ホワイト アスパラ ソース。 シュパーゲル(ホワイトアスパラ)でドイツの春を感じる! [ドイツ] All About

一番美味しいホワイトアスパラガスの茹で方。むいた皮も茹で汁も捨てない!

ホワイト アスパラ ソース

goo. 2:穂先から指4本分より下の部分の皮をピーラーで厚めに剥く。 これをしないと食感が悪くなるので必ず!剥いた皮は風味づけのため、1の鍋へ投入。 3:変色しないように、皮を剥いたホワイトアスパラを水にさらす。 5:4のホワイトアスパラを立てたまま、下の方をなべ底につけて3~4分茹でる。 鍋のふちに立てかけておけば良い。 6:穂先も熱湯に入れて更に4~5分茹で、アクを摂る。 茹で過ぎるくらいで問題なし。 7:火を止めてから、そのままお湯につけておき自然に冷えるまで放置。 オランデーズソースの作り方: 1:湯煎でバターを溶かして、上の澄んだ部分を使う。 2:ボール(アルミは不可)に溶いた卵黄と、白ワインを入れて、90度の湯or沸騰した湯の湯気にあてながら白っぽくなるまで泡立てる。 3:レモンを入れて混ぜ、済ましバターを少しずつ入れながら、更に泡だて、塩コショウで味をととのえる。 4:キメ細やかな泡で、白っぽくもったりしたら出来上がり。 5:水気を切ったホワイトアスパラにソースをかけ、パセリ、胡椒をふっていただく。 ホワイトアスパラガスだけではなく、他の温野菜やお肉にもかけても美味しいです。 むしろ茹で過ぎ加減にしてください。 ゆで時間が足りないと、甘みが出ない上に、エグみも残ってしまいます。 2:マギーブイヨンを小鍋に入れて、極弱火で10分程度煮込む。 3:塩、白こしょう、ナツメグで味を調えて出来上がり。 4:3の茹で加減は、歯ごたえがある方が好きなら4分、とろとろ気味が好きなら6~8分程度茹でてザルにあげる。 5:ゆで卵は、白身と黄身に分けて細かく刻んで、黄身が固茹でなら茶こしで裏ごしする。 6:皿の大きさに合わせてアスパラを切って並べ、上からゆで卵を乗せる、あればパセリなども。 7:フライパンに白ワインを入れて火にかけ、アスパラガスの茹で汁をおたま半分くらいとバターを加えてよく混ぜ、塩コショウ(分量外)を入れてソースのできあがり。 8:ゆで卵の上からソースをたっぷりかけて絡めるようにして頂く、お好みでマヨネーズをかけても。 乾燥マッシュポテト、マッシュルーム、牛乳or生クリームを足して塩コショウで味付けしても美味しいです。 2:1が大体潰れてきたら、残りの生クリームを入れて火にかけ、スープの素を入れ塩コショウしたらソースが完成。 3:皿にソースを盛って、ホワイトアスパラを乗せ、粗挽きコショウをふり、ミジン切りのパセリを散らして出来上がり。 2:玉ねぎは薄く、パプリカは食べやすい大きさにスライスする。 3:ホワイトアスパラの根本近くの皮を薄く剥き、グリルで少しやく。 4:パスタを茹で始め、オリーブオイル(分量外)を引いたフライパンで玉ねぎ、パプリカ、しめじを炒める。 5:4のプライパンに塩こしょうをし、小麦粉を振りかけて炒める。 6:5に牛乳、コンソメ、白ワインを入れて、少し煮込み、チーズを入れてシッカリ溶けるまで混ぜる。 7:6に3を入れて、カレーパウダーを加え、好みの辛さまで加減、調整する。 8:気持ちかために茹でたパスタを7に加えて、しっかり混ぜ出来上がり。 コク出しをしたければ、オリーブオイルの代わりにバターを使ってください。 4mm) 200g ・ホワイトアスパラ 6本 ・ベーコン 100g ・しめじ 1パック ・ニンニク 1片 ・白だし 小さじ2 ・鰹節 1袋 ・オリーブオイル 大さじ2 ・塩 少量 ・酒 大さじ1 ・海苔 お好み <作り方レシピ> 1:ホワイトアスパラは斜めに切り、しめじはバラバラにして、ベーコンは1センチにカットしておく。 2:パスタを茹で始める~約6分。 3:フライパンに刻みニンニクを入れ、ベーコンを加え炒める。 4:3にホワイトアスパラ、しめじを入れ、ホワイトアスパラが程よく柔らかくなったら鰹節、白だし、酒、塩で味付けする。 5:4に茹でた麺を加えて仕上げ、パサツクようならオリーブオイルを入れ、皿に盛り付け、海苔をかけて出来上がり。 2:バターを入れて温めたフライパンに玉ねぎを入れ火が通るまで炒め、その中に水を入れて軽く沸騰させる。 1のホワイトアスパラとコンソメを投入。 3:2を弱火にして、牛乳を入れ、沸騰する直前に火を止め、それをミキサーにかけなめらかにする。 4:フライパンに3を戻して火にかける(沸騰させないように注意)味をみて、塩が足りないようであれば調節する。 5:器に盛って、オリーブオイルとブラックペッパーをふって出来上がり。 2:ホワイトアスパラと生クリームをフードプロセッサーに入れて潰し、塩こしょうをして出来上がり。 グリーンアスパラに比べて、栄養の面でかなり劣るホワイトアスパラ。 日光に当たらず成長するため、カロテンがほとんどないばかりか、タンパク質やビタミンB群はグリーンアスパラの半分程度しかないんですよね。 え??だったら、食べる価値ないんじゃ?と思ってしまいがちですが、 ホワイトアスパラは栄養価を期待せず、頂くこと自体を楽しむっていうことに意味があります。 ホワイトアスパラの甘みとほろ苦さはまさに特有であり、他の野菜にはないものです。 ホワイトアスパラでしか、なしえない役割があるんですね(若干オーバーか^^;) 美味しいから食べるっていうので良いと思います。 グリーンアスパラは年間通して手に入りますが、生のホワイト・アスパラガスは5~6月の旬の時期にしか出回らないのです。 手間がかかり傷みやすいなどの特徴がありデリケートな野菜です、グリーンアスパラと対照的ですよね。 流通量も少なく価格はグリーンアスパラより、かなり高めですが折角の旬の時期には、その時にしか味わえないホワイトアスパラを、ぜひいろんなレシピで楽しんでみてください。

