承知致しました。 「かしこまりました」「承知しました」「了解しました」の使い方と意味とは

承知しましたの意味と使い方!敬語?目上の人に使っていい?

承知致しました

承知しましたの本当の意味と使い方をお伝えしています。 承知しましたという言葉は敬語なのか? そしてビジネスの場面でお客様や取引先、上司や先輩など目上の人に使っていい言葉なのかも確認していきましょう。 ビジネスの場面で、相手の言葉に対して理解したというような言葉の意味の敬語というのはいくつかありますよね。 その中でも、特に多く使われるのが「承知しました」という言葉です。 承知しましたという言葉は、 相手に対して理解したという敬語の中でもお客様や取引先、さらには会社での先輩や上司など、幅広い相手に使用することが出来る言葉。 実際に会社の研修などでも、使用するようにと教えられることも多いようです。 ここではそんな承知しましたという言葉について見ていきたいと思います。 承知しましたという言葉の本当の意味は?• 承知しましたという言葉の使い方とは?• 承知しましたは敬語?目上の人に使っていい?• まとめ• 自分よりも上の立場の人や• 敬意を払わなければならない相手 に対して使用する言葉でもあります。 「承知しました」と「かしこまりました」 同じ意味の言葉で「かしこまりました」という言葉がありますが、こちらは承知しましたという言葉よりもさらに丁寧に言いたいと気に使われる言葉でもあります。 どちらも同じ意味なので、どちらを使っても特に間違えではありませんが、相手によっては、かしこまりましたというと、ちょっと固すぎるととられることもあります。 しかし、承知しましたという言葉であれば、オールマイティーに使うことが出来るので比較的使用しやすい言葉でもあるので必ず覚えておくと便利です。 承知しましたの使い方とは? 承知しましたという言葉の意味は分かったと思います。 では実際にどのように使えばいいのでしょうか? 相手からの頼まれごとに対する使い方の例• 先輩や上司をはじめとする全ての目上の人• 取引先やお客様 に対して使うことが出来ます。 ただ、お客様に対して使用する場合には、承知しましたでも間違えではありませんが、より丁寧な「かしこまりました」という言葉の方が適切な場合もあります。 まとめ 「承知しました」という言葉は、相手に対してその言葉を理解したという意味で使用する言葉です。 相手に対して理解をしたという意味では、他にも同じような意味でも「了解しました」「かしこまりました」という言葉があります。 しかし了解しましたという言葉は目上の人が目下の人に対して使う言葉ですし、かしこまりましたは承知しましたとほぼ同じ意味ではありますが、より丁寧に伝えたいときに使用します。 その為、上司や先輩やお客様など、目上の人に対してオールマイティに使用できるのが「承知しました」という言葉になります。 特にビジネスの場面では承知しましたという言葉が必要な場面が多々あると思いますので、しっかりと覚えて置き正しく使用することが出来るといいですね。

次の

「諸々」の意味と使い方!失礼?敬語表現?ビジネスメールでの例文や類語まで!

