アイス コーヒー の 作り方。 キリッと仕上げる。急冷式アイスコーヒーの作り方と、4つのポイント

自宅でできる!急冷アイスコーヒーのおいしい作り方[分量・方法]

アイス コーヒー の 作り方

気になるところから読む• 簡単な基本のアイスコーヒーの作り方 アイスコーヒーの作り方は2通りあります。 1つは濃い目のホットコーヒーを氷で薄める、急冷式。 キリっと引き締まった味が特徴です。 もうひとつは水出しでゆっくりと時間をかけて作る浸透式。 コールドブリューともいいます。 最近流行ってますね。 今回ご紹介するのはこの急冷式です。 濃く作ったものを2倍に薄めるイメージですね。 用意するもの• コーヒー 12g• お湯 90ml• 氷 90g以上 コーヒーの量はお好みで加減してください。 レシピ• サーバーに氷を90g以上いれる• コーヒーをドリッパーにセットする• 少量のお湯を全体に行きわたるように注ぎ、30秒蒸らす• じっくりと残りのお湯をかけて抽出する 氷の上に直接抽出することで美味しく仕上がります。 このレシピ以外でも普段作っているホットコーヒーの粉の量を少し多めにして 注ぐお湯の量を半分にすれば基本のアイスコーヒーは簡単にできます。 ぜひ試してみてください。 スポンサーリンク アイスコーヒーに合うコーヒー豆の種類、おすすめのコーヒーはこちら 基本的にはどのコーヒーでも美味しくアイスコーヒーは作れます。 なのでアイスコーヒー用のブレンドでないとダメだとか、深煎りのコーヒーでないとダメといったことはありません。 自分の好みのコーヒーをアイスで淹れるのが一番ベストだと言えます。 一般的なのは深煎りのコーヒーをアイスコーヒーにして しっかりとしたコクを楽しむという方法。 コンビニコーヒーとかはこのスタイルですね。 一方で今の流行は浅煎りから中煎りくらいのフルーティなコーヒーをアイスコーヒーにする方法。 シトラスのようなすっきりとした味わいになり、ゴクゴク飲めるアイスコーヒーになります。 どちらを選ぶのかはお好みですが、できるだけ美味しいコーヒーを選びましょう。 美味しいコーヒーを淹れたいのなら、淹れ方にこだわるよりも豆にこだわるべきです。 プロが教える、家でできる本格的なアイスコーヒーの作り方 ここからは家で楽しむコーヒーを本格的にこだわりたいというあなたに プロのバリスタが公開しているアイスコーヒーのレシピをご紹介します。 本格的なコーヒーを淹れるには、器具をそろえる必要があります。 コーヒー豆 18g• お湯 150ml• 氷 150g• HARIO V60• コーヒースケール レシピ• コーヒーを中挽きで挽く• サーバーに氷100gをいれる• エアロプレスを逆さまでセット(インヴァート)• コーヒーをセット、タイマーをスタートしお湯50mlを注ぐ• パドルで攪拌し、その後70mlのお湯を注ぐ• 1分30秒になったら、フィルターをセット、エアロプレスを反転させ30秒かけてプレスする• 完成 参考: まとめ アイスコーヒーを自宅で作るのはそんなに難しくありません。 それぞれの楽しみ方で美味しいコーヒーを楽しむ人が増えてくれたらと思います。 こだわりたい方は美味しい豆を買って、正しい淹れ方でコーヒーを淹れれば コンビニで買うよりもずっと美味しいコーヒーを作れます。 さらにこだわる方なら、ミルやグラインダーを買えば最先端のコーヒーショップにも負けない味を作ることができますよ。

