雨パ 剣盾。 【ポケモン剣盾】霰パの構築方法と対策【ポケモンソードシールド】

【剣盾S4シングル最終154位】神託ペリカメナット

雨パ 剣盾

【剣盾】8世代における雨パ考察【準備編】 初めましての方は初めまして、はぶと申します 私は7世代からレート対戦をはじめ主にペリラグと呼ばれる雨パを主に使ってきました。 1.ックスの仕様 まずックスの仕様を確認し整理します。 特に雨展開を考えるうえで外せない要素を列挙します 【確定情報】• 3ターン限定で すべてのが 任意のタイミングでックスできる• 交代することによりックスは解除される• 覚えている技がックス技に変化する。 一般に火力が上昇し 必中になる• ックス技にはタイプごとに追加効果が与えられる。 水ックス技の場合、 技を繰り出してからフィールドが雨状態へと変化する• ックス状態でも道具補正が適用される 【未確定な情報】• 最大ステータスのパラメータが1. 1 のみ内定 2. 2 すいすい ルンパッパ 3.7世代における雨パの障壁 〇雨エースでの単体で詰ませが難しい• z技による爆発的な瞬間火力• 化けの皮、強力な襷枠などによる行動保障 雨エースが数値受けで止まりやすいことから、雨始動要員と雨エース取り巻き含め様々な崩しが提案された。 場に出すことで天候を書き換えできるが雨エースに繰り出された場合、従来であれば一度雨始動要員にバックして天候を奪い返して雨を再展開する必要があった。 しかし8世代からは水ックス技を繰り出すことで瞬間的に天候を奪い返すことが可能となる。 これにより 天候の奪い合いになっても雨エースが居座りやすくなり、サイクルを回す必要性が落ちる。 〇天候の書き換えに対して雨エースが弱くない 8世代において場に出すことで天候を変化させることができるは などである。 これらに対して例えば雨エースにルンパッパを用いる場合、 必中である格闘ックス技の存在によりこうした天候変化の多くに対面で不利を取りにくくなる。 そしての廃止により、 などの、『により雨始動要員の繰り出しに対して後出しで天候を書き換え歪なサイクルを強要する』が存在しなくなることも追い風であり、その点にリソースを割く必要がなくなるので雨選出の幅が広がると思われる。 〇ックス技による天候の奪い合い こちらの天候ギミックに対し相手もックスすることで天候を奪い返しに来るケースも考えられる。 しかし水技以外のックス技による天候変化は 『水』『炎』『岩』『氷』タイプの技に限定されていて、これらのタイプに対して相性的に不利を取りにくい。 また先に雨を展開していれば相手に天候を変えられる前に処理することができる蓋然性が高い。 そしてより着目すべきなのは、相手が天候パに対するマークが薄くこの手段でしか天候を奪い返すことができない場合、 相手にックスを強要できる 〇未だ謎に包まれる『ックスレベル』 『最大パラメータがックス中に1. 5倍』という噂通りの仕様であるならば、天候を変えられても制圧力を失いにくく、火力を天候に依存しがちな雨パにおいては追い風である。 ックスにおけるパラメータ変化の仕様については詳らかになってない部分も多いので今後の動向に注目したい。 5.雨エース候補 5. 1 ルンパッパ 【概要】 個人的に最有力候補。 が平均的であり、『最大パラメータがックス中に1. 5倍』になるならばがさまざまカスタマイズできる。 瞬間火力こそ控えめだが耐久力も並み以上はあり技範囲が広めなのが高評価 【技候補】• 水技 熱湯• 草技 タネばくだん• サブウエポン 冷凍ビーム ふぶき きあいパンチ 瓦割 冷凍パン• その他 めざパ こごえるかぜ やどりぎ みがわり はたきおとす カウンター など… 【備考】 教え技の有無は不明 ックス状態になると技が必中になるので天候書き換えのや、受けに来るなどに安定した格闘打点が持てる点が強い しれっと物理技を候補に入れているが、格闘ックス技が自身のAランク上昇なので抜き性能の向上を狙えるかも…しれない… 5. 2 【概要】 次のになれたかもしれない。 冷凍ビームを覚えないことは多くの方がご存じかもしれないが、なんとこのカエル 滝登りすらも覚えないのである… 【技構成】• 地面技 地面 だいちのちから• サブウエポン 冷凍パンチ 凍える風 きあいパンチ• その他 はたきおとす など… あまりにも技が貧弱すぎないか… 6.最後に 雨を通す上で障害となる要素を把握し、それらに対する解決策を提示できそうになったらまた記事を書こうと思います ここで書いたことの多くは無駄になるかもしれないけど、少しでも役に立ったらラッキーですね 8世代で雨パを使おうと考えている方はぜひ一緒に考えていきましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ペリッパーの育成論と対策【雨パの起点!世界3位も使用】

