台風 19 号 東京。 台風19号 東京に最接近 関東北部や東北で激しい雨

【まとめ】台風19号情報 各交通機関が計画運休:朝日新聞デジタル

台風 19 号 東京

突発的災害 自然災害等 の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。 対象中小企業者 次のいずれにも該当する中小企業者が措置の対象となります。 申請者が、下記の指定を受けた地域において1年間以上継続して事業を行っていること。 下記の指定を受けた災害等の発生に起因して、その事業に係る当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。 以下「売上高等」という。 )が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。 現在の指定案件• 令和2年6月2日更新• 令和2年5月12日更新• 令和2年4月10日更新• 令和2年3月30日更新• ・指定期間とは認定申請をすることができる期間をいいます。 手続きの流れ• 対象となる中小企業の方は、本店等 個人事業主の方は主たる事業所 所在地の市町村 または特別区 の商工担当課等の窓口に認定申請書を提出 その事実を証明する書面等があれば添付 し、認定を受け、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことが必要です。 お問い合わせ先• 中小企業金融相談窓口 電話:03-3501-1544 直通• 中小企業庁事業環境部金融課 電話:03-3501-1511 FAX:03-3501-6861.

次の

台風19号 東京に最接近 関東北部や東北で激しい雨

台風 19 号 東京

第4戦が行われる場合は翌13日に順延となり、以降の試合も順次繰り下げて開催される。 あらかじめ予定されていた15日の予備日も正式日程となる。 17:00 全日空、12日の羽田・成田全便を欠航 台風19号の接近に伴い、全日本空輸は10日、12日に成田と羽田の両空港に発着する国内便すべてを欠航すると決めた。 ほかにも11~13日にかけて、国内便を中心に遅れや欠航の可能性があるという。 11日には、八丈島、大阪(伊丹)、関西、神戸を発着する便で終日、羽田、成田、中部では午後に発着する便で遅れが出たり欠航したりする可能性があるとしている。 日本航空も、羽田・成田を12日に発着する便の多くが欠航する可能性があるとしている。 11~13日にも各空港で遅れや欠航を見込んでいる。 スカイマークやエア・ドゥでも11~13日に羽田、中部、神戸などの空港で終日または大部分の時間帯での欠航を決めているほか、多くの航空会社で羽田・成田の11~13日の便を中心に遅れや欠航を見込んでいる。 「ロイヤルホームセンター足立鹿浜店」ではブルーシートが飛ぶように売れ、従業員が補充していた=2019年10月10日午後1時35分、東京都足立区、黒田壮吉撮影 大型で猛烈な台風19号に備えようと、東京都内では10日、慌ただしく防災用品を買い求める人たちがホームセンターで列をつくり、品薄となった。 東京都足立区のホームセンター「ロイヤルホームセンター足立鹿浜店」では、9日ごろからブルーシートが急に売れ始めて品薄に。 10日午後には倉庫に備蓄してあった商品を次々と補充していった。 ブルーシートを購入した同区内の女性(71)は自宅が築50年で、雨漏りを心配する。 「千葉県で屋根が飛ばされているのをみて、怖くなった。 準備だけはしておかないと」 同店ではブルーシートの他に、ガラスの飛散を防ぐガラスフィルムが完売。 懐中電灯やガスボンベ、養生テープなども在庫が少なくなっているという。 発電機についての問い合わせも多いが、千葉県の台風の影響で新たな商品が入荷できない状態が続いているという。 川畑亨介店長(42)は「すでにどこの店舗も防災用品は品薄の状態。 早めの準備をお願いできれば」と話した。

