東京ディズニーランド近くのホテル。 Top 10 Hotels Closest to Tokyo DisneySea® in Maihama (from ¥7,896/night)

東京ディズニーランドホテル 宿泊プラン一覧【楽天トラベル】

東京ディズニーランド近くのホテル

チェックイン日から2週間前、というタイミングはディズニーホテルのキャンセル料金が発生し出す頃です。 ディズニーホテルは予約するだけでも難しいため「とりあえず予約しておいて、後で考えてみよう」という人が少なくありません。 キャンセル料金が発生する直前に予約を取りやめ、付近のホテルを再検討し出す人は多いです。 その受け皿的な役割を果たすのがです。 素泊まりのプランがほとんどですが、 「直前割」「事前カード決済限定」「タイムセール」などと記載されたものが狙い目ですよ。 運が良ければ3,000円台で予約できるでしょう。 5,000円以下で泊まるのは、比較的簡単なはずです。 ただし、 利用日の2週間前~1週間前は予約が殺到します。 いざ格安プランを予約しようとしても、ホテルは満室だった、となる可能性は否定できません。 ホテルはオーバーブッキングを避けるため、早めに予約を打ち切りがちですが、東京ディズニーリゾート内のホテルはその傾向が非常に強いです。 東京ディズニーリゾート内のホテルは、遠方からの利用者がほとんど。 そのため、1ヶ月前から予約する方が多いです。 夏休み期間になると、直前割のプランとして設けられる客室が残っていないという場合も! お子様といっしょに泊まる方など、ホテルが予約できないと困るという方は直前割狙いを避けた方が無難でしょう。 オフィシャルホテルよりランクが低いなら、安く泊まれるのかと思うかもしれません。 パートナーホテルは東京ディズニーリゾートだけでなく、都内での観光に適したホテルです。 ホテルのランクが低いのではなく、東京ディズニーリゾートも便利に利用できるホテル、と認識しましょう。 そのため、宿泊料金単体で見ると安いとは言いきれません。 安さを求めるなら、やはりオフィシャルホテルに軍配があがります。 東京ディズニーリゾート内のホテルは、更に平日と休日との料金差が激しいです。 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの混雑と、宿泊料金は比例すると覚えましょう。 忘れてはいけないのが「プレミアムフライデー」の存在です。 月末の金曜日は、トップ料金に設定されがち。 ほとんどのホテルが15時チェックイン~12時チェックアウトに設定されています。 しかし、 直前割の安いプランになると、20時チェックイン~10時チェックアウトなど、滞在時間が短くなるよう設定されていたりします。 パークで丸1日遊んで翌朝が早くても大丈夫な方ならぴったりですが、翌日はゆっくりと寝ていたい方にとっては辛いスケジュールになるかもしれません。 うまく予約できれば3,000円台から、通常料金でも5,000円~1万円程度で宿泊できます。 はじめてのお泊りディズニーにぴったりなホテル、という印象です。 場所は東京ディズニーランドのほぼ隣。 オフィシャルホテルの中ではゆいいつ、 ディズニーランドのバスステーションから送迎バスが発車します。 また、徒歩10分程度でホテルにつきますから、利便性が非常に高い! はこちら。 ディズニー周辺ホテルに格安で泊まる方法:おすすめ格安ホテル「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」 ロビー サンルートプラザ東京と同じく、 うまく予約できれば3,000円台から、通常料金でも5,000円~1万円程度で宿泊できます。 解放的なロビーと、爽やかな館内施設が特徴で若い方やカップルの利用にぴったり! バランスのとれたホテルですし、客室からの眺望がパークか東京湾に面しているため、リーズナブルといえど絶対に満足できるホテルなはず。 はこちら。 まとめ いかがでしたでしょうか? 筆者が実際に用いているコツをご紹介しました。 実際に何度か東京ディズニーランド・東京ディズニーシー近郊のホテルを予約してみると、どうすれば安いプランを見つけられるのか、どのタイミングで探せばいいのか、がだんだんと感覚で分かってくるはずですよ!.

