泉 の ネコ 女神。 アプロディーテー

にゃんこ大戦争DB 味方詳細 No.523 泉のネコ女神 ネコメダリスト

泉 の ネコ 女神

Ver9. 0にて、にゃんこ大戦争7周年と同時に実装された激レアキャラクター。 遠方範囲以外には特殊能力を持たない、シンプルな汎用アタッカー。 第1形態では金銀の斧を、第2形態では金銀のメダルを投げつけるという攻撃モーションで、2連続攻撃となっている。 激レアらしく再生産は長めだが、第2形態にしてDPS2638とに迫る攻撃性能を持つ。 ダメージ効率の良い遠方範囲であることを含めるとなかなか優秀。 とやや射程範囲に違いがあり、感知射程300に対して、最長射程が550とかなり奥まで届く。 短射程の敵を起点として奥にいるやを殴ったり、敵を無視して城を落とすといった運用が可能。 一方で感知射程と最短射程の差が50しかなく懐に潜られやすい弱点をもつ。 また、連続攻撃の間隔が短いため1撃目でKBさせてしまうと2撃目がヒットせず、実質のDPSが半分になってしまう点には注意が必要だろう。 泉のネコ女神 Lv. 30 ネコメダリスト Lv. 83秒 4. 83秒 攻発生 1. 17秒 1. 17秒 再生産 18. 20秒 18. 20秒 出撃コスト 1章 2章 3章 650円 975円 1300円 経験値表 レベル 1 2 3 4 5 経験値 8,200 12,400 17,800 24,800 42,400 レベル 6 7 8 9 10 経験値 64,500 93,000 148,000 298,000 12,500 レベル 11 12 13 14 15 経験値 16,400 24,800 35,600 49,600 84,800 レベル 16 17 18 19 20 経験値 129,000 186,000 296,000 596,000 18,750 レベル 21 22 23 24 25 経験値 24,600 37,200 53,400 74,400 127,200 レベル 26 27 28 29 経験値 193,500 279,000 444,000 894,000 レベル 30 31 32 33 34 経験値 21,875 28,700 43,400 62,300 86,800 レベル 35 36 37 38 39 経験値 148,400 225,750 325,500 518,000 1,043,000 レベル 40 41 42 43 44 経験値 25,000 32,800 49,600 71,200 99,200 レベル 45 46 47 48 49 経験値 169,600 258,000 372,000 592,000 1,192,000 総計 Lv10までの総計 Lv10〜20 Lv20〜30 Lv30〜40 Lv40〜50 709,100 1,430,700 2,146,050 2,503,725 2,861,400 Lv20までの総計 Lv30までの総計 2,139,800 4,285,850 Lv40までの総計 Lv50までの総計 6,789,575 9,650,975 ケリ姫コラボ• ふるさと自衛隊コラボ• ミリオンアーサーコラボ• ドラゴンポーカーコラボ• 小林幸子コラボ• メルクストーリアコラボ• ヒカキンコラボ• チュートリアルコラボ• ドラゴンリーグコラボ• 氣志団コラボ• 生きろ!