コイワズライ 歌詞 キンプリ。 King & Princeの歌詞一覧リスト

Aimer(エメ)「コイワズライ」歌詞の意味を解釈!AbemaTV「白雪とオオカミくんには騙されない」主題歌

コイワズライ 歌詞 キンプリ

もくじ• Aimer エメ 「コイワズライ」はどんな曲? Aimerの『コイワズライ』は、 アルバム『Sun dance』に収録されています。 Youtubeにはスタジオライブリハーサルverが公開されていて、そちらも必見です! AbemaTV「白雪とオオカミくんには騙されない」主題歌 『コイワズライ』が主題歌となっている『白雪とオオカミくんには騙されない』は、AbemaTVで放送されている恋愛リアリティショーです。 恋をしたい女子高生5人がイケメン男子5人と恋に落ちていきます。 男子メンバーの中に、恋を邪魔するオオカミがいるというのが、この番組の特徴です。 Aimer エメ 「コイワズライ」歌詞の意味を解釈 では『コイワズライ』の歌詞の内容を見ていきましょう。 一人でいるのは寂しくて、心も寒いから、私の凍えた手を君に温めてほしいと願っています。 僕の気持ちはずっと変わらないと誓えるでしょう。 思いは言葉にすることはとても難しくて、上手く伝えようとしても、思いはため息となってただ零れるばかりです。 大切なことほど伝えるのに戸惑ってしまい、いつも笑って誤魔化してしまいます。 ありきたりな出来事すぎて、ふとすると簡単に日々の生活の中に埋もれて溶けていってしまいそうだからです。 ですが、君と過ごす時間はきらきらと輝く大切な時間で、決して忘れたくはありません。 君に「 会いたい」と伝えることは簡単にはできなくて、ただ近くで君が幸せでいることを願います。 「好きだよ」と伝えたいですが、伝えることで壊れてしまうことにも怯えています。 きちんと伝えなければ気づいてもらえずに、お互いの気持ちを見逃してしまうことは分かっているはずです。 空にキラリと星が光ったかと思えば、それは 私の涙でした。 しかしそんなときは、無理していつも笑顔でいる必要はありません。 泣きたいときは泣いてもいいです。 悲しいとき、寂しいとき、そんなネガティブな気持ちのときにこそ、自分に正直になれます。 明日になったからといって、大人になったからといって、すぐに 大事だった人を忘れる必要はありません。 自分の気持ちに嘘をつく必要はありません。 星が輝く夜に、願い事をしましょう。 君のことを思っていたことは忘れたくありません。 ありふれた日々に感じていた幸せや、君の面影を、この恋が消えたとしても、その景色だけは僕の心に残していたいのです。 今は切なく、寂しく感じていても、それが将来私にとって大事なものになるでしょう。