次の

ホワイトアスパラのオランデーズソースのレシピ|北海道のこだわり旬野菜のネット通販サイト/シエラ ファーマー

ホワイト アスパラ ソース

料理を職業にしているプロフェッショナルは、どんなところに気を配って日々のレシピを完成させているのでしょう。 話題店や人気レストランのシェフに、その秘密を教えてもらう連載。 華やかな完成形だけでなく、材料選びや作り方のそこかしこに、プロならではの技が光っています。 プロならではのホワイトアスパラガスのゆで方を学ぶ プロのシェフたちがその知識や技を惜しげもなく披露してくれる贅沢な連載。 東京・日本橋「イレール人形町」のオーナーシェフ、島田哲也さんが教える第2回目の料理は、「ホワイトアスパラガスのオランデーズソース」です。 フランスでは春の到来を感じさせる野菜として親しまれるホワイトアスパラガスは、えぐみのない新鮮なうちに調理するのがポイント。 プロならではの下処理とゆで方を覚えて、今までとは各段に違うホワイトアスパラガスの風味や食感を体験しましょう。 手を掛けて調味したホワイトアスパラガスに合わせるのは、卵黄とバターで作るオランデーズソース。 フレンチの定番ソースに春の酸味を加え、ヘルシーなアレンジでご紹介します。 なお、ホワイトアスパラガスは産地によっても風味が変わるため、できればフランス産を選ぶのがおすすめです。 シャッキリした食感を残しながら、牛乳でまろやかに仕上げたホワイトアスパラガスは堂々の存在感! オランデーズソースはバターを使っているのに口当たりは軽く、後味もさわやか。 ほかの野菜にもぜひ合わせてみてください。 ホワイトアスパラガスは皮に香りがあるため、厚めにむいたら捨てずにゆで汁に加えて香りを移します。 また、皮をむくときは、裏返したバットなどを台にするとアスパラガスが安定して、むきやすくなります。 ゆで汁に牛乳を加えることで、ホワイトアスパラガスが、より白く仕上がり、味もクリーミーに。 また、沸騰した牛乳が膜を作ってアクを吸ってくれるので、変色した膜部分を取り除けば、簡単にアク引きができます。

次の

ホワイトアスパラの旬や栄養は?美味しい食べ方をご紹介!

