルやおしぼりなどの清潔な布を水で濡らします。 その後、ラップに包んでレンジで温めます。 蒸しタオルを目に当てる 次に蒸しタオルをやけどしない程度まで冷ました後、頭を仰向けにして目をつぶり、まぶたの上に蒸しタオルを乗せます。 そして、今蒸しタオルを当てていた部分を、布を巻いた保冷剤で冷やしてあげます。 ですが、これ意外にも目の腫れの治し方と言われる方法はいくつかありますので、ざっくり紹介しますね。 カレースプーン法 大きめのスプーンを冷やして、突き出た面を目にあててマッサージする方法。 腫れた部分を冷やしながら、マッサージ効果を狙ったやり方ですね。 コットンアイパック法 冷たい水か冷たい化粧水で濡らしたコットンを目の上に乗せる方法。 こちらも目の周りを冷やしながら保湿ができるというメリットがあります。 ティーパック法 使用済みのティーパックを冷やして、目の上に乗せる方法。 目の周りを冷やしつつ、紅茶の香りや成分でリラックス効果が期待できます。 手足ぶらぶら法 仰向けに寝た状態で手と足を上に上げて、ぶらぶら揺らす方法。 この章では、なぜ泣いたあと目の周りが腫れるのか、ということについて解説します! 実は泣くと目が腫れる原因は 「目を強くこするから説」と 「まぶたに涙が溜まるから説」の2つの説があります。 実は、 まぶたは体の中で皮膚が最も薄い部分なので、もともと非常に傷つきやすい場所なんです!泣いている間はその部分を、手やハンカチをなどを使って、強い力で押し付けられますので、まぶたの毛細血管が傷ついてしまします。 そうすると、皮膚内で細胞液が染み出して、その傷を修復しようとします。 人の体は、塩分濃度を一定にしようとする働きがあるので、目の周りに塩分が集まっていると、それを薄めるため、 水分が目の周りに集まってきて、目の周りが膨れちゃいます。 これが泣いたあと目が腫れる原因というわけですね! 血行を良くしてあげることが大切! あなたはどちらの説が正しいと思いましたか? 泣いていないときに目をこすっても、泣いている時ほど腫れないのをみると、私はおそらく両方の原因が関与していると思います。 目が腫れる原因の一つは、眼の周りを強くこすることでした。 なので、涙を拭かないことで、まぶたが押し付けられる負荷を取り除いてあげます。 それに、涙をまぶたに溜めずに流してしまうことで、もう一方の原因も取り除くことができます。

次の

泣くと目が腫れるのはなぜ?原因とすぐ治すための4つの方法

泣くと目が腫れる理由

泣いた後の目の腫れ、その原因とは そもそも、どうして泣いた後に目は腫れてしまうのでしょうか。 原因がわかって目が腫れないようになったらうれしいですよね。 次のことが、泣いた後の目の腫れに関係していると考えられます。 こすったり強く押したりする 目が腫れる原因の1つとして、 目をこすったり強く押したりして、まぶたに負担を与えることが考えられます。 まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートです。 涙をぬぐおうとして、まぶたをこすったりハンカチなどでギュッと強く押しあてたりしてしまうと、その摩擦がまぶたの皮膚に負担となり、目の腫れに繋がると言えるでしょう。 涙に含まれる塩分 涙に含まれる塩分も、目の腫れの原因になっていると言われているようです。 塩分の高いモノを食べた次の日は顔や体がむくんでいる・・・という経験があるとおもいますが、泣いて目元が長時間塩分にさらされることも、目の腫れの原因になってしまうのかもしれません。 【蒸しタオルの作り方】 水に濡らしたタオルをギュッと絞って、ぐるぐるとロールケーキのように丸めたら、電子レンジ(500w)で30秒~1分程度加熱します。 ラップで包んだり耐熱性の袋などにいれたりすると、レンジの中の臭いがタオルに移るのを防止してくれるので、衛生的でおすすめです。 電子レンジから取り出すときは、タオルの熱さに気をつけてください。 タオルの準備ができたら、まずは蒸しタオルを、まぶたに3分程あてます。 熱すぎるとやけどしてしまう可能性があるので、まぶたに当てる前に熱さを確認してください。 次に、冷たいタオルを同じようにまぶたに3分程あてます。 2と3を交互に3回程度繰り返してください。 蒸しタオルは冷えてしまうと意味がなくなってしまうので、冷めてきたら温めなおしてください。 これを行うと、まぶたの血行が良くなると言われているので、顔のが気になるときや目が疲れたな~というときにもおすすめです。 まぶたを冷やす方法はさまざまありますが、 でパックする、 スプーンを使って冷やす、 保冷剤で冷やすという方法が挙げられます。 このとき、コットンでまぶたをこすったり押しつけたりしてしまうと、余計にまぶたの負担になってしまう可能性もあるので、優しく乗せるようにしてください。 くれぐれも目を傷つけないよう注意しながらまぶたを冷やしましょう。 これからご紹介するのは、目が疲れたと感じたときにもおすすめです。 会社のデスクなどでも簡単にできるので、気になるときにはぜひやってみてください。 【セルフマッサージのやり方】 まず、眉頭の少し凹んだところを、親指など押しやすい指で、眉毛を押し上げるようにグッと押します。 痛気持ちいいと感じる程度の強さで、5秒程押しましょう。 その際には、黒縁メガネなど、縁が太いものがおすすめです。 まぶたを隠すことができますし、メガネに視線がいくことで、目の腫れがあまり気にならなくなるかもしれません。 日差しの強い日や屋外で過ごすときであれば、サングラスをかけて目を隠してしまうという手もあります。 泣いた後の目の腫れを防ぐ!泣き方のポイント 泣いた後の目の腫れの原因と対処法をご紹介してきましたが、そもそも目が腫れない泣き方があれば、それを活かして思う存分泣きたいですよね。 そこで最後に、目の腫れを防ぐ泣き方や泣いた後の対処法を4つご紹介します。 もし今あなたが、「これから泣きそう・・・」と思っているなら、これらを実践してみてくださいね。 そして、泣き終わったら目薬をさすなどして、目に涙をためておかないようにすると、まぶたへの負担を減らせるかもしれません。 涙が出てきたら、目の周りは触らずに、頬や顎のあたりで流れてきた涙をハンカチやティッシュなどでそっと吸い取るようにしてみてください。 女優さんがドラマなどで泣くとき、ごしごし目をこすったりしないですよね。 女優になったつもりで、つーっと涙を流してみましょう。 とにかく目の周りは触らない!ということが大切です。 泣いた後すぐに温冷タオルで血行を良くしておくと、いつもよりも目の腫れを防ぐことができるでしょう。 もし泣いた後に余裕があれば、ぜひ早めにケアしてあげてくださいね。 うつぶせで眠ってしまうと、そのまままぶたに涙がたまってしまうということと、枕などの寝具の摩擦を受けやすいことから、仰向けに寝るよりも目が腫れやすくなってしまうと考えられます。 ですので、泣いた日は特に、仰向けに寝るのがおすすめです。 泣いた後の目の腫れにもう迷わない!まとめ 泣いた後の目の腫れの原因と対処法、そして泣き方のポイントをご紹介しました。

