まちがいさがし 歌詞 意味。 菅田将暉 まちがいさがし 歌詞&動画視聴

【歌詞/考察】菅田将暉 『まちがいさがし』の歌詞と意味を考察|かんさいべんどっとじぇーぴ

まちがいさがし 歌詞 意味

まちがいさがしとは? 菅田将暉さんの2ndアルバム「LOVE」の収録曲。 ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌にもなっています。 作詞作曲は米津玄師さん。 菅田将暉さんと米津玄師さんは、 「灰色と青」という楽曲でコラボして以来 意気投合し、タメ口で話すくらいの仲のようです。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 引用: 【 感想】 個性的で自分の信念を貫いているイメージの菅田さん。 表面的ではない深いコメントに この楽曲への愛を感じ、私は感動しました。 「そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました」 「救いでもなく祈りでもなく集い」 というコメントからも この楽曲はあたたかい、やさしい楽曲なんですね。 まちがいさがしのゲームに自分を例えていますね。 意味はシンプルに、そのままだと思います。 この曲の内容をわかりやすく表した歌詞から この曲が始まります。 しかし、正解の方じゃ出会えなかったものに出会えたと、 前向きな気持ちになっていることがわかります。 ここもシンプルにそのままの意味だと思います。 しかしそれはすぐに過ぎ去ってしまう儚いものです。 あなたはただ傍にいてくれるだけでいい。 そんな切なくもあたたかい感情が伝わってきます。 この曲の出だしの歌詞で、 「正解の方じゃきっと出会えなかった」 と言っている部分があります。 自分は正しくあれないという寂しさも 何かを育んでくれていた。 それは何かを問いかけています。 それをこれから一つずつ探していこう。 子供みたいに慣れなくて不器用だけれども。 これまでの自分を少しずつ受け入れ始めています。 「起きがけの」ということで尚更 一歩ずつ、ゆっくりと、手探りの、という ニュアンスが伝わってきます。 君の手が「触れていた」ということから 幸せに気付いた、ということがわかります。 「指を重ね合わせ」ということから それが深い愛であることが伝わってきます。 間違いか正解かをずっと気にしていたけど そんなものさしはもうどうでもいい、と 一皮むけた自分が出てきます。 1番のサビ前の「涙」と同じように ポジティブな意味にもネガティブな意味にも とらえられます。 しかしこの曲は全体的にあたたかい歌詞であることから この淡い靄とは幸せなものであると推測できます。 瞬く間に「落っこちた」という表現も ほんのり明るい気持ちが伝わります。 そして君じゃなきゃいけないという確信、 その気持ちをどうするでもなく ただ素直に自分の中でかみしめています。 ただ、1番のサビの最後の1行だけ変わっています。 1番では「退屈なくらいに何気なく傍にいて」 だったのが「誰にも見せない顔を見せて」 になっています。 どちらも君に対しての特別な感情ですね。 その他のサビの部分は全く変わっていないことから 君と過ごす日常の時間が続いていく、 そしてその中で淡い幸せをかみしめる、 主人公の心情がわかります。 まとめ この曲は、まちがいさがしのゲームに例えられています。 主人公ははじめは「自分はまちがいさがしの間違いの方に生まれた」 と思い込んでいました。 そして間違いだと思っていたこれまでの日々の中でも 何かが育まれていたことに気づき、 それを一つ一つ探していきます。 これだけ流行っているのも納得です。

次の

パーフェクトワールド主題歌|菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味とは?