承知致しました

会社で働く上で、社内を含め、お客様とメールのやり取りをするのは必須です。 そんなメールのやり取りの中で、こんなときはどんな風に言い回してメールを送ればいいのだろうと悩むことはありませんか?「了承いたしました」や「微力ながら」といったビジネスメールでお決まりのフレーズを例文を交えて紹介していきます。 ビジネスメールで使える承諾のフレーズや例文、また、言い回しの違いについてご紹介します。 これらを参考に、万が一承諾メールを送る場面になった際にも、きちんと送りましょう。 承諾する旨をメールで伝える例文 承諾する旨をメールで伝える例文はこちらがあります。 様々な場面で使える承諾メールの「了承いたしました」 「了承いたしました」といったフレーズは様々な場面で使えます。 それでは例文を参考に活用していきましょう。 : ご依頼の件、承りました。 : 訪問時間の変更につきまして、 承知いたしました。 :登録解除の件、了承しました。 : 日程変更の件、了承いたしました。 :納期延期の件、わかりました。 : ご出席者数の変更の件、かしこまりました。 :忘年会の幹事の件、おやすいご用です。 : 講演会の講師の件ですが、お受けすることにいたします。 :先日ご依頼いただいた件、お引き受けします。 : 公正証書作成代理のみのご依頼もお引受け致します。 :日程申請いただいた件について、下記のとおり受諾いたします。 :ご依頼のお仕事の件、喜んで協力させていただきます。 :どこまで期待に応えられるか分かりませんが、私が少しでもお役に立てれば幸いです。 : 本日からお世話になります。 微力ながら精一杯がんばりたいと思います。 :プロジェクトリーダ就任の件、承知いたしました。 ご期待に添えるよう精進いたします。 :及ばずながら、お力になれれば幸いと存じます。 メールで使う承諾フレーズの違いとは ビジネス上で、承諾の旨を伝えるメールを送る時に 「分かりました」 という意味合いで使われる言葉に 「了解しました」 「承知いたしました」 「了承しました」 「かしこまりました」 などのフレーズがありますね。 皆さんはこの承諾の旨を伝えるメールでのフレーズの意味と使い分け方を理解できていますか?いざ承諾の旨をメールで送る時に、どのフレーズを使ったらいいのだろうと悩んでしまう事はありませんか? 「了解いたしました」とは目下に対して使う言葉 「了解いたしました」は、承諾メールで送る時は同僚もしくは目下に対して使う言葉です。 「了解いたしました」というのは、「了解」に「いたしました」をつける事で、丁寧語にはなりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。 「承知しました」とは目上の人に使う適切な言葉 「承知しました」は承諾の旨を伝えるメールでは尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。 ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。 お客様や目上の人に使わないよう注意しましょう。 この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が承諾の旨をメールで伝える時の正しいフレーズの使い方です。 ビジネスメール例文フレーズ「承諾」 依頼や申し入れへの承諾には、まず感謝の気持ちを伝え、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事をしましょう。 依頼された側である場合、どうしても相手より立場が上だと思いがちですが、今後のやりとりも含め謙虚な姿勢で対応することを心がけましょう。 この度は、飲み会のお誘いをいただきまして、 誠にありがとうございます。 ぜひ、日程の調整をさせて頂きたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 メールを頂き、誠にありがとうございます。 この度はミーティングのご提案を頂き、誠にありがとうございます。 ぜひ、直接のお話をさせて頂きたく存じます。 ご予定の調整のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 それではご連絡をお待ち申し上げております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ご丁寧なお返事をいただき、誠にありがとうございました。 日程調整が難しいとのこと、確かに承りました。 弊社としましても、 早い段階からご依頼できればよかったのですが、 社内で結論が出るまでに時間がかかってしまい、 申し訳ございません。 また、次の機会にもぜひ、 お声をかけさせていただきたく存じます。 今後とも、宜しくお願い申し上げます。 「微力ながら」のフレーズで謙虚に相手へ伝える それでは最後に「微力ながら」という、こちらもビジネスメールはお決まりのフレーズを例を使って紹介します。 「微力ながら」は、自分の能力をへりくだって(謙遜して)相手へ言うときの表現です。 自分は「力足らずですが」や「力が乏しいですが」というようなニュアンスです。 ぜひ「微力ながら」の言い回しに困った時の参考にしてみてください。 了承いたしました・微力ながらの例文を参考に正しい承諾メールを送ろう 承諾の旨をメールで伝えるフレーズや、「微力ながら」と謙虚に相手へ伝えるときの言い回しの例文を見ていきましたが、いかがでしょう。 ビジネスシーンでは、きちんと承諾した確認を相手に伝えるマナーというのがあります。 改めて「了承いたしました」は主に目上の人が目下の人に使う言葉ですので、目上の人や取引先の人に使ってはいけません。 「承知いたしました」という言葉を使うようにしましょう。 こういった言葉選びや、言い回しこれは仕事をするうえで、とても重要です。 今回紹介した例文やフレーズを参考にして、どんどんメールのやり取りをすれば、自然とフレーズが身につくはずです。 ぜひ正しい承諾フレーズを使い分けて活用していってください。