次の

東京ディズニーランド周辺ホテル 宿泊予約・料金比較【フォートラベル】

東京ディズニーランド近くのホテル

ディズニー周辺のホテル ディズニーに行くならば、やはり近くに泊まりたいもの。 ディズニーのホテル地図 ディズニー直営の4つのホテルをはじめ、公式・公認のホテルなど多くのホテルがディズニー周辺にあります。 特にディズニー直営ホテルはミラコスタをはじめ、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテルといったホテルがあり、夢の国気分そのままに眠りにつくことが出来るのです。 さて、ここでディズニーの公式・公認ホテルについて確認しておきましょ.。 を見てみると、それぞれのホテルは4つにランク付けされています。 ホテルランクごとにディズニーへのアクセスや価格帯にも違いがあるので、それぞれについて見てみましょう。 オフィシャルホテルの中でもディズニーに一番近い場所に建ち、無料シャトルバスもあります。 客室にはディズニーをイメージしたようなキャッスルルームやウエスタンルームなどもあり、楽しく過ごせるでしょう。 朝食にも定評があります。 パートナーホテル パートナーホテルとはディズニーからほど近い新浦安エリアにあるディズニー公認ホテルを指します。 各ホテルとディズニーの間には無料シャトルバスが走り、大体15分前後で結んでいます。 またホテル内にはディズニー公式ショップがあるためお土産などの購入も出来ます。 価格としてはディズニーの公式・公認ホテルの中では最も安めであり、お得に泊まることが出来ます。 旅行の出費を抑えたいならばこれらのホテルから選ぶのがおすすめです。 個人的には駅からの利便性を考えた場合にはブライトンホテルかオリエンタルホテルを。 家族で楽しむならホテルエミオンか三井ガーデンホテルが良いかなぁと思います。 また、このエリアには公認パートナーホテル以外にもホテルが多くあります。 海が近く広々と南国リゾートのようなホテル、安く泊まれるホテルなど色々あるので探してみると良いでしょう。 グッドネイバーホテル グッドネイバーホテルとは東京23区や千葉市などディズニーの近隣地区にあるディズニー公認ホテルを指します。 グッドネイバーホテルの場所 街名 ホテル名 新宿 京王プラザホテル 飯田橋 ホテルメトロポリタン エドモント お台場 グランドニッコー東京 台場 お台場 ヒルトン東京お台場 有明 東京ベイ有明ワシントンホテル 有明 ホテルサンルート有明 両国 第一ホテル両国 錦糸町 東武ホテルレバント東京 東陽町 ホテルイースト21東京 千葉中央 京成ホテルミラマーレ 海浜幕張 ホテルスプリングス幕張 海浜幕張 ホテルニューオータニ幕張 ディズニーとは大型バスのグッドネイバーホテル・シャトルによる無料送迎によって結ばれます。 新宿やお台場や幕張といった街のホテルもあるので、東京観光をする際にも便利です。 一方で都心部にあるホテルも多いので距離的には離れている上、価格としても高めです。 ディズニーだけが目的の場合はやや割高な印象があるので、東京観光を同時に考えている場合や、一流ホテルも多いのでそれらを利用したい場合におすすめです。 より安くて近いホテルは? さて、ここまではディズニー公式・公認のホテルを見てきましたが、やはり価格はそれなりにします。 一番安い分類であるパートナーホテルにおいてもそれなりにかかってしまうもの。 もちろんせっかくのディズニー旅行ですからこれ位の出費は良いのかもしれませんが、やはり安く泊まれる方法は知っておいても損はないと思います。 これより安く泊まりたい場合には、ディズニー公認ではない近隣のホテルを探してみると良いでしょう。 ディズニー公認以外のホテル 実はディズニーがあるディズニーエリア周辺をはじめ、京葉線沿線や浦安市内には公式・公認じゃないホテルもたくさんあるのです。 例えばJR舞浜駅と直結しているのがホテルドリームゲート舞浜です。 2017年にはアネックス館も新しく出来ました。 旅行の出費を出来るだけ抑えたい場合にはぜひおすすめです。 便利なビジネスホテルもあり また、都心部へのアクセスの便利さと価格の安さとを両立させたい場合には、ビジネスホテルに泊まるという選択肢もあります。 ディズニーへも行きやすくビジネスホテルが多くておすすめなのは、このようなエリアです。 葛西エリアのビジネスホテル 東京メトロ東西線の葛西駅や西葛西駅の周辺。 都内の中でも宿泊価格が安いエリアであり、おなじみのビジネスホテルチェーンも揃ってます。 安さを求めるのにおすすめです。 公式 東京駅周辺のビジネスホテル 舞浜駅から直通の京葉線を使うなら、東京駅の隣である八丁堀駅周辺や京橋エリアのビジネスホテルもおすすめです。 都心部なのでやや値段は上がりますが、東京駅へも歩いていける距離であり東京観光の拠点としても抜群のエリアです。 ディズニー気分が盛り上がる公式ホテルも良いけれど、価格の安さとアクセスの良さを考えるとこのようなビジネスホテルもありだと思います。 最近では美味しい朝食やアメニティなど女性向けのホテルも多く、お得ながらも満足出来る一泊を過ごせることが出来ることでしょう。