マンボウコラボ• 極道大戦争コラボ• 消滅都市2コラボ• Ninja! Feverコラボ• にゃんこ大戦争ガールズコラボ• モンハン大狩猟コラボ• ゆるドラシルコラボ• 城とドラゴンコラボ• NEOなめこ栽培キットコラボ• キャットバスターズコラボ• ガルズモンズコラボ• ピコ太郎コラボ• ナゾウサギコラボ• クラッシュフィーバーコラボ• ぐでたまコラボ• にゃんこ大戦争〜日本侵略秘録〜コラボ• 実況パワフルプロ野球コラボ• ハニトーコラボ• エヴァンゲリオンコラボ• めんトリコラボ• 地下鉄に乗るっコラボ• ゆるゲゲコラボ• ビックリマンコラボ• ストリートファイターV AEコラボ• 未発表コラボ• [[]]• [[]] Googleコラボ• ドラゴンリーグコラボ• 氣志團コラボ• 消滅都市コラボ• とびだす!にゃんこ大戦争コラボ• メタルスラッグ ディフェンスコラボ• 城とドラゴンコラボ• NEOなめこ栽培キットコラボ• mobile ふてニャンコラボ• ピコ太郎コラボ• 実況パワフルプロ野球コラボ• エヴァンゲリオンコラボ• めんトリコラボ• ポコパンコラボ• 地下鉄に乗るっコラボ• ビックリマンコラボ• ゆるゲゲコラボ• ふたりで!にゃんこ大戦争コラボ• ドットヒーローズコラボ• ストリートファイターV AEコラボ• 東京スカイツリーコラボ• 初音ミクコラボ• 日清U. コラボ• 伝説のネコルガ族• 超激ダイナマイツ• 戦国武神バサラーズ• 電脳学園ギャラクシーギャルズ• 超破壊大帝ドラゴンエンペラーズ• 超古代勇者ウルトラソウルズ• 逆襲の英雄ダークヒーローズ• 究極降臨ギガントゼウス• 革命軍隊アイアンウォーズ• 大精霊エレメンタルピクシーズ• 絶命美少女ギャルズモンスターズ• レッドバスターズ• エアバスターズ• メタルバスターズ• 超ネコ祭• 極ネコ祭• ケリ姫ガチャ• ミリオンアーサーガチャ• ドラゴンポーカーガチャ• メルクストーリアガチャ• 生きろ!マンボウ!ガチャ• 消滅都市ガチャ• メタルスラッグ ディフェンスガチャ• ゆるドラシルガチャ• クラッシュフィーバーガチャ• ぐでたまガチャ• 実況パワフルプロ野球コラボ• エヴァンゲリオンコラボ• ビックリマンコラボ• ストリートファイターV AEコラボ• 初音ミクコラボ• ケリ姫• ふるさと自衛隊• Google• 拡散性ドラポ• 小林幸子コラボ• メルクストーリア• ドラゴンリーグ• 氣志團コラボ• 生きろ!マンボウ!• 消滅都市2コラボ• 極道大戦争• モンハン大狩猟• メタルスラッグ ディフェンス• 城とドラゴンコラボ• ゆるドラジル• NEOなめこ栽培キットコラボ• ふてニャンコラボ• ピコ太郎コラボ• ナゾウサギコラボ• クラッシュフィーバーコラボ• キャットバスターズコラボ• ぐでたまコラボ• 実況パワフルプロ野球コラボ• エヴァンゲリオンコラボ• めんトリコラボ• ポコパンコラボ• 地下鉄に乗るっコラボ• ヒカキンコラボ• ゆるゲゲコラボ• ビックリマンコラボ• ドットヒーローズコラボ• ストリートファイターV AEコラボ• 初音ミクコラボ• 日清U. コラボ• 2020-06-13• by 名無し ID:1TV4jw13yg• by 名無し ID:bNRFeauvvA• by 名無し ID:G5bL7fSdrg• by 名無し ID:vo8NvPoWEQ• by 名無し ID:ntX7LC979A• by 名無し ID:269sDP6TTw• by 名無し ID:dkWUiLArRA• by 名無し ID:dMBr1FWmpQ• by 名無し ID:X4XqXWPiZg• 2020-06-12• by 名無し ID:tM8RHAonPA• by 名無し ID:tM8RHAonPA• by 名無し ID:LRsu4suw0g• by 名無し ID:tM8RHAonPA• by あ• by 名無し ID:DOzQRCrbbw• by 名無し ID:7DU6Jo7kSg• by 名無し• by 野太い声にゃんこ•

