生ゴミ処理機 堆肥 パナソニック。 生ゴミ処理機 パナソニックMS

生ゴミでの堆肥の作り方|コンポストとは?米ぬかで肥料に早変わり!

生ゴミ処理機 堆肥 パナソニック

堆肥とは?コンポストってなに? 堆肥とは、園芸やガーデニングに使う「肥料成分を豊富に含んだ土」のことです。 英語では「コンポスト」と呼ばれ、枯れ葉や果物の皮などを微生物によって細かく分解してもらいます。 この工程を発酵と呼び、生ゴミを発酵させて堆肥に変換させたものを「生ゴミ堆肥」と呼んだりします。 堆肥を生ゴミで作るメリットは? 今回ご紹介する、「生ゴミを使った堆肥作り」を家庭で行うメリットは2つです。 日本の可燃ゴミの約半数は生ゴミといわれ、自治体にとっても生ゴミが減ることはゴミ処理の費用が減るのでうれしいことなのです。 また、庭をもたずにガーデニングを楽しむ方にとって、土は購入するしかありません。 しかし、生ゴミを堆肥にすれば、生ゴミを捨てる手間と土を購入する手間や費用が減らせて、一石二鳥というわけです。 生ゴミでの堆肥の作り方4選!米ぬかは必要?• 電動生ゴミ処理機で堆肥を作る• 庭で穴を掘って堆肥を作る• プランターで堆肥を作る• ダンボールで堆肥を作る 生ゴミを堆肥に変える方法は、主に4つあります。 電動の生ゴミ処理機を使ったり、庭穴やプランター、ダンボールなどに土を入れたりして発酵させる方法です。 それぞれの方法によって初期費用や堆肥になるまでの時間、必要なスペースなどが違うので、ご自宅に合った方法を選んでください。 次に、それぞれの方法について詳しくご説明します。 電動生ゴミ処理機で堆肥を作る マンション住まいで臭いのトラブルを避けたい方におすすめなのが、電動生ゴミ処理機です。 電動生ゴミ処理機は、場所を取らず電源があれば短時間で堆肥の原型を作れるグッズです。 特に、庭がないマンションやアパートに住んでいる方に人気で、1台2~5万円ほどで購入できます。 生ゴミを処理機の中に入れて、スイッチを押すと2時間ほどで処理が完了します。 その後、処理後1. 5ヶ月ほど土と一緒に埋めておけば堆肥の完成です。 生ゴミが出た後すぐに処理するので嫌な臭いがせず、お手軽に生ゴミを堆肥にできます。 税込価格 18,300円〜 2. 庭穴に埋めて堆肥を作る 庭にスペースがある方は、庭穴を掘って堆肥を作るのがおすすめです。 余計なコストを掛けず、掘った分だけいくらでも堆肥作りができること、自然の力でていねいに堆肥が作られることが特徴です。 土の中では、一定の温度と湿度が保たれるので、堆肥化がゆっくり進みます。 外なので臭いも漏れにくく、虫が寄ってくることも少ないのがうれしいポイント。 気温が低いときは発酵が進みにくいので、生ゴミと一緒に米ぬかを加えて発酵を促進させましょう。 