きめつの刃おばみつ。 【鬼滅の刃】おばみつで協力プレイしているはずだったがwwww【きめつの兎 #2】

おばみつ (おばみつ)とは【ピクシブ百科事典】

きめつの刃おばみつ

それでは対になってるキャラのサイドストーリーを紹介していきます 第1話 片羽の蝶 胡蝶姉妹の話 ネタバレ 鬼に襲われて両親を亡くした 胡蝶姉妹の幼少時代のお話です。 両親は助からなかったけど、胡蝶姉妹の命を救ったのは鬼殺隊であった悲鳴嶼でした。 姉の胡蝶カナエ、妹の胡蝶しのぶは悲鳴嶼にお礼を言いに訪問したその日から3人で同居生活を始めます。 両親を失った悲しみや怒りから鬼狩りになりたいという2人に対して、悲鳴嶼は自分を慕うカナエやしのぶに対して過去の呪縛から気持ちを解放できずにいました。 まだ子供である胡蝶姉妹に危険な道を歩ませたくないという感情もあったからとも感じます。 ところが、2人の揺るぎない熱い想いに悲鳴嶼の気持ちに少しづつ変化が現れ試練を設けることになりました。 最終選別を潜り抜けた胡蝶姉妹ですが、本編で描かれたように姉のカナエは亡くなってしまいます。 カナエの死を境に しのぶの性格やイメージは180度変わった理由も描かれていました。 そして話は本編シーンへと飛び、鬼と対峙する胡蝶しのぶに話掛ける悲鳴嶼がしのぶの死の前兆を予感した描写もありました。 誰よりも鬼を憎んでいたはずですが、体格に恵まれず非力な胡蝶しのぶは鬼の頸を切ることができないという設定がなんとも言えない気持ちにさせられます。 タイトル「片羽の蝶」とはそういう意味だと悟ると一段と泣けてくるのです。 しのぶが花柱を蟲柱として昇華させた努力の重さを感じさせられました。 そしてある日突然、「温泉を掘り当てろ」という無茶な指令を出されるのでした。 これには全力で嫌がる善逸に対して宇髄は3人の自分の美人嫁の忍も裸で湯に浸かる事を告げる。 その途端下心丸出しの善逸は温泉を掘る事を決意するという安易な男心を描いたお話が笑えます。 善逸は小説でもあのテンションなので第1話の胡蝶姉妹のシリアスは話から脱線した感があって別のコミカルストーリーを読んでるように錯覚しました。 善逸は鬼滅の刃の陽の部分を表現してくれるので漫画でも大好きです。 そして善逸はあの手この手で伊之助に温泉掘りを手伝わせるのも面白かったです。 冒頭から「脳内彼女」という単語が出てきたり柱の女子を妄想してるトークも希少性が高いです。 — かほ obamitsulove 宇髄天元が善逸に温泉を掘らせた真の理由が最後に明かされますがタイトル「正しい温泉のススメ」に繫がったとハッとしました。 第3話 甘露寺密林の隠し事 おばみつ ネタバレ おばみつの関係がしっかり描かれている貴重な小説だと実感できる第3話です。 胡蝶しのぶに対して伊黒小芭内は甘露寺蜜璃の様子がおかしいと相談を持ちかけます。 しのぶが「様子がおかしいと感じた箇所は?」と問うと甘露寺の細かい変化や異変を感じた時期など突っ込みたくほど把握している伊黒小芭内はかわいいです。 そして甘露寺蜜璃と伊黒小芭内が文通してる設定まで入れてくるのはおばみつファンの心を分かっていますよね。 蜜璃のチャームポイントである「食欲」が無くなってしまったのです。 蜜璃は ある事をきっかけに「 もっとちゃんとしなくちゃいけない」と思い始めてしまい、 〇〇を封印したからだったのです。 最終的には 甘露寺蜜璃らしさを失ったら大事な物も守れないと気付かされ胡蝶しのぶに背中を押されるエピソードです。 2人は鬼殺隊に入った理由も違うし接点が無いようだけど信頼関係があるんです。 不死川玄弥は炭治郎の鬼殺隊で、最終選別を突破した後のシーンでは「刀を早くよこせ」と荒れていたのが印象的! 不死川兄弟が幼い頃、 鬼化してしまい家族を襲ってしまった母親を兄の実弥が手に掛けたのです。 幼かった玄弥はそんな兄に言ってしまった「 ある一言」から確執が生まれた経緯が描かれています。 本編では風柱である実弥は弟の玄弥に対して冷たい視線を向け、幼少の頃の兄弟愛が感じられなくなった事で玄弥には寂しい気持ちが混沌と渦巻いているように思います。 優しかった兄へのイメージが強かったので今でも寝言で兄が出てしまうほどに・・・。 不死川兄弟のファンが多い理由として表面的にはツンケンしながらも本質では兄弟愛がほのかに感じるギャップではないかな〜と思います。 第5話 笑わない君へ ぎゆしの ネタバレ 胡蝶しのぶと富岡義勇の関係性を掘り下げたエピソードが描かれているのは面白いです。 お館様の指令で富岡義勇を笑わせる?という計画を悲鳴嶼が柱に提案します。 本編で「柱からの嫌われ者」とふっかける胡蝶しのぶが印象的ですが、富岡義勇の事が嫌いなのは柱の中に2人居る事実が明らかに。 読者からは人気がある富岡義勇ですが柱には気に入られてないご様子。 そしてその理由も明らかに・・・! 寡黙な義勇に対して愛情を持ったいじりが笑える内容なので、本編で悲しみを感じながらもこんな一面や心理描写があったのね〜とニヤけてしまいます。 第6話 キメツ学園物語〜パラダイス・ロスト〜 ネタバレ 本編の流れをしっかり踏まえているサイドストーリーなので鬼滅の刃の世界観を一段と膨らませる事ができます。 小説版「キメツ学園物語」〜パラダイス・ロスト〜として収録されているので鬼滅の刃の明るい部分も存分に楽しめる公式本です! 煉獄先生がめちゃくちゃ面白かったので片羽の蝶のキメ学を読んで 煉獄ファンが増えたのでは?と思っています。

