ステップ バック スリー。 汎用タイプ/バックステップ/ステップ・スタンド/バイク用品の通販【ポンパレモール】

NBAの危険な最重要スキル ジェームズ・ハーデンの必殺技“ステップバック・スリー”

ステップ バック スリー

スロー・フォックストロットのベーシック一覧• クローズド・テレマーク• オープン・テレマーク・アンド・フェザー・エンディング• トップ・スピン• ホバー・フェザー• ホバー・テレマーク• ナチュラル・テレマーク• ホバー・クロス• オープン・テレマーク、ナチュラル・ターン・トゥ・アウトサイド・スイブル・アンド・フェザー・エンディング• オープン・インピタス• ウィーブ・フロム・PP• リバース・ウェーブ• ナチュラル・ツイスト・ターン• カーブド・フェザー・トゥ・バック・フェザー• ナチュラル・ジグザグ・フロム・PP• フォーラウェイ・リバース・アンド・スリップ・ピボット• ナチュラル・ホバー・テレマーク• バウンス・フォーラウェイ・ウィズ・ウィーブ・エンディング 以上がスロー・フォックストロットのベーシックフィガーです。

次の

社交ダンス スローフォックストロットのステップ35選一覧表 アマルガメーション (1/7)

ステップ バック スリー

タグ 2020年 3年 Apache Basketball CarmeloAnthony Celtics Clippers Lakers Lebron LukaDoncic MAMP NBA SIMロック解除コード Tatum Udemy Xmas Youtube あけましておめでとう お返し お酒 こめのブログ さくらドーナツ その後 だるい どうすればいい どっちか強い? のんびり ひとりが好き まだまだこれから もったいない やる気 やる気スイッチ アデトクンボ アピール アルバイト アンソニーデイビス イースト ウィギンズ ウィザーズ ウエスト ウォリアーズ ウォーリアーズ エラー オススメ オールスター オールスター2020 カリー カーメロ カーメロアンソニー キャプテン キャリアハイ クズ クラッチ クリスマスゲーム クリッパーズ ケンバウォーカー コービー ザイオン ザイオンウィリアムソン シュート練習 スキルズチャレンジ スタバ ステップバック セルティックス ダイエット ダンクコンテスト テイタム デビュー戦 トレード ドットインストール ドラフト1位 ドワイトハワード ドンチッチ ニックス ニート ネタ探し バスケ バックス ビンスカーター フリーター ブラック ブレイザーズ ブログ ブログ始めてよかった プログラミング プログラミングスクール プロゲート ホワイトデー マイペース ラーメン リザーブ リーグパス レイカーズ レナード レブロン ロケッツ ローファー 上手くいかない 上手くなりたい 不満 世間体 仕事行きたくない 仮面病棟 伊坂幸太郎 会社辞めたい 体験談 何がいけないの? 何で鍛える 何のため 何を目指す 何話す 作成途中 先生 八村塁 公開 出世 出来ない 初心者 友達 反対される 反省 坂口健太郎 大丈夫 大学中退 大学辞めたい 大学辞めてよかった 大学辞める 就職 幸せ 弱い 後半戦 後悔 後悔していない 復帰 復活 必要 怖い 怪我 恥ずかしい 恥ずかしくない 我慢 投票 挫折 教員 料金 新年 旅行 日々コツコツ 日々コツコツと 映画 時間の無駄 更新 書くことない 未完成 未経験 格安SIM 極める 楽天 正社員 死ぬしかない 永野芽郁 渡邊雄太 無駄になる 独学 生きる 痛み 目標 筋トレ 紅茶 終わり 継続 続ける 落選 西地区 親 親に言えない 誘い断る 説得 説明 退職 逃げ 逆ソクラテス 週間MVP 閲覧数 雑記ブログ 面倒くさい 面接 面談 革靴 順位 頑張る 頑張ろう! 