庭のすみに生ゴミを入れたい分の穴を掘る(直径と深さは同じくらい)• 枯れ葉や枯れ草、米ぬかのいずれかを穴の底に数cm敷く• 新聞紙などに生ゴミをくるんで水を切る• 生ゴミを穴に入れて、上から生ゴミが隠れるくらい土を被せる• 土の上にブルーシートを被せる• 風で飛ばないようブルーシートの四方に石をのせる 関連記事 3. プランターで堆肥を作る マンションにベランダがある方は、プランターを活用した生ゴミの堆肥作りにチャレンジしてみませんか?室内では臭いが気になる方におすすめの方法です。 ただ、ベランダに置いた場合は、近隣の方との臭いのトラブルに注意してください。 底に穴の空いたプランター• プランターに土を入れる• プランターに周囲を土で囲めるくらいの穴を掘る• 穴に水を切った生ゴミを入れる• 米ぬかを生ゴミの表面にかけて土を被せる• 次の生ゴミが出たら新しい穴を掘って生ゴミを入れる• 最後の穴が一杯になってから1週間後に全体をかき混ぜる• 数日ほど寝かせて完成 関連記事 4. ダンボールで堆肥を作る プランターの余りや庭がない、あるいは庭ほど大量の堆肥が必要ない場合は、ダンボールを活用した堆肥作りがおすすめです。 手軽に始められるうえ、コストもかからないので子どもの夏休みの課題として取り組んでみても面白いかもしれませんね。 ピートモスともみがらを混ぜた土• 生ゴミの水を切らずに土と混ぜ合わせること• コーヒーのカスを混ぜたり、フタをして防臭すること• ダンボールの底四隅に足をつけるか、高さの出る台を置く• ダンボールに土を入れる• 水を含んだままの生ゴミを入れてよくかき混ぜる• フタをして1〜3日おきに中身をかき混ぜる• 3~4ヶ月後に1回園芸用の黒土を追加する• さらに1ヶ月ほど寝かせて完成 関連記事 生ゴミで堆肥を作るときに困る臭いや虫への対策は? 生ゴミを使った堆肥化で起きやすトラブルは、「悪臭と臭いに寄ってくる虫(コバエ)」と、「堆肥化に時間がかかる」ことの2点です。 悪臭を抑えれば虫も寄ってこなくなり、発酵中の高温状態が保てれば堆肥化が早く進むので、次の対策を参考にしてみてください。 悪臭と虫への対策は? 通気性のないフタを使い、使用済みコーヒーのカスを土に混ぜるのがおすすめです。 堆肥作りの前にできることは、生ゴミが出た日のうちに堆肥化させることです。 特に、三角コーナーに何日も放置して、虫の卵が産みつけられてから土に混ぜるとあとでひどい目にあいます。 堆肥化を進めるには何が必要? 堆肥化を早く進めるなら、「野菜のクズはなるべく細かく刻む」「肉や魚の骨、貝殻、調理された油分の多い食材を入れない」ことを意識しましょう。 また、生ゴミを追加するたびにピートモスや米ぬか、炭などを追加すると発酵が促進されるのでおすすめですよ。