次の

おばみつ「少女漫画おばみつ 」

きめつの刃おばみつ

おしながき• 恋愛 鬼滅の刃の恋愛要素。 そういう漫画ではないと言ってしまえばそこまでなのですが、あると面白い組み合わせもありますよね。 この中から、私が気になったモノだけピックアップしています。 中には実弥と禰豆子でさねねずや、伊之助と禰豆子でいのねずなど、面白い組み合わせも掲載されていました。 これは二次創作の要素も含まれているようなので、そこには今回触れていません。 あくまでも、鬼滅の刃本編の内容から考えていくものとなります。 いくつかの経緯を経てカナヲにとって炭治郎は、特別な存在になっていきました。 コミックス7巻では胡蝶カナエが「カナヲにも好きな人ができたら変わる」と発言しています。 そして、そのセリフが書かれたコマには炭治郎の姿が。 これが示すことは「ゆくゆくカナヲは炭治郎の事を好きになるのであろう」という事です。 今の状態はというと、LIKEからLOVEの間といったところでしょうか。 カナヲにとって炭治郎への気持ちは、生まれて初めての気持ちだと思います。 なので、それが恋だという事にすら、気付いていない可能性があります。 一方の炭治郎はどうかというと、まだカナヲに対して意識しているという事はないでしょう。 炭治郎は誰にだって誠実で、優しい男です。 そこに誰かを特別愛する気持ちが芽生えるとしたら、全ての戦いが終わり、禰豆子が人間に戻った後の事になるのではないでしょうか。 ぎゆしの ここに恋愛要素はないように思えます。 でも、ここだけはお似合いだったなぁと思っています。 年齢も柱になった時期も義勇の方が先で、しのぶよりは先輩です。 しかしながら、しのぶは義勇を「天然ドジっ子」だと思っていました。 この二人は、柱として任務を共にこなしている時期がありました。 そこでは仲良くご飯を食べている姿も。 生きてさえいれば…。 平和な時代であれば…。 二人が今後結ばれる事もあったかもしれません。 意味深柱絵が現実になってしまい義勇が倒れるとするならば、二人は天国で…。 それはちょっと複雑ですね。 狛恋 これは「はくこゆ」でいいのでしょうか? 猗窩座の人間時代の名前「狛治」と、恋雪ちゃんの組み合わせです。 猗窩座の回想は何度見てもいいですよね。 病気がちな女の子って鉄板です。 この二人は悲しい別れ方をしてしまったけど、今は地獄で仲良くしてるのかな…? 狛治は確実に地獄行きだろうから、恋雪ちゃんも一緒に地獄に行くのでしょう。 累の親と同じように。 コミックス18巻ではやっとこの二人が見られるので、12月の発売が楽しみです。 さねカナ 個人的にかなり好きな組み合わせです。 カナエに関しては、ぎゆナエ・煉カナ(炎花)・ひめカナと、色々なカップリングが掲載されていました。 というのも、実弥の柱入りの際に、この人達が集合していたからなのでしょう。 この人達のいずれかの組み合わせが、当時あったのではないかと。 その中でも特に私が好きなのは「さねカナ」の組み合わせです。 それは何故か。 実弥がお館様に食ってかかるシーンで、そっと実弥の腕をつかむカナエがいたからです。 そして、優しく実弥を諭すカナエ。 こちらもしのぶと同様生きていれば…。 悲しい。 おばみつ 最後はこのカップリング。 もうこれは、正式にカップリングと呼んでもいいのではないでしょうか。 間違いないのは、小芭内は蜜璃にべた惚れだという事です。 公式でも小芭内は、蜜璃に一目惚れしたと公表されています。 そして、蜜璃の中でも小芭内は、少し特別なようです。 この二人に関しては「あとはタイミングだけ」といったところでしょう。 私が今回恋愛事情について考える事になったのも、この二人の行く末を案じてのものでした。 今まさに、おばみつ対鳴女の決戦が始まろうとしています。 無限城に入ってから二人は行動を共にしており、二人の距離はグッと縮まっていると思います。 ここから鳴女と無惨さえ倒してしまえれば、あとはゴールインを待つのみとなるでしょう。 しかし、ここでも意味深柱絵が立ちふさがります。 意味深柱絵では、小芭内も蜜璃も死亡してしまうという示唆が出ています。 どちらかが残されるよりはいいものの、死亡してしまうのはやはり悲しい。 できればこの世で二人、結ばれる事を願いたいものです。 でも、ワニ先生は甘くない。 ここは物語を盛り上げるために、綺麗な恋愛感情が描かれる可能性もありますよね。 狛治と恋雪のように。 死ぬと分かっていながら、結ばれる二人。 そんな展開が想像できてしまいます。 まとめ的なもの もしも、カナヲとおばみつが亡くなるような事があれば、私のお気に入りの恋愛事情は全滅です。 全て悲しい末路となってしまいます。 それだけは何とか防いでほしい。 小芭内の覚醒と蜜璃のギャグ補正で、何とか乗り切ってほしい。 カナヲはもう戦わなくてもいいのではないでしょうか。 ワニ先生、頼みます。

