オロチ の まどろむ 庭。 Untitled Document

[B!] オロチのまどろむ庭

オロチ の まどろむ 庭

こんにちは、ライスフィッシュマン()です。 今朝、オロチの数を数えてみると1匹足りず。 昨日買ってきたばかりなのに・・・ 容器への入れ替えをもっと慎重にすべきだっただろうか。 今のところ残りの7匹は非常に元気です。 まだしばらくはこのまま様子を見た方がよさそうです。 そのあとは庭に出て他のメダカの観察。 ようやく安定してきただろうか。 ついでにヌマエビのタライを覗いてみると、何やら細かい波紋が。 よくよく見てみると針子でした。 しかも3匹。 うち2匹は結構な大きさに育っています。 ヌマエビのタライにいた針子 ここにはクロメダカが1匹入っているだけなので、有精卵が生まれるはずはなく。 たぶん、クロメダカを室外に出す際にあまったマツモをヌマエビのタライに入れたので、そのマツモに卵がついていたんだと思います。 このメダカたちは、このままヌマエビのタライである程度の大きさまで育てようと思います。 そして、田んぼの土を入れた容器で養殖しているミジンコ。 結構増えてきたので、ペットボトルで別途養殖することに。 ミジンコを入れたペットボトル 去年うまくいかず失敗したので、今回は少量入れて様子を見てみます。 コメントを書き込む カテゴリー タグ , , , , , 関連記事•

