大村知事 リコール。 【愛知県】大村知事のリコール方法!HPに個人名誤掲載で辞任?

大村知事のリコール方法や必要な署名数は?運動は高須院長が呼びかけ予定か

大村知事 リコール

1日、高須クリニックの院長が、愛知県知事のリコール運動を正式に始めることを表明した。 高須院長は、昭和天皇の写真を燃やす、旧日本軍を揶揄する、軍による強制連行事実が無い従軍慰安婦関連の像を展示するなどした「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員長で、費用を県の公金で賄った大村知事に、自身のTwitterで強い憤りを表明。 さらに、コロナ禍で「思想の偏った展示物に市税は出せない」とする名古屋市長を提訴したことなどにも不満を見せ、「リコール」を示唆していた。 1日午後になり高須院長は、Twitterで「お待たせしました。 かっちゃん動きます」と投稿し、2日に「お辞めください大村秀章愛知県知事・愛知100万人リコール活動」の設立及び活動報告プレスリリースを午後2時から行うと発表。 当初、会場は愛知県政記者クラブとしていたが、後に「取材の申し込みが多すぎて三密の回避」のため、名古屋国際ホテルに変更したことを明かした。 当日、会場には河村市長に加え、政治評論家の竹田恒泰氏、元小説家の百田尚樹氏、編集者の有本香氏らが姿を見せる予定で、高須院長は大村知事から「医療崩壊している」と批判され不快感を見せた吉村洋文大阪府知事についても、「応援に来てくれたらいいな」とTwitterに投稿した。 吉村知事は公務のためZoomで参加予定 大村知事のリコール運動についてネット上で賛同の声が上がっている状況。 一方で、「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務めた津田大介氏は、自身のTwitterで 現在は削除 「リコールなんてできるわけないし、単に相手方の理不尽な主張を結果的に宣伝するだけだから今回に限っては放置が正解と思うけどな」と切り捨て、「ネトウヨが騒いでいるだけ」「一部の人しか賛同していない」と、津田氏の意見に賛同する声もある。 このような声に、高須院長は「『できるわけがない』だと? 現状を何も知らんくせに。 いま着々とリコール作戦が進行している。 手応えよし。 このまま進行すれば、必ずリコールできる」と宣言し、「頑張ってください」「多くの愛知県民が応援している」などの声が寄せられた。 なお、この件について大村知事はコメントしていない。 意見の反する者を次々とブロックし、「あいちトリエンナーレ2019」の断行やコロナ対応で東京と大阪を「医療崩壊した」と批判するなど、その行動が物議を醸す大村知事。 高須院長のリコール運動を通じて、県民がどのような判断をするのか注目される。

次の

【愛知県】大村知事のリコール方法!HPに個人名誤掲載で辞任?

大村知事 リコール

愛知県の大村秀章知事への解職請求(リコール)運動をアピールするため、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は28日、名古屋市の河村たかし市長とともに、市内の繁華街でキャンペーンを展開した。 大村氏は、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏み付けるような映像作品などの公開を認めた。 高須、河村両氏の「大村氏NO」の訴えに、声援を送る県民も多かった。 本当の力を持つのはみなさんだ。 実現すれば、愛知県民は日本の民主主義の英雄になれます」 高須氏は同日午後、名古屋市中区の大須商店街でこう呼びかけた。 代表を務める政治団体「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」の本格始動にあたり、高須氏はリコールの署名を集める「受任者」の募集用はがきを汗だくで配った。 河村氏も応援に駆け付け、「大村氏は、トリエンナーレの負担金を支払えと名古屋市を訴えた。 あまりにむちゃくちゃだ。 みなさん、このはがきに名前を書いてちょーよ」と声を張り上げた。 2人の周りには黒山の人だかりができ、「かっちゃん(=高須氏)頑張れ!」「大村知事は辞めろ!」という大合唱が起こった。 途中、休憩を挟み、2人はスタッフらとはがき計2万枚を1時間半ほどで配った。

次の

なぜ大村知事をリコール?高須院長の言い分やリコール成立したらどうなる?

大村知事 リコール

先日、「」という意見を述べたところ、右翼(ネトウヨ)から頓珍漢(的外れ)な批判がありました。 本当に取るに足らんという感じのものばかりなのですが、一応、コメントしておきましょう。 これって神権天皇制の発想です。 今や大日本帝国憲法下ではありません。 むしろ、こうした行為こそ許容しているのが憲法の表現の自由の価値です。 天皇制に対する批判を許さないというのは、現在の日本国憲法が神権天皇制を否定する上で成り立っていることを考えれば、当然の帰結です。 少なくとも私には心当たりはありません。 中には「正義」に名を借りて暴走しているグループ(顕著なのが、反ヘイトを標榜する集団です)がありますが、あのような暴走集団が左翼のイメージで語られてしまうことがあり、本当に迷惑です。 (もっとも反ヘイト集団は、ダブルスタンダードではありません。 全くずれた批判です。 どうしてこうも理屈で考えられないんだろうかと哀れにさえ思えます。 こうした権利であろうとも、その行使の仕方が批判の対象になるのは当たり前のことなんです。 リコールを批判されたくないが故のすり替えなのです。 こうした表現の自由の基本原理をわかっていない人たちが以外と少なくありません。 憂うべき状況です。 内容に対する批判は、どんどんとすればいいのですが(私も天皇の肖像を焼くという表現は全く共感はしません。 安倍総理の演説のときにヤジを飛ばす行為も同じです。 こうした行為って多くの共感を得ることは決してできません。 )、だからといって、主催すること自体でダメということになりません。 それも表現の自由の範ちゅうです。 例えば、公共の施設を借りることもそうです。 NHKがドキュメンタリー番組を受信料で制作することもそうです(だから右翼はNHKを目の敵にしているんですよね、逆もそうで、自分の意見に合わないという発想だけの教条主義的な左翼もNHKを否定したがります)。

次の