次の

【まとめ】台風19号情報 各交通機関が計画運休:朝日新聞デジタル

台風 19 号 東京

予報円の中心を結ぶ線は東京湾の近くを横断しているが、によると、必ずしもこの線に沿って台風が進むわけではないという。 また、気象庁によると、13日午前9時の中心付近の最大瞬間風速は60メートルと予想されている。 これは9月に関東地方に上陸し、千葉県に甚大な被害をもたらしたに匹敵する。 危険から身を守るために、どんな準備をしておけばよいのだろうか。 やが公開する情報などを元に、事前にやっておくべきこと、いざ台風が接近した時に気をつけるべきことなど10のポイントをまとめた。 台風接近に備えて… 1. 家の外の被害に備えよう ・窓や雨戸はカギをかけ、必要に応じて補強する。 ・側溝や排水口を掃除、水はけを良くしておく。 ・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する(例:植木鉢、洗濯バサミ、ハンガーなど)。 ・屋根、塀、壁などの点検、補強をする。 非常用持ち出しバッグを準備しておこう 非常時に持ち出すべきものをリュックサックに詰め、枕元に置くなどしていつでもすぐに持ち出せるようにしておこう。 両手がつかえるのでバッグはリュックサックが好ましい。 地震など他の災害時の備えにもなる。 自宅や勤務先からの避難場所や避難経路を確認しておこう 付近に洪水のおそれのある河川があったり、低地、急傾斜地で水害や土砂災害のおそれがある場合は、事前に防災マップやハザードマップ(災害予測図)を入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておこう。 自治体によってはネット上で提供しているところもある。 なお避難場所は、豪雨、地震、津波、火山噴火など災害の種類によって安全な避難場所が異なる。 国土交通省が提供するなどを確認しよう。 安否確認の方法を家族で共有しておこう 災害の発生時、もしかしたら家族は別々の場所にいるかもしれない。 そんな時でも互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所などを事前に話し合って決めておこう。 災害時には携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合もある。 その際には以下のサービスを利用しよう。 ・災害用伝言ダイヤル 「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できる。 1メッセージ、30秒まで録音可能。 登録できる電話は一般加入電話のみ。 確認は公衆電話・携帯電話からもOK。 覚え方は「忘れていない(171)?災害用伝言ダイヤル」。 ・災害用伝言板 携帯キャリア事業者が提供。 携帯電話やPHSから登録できるネット伝言板。 自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できる。 、 、がある。 ・ 災害の影響を受けた地域にいる場合に、Facebookを通じて自分の状況報告や友達の安否を確認することができる。 ・ 災害発生後にGoogleが適宜開設する。 氏名などを登録することで、互いに安否確認ができる。 台風が接近したら... 外出は控えよう 台風が接近している間は、大雨や暴風の恐れがある。 なるべく外へ出ないようにしよう。 ・用水路、海岸の見回りは絶対にしないこと。 増水した用水路は道路との境目が分からず、足を取られて流される危険がある。 海岸では高潮に飲み込まれる恐れがある。 ・屋外での作業は控えよう。 暴風や突風にあおられて転倒する危険がある。 家屋の補修は接近前に終わらせよう。 命を守るため、早めの避難を 市町村から避難勧告や避難指示があったら、すぐに動けるように準備して、すばやく避難しよう。 また、避難勧告が出されていなくても、危険を感じたら、自主的に避難しよう。 ・扇状地、海岸・河川敷、樹木の少ない山間部、危険な土地にいる場合は早めに避難しよう。 ・車での避難には注意。 雨でワイパーが効かず、ブレーキが効かなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こる危険がある。 ・地下空間(地下道、地下室)は、地上が冠水すると水が流れ込み、避難が困難になる危険があるので注意しよう。 ・都心では、遠くの避難場所へ避難するより、隣近所の2階以上の頑丈な建物に避難するほうが安全な場合もある。 避難する場合は、周囲の状況なども総合的に判断し、行動するようにしましょう。 ・避難前には火の元、ガスの元栓、電気のブレーカーを落とし、戸締まりを確認しよう。 災害時、ネットで情報収集をするには 以下に、災害時に役立つ政府や公共機関が運用する公式Twitterアカウントやサイトを紹介する。 ・ 地震、台風、大雨や重大事件など、災害・危機管理関連の政府の活動情報を確認できる。 ・ 災害情報や防災・減災に関する情報を確認できる。 ・ 大規模災害が発生した際、消防関連情報を確認できる。 ・ 災害時、自衛隊の派遣状況などの関連情報を確認できる。 ・ 最新の台風情報を確認できる。 ・ 「台風特設チーム」による解説を確認できる。 ・ 自治体から提供を受けた避難所データなどをもとにした全国の避難所情報を確認できる。 ・ 各地の生活、ライフライン情報を確認できる ・ 過去24時間の道路通行実績を集計し、被災地における自動車での避難や救援を支援する。 ・ 災害時に透析が必要な人向け。 透析可能な病院を確認できる。 ・Twitterで救助を要請する場合は? 災害発生後は安否確認の通話が殺到して電話がつながりにくくなる場合が多い。 そのような場合は、Twitterでの救助要請を考えてほしい。 以下のフォーマットに沿って救助要請をしよう。

次の