次の

東京ディズニーリゾート® ホテル 宿泊予約【じゃらんnet】

東京ディズニーランド近くのホテル

5時間を超えますと30分ごと100円を追加 東京ディズニーランド&シーに1番近いスーパー銭湯は「舞浜ユーラシア」です。 徒歩で行ける距離にあり、特にシーからは近い位置にあります。 舞浜駅からは無料のシャトルバスが20分間隔で出ていますが、閉園時間付近は混みあいますので、確実に乗れる保証はありません。 その場合はタクシーがオススメ。 それ程距離があるわけではないので、高くなる心配はありません。 「舞浜ユーラシア」は純粋なスーパー銭湯ではなく、リゾートホテルに温泉施設が併設されている感じ。 深夜料金を払えば、リラクゼーションスペースで宿泊可能。 リラクゼーションスペースは広々としており、リクライニングシートか床にマットを敷いて寝ることができます。 お風呂では、地下1700mから湧き出る天然温泉が「源泉かけ流し」で楽しめます。 浴槽の種類も豊富で、リフレッシュできること間違いなしです。 3階にある売店は、小さなコンビニのような品揃えで、ソフトドリンクや軽食、下着、タオルなどが販売されています。 以降60分毎に200円/最大24時間500円 「大江戸温泉物語 浦安万華郷」はディズニーランドから車で17分の位置にあるスーパー銭湯です。 電車の最寄り駅は「新浦安」で、「舞浜」からは1駅しか離れていません。 「新浦安」からは無料のシャトルバスが出ています。 シャトルバスの時間が合わない場合や混みあっている場合は公共の「東京ベイシティバス」も運行中。 その場合はバス停「ベイサイドホテルエリア」で下車し徒歩2分で着きます。 「新浦安」駅から徒歩だと30分もかかってしまうので、バスがオススメです。 宿泊施設は大きな男女別の仮眠室があり、畳敷きに布団で雑魚寝というスタイル。 館内は「大江戸温泉グループ」らしく、お祭りをイメージしているためテンションが上がります。 お風呂は、水着を着て楽しむ露天ゾーンから内風呂まで全38種類ものお風呂が揃っています。 しっかりと楽しみたい方は「水着」を持参しましょう!! その他、マンガコーナーやゲームコーナー、マッサージなど付帯施設も充実しています。 各種アメニティあり 【その他】天然温泉、Wi-Fiフリー、漫画読み放題 【駐車場】無料 宿泊者は最大21時間 2019年8月にオープンした新しいスーパー銭湯「湯~ねる」もディズニーリゾート利用者にオススメです。 店舗がJR京葉線「新習志野」駅の目の前という立地なので、駅からは2分ほどで着きます。 特急・快速は停まらないので、そこだけは要注意。 宿泊方法は、深夜料金を払ってリクライニングシートや休憩エリアで雑魚寝するか、別料金のカプセルがあります。 カプセルの場合は、で予約が可能です。 お風呂では、天然温泉や高濃度炭酸泉、サウナが楽しめます。 Wi-Fiフリーで、漫画コーナーも充実しています。 お食事処はフードコート方式で「ココイチ」や「はなまるうどん」などの人気店のメニューが気軽に頂けます。 各種アメニティあり 【その他】天然温泉、Wi-Fiフリー、漫画読み放題 【駐車場】8時間まで無料。 車移動の場合にオススメなのが江戸川区船堀にある「東京健康ランド まねきの湯」です。 渋滞に巻き込まれなければ、ディズニーリゾートから20分前後で移動できます。 「まねきの湯」は土日でも3230円と、かなり安く泊まれるのが魅力です。 ただし、タオル・館内着は別料金なので、必ず用意しておきたい。 有料レンタルの場合、タオルセット:220円・館内着:450円 宿泊はリクライニングシートで寝る格好。 女性専用の部屋もあります。 お風呂は、広々としていて天然温泉や高濃度炭酸泉が楽しめます。 また、嬉しいのがお食事処が夜遅くまで営業していること。 フードコートに至っては深夜1時まで営業しているので、小腹が空いているときにはオススメです。 漫画コーナーやカラオケ、ゲーム、マッサージなど付帯施設も充実しています。 電車を利用する場合は「舞浜」から乗り継いで45分前後はかかります。 館内は、江戸の町並みや縁日を再現しており、楽しい気分になります。 浴衣を選べるのも女性にとっては嬉しいサービスですね。 大広間と中広間が夜遅くになると「仮眠室」に変わるので、そこで雑魚寝して泊まることが出来ます。 巨大なリクライニングシートの部屋もあり、共に女性専用の部屋があるので、安心して泊まれます。 男性専用で「黒船キャビン」というカプセルルームもあります。 こちらは別料金で予約も可能。 通常の価格と大きくは変わらないためオススメです。 お風呂は、13種類のバラエティ豊富な浴槽が楽しめます。 地下1400mから湧く天然温泉もあり、さすが大江戸温泉物語という感じ。 お食事処は迷ってしまうくらい、いろんな種類があり、夜遅くまで営業しているお店もありますので、ディズニー後の来店でも充分に間に合います。 以上が、東京ディズニーランドから近くて泊まれるオススメのスーパー銭湯です。 前泊に利用するのか、遊んだあとに利用するのか、どこから来るのか、交通手段は何なのかなど、条件が個人個人で様々なため、絞りこむのは難しいですが、このページでご紹介した4件は自信を持ってオススメします。 ただし、スーパー銭湯に宿泊するというのは、低価格でお得である半面、集団で寝ることになるため問題点もいくつかあります。 その筆頭が「いびき」です。 「いびき」が気になるという方は「耳栓」が必須なので、必ず持参しましょう。 また、夜遅くの来館ですと、館内のお食事処が閉まっている可能性がありますので、事前に確認しておきましょう。 ディズニーランド&シー楽しいですよね。 ついでに、スーパー銭湯も楽しんでいって下さい!! 人気のある記事.

次の