次の

ワンピース:七福神がモデル?オロチお庭番衆の人物・強さまとめ

オロチ の まどろむ 庭

(ONE PIECE929話 尾田栄一郎/集英社) そこで今回ドル漫では 「黒炭オロチ(くろずみおろち)の正体と能力」について徹底的に考察していこうと思います。 黒炭オロチはワノ国の将軍 まずは「黒炭オロチの正体」をおさらい。 黒炭オロチとは の将軍。 一般的に軍隊のトップ(階級)というイメージが想起されますが、オロチの将軍は現在でいう「総理大臣(国家元首)」という位置付けで使われてる。 例えば、北朝鮮のカリアゲロケットマンも将軍様と呼称されることが多い。 現在黒炭オロチは花の都の「オロチ城」を根城にしてる。 ここはかつて先代将軍・光月スキヤキのお城があった場所。 そこでオロチはなどの芸者を集めて日夜どんちゃん騒ぎ。 まさに典型的な悪代官さま。 黒炭オロチの直属の部下には狂死郎やお庭番衆がおり、後者のお庭番衆は光月家時代から存在した忍者集団。 一方、黒炭オロチはカイドウのを直接率いてるわけではないものの、狂死郎などを通じて命令することも可能な立場。 オロチとカイドウは表裏一体。 ちなみにと判明しており、現在は黒炭オロチの部下ではありません。 ちなみに、黒炭オロチの 読み方は「くろずみ・おろち」。 股間の黒ずみや台所の黒ずみなど、「くろずみ」という語感はニュアンス的に良いイメージをほぼ与えませんが、オロチの嫌なキャラクター性を考えると「敢えての読み方」であろうと考察されます。 兵器密売で荒稼ぎするクソ野郎 実際、黒炭オロチはかなりのクソ野郎。 例えば、将軍としてワノ国の「鎖国政策」を取り仕切る。 開国を目論む光月家は敵と教える一方、黒炭オロチはヒーローとして自らを英雄視させる。 カイドウを「ワノ国を守る明王さま」として奉るなど、これとない偏向教育を実施してる。 (ONE PIECE965話 尾田栄一郎/集英社) の言葉を借りるのであれば、黒炭オロチが支配する前のワノ国は「自由」だった。 とはいえオロチ支配以前からワノ国は鎖国政策を敷いており、その体制に光月おでんは窮屈さを感じてたわけですから、実際それってどうなん?とは思いますが…。 実際、黒炭オロチは 「)と裏で武器取引」して暴利を貪ってる。 海軍が船や手錠として使ってるも、実はワノ国産。 を製造できる光月家の技術力がそのまま武器製造に転用されてる。 カイドウはワノ国産の武器をドフラミンゴを仲介して政府に売りさばいた。 黒炭オロチこそが兵器密売の主犯。 黒炭オロチの頭には「西洋風の王冠」らしき物体を被っており、国民に鎖国政策を強いておきながら、自らは開国による恩恵(外国と経済的な交流)を謳歌してることは明白。 まさに黒炭オロチは自らの利権や私欲のために鎖国している。 一方、カイドウは黒炭オロチのお金を目当てにワノ国に滞在してる模様。 黒炭オロチが日本の総理大臣と仮定すると、カイドウ様は税金を使って日本に駐留して頂いてる在日米軍といったところか。 黒炭オロチのモデルは豊臣秀吉? 続いては「黒炭オロチの過去」を考察していこうと思います。 (ONE PIECE961話 尾田栄一郎/集英社) まず黒炭オロチの正体はかつて「の家来」でした。 鼻水を垂らすなど非常に悪意ある描写ですが、特徴的な2本の前歯が現在のオロチのそれと変わらず。 そこで見えてくるのは、やはり有名な「3人の日本の歴史上の人物」の関係性。 例えば、光月おでんのモデルは織田信長、霜月康イエのモデルは徳川家康と言われてる。 キャラ名からも明白ですが消去法的に考えると、どうやら黒炭オロチのモデルは「豊臣秀吉」の可能性が高そう。 黒炭オロチの初登場シーンのおでんに対する献身的な振る舞いも、豊臣秀吉が雪遊ぶ日に織田信長のワラジを懐で温めていたエピソードと被る。 実際、豊臣秀吉は漫画やドラマでひょうきんなキャラクターとして描かれることも多いですが、晩年はヤバいエピソードが多い。 かつて朝鮮出兵(文禄・慶長の役)で侵略行為を行ったのも豊臣秀吉。 他にも鬼畜エピソードが多数ある。 黒炭オロチは、まさにカイドウと同じく「悪」という位置付け。 オロチの家系は元ワノ国大名・黒炭家の子孫だった 続いては「黒炭オロチの血筋」について考察。 口のカタチや唇の分厚さ、特徴的な団子っ鼻など両者には共通点が多く、黒炭オロチと霜月康イエの血縁関係が疑われました。 当初ドル漫などでは「黒炭オロチは大名家の血筋を薄っすら引いてる」とドフラミンゴと重ねて予想してた。 (ONE PIECE965話 尾田栄一郎/集英社) 結論から書くと、黒炭オロチは 「黒炭家」と呼ばれるかつて光月家に仕えたワノ国の大名家の一つだったことが判明してます。 具体的には「黒炭家」「霜月家」「雨月家」「天月家」「風月家」という5大名の一つだった。 結果的に予想はやや当たり。 例えば光月スキヤキの目元もオロチと微妙に似ていおり、ワノ国の狭い鎖国性が大名一族の遺伝的な類似性に影響を与えていたのか。 かつて黒炭オロチの祖父は光月家の乗っ取りを目論んだものの、それが失敗に終わって黒炭家は領土を取り上げられて追放される。 結果、オロチを筆頭に黒炭家の末裔は迫害にあってしまう。 まさにホコリを食う生活を強いられた。 モデルの豊臣秀吉はもともと木下藤吉郎という「農民」だったことから、当初は黒炭オロチも「農民出身(非貴族)」という説も予想してましたが、オロチの権力に対する執念は「元大名家」という血筋がなせるわざだったのか。 オロチの遠縁・ひぐらしは元ロックス海賊団? 一方、黒炭オロチに強い影響を与えた存在が前述の画像にも写ってる「黒炭ひぐらし」。 (ONE PIECE965話 尾田栄一郎/集英社) 黒炭ひぐらしは「」の能力者。 光月おでんや光月スキヤキなどになりすますなど、オロチを裏でサポートし続ける。 後述するオロチの悪魔の実も、実は黒炭ひぐらしが与えたもの。 他にもの能力者の黒炭せみ丸などもいます。 黒炭オロチに対して「いかに自分たちが悲惨な存在だったのか」を徹底的に教え込む。 オロチに被害者意識を一方的に植え付け、黒炭家が総掛かりでワノ国を乗っ取るために洗脳。 だからオロチ単体でのし上がったと言うより、ワノ国編では「光月家 vs 黒炭家」という構図も背景にあります。 例えば、他のワノ国大名の名前は「月」という文字がもれなく入ってるのに対して、黒炭家にはなし。 もちろん月といえばDの一族。 そこには何かしらの大きな伏線も隠されているに違いない。 最終的に黒炭ひぐらしはカイドウにあっさり殺されてしまうものの、かつてマネマネの実での顔をトレースしてる。 シキは。 