ホワイト アスパラ ソース

ドイツでは4月中旬から徐々に出回り始め、日本のゴールデンウォーク頃が一番の食べ頃のピークを迎えるホワイトアスパラ。 マーケットに行けば大量に山積みされている光景にも、季節を感じさせられます。 全体的には、早くて4月の中旬から6月の初めくらいまで売られています。 太くてずっしりとした、切り口がみずみずしいものを選びましょう。 値段は500gで3ユーロ〜6ユーロくらい。 太さや質よってもピンキリな値段がつけられています。 マーケットで買うと地元で採れたてのホワイトアスパラを見つけられます。 スーパーマーケットでもこの時期は同じようによく売られていますが、やはりマーケット(市場)と比べると質が劣りますね。 ホワイトアスパラガスの食べ方 ホワイトアスパラ1kgにつき• バター 25gくらい• 塩 小さじ1• 砂糖 小さじ半分• 深鍋にたっぷりのお湯を沸かす。 ホワイトアスパラの皮をピーラーで剥く。 季節だしちょっとお高めのホワイトアスパラなので、あまり剥くのはもったいない気もします・・・。 が、結構しっかりと剥いておかないと、食べるときにせっかくのホワイトアスパラに筋が多く残って美味しく食べられません。 思い切ってたっぷり剥いちゃいましょう。 根元も鮮度を見て硬そうだったらしっかりめに切り落としてしまいます。 目安としては、2cmくらい。 皮を沸騰したお湯で茹でる。 ここがびっくりですよね。 全部でなくてもいいですが、春雨スープの春雨くらいな感じの量を茹でます。 (テキトーw) これは、次に茹でるアスパラ本体から美味しいエキスが出てしまわないように、先に純粋な水(お湯)に十分なアスパラエキスを先に飽和状態にさせておこうということだと思います。 一定量の水に対して旨味が出ていってしまう量って、おそらく決まっているんだと思います。 いよいよホワイトアスパラ本体を茹でる。 先に茹でていた皮を菜箸ですくって取り出し、ここでバターと塩、砂糖をお鍋に入れます。 茹でていた皮は、キレイに取り出さなくても大丈夫です。 ホワイトアスパラガスをお鍋に立てて入れます。 根元の方が茹で時間が長くかかるので、最初は頭が出ていてもOK。 徐々にくたっとなってきて、最終的に頭で全体が茹でられるのが理想です。 茹で時間の目安は10〜15分。 形を崩さないように注意して取り出す。 オランデーズソースの材料• 卵黄 2個• バター 100g• 塩 ひとつまみ• エシャロットはみじん切り、胡椒粒は丸ごと入れます。 エシャロットは、なければ玉ねぎでも代用可能です。 煮立っってアルコールが飛んだら、次に湯煎にかけるようのボールに網でこして移しいったん冷まします。 鍋にお湯を沸かし、湯煎の準備をします。 バターは小さめに切ってから、電子レンジで溶かしておきます。 2のボールに卵黄2個を入れて泡立て器で混ぜて馴染ませます。 湯煎にかけてます。 ゆっくーーーりと泡立て器で混ぜながら、バターを少しず〜つ加えます。 最後に塩ひとつまみとレモン汁を入れて、完成です。 冷めると美味しくないので、ホワイトアスパラが茹で上がるまで時間がある場合は、あったまったオーブンに入れておくなど冷めないように工夫しましょう。 付け合わせ ホワイトアスパラの付け合わせには、じゃがいもをホクホクに茹でたものや、サーモンの切り身がよく添えられます。 双方とも味付けはしないで、オランデーズソースと一緒に楽しみます。 2020年はドイツでホワイトアスパラは食べれるのか問題。 ホワイトアスパラの収穫は、主にルーマニアなどから季節労働者を雇って行われます。 しかし今年、2020年はコロナウイルスで人の往来を止めているドイツ。 ホワイトアスパラは予定通り植えられましたが、収穫に来てくれる人がいないのが現状です。 4月18日の今日、スーパーでホワイトアスパラが売られているのを見ました。 ギリシャから輸入されたホワイトアスパラガスが山積みで1kg=5ユーロで売られていたのに対し、地元で採れた立派なホワイトアスパラは本当に少ない量が1kg11ユーロで対面販売されていました。 農家の人たちが自力で収穫できるだけの量のみで、たくさんのホワイトアスパラが収穫されずに終わってしまうのかと思うととても心苦しいです。

次の