雨パ 剣盾

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド の霰パ あられパ について紹介をしています。 霰パのおすすめポケモンや構築、対策についても掲載していますので、ダブルやシングルで霰パを使用したい方や対策を知りたい方は是非参考にしてください。 天候パーティ関連記事一覧 霰パの構築と対策 目次• 霰パの特徴 スリップダメージによるタスキ潰し あられ環境ではこおり以外のタイプに対して毎ターンダメージを与えます。 タスキ潰しに活用するだけでなく確定耐え調整をしているポケモンを乱数でもって行くこともでき、選出を絞ることも可能です。 砂パよりも効果範囲が広いことから、 より凶悪な天候と言えます。 強力よりも凶悪 天候を活かして全抜きを狙う、天候を活かして対面でゴリ押すといった他の天候パとは異なりスリップダメージや回避などの 搦め手を用いた戦法が多く、わかりやすく強い他のパーティとは 違った恐ろしさがあります。 相性補完による誘導 他の天候パとは異なり、ゴリ押しができるパーティではないので基本選出や裏選出が生きてきます。 特に相性補完をしておくことで相手に 必要以上の深読みをさせることができ、勝ち筋を無限に生み出していく 上級者向けのパーティです。 霰パの強み 必中の一致ふぶき 霰パでは基本的にこおりタイプのポケモンを選出しますので、必中になる高威力技ふぶきは自ずとタイプ一致で使用できます。 他の天候での必中技とは異なり 全体技というのが強力で、相手2体に圧力をかけることが可能です。 特攻特化のふぶきは生半可な耐久で受けることは難しく、1割のこおり状態の可能性を考えると相手は安全行動を取りづらく、 主導権を握らせない構築が魅力です。 強力な壁オーロラベール あられ状態で使用できる技で、 リフレクターとひかりのかべを同時に展開できる強力な技です。 始動要員の3匹はもちろん、多くのこおりタイプが習得できるため、展開をしやすく強力なパーティです。 高速で展開していく構築 戦闘開始と同時にあられ状態にし、次のターンにはオーロラベールが張られ、そこからは一致ふぶきが吹き荒れる怒涛の展開が待ち受けています。 範囲技でもあるふぶきや耐久補助の壁をどう突破していくかが鬼門となり、 多くの構築が考える間も無く手遅れ状態にまで持っていくスピード構築です。 霰パの弱点 不遇すぎるタイプ あられの恩恵を受けられるこおりタイプですが、 耐性は同族のこおりタイプのみしかなく、 弱点も4タイプと多いのが特徴です。 一度侵攻を許してしまうと耐久の低さも相まって崩壊しやすいパーティなので、相手の行動を読む力が試されます。 弱点の一貫性 上で挙げたように恩恵を受ける範囲が狭いため、弱点が一貫しやすいです。 裏である程度補完することは可能ですが、弱点が多いこともあり全てに対応するのは難しく、 構築段階である程度の妥協ラインを決めて構築する必要があります。 相手の構築を見抜くセンス 先ほど挙げた妥協ラインですが、ないに越したことはありませんが設けない場合は各方向への対策が中途半端になってしまうため、構築段階で対策をするものとしないものの選別をしていく必要があります。 また、対面時に相手がどのポケモンを選出し、どのように対策を考えているのかを見抜くセンスが重要で、その対策に対しての動きを遂行していく難しいパーティとも言えます。 