次の

生ゴミ処理機人気おすすめ14選【肥料/パナソニック】

生ゴミ処理機 堆肥 パナソニック

By: バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。 バイオ式で処理した生ゴミは堆肥化が早く、1ヶ月ほど寝かせると野菜や花を栽培する際の堆肥として使えるので、家庭菜園や園芸を楽しんでいる方におすすめ。 バイオ式は音が静かで、夜間の使用や近所への配慮ができる点もメリットです。 ただし、バイオ式は屋外設置用のモノが多く、キッチンから屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。 また、大量の生ゴミを処理できる大型のモデルを設置する場合は、ある程度のスペースが必要。 大型モデルの価格は10万円以上することもあるので、生ゴミを堆肥として利用したい方におすすめです。 乾燥式 By: 生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、カラカラに乾燥させるのが乾燥式の生ゴミ処理機です。 一般的に家庭用として売られている生ゴミ処理機は乾燥式が中心。 キッチンなど屋内に置けるコンパクトなモノが多いのが特徴。 乾燥式は価格も比較的安く、一般家庭でも取り入れやすいのがメリットです。 密閉度の高いモノを選ばないと臭いが漏れ出てくる可能性があるので、慎重に選ぶ必要があります。 また、モデルによっては処理後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならないモノもあるため注意が必要。 動作音はバイオ式に比べると大きいうえに、生ゴミの処理に6時間以上かかるモノが多いので、その点も考慮して選びましょう。 ハイブリッド式 By: ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。 生ゴミを乾燥させた後、微生物により分解処理を行うため、音は小さめ。 さらに、脱臭装置が優れているので臭いが気にならず、室内置きでも快適に利用できます。 処理が終わるたびに中身を確認したり、容器を洗ったりする必要がなく手間もかかりません。 処理後は、有機堆肥としてすぐに活用できるのも魅力。 ただし、ハイブリッド式はサイズが比較的大きく値段も高いので、設置スペースと予算を慎重に考えて選ぶ必要があります。 電気代で選ぶ 生ゴミ処理機は、月に1,000円近い電気代が必要になります。 そのため、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく消費電力もチェックしましょう。 生ゴミを処理するために電気代が上がるのは困るという方は、できるだけ消費電力の低いモデルを探すのがおすすめです。 生ゴミ処理機のおすすめ エコクリーン Eco Clean 自然にカエルS SKS-101 20Wの電球と同じエネルギーのモーターを使用し、生ゴミを風の力で乾燥させるため、電気代を節約できます。 乾燥処理後は、約4分の1に減量され、肥料として再利用も可能。 ファンは小さめサイズで、運転音が約40dBと静かなので深夜でも安心して利用できます。 コーヒーメーカーを思わせる、コンパクトでおしゃれなデザインです。 1日10時間連続で運転しても、電気代は1ヶ月約124円、1日当たり約4円と経済的。 生ゴミを処理するだけでなく、食品乾燥機としてドライフルーツや魚の一夜干しが作れるのも魅力。 付属の容器が2つあるため、ゴミ処理用、食品用と使い分けもできます。 インテリア性を重視する方や電気代を節約したい方、乾燥機能を活用したい方にもおすすめです。 ハイブリッド式の生ゴミ処理機。 強力な脱臭機能を搭載し、悪臭となる成分を99. 84%カットできると謳われています。 処理後も処理中も臭いが気になりません。 生ゴミの入れ過ぎや、水分量の多さが気になるときは、脱臭モード・除湿モードで対処できます。 静音設計のため、深夜にリビングで使用しても動作音が気になりにくいのが魅力です。 蓋を開けて生ゴミを投入すれば、自動で作動するため手間いらず。 パワフルな分解力で中身がほとんど増えず、処理後に取り出す回数を大幅に軽減できます。 処理後の中身は、そのまま有機堆肥として活用できるため、家庭菜園におすすめ。 ほかの生ゴミ処理機を比べて値段は高いですが、省エネ設計で電気代を節約できるので、長い目でみるとコストを削減できます。 手間をかけず、室内で快適に利用したい方におすすめです。 特殊粉砕技術を搭載した生ゴミ処理機です。 野菜や魚、肉などの柔らかい生ゴミはもちろん、甲殻類の殻や貝殻などの硬い生ゴミも分別せずに処理できます。 生ゴミの粉砕から乾燥までを自動で行うため、手間がかかりにくいのも特徴です。 本製品は13Lと大容量、かつ20分の1サイズの可燃ゴミに処理してくれるので、1ヶ月に1回程度のゴミ出しで済みます。 処理後は有機肥料の素材としても利用可能です。 ガーデニングや家庭菜園を趣味にしている方にもおすすめ。 ゴミの加熱処理で発生した臭いは、水滴として排出し、空気は処理槽に戻されるので、嫌な臭いの心配を軽減できます。 異常発生時にはランプやブザーで知らせてくれるため、安全に使用可能です。 価格は高めですが、高機能なモデルを探している方はチェックしてみてください。