馴染む 目次• キャリアハイのスリー8本成功! さて、今日のブレイザーズ戦にてドンチッチはキャリアハイとなるスリーポイントを8本成功させました。 合計スタッツは以下の通りです。 35得点• 8リバウンド• 7アシスト• 決してターンオーバーが少ないわけではありませんが、それでもドンチッチのフィールゴール成功率は高いです。 とりあえず数打って点をとるみたいな選手もいますが、現在のNBAではより効率的に点を取れる選手というのが重宝されています。 ドンチッチは時代の流れにもしっかり適応しているのでしょう。 この距離のステップバックスリーを決められるのってNBAでもカリー、ハーデン、リラードくらいなんじゃないですかね? レブロンとかもその気になったら余裕で決めそうですが。 笑 とりあえず試合中でディープスリー、しかもステップバックで決められる選手と言ったらここらへんなのかなと思いますね。 しかもドンチッチのこのシュートみてもらえたら分かるんですけど、めちゃくちゃ軌道高いじゃないですか。 相当なエネルギーを使わないとできないはずの技なのにドンチッチはいとも簡単にやってのけます。 しかもシュートフォームもすごく自然で、クイックリリースではないものの、いつものセットシュートフォームを乱さずに打っています。 僕は以前、ドンチッチはスキル型の選手なので、身体能力お化けのNBA選手より日本人でも真似しやすいと思います。 とほざいてました。 しかし、最近になってドンチッチはなんかもう異次元なことに気が付きました。 視野の広さ、緩急の付け方、重心の移動、シュート、バランス力。 全てが完璧すぎてとても真似できるとは思えません。 笑 調子に乗って申し訳ございませんでした・・・。 ドンチッチで一番真似しやすいのはイラッときたときにユニフォーム破るくらいですかね?笑 あれならきっと僕にもできるはず。 ドンチッチのステップバックはなにがすごい? そもそもですが、ステップバックってなにがすごいのでしょう? まずは単純に相手との距離が遠くなるのでディフェンスに止められにくいという利点があります。 ですが相手から遠くなるととともにゴールからも遠ざかるということになります。 つまり、よりボールを飛ばすために力を使わなければいけません。 カリーのジャンピングシュートは多分一番ボールを飛ばしやすいのでしょう。 その次にハーデンやリラードと言ったジャンプシュートが難しいのかな? ドンチッチは基本ツーモーションのセットシュートなので、一番力を加えるのに難しいはずです。 難しいというか、反動が少ないフォーム? なんて言ったらいいんでしょうかね。 もちろん、カリー、ハーデン、リラードのシュートが簡単と言ってる訳じゃないんですが、その中でもドンチッチのシュートは特別なように感じます。 それをいとも簡単に決めるあの天才イケメンスーパースターはなんなのだ。 ドンチッチのスタッツは?身長は? はい、調べてみました。 ルカドンチッチ身長200. 3kg 現在のスタッツは• 9 PTS• 7 REB• 0 AST• あと平均1アシストと0. 3リバウンドを達成すれば平均トリプルダブルとなります。 さすがに今からは厳しいと思いますが、それでも十分すぎるほどのスタッツです。 ただ、唯一と言っていいのはフリースローがそこまで高くないということ。 あれだけシュートが上手いのに何故なんでしょう? そういうもんなんですかね?笑 今日の試合でも大事な場面でいくつか落としてしまっていました。 まあ、それでも80%近くあるので本当に強いていえばという感じですかね。 これからも彼のスーパープレーに期待しましょう! ではでは、こめのブログでした。