主要ポケモン 始動要員 基本的には特性ゆきふらしによる始動が基本となります。 この特性は「 バイバニラ」と「 ユキノオー」が持っておりこちらでの起動がおすすめです。 また、キョダイマックスの使用が認められているシーズンやルールではキョダイラプラスでいきなり壁を張りながらの攻撃も有効です。 ポケモン 考察 ・特性ゆきふらしによる始動が可能 ・ なぜか覚える「だいばくはつ」で不意をつける ・特性ゆきふらしによる始動が可能 ・高い素早さとサポート性能が魅力 ・特性ゆきふらしによる始動が可能 ・受けに来るみずタイプのポケモンに強い ・物理と特殊の型を読まれにくく対策されにくいポケモン ・ キョダイマックスによる壁展開が強力 ・ダイマックスでは ダイアイス始動も可能 エースアタッカー 素早さの上がる特性ゆきかきを持つ「 ツンベアー」や特性ゆきがくれでかわしながら攻撃をするアタッカーが多いです。 必中ふぶきが強力ですが、必ずしも特殊アタッカー主体ではないのでバランスを見て編成しましょう。 ポケモン 考察 ・ スピード、火力共に桁違いの火力ゴリラ ・つららおとしを連発する「つらら・ダルマ・ゴリラ」は語呂が良い ・特性ゆきかきによる 高速アタッカー ・高い攻撃を活かして複数匹を落とすポケモン ・特性ゆきがくれによる回避が強力 ・素早さが高く 油断すると「みちづれ」をくらう ・ダイマックス技などの必中技には注意 ・特性ゆきがくれによる回避が強力 ・ 高い特攻を活かした必中ふぶきが強力 ・特性アイスフェイスを復活させることで場持ちが良い ・天候を奪うことがコオリッポの強化につながるため 天候を奪われにくい サポート 壁展開を牽制し技を通りやすくするポケモンや、 状態異常による起点作りが主な役目です。 必ずでて来るかくとうやほのおアタッカーに強く出られるポケモンで相手のエースを早めに処理しておきましょう。 ポケモン 考察 ガラルバリヤード ・ 進化後よりも高い素早さを活かして器用な立ち回りが可能 ・を持つことで受け性能も高い ・特性バリアフリーによる 壁展開を牽制 ・フィールド技や状態異常を駆使した トリッキーな戦法が可能 ・圧倒的物理耐久による対策ポケモンの受け流しが可能 ・ 特殊には脆いので注意 裏選出 基本的に弱点が明確なのでその弱点に対して強いポケモンがおすすめです。 当然ながら相手も対策はしていますがシンプルながらも強力な手段です。 また、ジジーロンの特性 ノーてんきによる天候無効やマタドガスの特性 かがくへんかガスで特性による始動や強化を妨害すると言った手段も有効です。 ポケモン 考察 ・夢特性ノーてんきで 天候そのものを無効化 ・特性かがくへんかガスで 特性ゆきふらしの発動を妨害できる ・同様に 特性による強化を妨害可能 展開を見抜き仕事をさせない 霰パは他の天候パよりも行動に一貫性があり、選出段階である程度の対策が可能です。 どのパターンで展開をされても対策手段を用意し、 相手のペースで試合が流れないようにするだけで有利な状況を作り出すことが可能です。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【ポケモン剣盾】霰パの構築方法と対策【ポケモンソードシールド】