次の

まぶたのむくみ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

泣くと目が腫れる理由

いつもより目やまぶたがむくんでいる・腫れているように感じる時、見た目も気になりますが、健康面からも注意が必要なこともあります。 急にまぶたが腫れて熱を持っている• まぶたの腫れだけではなく目の充血や痛みもある• 片方のまぶただけが腫れている このような場合、どういった病気が考えられるでしょうか。 まぶたの腫れが知らせる病気 まぶたの腫れに伴ってさまざまな症状がある時、何らかの病気が隠れている可能性があります。 考えられるものとしては、次のようなものがあります。 まぶたの腫れが表れるよくある病気 まぶたの腫れから疑われる病気は、多くの場合以下の通りです。 霰粒腫 さんりゅうしゅ まぶたの裏側のマイボーム腺という場所に 肉芽腫 にくげしゅ という塊が発生する病気です。 初期症状としてはまぶたにしこりが生じ、しばしば腫れることがあります。 炎症が強くなると赤みが生じ、ときには皮膚から肉芽腫が出てきたり、まぶたにひきつれが生じることもあります。 数週間から数か月で自然に小さくなることもありますが、大きくなってしまった場合にはステロイド注射や手術で摘出などの治療が必要になることもあります。 受診の目安とポイント まぶたの腫れは数日のうちに自然と引くこともありますが、一方まぶたの腫れがなかなか引かない、日ごとにひどくなる、他の症状があるという場合にはできるだけ早く医師に相談しましょう。 その場合は基本的に眼科への受診でよいでしょう。 受診の際は、いつからまぶたが腫れているのか、他の症状はないのか、心当たりとなるきっかけがあるのかどうかなどを医師に伝えるとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 まぶたの腫れは普段の生活習慣から引き起こされていることもあります。 以下のようなまぶたの腫れの原因となる習慣がないかどうか、日常生活を見直してみるのもよいでしょう。 目を強くこすった まぶたは人間の皮膚のなかでも最も薄い部分です。 そのため、目をこすることで容易に刺激を受けて腫れてしまうこともあります。 目をこすりすぎたときは まず、目をこする原因となったなどがあれば、それを取り除きましょう。 目をこするという動作をなるべくしないことが大事です。 また、摩擦によって腫れたまぶたは乾燥しやすくなっています。 化粧水などで丁寧に保湿するのもひとつの方法です。 化粧品などの刺激 まぶたは皮膚が薄い分、肌に合わない化粧品などの刺激を受けやすく、乾燥や赤みなどの症状が出やすい部位でもあります。 スキントラブルを避けるために スキンケアもメイクアップもできるだけ肌への優しさにこだわっている商品を選ぶこともひとつの方法です。 また毎日アイメイクをしている人は、たまにはメイクをしない日を作るなど、まぶたを休ませる日を作るようにしてはいかがでしょうか。 アルコールや水分の取りすぎ アルコールや水分の取りすぎでまぶたがむくんだり、腫れたように感じることがあります。 一時的なものですが、飲み過ぎには注意しましょう。 よくならないときには このような工夫をしてもいつまでたっても良くならない場合は、何らかの病気が隠れている可能性も考えられます。 そのような時は一度眼科で相談してみましょう。

次の