次の

スロー・フォックストロット ベーシック ステップ一覧

ステップ バック スリー

前回に続きハーデンについて。 ゴール近辺までドライブして、レイアップやダンクなどでシュート。 (ディフェンスの対応次第ではファールを引き出しカウントワンスローも得る。 ) ドライブの途中でディフェンスがタイトについてきたら巧みに上半身を使い、ディフェンスからファールを引き出し、フリースローラインへ立つ。 (シュート動作が出来ないほどのハードファールでない限りシュートは打ち、バスケットカウントをも狙う。 ) 上のように書くと 『ゴール近辺かフリースローラインのどちらか』のように見えてしまうが、もちろんミドルレンジでのシュートを全く打たないわけではない。 ゴール下、ショートレンジ、ミドルレンジ、 3 ポイント、 3 ポイント左右両コーナーと大まかに分類した場合、ロケッツのプレーヤーとしてハーデンのシュート試投数や FG %は以下のようになる。 ( 3 シーズン分) サーモグラフィーのような色の差をつけると顕著になるが、ショートレンジとミドルレンジの試投数が少なく、 2 つのエリアを足した数より 3 ポイントシュートの試投数が多い。 どちらのエリアでのシュート成功率もリーグアベレージ 45 %前後 より低いことから見ても、得意なエリアではないようだ。 しかし、ショートとミドルをきれいさっぱり捨てるというわけではない。 このエリアで、ファールを引き出しフリースローを獲得している。 更にシュートも打てないようなハードなファールをされている時以外はシュートを放ち、あわよくばボーナススローを狙い、 3 ポイントラインの内側でも 3 ポイントプレーとしている事も少なくはない。 こうして多くのフリースローを得ているハーデン。 言うまでもなく驚異的な数値であるし、今シーズンのハーデンの全得点( 2,126 点)の約 3割 を担う貴重な得点源である。 ここまでのハーデンのオフェンススタイルを全て足して考えると、『リーグで最もフリースローをもらうのが上手なスラッシャー』ということになるし、その最大の武器は『表と裏の 2 パターンを兼ね備えたユーロステップ』である事に疑いはないだろう。 ディフェンスが遠ければイージーバスケットを量産され、反対に近づけば笛が鳴り、邪魔する者のいないフリースローというイージーバスケット。 NBA プレーヤーの NBA プレーヤーたるプレーを望むファンの印象は別として、ルールを最大限に活かした省エネプレーとも解釈できる。 そして同じコートに立つ他のプレーヤーから見れば、ケガのリスクは下がるがオフェンス効率は高いプレーにも見え、憧れや羨望にも似た感情を抱いても不思議ではないし、多くのプレーヤーがハーデンを MVP だと推す理由のひとつであるとも思える。 更にハーデンは、このユーロステップを 『前振り』として活かし、 3 ポイントシュートの試投数を上げる事に繋げた。 ハーデンのゴールに対するアタックが始まると、ディフェンスとして最も注意すべきことは 『ファールとみなされる位置につかない事』。 多少離れてディフェンスしても、ゴールに対するコースを制限するように位置取れば、ハーデンに対するディフェンスの初期段階としては 成功のうちに数えても良いだろう。 しかし、ハーデンは更にその上を行きディフェンスを出し抜く。 アタックスタート時にディフェンスが少し離れてついている事を確認すると、レッグスルーやステップフェイクなど様々なスキルと独特なリズムから突如 ステップバックを繰り出し、ロングレンジ(多くの場合 3 ポイントシュート)を放つ。 3 ポイントシュートの成功率はリーグアベレージ( 35 %前後)と変わらないが、ロケッツのオフェンスの一端を担う要素として十分に成果を上げている。 ミドルレンジとショートレンジのシュートを『フリースローに繋げる為の物』と、ある程度の割り切りを見せ、ゴール下と 3 ポイントでの得点がその多くを占めるハーデンのスタッツは、リーグのどのプレーヤーのスタッツと比較しても異彩を放っている。 そしてそのプレースタイルは、ケガのリスクが少ない上にオフェンス効率が高いという点でも『真似したくても出来ない』という点で、他の誰とも違うものとなっているし、プレーヤーによる推薦や投票があった場合、ハーデンの得票数は少なくはないだろう。 しかし、おそらくハーデンは今シーズン MVP になれないという意見が多い。 MVP 選出基準が明確でない以上どちらが MVP かを獲るかは分からないが、やはりこうして見てみるとカリーに分があるだろう。 (今シーズンのウォリアーズとの直接対決も 0-4 )しかしハーデンでなければ今シーズン最大のスタープレーヤーとなったカリーと比較されることさえ出来なかったのかも知れない。 ロッカーズでNBAファンライフを送ろう。 NBAグッズ、全30チーム、50,000点以上取扱い! NBAグッズ バスケショップ通販専門店はこちらから!.

次の