次の

業務用バイオ式生ごみ処理機|【NECフィールディング】

生ゴミ処理機 堆肥 パナソニック

By: バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。 バイオ式で処理した生ゴミは堆肥化が早く、1ヶ月ほど寝かせると野菜や花を栽培する際の堆肥として使えるので、家庭菜園や園芸を楽しんでいる方におすすめ。 バイオ式は音が静かで、夜間の使用や近所への配慮ができる点もメリットです。 ただし、バイオ式は屋外設置用のモノが多く、キッチンから屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。 また、大量の生ゴミを処理できる大型のモデルを設置する場合は、ある程度のスペースが必要。 大型モデルの価格は10万円以上することもあるので、生ゴミを堆肥として利用したい方におすすめです。 乾燥式 By: 生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、カラカラに乾燥させるのが乾燥式の生ゴミ処理機です。 一般的に家庭用として売られている生ゴミ処理機は乾燥式が中心。 キッチンなど屋内に置けるコンパクトなモノが多いのが特徴。 乾燥式は価格も比較的安く、一般家庭でも取り入れやすいのがメリットです。 密閉度の高いモノを選ばないと臭いが漏れ出てくる可能性があるので、慎重に選ぶ必要があります。 また、モデルによっては処理後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならないモノもあるため注意が必要。 動作音はバイオ式に比べると大きいうえに、生ゴミの処理に6時間以上かかるモノが多いので、その点も考慮して選びましょう。 ハイブリッド式 By: ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。 生ゴミを乾燥させた後、微生物により分解処理を行うため、音は小さめ。 さらに、脱臭装置が優れているので臭いが気にならず、室内置きでも快適に利用できます。 処理が終わるたびに中身を確認したり、容器を洗ったりする必要がなく手間もかかりません。 処理後は、有機堆肥としてすぐに活用できるのも魅力。 ただし、ハイブリッド式はサイズが比較的大きく値段も高いので、設置スペースと予算を慎重に考えて選ぶ必要があります。 電気代で選ぶ 生ゴミ処理機は、月に1,000円近い電気代が必要になります。 そのため、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく消費電力もチェックしましょう。 生ゴミを処理するために電気代が上がるのは困るという方は、できるだけ消費電力の低いモデルを探すのがおすすめです。 生ゴミ処理機のおすすめ エコクリーン Eco Clean 自然にカエルS SKS-101 20Wの電球と同じエネルギーのモーターを使用し、生ゴミを風の力で乾燥させるため、電気代を節約できます。 乾燥処理後は、約4分の1に減量され、肥料として再利用も可能。 ファンは小さめサイズで、運転音が約40dBと静かなので深夜でも安心して利用できます。 コーヒーメーカーを思わせる、コンパクトでおしゃれなデザインです。 1日10時間連続で運転しても、電気代は1ヶ月約124円、1日当たり約4円と経済的。 生ゴミを処理するだけでなく、食品乾燥機としてドライフルーツや魚の一夜干しが作れるのも魅力。 付属の容器が2つあるため、ゴミ処理用、食品用と使い分けもできます。 インテリア性を重視する方や電気代を節約したい方、乾燥機能を活用したい方にもおすすめです。 ハイブリッド式の生ゴミ処理機。 強力な脱臭機能を搭載し、悪臭となる成分を99. 84%カットできると謳われています。 処理後も処理中も臭いが気になりません。 生ゴミの入れ過ぎや、水分量の多さが気になるときは、脱臭モード・除湿モードで対処できます。 静音設計のため、深夜にリビングで使用しても動作音が気になりにくいのが魅力です。 蓋を開けて生ゴミを投入すれば、自動で作動するため手間いらず。 パワフルな分解力で中身がほとんど増えず、処理後に取り出す回数を大幅に軽減できます。 処理後の中身は、そのまま有機堆肥として活用できるため、家庭菜園におすすめ。 ほかの生ゴミ処理機を比べて値段は高いですが、省エネ設計で電気代を節約できるので、長い目でみるとコストを削減できます。 手間をかけず、室内で快適に利用したい方におすすめです。 特殊粉砕技術を搭載した生ゴミ処理機です。 野菜や魚、肉などの柔らかい生ゴミはもちろん、甲殻類の殻や貝殻などの硬い生ゴミも分別せずに処理できます。 生ゴミの粉砕から乾燥までを自動で行うため、手間がかかりにくいのも特徴です。 本製品は13Lと大容量、かつ20分の1サイズの可燃ゴミに処理してくれるので、1ヶ月に1回程度のゴミ出しで済みます。 処理後は有機肥料の素材としても利用可能です。 ガーデニングや家庭菜園を趣味にしている方にもおすすめ。 ゴミの加熱処理で発生した臭いは、水滴として排出し、空気は処理槽に戻されるので、嫌な臭いの心配を軽減できます。 異常発生時にはランプやブザーで知らせてくれるため、安全に使用可能です。 価格は高めですが、高機能なモデルを探している方はチェックしてみてください。

次の