おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です。 迷惑メール? その2

ビデオ会議「Zoom」アカウント50万人分が闇取引 暗号化キーを北京に送信 米独台政府などは使用禁止に

おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です

50万人分の「Zoom」アカウントがダークウェブとハッカーコミュニティで販売 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの国や地域でリモートワークや自宅学習が推奨されており、ビデオ会議サービス「Zoom」の利用者数が急激に増加していますが、アカウントのログイン情報が格安で販売されているとの情報が入ってきました。 クレデンシャルスタッフィングという手法が使用された? コンピュータヘルプサイトBleepingComputerによれば、ダークウェブやハッカーコミュニティで販売されているZoomアカウントのログイン情報は50万件以上に上るとのことです。 Eメールアドレス、パスワード、個人ミーティングのURL、ホストキーで構成されているログイン情報は、クレデンシャルスタッフィングという、過去にあった無関係なサービスのデータ漏洩で流出した情報を使ってログインを試みる手法で取得された模様です。 セキュリティ企業Cybleは、53万件のZoomアカウントのログイン情報を、アカウントあたり0. 0020ドル(約0. 21円)で購入することができたと伝えられています。 Zoomのアカウント情報は、4月上旬からハッカーコミュニティWebサイト上で見かけられるようになったとのことです。 アカウント情報は「Zoom-Bombing」に使用 購入されたログイン情報は、「Zoom-Bombing」という、ビデオ会議への不快なビデオ共有に使用されるとみられています。 自宅学習が推奨されているシンガポールで、Zoomを使ったリモート授業の最中に不審な男が乱入し、卑猥なものを見せてきたと先日報じられたばかりです。 Zoomのセキュリティ上の脆弱性は多くの専門家が指摘しており、すでにいくつもの政府機関や企業が職員・従業員にサービスの使用停止を要請しています。