黒炭ひぐらしも同様にロックス海賊団だとしたら、カイドウとオロチを引き合わせた張本人の可能性が高そう。 黒炭オロチと光月おでんが初めて遭遇したのは39年前。 ロックス海賊団がゴッドバレー島でに敗走したのが38年前。 タイミング的に符合する。 黒炭ひぐらしが悪魔の実をゲットしたのも、このロックス海賊団時代だったに違いない。 黒炭オロチは約30年前からワノ国を実質支配 そこで「黒炭オロチが歩んできた歴史」を考察。 当初ワノ国編で予想されていた歴史と微妙に変わってるので分かりづらさがあるため、いろいろ情報をおさらいしたいと思います。 黒炭オロチは百獣のカイドウと手を組み、20年前に光月おでんを処刑。 そこから黒炭オロチの恐怖政治は始まる。 その一方、の一部はので逃亡するなど、オロチの見えない不安の日々も同時に始まる。 ただし、実は更に以前から既に黒炭オロチはワノ国を実質的に支配していた。 (ONE PIECE965話 尾田栄一郎/集英社) 光月おでんは約30年前に白ひげ海賊団に無理矢理加入し、ワノ国を出国。 その後のワノ国は「次期将軍候補」が空き状態だった隙きを狙って、黒炭オロチは当時の将軍・光月スキヤキ(おでんの父)を毒殺。 28年前に「おでんの代理」として権力の座に付いた。 だから、黒炭オロチはワノ国で軍事クーデターを起こしたわけではない。 黒炭オロチは着々と「政治的な実権」を握っていた結果、光月おでんは「合法的」に処刑されたカタチ。 おでん自身も一度もワノ国将軍になったことはない。 おでんは白ひげ海賊団からに移籍した後、と共にに25年前に到達。 おでんはすぐにワノ国に戻るものの、既にオロチにワノ国の政治は支配されて手遅れ状態だった。 処刑されるまで4年もの間、おでんはオロチ相手に為す術もなかった。 実際、「カン十郎」をスパイとして赤鞘九人男に送り込むなど、黒炭オロチは策士も策士。 じゃあ何故光月家を根絶やしにする軍事クーデターをカイドウと起こしたのか?これまで緻密に計画を進めていた割に、最後の手法があまりに強引。 この理由は「」の存在が鍵を握りそう。 光月おでんが白ひげ海賊団として航海していた28年前に光月モモの助が誕生してる。 光月おでんが死亡したとしても、ワノ国の次期将軍の継承権は光月モモの助に引き継がれる。 これは光月スキヤキが生まれたことでオロチの祖父の目論見が破綻した状況と同じ。 このままではワノ国の将軍になれないと悟った黒炭オロチは「光月家の物理的な殲滅」に動いたのでしょう。 ただワノ国の政権をほぼ手中に収めてる黒炭オロチは、ワノ国に24年以上前に既に戻っていたモモの助やトキの暗殺を何度も試みていた。 赤鞘九人男が何度も防いだとされますが、光月家が滅亡するまでの「何も起きてない数年」はやはり意味不明。 本来は「ワノ国将軍として君臨する光月おでんに対して、オロチがカイドウと手を組んで軍事クーデターを起こして政権を転覆させた」というシンプルな構図だったと思うんですが、「オロチはもともとワノ国の政権を掌握してた」という設定に変えたことで意味が通じないことも多い。 黒炭オロチの目的はワノ国を滅ぼすため? 当初は祖父の果たせなかった夢を自分が叶えてやろうと考えたと思ってたんですが、黒炭オロチが「将軍を目指した明確な理由」もワノ国過去編で判明。 (ONE PIECE971話 尾田栄一郎/集英社) 黒炭オロチの 目的は「ワノ国に復讐する」ため。 一体何を言ってるか分からねぇと思うが…という名ゼリフも飛び出そうですが、オロチは幼少期に「黒炭家という汚名」のせいで迫害された。 オロチの親族もリンチにあって死亡するなど悲惨な過去を経験。 そこでオロチは自分のような「無能な為政者」がトップに就けば、ワノ国の政治や経済をジワジワと腐敗していくだろうと考えた。 その結果として、ワノ国の市民たちが貧困化して不幸になっていくという算段。 まさに壮大かつ陰湿な計画。 オロチはあえて「道化を演じてる」ということですが、オロチが建てた武器工場のせいで40年以上前まで豊かだったワノ国の自然は荒廃。 市民は飢えるものの、教育の効果か子どもたちはワノ国が素晴らしい国と誇る。 まさに醜悪とも呼べる政治状況に陥ったのが、現在の日本…もといワノ国。 とはいえ計画としてあまりに回りくどい上、オロチは実際問題としてワノ国で暴利を貪ってる。 しのぶはかつて「オロチは将軍でも独裁者でもない」と表現したものの、やはり独裁者は独裁者。 ワノ国が滅んで一番困るのはオロチ自身でもあるはず。 そこまで復讐心を抱いてるならワノ国の国民に直接危害を加えてしまえばいいだけの話。 おそらく安倍晋三をあてこすってるんだとは思いますが、カイドウがいつの間にか裏方に回ったときから分かりづらさは否めないか。 キャラの立ち位置が不鮮明になりがち。 黒炭オロチというキャラクター自体がかなり「後付け」で登場させたんじゃないかと疑わざるを得ません。 結局、こいつはどういう奴なの? 【強さ】黒炭オロチの能力は「ヤマタノオロチ」 続いては「」について考察。 果たして黒炭オロチは一体どんな能力を持っているのか? (ONE PIECE929話 尾田栄一郎/集英社) 黒炭オロチは武器売買の交渉過程で「」の引き渡しをに要求してる。 マンガ的な読み方をすれば 「いずれ黒炭オロチがベガパンクを手に入れる」というワンピースの伏線。 つまり、ワノ国でようやくベガパンクが初登場する可能性が高そう。 ベガパンクは「SMILE(人造悪魔の実)」のベース技術を開発した天才科学者。 またとをベースとしたパシフィスタを開発した過去もある大天才。 ただドフラミンゴが海軍に捕縛されてしまった今、SMILEの製造が頓挫してる状態。 黒炭オロチがSMILEを欲しがってるか定かではありませんが、少なくとものカイドウはひどく悲しんでる状態。 一方、光月モモの助はベガパンク製のSMILEを食べたものの副作用がなかった。 これはベガパンクはシーザーと違って「本物の悪魔の実の製造に成功」していた裏返し。 つまり、黒炭オロチがベガパンクを手に入れるとどうなるのか? ベガパンクが大量の「本物の悪魔の実」をカイドウに提供する可能性が考えられます。 副作用だらけの百獣海賊団の強さは意外と微妙ですが、これが壮大なフリだったのではないか。 百獣海賊団が「本物の悪魔の実の能力者ばかり」になるお膳立てをするのが黒炭オロチ? 現在はがワノ国にとして潜伏し、CP0の正体を補足しようとしてるのも意味深な描写。 ドレークはCP0を偶然発見したに過ぎず、ワノ国に潜入した目的はあくまで対カイドウだと思いますが、オロチを通してCP0の破壊やの再登場も期待できそう。