次の

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

承知致しました

「かしこまりました」の意味 「分かった」を意味する「かしこまりました」 「かしこまりました」とは「分かりました」という意味の言葉です。 相手の指示を受け入れる時に使われる敬語表現で、目上の上司や取引先の担当者など社内外の人へ使えます。 漢字で表す「畏まりました」 「かしこまりました」を感じで表すと「畏まりました」となります。 正しい漢字表記であり、メールや文書などの書き言葉として使用できるのですが、ビジネスシーンで使うのは控えた方がいいでしょう。 「畏」は音読みでは「畏(い)」、訓読みでは「畏(おそ)れる」という普段見聞きしない漢字です。 正しい使い方ではあるものの、普段使わない難しい漢字を相手に使うのは丁寧さに欠けます。 ビジネスシーンでは使用禁止というルールはありませんが、相手のことを考えると「かしこまりました」と平仮名で表記する方が丁寧で優しさのある表記と言えるでしょう。 類語「承知しました」との違い 「理解する」「引き受ける」という意味 「かしこまりました」の類語「承知しました」には、「理解する」や「引き受ける」という意味が込められています。 「かしこまりました」と同じく相手の依頼や指示を引き受けるシーンで使用される敬語表現です。 「かしこまりました」と「承知しました」は両方とも丁寧な表現であり、相手の指示を引き受けるシーンではどちらを使用しても構いません。 違いがあるとすれば「承知」の方が、使用できるシーンが多いということです。 例えば、目上の相手に「知っているとは思うけど」という言葉を使う時、「ご承知のこととは存じておりますが」と使用できます。 「承知いたしました」は二重敬語ではない 「承知しました」をより丁寧に表現した「承知いたしました」という言葉。 「承知」に謙譲語である「いたす」を加えることで、自分をへりくだらせた丁寧な表現になります。 「承知いたしました」を二重敬語と判断する考えもありますが、謙譲表現されている部分は「いたす」だけであり、二重敬語には当てはまりません。 「承知」に使われている「承る」という言葉は謙譲表現であり二重敬語となりますが、「承知」はあくまで1つの単語ですので二重敬語ではないと言えるでしょう。 「了解しました」「わかりました」も敬語 「承知しました」以外には「了解しました」や「わかりました」も類語となります。 全て目上の相手に「分かった」と伝える場面で使える敬語表現です。 ただ、「分かりました」や場合によっては「了解しました」は、かしこまった表現ではなく丁寧でないと判断される場合があるため、状況や人によって使い分ける必要があります。 メールでの「かしこまりました」の使い方 「かしこまりました」はメールで使える メールや文書などの書き言葉として「かしこまりました」は使えます。 類語でも言い換えることはできますが、書き言葉は声色や表情が読み取れない分、話し言葉よりも丁寧な必要があります。 くだけた表現と捉えられてしまう類語の「分かりました」などは、控えた方がいいと言えるでしょう。 「かしこまりました」に一言添える 「かしこまりました」を使う場合、単体で使うのではなく一言添えて使うとより丁寧になります。 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を受け、ぶっきらぼうに捉えられてしまう場合があるからです。 「かしこまりました」だけの返信よりも「かしこまりました。 当日はよろしくお願いいたします」の方が丁寧な印象を与えられます。 「ご連絡ありがとうございます」や「またご連絡いたします」など状況に合わせて加えてください。 相手によっては違和感を与えることに 「かしこまりました」は目上の相手に使える丁寧な表現であることを説明しました。 ただ、相手との距離感によっては仰々しく捉えられ、違和感を与えてしまうこともあります。 メールの場合は話し言葉よりも丁寧にする必要があるのですが、話し言葉の場合は相手との距離を考えましょう。 「かしこまりました」が堅苦しいと感じた場合は「分かりました」など、類語への言い換えも大切です。 「かしこまりました」を使った例文 「はい、かしこまりました」の例文 「かしこまりました」の使い方として、「はい、かしこまりました」があります。 後ほどデスクに置いておきます」となります。 「かしこまりました」にお礼を加えた例文 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を与える場合があることを説明しました。 そこで、「かしこまりました」にお礼の言葉を加えた例文を紹介します。 例えば、取引先の担当者から「今月の納品分を明日持っていきます」と連絡が来た場合「かしこまりました。 いつも質の高い商品をありがとうございます」となります。 まとめ 「かしこまりました」には「分かった」という意味があり、目上に使える丁寧な敬語表現です。 類語の「承知しました」とは大きな違いはありませんが、「承知」の方が使える幅が広いため状況に応じて使用してください。 距離の近い上司など、相手によっては違和感を与えてしまうため注意しましょう。

次の