次の

アイスコーヒーのおいしい作り方!自宅でかんたん、やってみよう

アイス コーヒー の 作り方

全盛期を迎えた感じですね。 どこに行っても水出し水出し。 お茶もコーヒーも水出しだらけ。 実はワタシ、もともと水出しコーヒーの味が苦手なほうで。 でもおいしい水出しコーヒーに出会ったりうちにだいぶ慣れてきました。 ですが、ワタシと同じようにどうしても水出しコーヒーの味に抵抗があるという方も、実は多いのではないでしょうか?だけど専門店のリキッドコーヒーは割高だし、かといってスーパーの1本90円のコーヒーだと物足りない、、。 そんなこんなの2018年夏、やっぱり急冷したアイスコーヒーもおいしいよね!ということで2日に1回ペースで仕込んで毎日おいしく飲んでます。 ホットコーヒーと違ってアイスコーヒーはある程度作り置きできるし、ホットよりも味の劣化が少ないというのも決め手。 とはいっても自宅でアイスコーヒーなんて作れるの? そんな方の為に今回は、わが家の急冷アイスコーヒー簡単レシピ(グラス約3,4杯分)を写真付きでご紹介しようと思います。 急冷アイスコーヒーを作る方法(約700cc分) 使うものは普段自宅でホットコーヒーを入れる人なら同じものでOKです。 特に特別なものが必要というわけではありません! それではまず始めに急冷アイスコーヒーを作るのに必要な物(分量)・作り方の手順を文字でご案内します。 ここでは全体の流れを掴んでいただければと思います。 意外と簡単そうですよね! それでは実際に作っている様子を写真付きで解説しながらご紹介しますね。 急冷アイスコーヒーの作り方(写真付き) 1:サーバーにドリッパーをセットし、中挽きにしたコーヒーを40g入れる 2:お湯を約40cc全体的に注ぎ、粉を蒸らす 3:約2分半でコーヒーが500cc抽出されるよう、お湯を注いでいく ゆっくり、円を描くように。 4:抽出完了 サーバーにメモリがついてる場合はそれを目安に500ccのコーヒー抽出を完成させます。 ワタシは無印の「耐熱ガラスピッチャー・小(0.7L)」をこの夏、新たに導入して使ってます。 ビン上部のくびれ始める部分がちょうど500ccなので、分量が分かりやすいのが決め手。 それに他の容器に移して保管する必要が無いところも気に入ってます。 5:氷を約200g投入 6:マドラーでまんべんなくかき混ぜる 氷が溶けてなくなるまで混ぜます。 7:完成! あとは冷蔵庫で冷やして、2日を目安に飲み切りましょう! アイスコーヒー用のコーヒーってあるの? あります。 ただあくまでも各メーカー・コーヒーショップがオススメと謳っているだけなので、専用品というわけではなく。 もちろん、コーヒーのプロがアイスコーヒーの為だけに仕上げたブレンドというものも存在してるので、それはそれで試す価値があります。 じゃあどんなコーヒーがアイスコーヒー向けなの?といわれる事もあります。 一般的には深煎りのコーヒーが良い、といわれていますが浅煎りの豆で作ったコーヒーもおいしいです! もう、これは好みの問題で良いんじゃないでしょうか? アイスコーヒー専用ブレンドが、実はホットで飲んだらおいしかった!なーんてこともあるので、ねぇ。 有名どころのアイスコーヒーブレンドはこのあたりでしょうか?• 急冷する意味は? アイスコーヒーは抽出後、できるだけ早く冷やすのがオススメです。 そうすることによってコーヒー本来の香りやコク、酸味などを閉じ込めることができるといわれています。 試しに急冷したものと、そのまま常温で冷ましたものを飲み比べると、、後者はあまり飲めたものではありませんでした、。 つけ麺の麺も、一気に冷やしますものね、それと一緒でしょうか? あとは見た目的に「急冷」はおいしそうに感じる気がします。 これが自宅でアイスコーヒーを作れば半額以下で飲めてしまいます。 例えば200gで1200円のコーヒーを使い、今回ご紹介したレシピで作った場合、、 1gあたり6円なので、50g使ったとして約300円。 これで3杯分は作れるので1杯100円!(さらにを使えばちょっと良い豆を使ったとしてもさらにその半額程度で、、これ以上は言えません!) かなりお得ですよね! もちろんお店で作ってもらう場合はいろんなコストが含まれたうえ、妥当な価格だし、悪いとも思いません。 店と自宅カフェは使い分けが前提だと思います。 メリット・デメリット メリット ・味の劣化が遅い ・安価に楽しめる デメリット ・水出しよりも手間がかかる.