雨パ 剣盾

こんにちは、キャルです。 使用構築はこちら。 7世代で使い慣れた雨パを使用しました。 ほとんどの相手に対しメナットで対応できるので、選出は8割型メナットでした。 ぺリッパーとでサイクルを回しつつ削りを入れ、カジリガメを通すのが基本的な立ち回りです。 【使用個体】 ・ 特性 :雨降らし 性格 :控えめ 持ち物:こだわり眼鏡 技 :波乗り 暴風 とんぼがえり こらえる :167 252 - 63 - 120 - 161 252 - 90 - 86 4 火力のないぺリッパーは信用してないので眼鏡を持たせています。 眼鏡だとカジリガメを通すのに十分な削りを入れてくれたり、やに勝てるようになったりします。 他にもの宿り木と合わせて受け回しを崩したりと、単に雨を降らせるにとどまらない活躍をしてくれました。 ペリナットのサイクルで相手のターンを稼ぐことが多々あったので、その際に選択肢となり得る「こらえる」を採用しました。 他の技候補として、H振りアーマーガアやD振りを確定で落とせる「」もアリだと思います。 「」はにしか撃たない上に低乱でしか倒せないので要らないと思いました。 1〜51. 6〜84. ぺリッパーと組み合わせることにより、実質的にターンを延長できたり、ギャラやキッスとの縛り関係を逆転できたりします。 かなり高い火力と制圧力を持っていて、なぜメが環境にいないのか疑問に思うほど強かったです。 今回は非キョックス個体を採用しました。 キョダイ個体も裏の襷を削ることができるのでいつか使ってみたいです。 Aに特化したことで思いのほかックスと相性が良く、カジリガメがしなくても強いこともあって、結構ナットをさせることは多かったです。 やミトム、エースバーンなどに対してペリナットのサイクルが強力でした。 ・ 特性 :型破り 性格 :陽気 持ち物:気合の襷 技 : 岩石封じ :185 - 187 252 - 81 4 - xx - 85 - 154 252 に打点が欲しかったので型破りでの採用。 カジリガメの「ダイロック」を活かせる砂かきも試してみましたが、あまり強くなかったです。 メが苦手とするパッチラゴンに強いので、ドリュキッスの選出以外に、メと選出することもそこそこ多かったです。 ・ 特性 :強運 性格 :臆病 持ち物:ピントレンズ 技 : 大文字 甘える :161 4 - xx - 115 - 172 252 - 135 - 145 252 裏選出のエース。 珠をカメに渡していたので強運型にしました。 ついでに壁展開に強く出れたのが良かったです。 龍舞バンギや鈍いカビの起点回避が出来たりと、そこそこ感触は良かったです。 ・ドラパルト 特性 :すり抜け 性格 :陽気 持ち物: 技 :ドラゴンアロー とんぼがえり 鬼火 :163 - 172 252 - 96 4 - xx - 95 - 213 252 雨選出にも裏選出にも組み込めるパーツ。 砂かきを抜けるよう最速スカーフ。 それ故わざわざ選出の一枠を割いてまで雨始動要員であるを採用する価値はあるのかと思う方もいると思います。 自分もメを使うまでは少しそう思ってましたが、いざ使ってみると採用するのに十分な利点がありました。 それは ・ックスをしなくても雨下でカメを動かせる ・カメが初めから速い という点です。 雨下のカジリガメは珠アクブレや諸刃により、ックスをせずとも十分な火力を上から押し付けることができます。 それゆえ裏のやドラパルトにックス権を渡すことができたり、実質ターンの延長ができます。 また初速が速いので、例えばカメを出す前にやを出されていても、雨が降っていれば上からの草技で倒されることなく、逆にこちらが上を取って諸刃またはダイロックで倒すことができます。 このように、を採用する価値は十分あります。 しかしダイバーンはメのどちらにもほとんど効かず、その間に相手のターンを枯らせるのでこちらのックスを通せます。 ダイロックも使い手がカメやナットに弱いことが多いのでなんとかなります。 ダイアイスは使い手が少ないので省略。 そもそもを再度繰り出せば雨に戻せるので、要は立ち回りでどうとでも対処が出来るということです。 使ってみればわかると思います。 結論: 8世代でも雨パは強い! この記事を読んで今後雨パを使う方の参考になると幸いです。 scanpoke777.

次の