次の

「鬼滅の刃」200話ネタバレ・・・おばみつに涙・・・そして炭治郎について語りたい!【北海道でもジャンプは売ってます】

きめつの刃おばみつ

スポンサードリンク 鬼滅の刃(きめつのやいば)といえば、社会現象とも言われるほど人気の少年ジャンプ掲載漫画! その鬼滅の刃が2020年5月18日(月)発売のジャンプに掲載された 205話で最終回を迎えました。 第2部に突入する可能性が囁かれていましたが、スパッと最終回を迎えたようです。 無残の戦いの中で生き残ったメンバーの子孫や、既に死んでしまったメンバーも生まれ変わりとして登場しています。 無惨との戦いで重傷を負ってしまい、最期を迎えました。 気持ちを伝えられないことに比べれば、まだ良かったのかもしれませんけど。 善逸のひ孫が甘露寺の生まれ変わりの胸をガン見したことがあったようですが… その時に伊黒の生まれ変わりから包丁をぶん投げられたようです。 ここで一つ気になることがあります! それは、 伊黒と甘露寺に前世の記憶があるのかどうかということです。 伊黒と甘露寺は前世の記憶あり? SNSでは 伊黒は記憶があって甘露寺は記憶がないんじゃないかとも言われてますね。 となると、 2人とも前世の記憶を持っていたとしてもおかしくないかも? そう思えちゃいますよね! 伊黒と甘露寺に前世の記憶はないと思われる理由 しかし、伊黒も甘露寺も前世の記憶はないのではないかと考えられます。 というのも、炭次郎達のひ孫達も結構伊黒たちの定食屋に行っているようなんですよね。 でも、 特に変わった様子が見受けられないんです。 ひ孫達はみんな炭次郎達鬼殺隊のメンバーにそっくりな姿形をしています! 名前も似ている感じですし、苗字はそのまま。 苗字で呼び合うことはなくても、下の名前で呼び合っているひ孫たち。 あんなに見た目も名前も似ているなら、 伊黒や甘露寺に前世の記憶があれば何かしらのアクションがあってもおかしくないはずです。 しかし、ひ孫達の会話からは何か不思議なことを話されたり行動を取られたというような話は一切ありませんでした。 甘露寺だったら泣きながら抱きついてきたりしそうですよね、それで伊黒はキレそう… って伊黒がキレるんはいつも通りやないかい まぁ、でも特に何かアクションがあったわけではなさそうなので、 ひ孫達を見てもノーリアクションなのだと思います。 そう考えると、 伊黒も甘露寺も前世の記憶はないんじゃないかと考えられます。

次の