まちがいさがし 歌詞 意味

NHKの2020年応援ソング! 未来に向かって頑張っている 全ての人を応援するプロジェクト として本楽曲の作成が決定しました!! 作詞作曲は人気急上昇中の 米津玄師が手掛けます。 そして、この楽曲を歌うのが オーディションで選ばれた5人の小学生 によるユニット 「Foorin」です。 メインボーカル• ひゅうが(小6)• もえの(小5) コーラス&ダンス• たける(小6)• りりこ(小3)• ちせ(小2) による男女5人でメンバー構成されています。 アーティスト名の 「Foorin」は 風鈴のように歌って踊るメンバーを見た米津が命名したそうです。 米津玄師は 「パプリカ」について 子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に 於いて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。 子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを 舐めないところから始めるべきだと思いました。 この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく 為の糧になりますように。 とコメントしています。 意味深で中毒性の高い楽曲を 次々に産出する米津玄師… 彼が作る子供向けの楽曲には どんな意味が込められているのでしょうか。 歌詞の意味に迫っていきます。 楽曲名「パプリカ」とは 「パプリカ」とは ナス科の多年草である トウガラシ属トウガラシの栽培品種。 または香辛料。 という意味になっています。 また 花言葉では 同情、哀れみ、海の利益、君を忘れない という意味もあります。 他にも 料理を彩るカラフルな色 という魅力もありますが、、、 これだけだと 「楽曲タイトル名」 としての解釈ができませんね。 歌詞を細かく解釈していくと 見えてくるかもしれません。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 映像には、縁側で親子三世代が腰を並べて風鈴の音に涼む様子や夕暮れの港を歩く姿、夜空に打ち上げられる花火など、サウンドにちりばめられた「和楽器」に呼応するように日本の情緒や原風景がふんだんに盛り込まれています。 本題の歌詞はどうなっているのでしょうか。 米津玄師の作詞ということで 意味が深い可能性が高いです。 細かく解釈していきます。 歌詞 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの街 誰かが呼んでいる 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが読んでいる 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ かかと弾ませこの指とまれ 歌詞の意味・解釈 1番 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの街 誰かが呼んでいる 前提として、この楽曲は 子供目線です。 自分の幼少期と重ねながら見ていくと ノスタルジーを感じるかも知れません。 ここでは自然の中を 元気に駆け回るシーンが描かれています。 誰かが呼んでいる から数人で遊んでいることがわかります。 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな 夏の情景が描かれています。 あなたに会いたい いちばん星 の対象は 好きな人でしょうか? 誰でも子供ながらに 想う人はいるものです。 サビ1 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 上でも紹介したように 「パプリカ」の花言葉は 同情、哀れみ、海の利益、君を忘れない です。 歌詞の流れ的に 君を忘れない という意味で捉えるのが 正しいかと思われます。 ハレルヤとは 讃えること、賛美を意味します。 遊ばせとは 上品な言葉遣いをするための女性の言葉 つまり、ここでは 「あなた」 という夢に向かって進む人に対して 敬愛している様子が歌われています。 2番 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが読んでいる ここでは1番の 暖色イメージな歌詞とは一転して 寒色イメージな歌詞になっています。 燻り くゆり とは 不快や残念な気持ちを抱くさま。 月は陰りとは 月が雲などに遮られて 光が薄らぎ、前よりも暗くなるさま。 子供のときは特に多感なものです。 些細なことで大きく心が揺れ動きます。 1番を通して、 子供独自の情動が 描かれているのではないでしょうか。 更に続きます。

次の

まちがいさがし(菅田将暉)の歌詞の意味や解釈は?ファンの感想は?