次の

Microsoftアカウントが乗っ取られた! : エスプリな、毎日。

おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です

この記事の内容• 2018年10月時点でアラートに表示されるメッセージは次のとおりです。 おめでとうございます! Googleをお使いのあなた!本日の無料iPhone X、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれかの当選者に選ばれました。 OKをクリックして景品をお受け取りください。 そうしない限り別のユーザーに当選権が移行します! 上記のようなメッセージは、フィッシング詐欺へ誘導するための嘘のメッセージです。 ニュースサイト、大手インターネットショッピングサイトなど、普通のウェブサイトしか見ていないつもりでも、突然Googleになりすましたページが表示され上記のアラートが出ることがあります。 「OK」を押してページを進むと入力フォームが表示されますが、個人情報やクレジットカードの情報を絶対に入力しないようにしましょう。 *次のようなWindowsユーザーがターゲットの似た詐欺手法も存在します。 事前に詐欺に関する知識をしっかり身につけて、ネット詐欺にひっかからないよう注意してください。 フェイクアラートが表示される原因 偽のメッセージが出る原因として一番考えられるのが、 Webページ上に設置されているWeb広告が考えられます。 ウェブ広告は閲覧者の検索履歴などを元に自動で選ばれるため、ウェブサイト運営者に問い合わせてもなかなか解決に至らないことも多いです。 広告の中に不正なコードを忍ばせ、広告が表示されると強制的にフィッシングサイトを表示する仕組みになっています。 アドウェアにより表示される場合もある Googleに見立てたメッセージのフェイクアラートは、調べる限りネット広告経由で表示されている事例ばかりです。 ただし、スマホへの広告を表示を目的としたアドウェアによって、上記のようなフィッシングサイトが表示されるような手法も今後考えられます。 そのため、無料だからといって信頼できないアプリは不用意にインストールしないことをおすすめします。 フェイクアラートが表示された時の対処法 Webページを見ていてGoogleのフェイクアラートが表示された時は、スマホでもパソコンでも ページをそのまま閉じるだけで問題ありません。 ただし、普通に閉じようとしても閉じれない場合があるので、対処法について紹介します。 ページを消しても何度も表示される場合は、次のを参考にしてください。 閉じようとしても消せない時は? ページが閉じれなくなってしまった場合は、ブラウザを強制終了します。 ブラウザを終了したら再度起動してください。 各端末の手順は次のとおりです。 iPhoneの場合• Google Chromeを起動します。 ウィンドウ右上にある「…」アイコンをクリックします。 「設定」タブが開きます。 画面を下へスクロールし、「詳細設定」をクリックします。 「プライバシーとセキュリティ」グループの中にある「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。 「期間」の設定を「全期間」に変更します。 「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファィル」の2つにチェックを入れ、右下の「データを消去」ボタンをクリックします。 Microsoft Edge、Google Chrome以外のブラウザをお使いの場合は、公式ページやマニュアルで操作方法を調べ、Cookieとキャッシュの削除を行ってください。 リダイレクトブロック機能を有効にする フェイクアラートは、ネット広告を使って自動でフィッシングサイトに飛ばしてから(リダイレクト)、メッセージを表示します。 そのため、ブラウザがリダイレクトをしないよう設定することでフェイクアラートを防ぐことができます。 スマホ、パソコンのリダイレクトをブロックするための設定は次のとおりになります。 スマホの場合(iPhone,Android) Androidの場合は、標準ブラウザ「Chrome」のバージョン64以降で悪質なリダイレクトページへの対策機能が追加されました。 ページ上で不正なリダイレクトが起きると「リダイレクトがブロックされました。 」と表示されます。 「許可」のボタンを押さない限り、フィッシングサイトへのリダイレクトは行われません。 次の手順で設定を確認します。 Google Chromeを起動します。 ウィンドウ右上にある「…」アイコンをクリックします。 メニューの中から「設定」を選択します。 「設定」タブが表示されます。 画面を下へスクロールし、「詳細設定」をクリックします。 「プライバシーとセキュリティ」グループの中にある「コンテンツの設定」をクリックします。 一覧から「ポップアップとリダイレクト」の項目を探します。 既に「ブロック」に設定されている場合は変更の必要はありません。 「許可」に設定されている場合は「ポップアップとリダイレクト」をクリックします。 画面の1番上に表示されているスイッチをクリックし、「ブロック」に切り替えます。 Google Chromeを再起動します。 ただし、ブラウザのセキュリティ機能はすべてのフィッシングサイトをブロックできるわけではありません。 フィッシング詐欺防止機能のあるセキュリティアプリを使う 最近のセキュリティアプリにはフィッシング詐欺防止機能が備わっており、インストールすることで今回のフェイクアラートのような手法を事前にブロックしてくれます。 もし、ネット詐欺の手口の判断ができず心配な方は、フィッシング詐欺防止機能のあるセキュリティアプリの導入を検討しても良いでしょう。 *既にセキュリティソフトを使用している場合はセキュリティソフトの設定を確認し、インターネット関連の保護機能が有効になっていることを確認してください。 おすすめのセキュリティアプリは? フィッシング詐欺防止のためのセキュリティアプリは、以下のような有名で信頼できるセキュリティアプリを使用することをおすすめします。 参考: フィッシングサイトでウイルスに感染する? 今回のようなフェイクアラートが出るフィッシングサイトで、ウイルスの感染を心配される方も多いと思います。 フィッシングサイトは、個人情報を入力させ情報を盗むことが目的であることがほとんどです。 また、 サイトを閲覧しただけでスマホやパソコンがウイルスに感染することはありません。 ただし、フィッシングサイト上に仕込まれているプログラムを開いてしまった場合は、ウイルスの感染も考えられます。 もし、信頼できないプログラムをインストール、もしくは開いてしまった場合はを使ってウイルススキャンを行っておきましょう。 スマホのウィルス対策アプリの必要性についてはこちらも参考にしてみてください。

次の

[ あれこれ ]

おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です

50万人分の「Zoom」アカウントがダークウェブとハッカーコミュニティで販売 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの国や地域でリモートワークや自宅学習が推奨されており、ビデオ会議サービス「Zoom」の利用者数が急激に増加していますが、アカウントのログイン情報が格安で販売されているとの情報が入ってきました。 クレデンシャルスタッフィングという手法が使用された? コンピュータヘルプサイトBleepingComputerによれば、ダークウェブやハッカーコミュニティで販売されているZoomアカウントのログイン情報は50万件以上に上るとのことです。 Eメールアドレス、パスワード、個人ミーティングのURL、ホストキーで構成されているログイン情報は、クレデンシャルスタッフィングという、過去にあった無関係なサービスのデータ漏洩で流出した情報を使ってログインを試みる手法で取得された模様です。 セキュリティ企業Cybleは、53万件のZoomアカウントのログイン情報を、アカウントあたり0. 0020ドル(約0. 21円)で購入することができたと伝えられています。 Zoomのアカウント情報は、4月上旬からハッカーコミュニティWebサイト上で見かけられるようになったとのことです。 アカウント情報は「Zoom-Bombing」に使用 購入されたログイン情報は、「Zoom-Bombing」という、ビデオ会議への不快なビデオ共有に使用されるとみられています。 自宅学習が推奨されているシンガポールで、Zoomを使ったリモート授業の最中に不審な男が乱入し、卑猥なものを見せてきたと先日報じられたばかりです。 Zoomのセキュリティ上の脆弱性は多くの専門家が指摘しており、すでにいくつもの政府機関や企業が職員・従業員にサービスの使用停止を要請しています。

次の