次の

★になったオロチと紅帝

オロチ の まどろむ 庭

こんにちは、ライスフィッシュマン()です。 今朝、オロチの数を数えてみると1匹足りず。 昨日買ってきたばかりなのに・・・ 容器への入れ替えをもっと慎重にすべきだっただろうか。 今のところ残りの7匹は非常に元気です。 まだしばらくはこのまま様子を見た方がよさそうです。 そのあとは庭に出て他のメダカの観察。 ようやく安定してきただろうか。 ついでにヌマエビのタライを覗いてみると、何やら細かい波紋が。 よくよく見てみると針子でした。 しかも3匹。 うち2匹は結構な大きさに育っています。 ヌマエビのタライにいた針子 ここにはクロメダカが1匹入っているだけなので、有精卵が生まれるはずはなく。 たぶん、クロメダカを室外に出す際にあまったマツモをヌマエビのタライに入れたので、そのマツモに卵がついていたんだと思います。 このメダカたちは、このままヌマエビのタライである程度の大きさまで育てようと思います。 そして、田んぼの土を入れた容器で養殖しているミジンコ。 結構増えてきたので、ペットボトルで別途養殖することに。 ミジンコを入れたペットボトル 去年うまくいかず失敗したので、今回は少量入れて様子を見てみます。 コメントを書き込む カテゴリー タグ , , , , , 関連記事•

次の