次の

【アイスコーヒーの作り方】深煎り豆じゃなくても良い?自宅で美味しく作る方法

アイス コーヒー の 作り方

アイスコーヒーの作り方2つとその特徴 アイスコーヒーを作る方法は大きく分けて2つ。 急冷式ドリップ ・・・少なめのお湯でドリップした濃いコーヒーに氷を入れて急冷する。 普段のドリッパーとサーバーが使える。 水出し(コールドブリュー) ・・・水で長時間かけて抽出する。 「水出しコーヒーポット(約8時間抽出)」や「ウォータードリッパー(約1~3時間抽出)」を使用する。 挽き目 「中細挽き」か 「中挽き」がおすすめ。 中細挽きの方が味が濃く出ます。 サッパリした味わいにしたいなら中挽き。 焙煎度合い アイスコーヒーではコクのある 「深煎り」が定番ですが、酸味が好きな方は 「浅煎り」を選んでみてもいいですね。 ただ、アイスコーヒーはホットコーヒーより 酸味を感じやすいので、注意してください。 温度が高すぎると 苦味が強く出ます。 初めは、 「中挽き・深煎り」がおすすめ。 そこから少しずつ挽き方・焙煎度合いを調節してお好みのアイスコーヒーを作ってみて下さい。 急冷式ドリップでコーヒーを淹れる(約2杯分) 実際に急冷式ドリップでアイスコーヒーを淹れていきます。 コーヒー豆(土居珈琲 タンザニア) ・・・中深煎りの中挽き30g• 氷 ・・・140g• ドリッパー&サーバー(ORIGAMI)• ドリップスケール(HARIO V60) 器具は普段使っているものでOKです。 コーヒーもお好きなものを使ってください。 コーヒー豆30gを中挽きにする&お湯を沸かす 私は今回、土居珈琲のタンザニア 中深煎りの豆を 中挽きにしました。 コーヒー豆を挽いている間に、お湯を沸かし始めます。 氷140gサーバーに入れる だいたい140gサーバーに入れて、、、 この日は暑かったので、もう氷が溶け始めています。 コーヒー粉30gをセット お湯約50mlを注ぎ、約30秒蒸らす もう飲みたいですね。 すでに美味しそう。 残りのお湯を数回に分けて淹れる ゆっくり円を描くように注いでください。 完成 わーい! よく冷えているので、すぐに飲めます。 いくらでも飲めちゃうサッパリして甘みも感じられるアイスコーヒーができました。 自分で淹れるとまた美味しい。 淹れてる時間も幸せなんですよね。。。 よかったらお試しください。 水出しコーヒーポットで淹れる手順 次に、水出しコーヒーポットでアイスコーヒーを作る手順を紹介します。 私的には、1番これが楽ちんです。 用意するもの• 水出しコーヒーポット 分量は、水出しコーヒーポットの容量によって違いますが、基本的に 「コーヒー:水」=「1:10」が目安。 ストレーナーにコーヒー粉を入れ、ポットにセット• コーヒー全体に行き渡らせるように水をゆっくり注ぐ• 冷蔵庫で約8時間抽出• ストレーナーを取り出したら完成! とってもシンプルなやり方で誰でも手軽にできるのでおすすめです。 ウォータードリッパーで淹れる手順 ウォータードリッパーですが、私は持っていないです、、、 この器具は、水を点滴のように落としてコーヒーを約1~3時間で抽出してくれます。 まろやかな味わいになるそう。 飲んでみたいです。 用意するもの• 水(少量お湯を使う場合もある)• ウォータードリッパー こちらもウォータードリッパーの容量によって分量が異なります。 フィルターにコーヒー粉をセット• コーヒー粉に少量の水(お湯)を加え、コーヒー粉を混ぜて湿らす• コーヒー粉を平らにならす• 水タンクをセットし、ゆっくり水を注ぐ• 約1~3時間程度で完成! コーヒー粉を少量の水(お湯)で湿らして平らにならす作業がちょっと大変かもしれませんが、1滴ずつポタポタ抽出するのを見るのは楽しそうです。 そして、水出しコーヒーポットよりも短時間で作れるのが良いですよね。 おすすめウォータードリッパー お値段は、3000円ほどで買えるものもあるし、3万円以上するものもあります。 iwaki(イワキ)K8644-CL1 お手頃でおすすめなのが、iwakiのウォータードリッパー。 容量440ml.

次の