まちがいさがし 歌詞 意味

俳優としても大人気の菅田将暉さんですが、歌手としても活動をしているのはみなさんご存知ですよね。 「まちがいさがし」は2019年5月14日に発売されました。 「まちがいさがし」は単品音源は配信限定リリースされており、2019年7月10日に発売されたアルバム「LOVE」の1曲目にも収録されています。 「LOVE」は米津玄師さんをはじめとする様々なアーティストに楽曲を提供されており、また菅田将暉さんご自身でも作詞作曲された曲の両方を楽しむことができます。 「まちがいさがし」で 米津玄師さんと菅田将暉さんとの出会いと楽曲に 込められた思い、ドラマパーフェクトワールドについて、歌詞の意味とは?などについてお伝えしていきたいと思います。 菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞 まちがいさがしの間違いの方に 生まれてきたような気でいたけど まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う ふさわしく 笑いあえること 何故だろうか 涙がでること 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく傍にいて 間違いだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しくありたい あれない 寂しさが 何を育んだでしょう 一つずつ 探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 菅田将暉「まちがいさがし」に込めた米津玄師の思い 「まちがいさがし」の前、2017年に発売された米津玄師さんの「BOOTLEG」に収録されている曲「灰色と青(+菅田将暉)」で菅田将暉さんと米津玄師さんはコラボしています。 米津玄師さんが菅田将暉さんに熱烈オファーをしたことがきっかけでできた「灰色と青」で二人の親睦が深まりました。 この楽曲を機に「何かやりたいね」と菅田将暉さんに話していて出来上がったのが「まちがいさがし」です。 「まちがいさがし」について2人はこのようなコメントをしています。 菅田将暉 コメント 四畳半の個室で 「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、 でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に 生きている中で何となく不安だった 自分にしかわからない気持ちに 名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、 境遇は人それぞれだからこそ、 その人自身にしかわからない 苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、 形は違うけどみんなもっていて、 対象者がいることで 自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、 大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、 僕は出会えて幸せです。 公式サイトより引用(reissuerecords. net) 米津玄師 コメント 灰色と青で出会えて以来、会えばその都度 「なんかやりたいね」という話を続けてきて、 出来上がったのがこの曲でした。 彼の歌を聴くたび、バーンと喉から勢いよく 飛び出してくるその声に毎度震えます。 いろんな人に早く聴いてほしいですね。 僕と同じように思うはずです。 公式サイトより引用(reissuerecords. net) 二人はプライベートでも飲みに行ったりする仲で才能あるアーティストどうしが集まるととんでもない作品が出来上がるということをまざまざと突き付けられた楽曲ですね。 菅田将暉「まちがいさがし」はドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌に 「まちがいさがし」はドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌として起用されました。 これがまた「パーフェクトワールド」の世界観とマッチしていてドラマをより感動させてくれます。 「パーフェクトワールド」はドラマだけでなく映画化もされています。 この原作は有賀リエさんが漫画で描いており、交通事故で脊髄損傷により身体障害者となった建築士・鮎川樹と高校の同級生・川奈つぐみと再会しお互いに心を寄せていくという恋愛漫画です。 身体障害者との恋愛という難しいテーマを題材にしていたこの作品は2019年 第43回講談社漫画賞少女部門を受賞するほど注目を集めている作品です。 「まちがいさがし」と「パーフェクトワールド」の世界観がリンクする! 身体障害者になってしまった建築士の鮎川樹と同級生の川奈つぐみが様々な壁にぶつかりながらも惹かれあっていくという恋愛ストーリー。 今まで当たり前にできていたことができなくなってしまったことに「これで良かったのかな?」「この選択は間違っていなかったのかな?」と思いながらお互いに支え合い掛け替えのない存在になっていく姿は「まちがいさがし」の歌詞とすごくリンクします。 ドラマを見てから「まちがいさがし」の歌詞を改めて見るとすごく感動します!! 菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味とは? 2人のコメントでもわかる通り、この曲は米津玄師さんの実体験を元に菅田将暉さんのためにに書いた曲です。 米津玄師さんの菅田将暉さんに対する思いも読み取ることができます。 では本題である「まちがいさがし」の歌詞の意味を部分別に考えていきましょう。 「まちがいさがし」歌詞Aメロの意味 まちがいさがしの間違いの方に 生まれてきたような気でいたけど まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 米津玄師さんがこの曲を作るにあたっての意図である「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」 という言葉通りの歌詞から始まります。 物事には正しい面と間違った面の裏表があります。 この曲の中での間違いというのは多数派ではない自分のことをさし、周りに溶け込めない自分、少数派である自分の何が正しいのか?ということを葛藤している様子を描いていいると思います。 この歌詞の主人公はみんなと違うことに対しての孤独やコンプレックスを抱いているではないでしょうか? でもそんな自分だからこそ出会えたかけがえなのない人がいるということもわかります。 「まちがいさがし」歌詞Bメロの意味 ふさわしく 笑いあえること 何故だろうか 涙がでること あなたにとって自分はふさわしい人なのだろうか? 相手がありのままの自分を受け入れてくれることに嬉しく感謝をしています。 感情が溢れ出てくるこのパートでは、まさしくお互いのことを信頼し自然に笑いあえたり菅田将暉さんと米津玄師さんの関係を溢れ出ていますね。 「まちがいさがし」歌詞サビの意味 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく傍にいて 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 主人公の孤独やコンプレックスも全てを含んだ上で受け入れてくれることで世界観が変わりました。 主人公の心に今まで見たことがない世界を見せてくれたことに、自然体で受けれてくれる君という存在がこれまでの主人公の価値観を変えてくれたことだと思います。 風に飛ばされそうなという表現は自分の中に何もない自分の虚無感だと思います。 それを無くしてくれる君の存在を心の拠り所にしているのかもしれません。 この歌に菅田将暉と米津玄師さんを当てはめてみます。 米津玄師さんが菅田将暉さんにしか歌えないという曲というコンセプトもありました。 君というのは米津玄師さんで、主人公が菅田将暉さん。 音楽に対するまっすぐな姿勢の米津玄師さんと出会い音楽の世界を知ったことで菅田将暉さんの世界も変わったのではないでしょうか。 自然体で入れる2人の仲の良さもわかりますね。 「まちがいさがし」歌詞2番Aメロの意味 間違いだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しくありたい あれない 寂しさが 何を育んだでしょう 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 日常でくだらない話をいつまでもしていたいということです。 くだらない話をどれだけでもできるというのは本当に心を許し合った人同士でないとできないことです。 何が正しいのかはわからないけど、これまでの自分の経験が何一つ無駄ではありません。 正しくありたいという過去の自分の気持ちが今の自分にとって本当に必要なものではなかったという解釈も取れますね。 「まちがいさがし」歌詞2番Bメロの意味 一つずつ 探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 この部分の一つずつというのは間違いのことではなく、君が見せてくれた素晴らしい世界から自分の中で揺るがない大切なもののことを指していると思います。 今まで感じていた不安や焦りなどを感じない子供のように純粋な気持ちで大切なものを探していくという表現ですね。 「まちがいさがし」歌詞2番サビの意味 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 2番のサビの歌詞を見てみると恋愛に発展したのかな?という風に思えます。 君がいれば他に何もいらない、君というかけがえのない存在を自分の中で認識した瞬間でもあります。 今まで深い闇の中にいたことを霧という状況で表現しており、霧が淡くなる、薄くなるということはそこから抜け出すために君が教えてくれたことだと思います。 主人公の人生にとって君という存在の重要性が大きいのがひしひしと伝わってきますね。 「まちがいさがし」歌詞ラストサビの意味 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 1番のサビと同じですが、最後の一行だけ違います。 このことから君への関係性が深まっていることが読み取れます。 特別な関係になりたいというラブコールのような感じにも受け取れますね。 菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味は??米津玄師が作詞作曲を担当 まとめ いかがだったでしょうか? 歌詞の意味を考えてみると深い意味があり、お互いの信頼関係がものすごいですよね。 大切なものができたときに自分は買われるという強いメッセージ性も感じられました。 「まちがいさがし」はドラマのために作られた曲ではありませんが これを踏まえた上で「パーフェクトワールド」を見てみると感動すること必須です!!.

次の