次の

キンプリの歌詞koi

コイワズライ 歌詞 キンプリ

「言葉にしなくても気付いてほしい、わかってほしい」という感情は、恋愛中にはよく抱いてしまう感情でしょう。 信用している相手にこそ、伝わらないもどかしさを感じるものです。 『コイワズライ』の彼女が強がる理由は、「そばにいたくって」という想いがあるからでしょう。 胸にしまいこんだ自分の弱さに、そっと気付いてほしい。 そんな気持ちをいだきつつ、あなたの傍にいたいと願う一心で、また我慢をしてしまうのです。 しかし、自分が彼を想って悩んでいることも、どれだけあなたを大切に想っているかも、彼は知るよしもないのです。 分かっていても、やっぱり1人で溜息をこぼしながら苦しむだけで、結局いつも本心を伝えることはできません。 想いを伝えられない恋を経験したことがある方なら「不器用に笑って誤魔化すんだよ」という歌詞の奥に隠された、様々な感情にも気が付くのではないでしょうか。 強がりはある意味、自己防衛でもあります。 直接は自分が傷つかないように、複雑で繊細な恋心を、いくつものベールで包んでしまうのです。 辛い記憶を越える愛おしい思い出があるからこそ、「ありふれた会話や仕草を少しも忘れたくはない」のです。 何気なくかけられた言葉にどれ程の価値があったか、それ気付いた時には、もう戻れない「思い出」になってしまった時なのでしょう。 「ゆらり ふわり 白雪の様に」儚くいつの間にか消えてしまった恋だとしても、「ありふれた」日々に散りばめられた色鮮やかな記憶に支えられていたのですね。 相手を信頼し、大切に想うからこそ、自分と相手の想いの強さを比較して、悲観的になってしまうことはよくあることです。 この気持ちは、恋愛だけでなく、人と関わっていく上では避けて通れない感情なのではないでしょうか。 「悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ」 相手を想うあまりに苦しむあなたに、この歌詞がそっと寄り添ってくれるでしょう。 変わらなくて良い、今のあなたのままで良い。 そんなときにこそ「大事なことがあるんだよ」というメッセージに、ひとり涙を流すことすらできない夜から救われた人も多いのではないでしょうか。 「恋煩い」と言われると、悩む自分は「病気なのかもしれない」と不安になることもあるかもしれません。 しかし、恋愛の複雑な感情は、既存の言葉だけで表せるものではありません。 十人十色の恋愛の形、ひとり一人ちがった「恋の悩み」を抱えているからこそ、全員に効く特効薬は存在しないのです。 「コイワズライ」とカタカナにすることで十人十色の想いを受け止め、薬もない不安定な気持ちを表現しているのではないでしょうか。 だからこそ、リスナーそれぞれが、過去の経験や自分なりの想いを重ねられるのだと思います。

次の

koi

コイワズライ 歌詞 キンプリ

「言葉にしなくても気付いてほしい、わかってほしい」という感情は、恋愛中にはよく抱いてしまう感情でしょう。 信用している相手にこそ、伝わらないもどかしさを感じるものです。 『コイワズライ』の彼女が強がる理由は、「そばにいたくって」という想いがあるからでしょう。 胸にしまいこんだ自分の弱さに、そっと気付いてほしい。 そんな気持ちをいだきつつ、あなたの傍にいたいと願う一心で、また我慢をしてしまうのです。 しかし、自分が彼を想って悩んでいることも、どれだけあなたを大切に想っているかも、彼は知るよしもないのです。 分かっていても、やっぱり1人で溜息をこぼしながら苦しむだけで、結局いつも本心を伝えることはできません。 想いを伝えられない恋を経験したことがある方なら「不器用に笑って誤魔化すんだよ」という歌詞の奥に隠された、様々な感情にも気が付くのではないでしょうか。 強がりはある意味、自己防衛でもあります。 直接は自分が傷つかないように、複雑で繊細な恋心を、いくつものベールで包んでしまうのです。 辛い記憶を越える愛おしい思い出があるからこそ、「ありふれた会話や仕草を少しも忘れたくはない」のです。 何気なくかけられた言葉にどれ程の価値があったか、それ気付いた時には、もう戻れない「思い出」になってしまった時なのでしょう。 「ゆらり ふわり 白雪の様に」儚くいつの間にか消えてしまった恋だとしても、「ありふれた」日々に散りばめられた色鮮やかな記憶に支えられていたのですね。 相手を信頼し、大切に想うからこそ、自分と相手の想いの強さを比較して、悲観的になってしまうことはよくあることです。 この気持ちは、恋愛だけでなく、人と関わっていく上では避けて通れない感情なのではないでしょうか。 「悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ」 相手を想うあまりに苦しむあなたに、この歌詞がそっと寄り添ってくれるでしょう。 変わらなくて良い、今のあなたのままで良い。 そんなときにこそ「大事なことがあるんだよ」というメッセージに、ひとり涙を流すことすらできない夜から救われた人も多いのではないでしょうか。 「恋煩い」と言われると、悩む自分は「病気なのかもしれない」と不安になることもあるかもしれません。 しかし、恋愛の複雑な感情は、既存の言葉だけで表せるものではありません。 十人十色の恋愛の形、ひとり一人ちがった「恋の悩み」を抱えているからこそ、全員に効く特効薬は存在しないのです。 「コイワズライ」とカタカナにすることで十人十色の想いを受け止め、薬もない不安定な気持ちを表現しているのではないでしょうか。 だからこそ、リスナーそれぞれが、過去の経験や自分なりの想いを重ねられるのだと思います。

次の