次の

泉のネコ女神 / ネコメダリスト 性能分析 にゃんこ大戦争

泉 の ネコ 女神

美において誇り高く、によるで、最高の美神として選ばれている。 また、戦の女神としての側面も持つ。 日本語では、 アプロディテ 、 アフロディテ、 アフロディーテ、 アフロダイティ(: )などとも表記される。 元来は、やの豊穣の植物神・植物を司る精霊・であったと考えられる。 アプロディーテーは、生殖と豊穣、すなわち春の女神でもあった。 の『』では「黄金のアプロディーテー」や「笑いを喜ぶアプロディーテー」など特有のを持っている。 の『』では純粋な愛情を象徴する天上の「(英語版 」と凡俗な肉欲を象徴する大衆の「(英語版)」という二種類の神性が存在すると考えられている。 概説 [ ] の『』によれば、によって切り落とされたの男性器にまとわりついた泡(アプロス、aphros)から生まれ、生まれて間もない彼女に魅せられたが彼女を運び、に運んだ後、に行き着いたという。 彼女が島に上陸すると美と愛が生まれ、それを見つけた季節の女神たちが彼女を飾って服を着せ、に連れて行った。 オリュンポスの神々は出自の分からない彼女に対し、美しさを称賛して仲間に加え、が養女にした。 ホメーロスはゼウスとの娘だと述べている。 美と優雅を司る三美神たちは彼女の侍女として従っている。 また、アプロディーテーのつけた魔法の宝帯には「愛」と「憧れ」、「欲望」とが秘められており 、自らの魅力を増し、神や人の心を征服することが出来る。 気が強く、やと器量比べをしての発端となったり、の養育権をと奪い合ったりすることもある。 キュプロスとアプロディーテーのあいだには本質的な連関があり、女神が最初にキュプロスに上陸したというのは、アプロディーテーの起源とも密接に関係する。 結婚相手・愛人を含め関係があったものは多々いるが主なものは、、、アドーニスである。 聖獣はで、聖鳥は、、、。 聖樹は、、、。 、、もその象徴とされる。 また、やに乗った姿でも描かれる。 物語 [ ] アドーニス [ ] (Adonis)は、王テイアースの娘 スミュルナの生んだ子であるとされる。 スミュルナは、アプロディーテーへの祭祀を怠ったため父親に対して愛情を抱く呪をかけられ、策を弄してその想いを遂げた。 しかし、これが露見したため父に追われ、殺される所を神に祈っての木(スミュルナ)に変じた。 その幹の中で育ち、生まれ落ちたのがアドーニスといわれる。 また、アドーニスの出生についてはまったく別の説話も多い。 例えば、の述べるところでは、の子孫で、キュプロスにパポス市を建設したキニュラースの息子がアドーニスである。 アプロディーテーはこのアドーニスの美しさに惹かれ、彼を自らの庇護下においた。 だがアドーニスは狩猟の最中に野猪の牙にかかって死んだ。 女神は嘆き悲しみ、自らの血をアドーニスの倒れた大地に注いだ(アドーニス本人の血とする説も)。 その地から芽生えたのがといわれる。 アプロディーテーはアドーニスの死後、彼を祀ることを誓ったが、このは、、キュプロス、そして特にで執り行われた。 この説話は、地母神ととしての少年というオリエント起源の宗教の特色を色濃く残したものである。 アイネイアース [ ] ゼウスはたびたびアプロディーテーによって人間の女を愛したので、この女神にも人間へ愛情を抱くよう画策し、をその相手に選んだ。 女神はアンキーセースを見るとたちまち恋に落ち、彼と臥所を共にした。 こうして生まれたのがであり、彼はトロイア戦争の後に逃れ、その子イーロス(名:ユールス)が、の祖とされたため、非常によく崇拝された。 信仰 [ ] 東方起源の性格 [ ] 古くは東方の豊穣・多産の女神、などと起源を同じくする外来の女神で、『』に記されているとおり、キュプロスを聖地とする。 オリエント的な地母神且つ神としての性格は、繁殖と豊穣を司る神として、庭園や公園に祀られる点にその名残を留めている。 そして愛の女神としての性格を強め、自ら恋愛をする傍ら神々や人々の情欲を掻き立てて、恋愛をさせることに精を出している。 同じく愛の神と共にいる事もしばしばである。 また、これとは別に航海の安全を司る神として崇拝されたが、これはとの関連を示唆するものと考えられる。 やでは、アテーナーのように、甲冑を着けた軍神として祀られていた。 特にコリントスはギリシア本土の信仰中心地とされ、コリントスのアクロポリス()のアプロディーテー神殿には、女神の庇護下の が存在した。 この所作もまた東洋起原のものとされる。 古くから崇拝されていた神ではないために伝えられる説話は様々である。 の妻とされるが、と情を交わしてなどを生んだという伝承もある。 アプロディーテーとエロースを結び付ける試みは、の古典期以降に盛んとなった。 金星の女神 [ ] 本来、豊穣多産の植物神としてイシュタルやアスタルテー同様にの女神であったが、このことはホメーロスやヘーシオドスでは明言されていない。 しかし古典期以降、再び金星と結び付けられ、ギリシアでは金星を「アプロディーテーの星」と呼ぶようになった。 現代のヨーロッパ諸言語で、ラテン語の「」に相当する語で金星を呼ぶのはこれに由来する。 でも歌われる中世の聖歌『』の「マリス・ステラ(Maris stella)」は、「海の星」の意味であるが、この星は金星であるとする説がある。 がオリエントの豊穣の女神、すなわちイシュタルやアスタルテーの系譜にあり、ギリシアのアプロディーテーや、のウェヌスの後継であることを示しているとされる。 ローマ神話での対応と別名 [ ] ローマ神話では ウェヌス(Venus)をアプロディーテーに対応させる。 この名の英語形は「ヴィーナス」で、金星を意味すると共に「愛と美の女神」である。 また、 キュプリス(「キュプロスの女神」の意)という別名もある。 キュプロス島には古くからギリシア人植民地があったが、キュプロスを経由して女神の信仰がオリエントより招来されたためとも考えられる。 アプロディーテーとキュプロスには本質的な関係があった。 その海からの生誕と関係して「キュテレイア(キュテーラの女神)」と呼ばれるほか、キュプロスの都市にちなみ「パピアー(パポスの女神)」とも称される。 ギャラリー [ ]• 芝崎みゆき 『古代ギリシアがんちく図鑑』• 図解 ギリシア神話』103頁。 参考文献 [ ]• 『』高津春繁(訳)、岩波書店、1978年。。 マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『』木宮直仁(訳)、、1988年。。 フェリックス・ギラン『ギリシア神話』中島健(訳)、、1991年。。 『ギリシア神話』新潮社、1994年。。 Howatson et al. Concise Companion to Classsical Literature, Oxford Univ. Press 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - - -• - との間の子• - - - 共にアプロディーテー崇拝の中心地•

次の

Super D’station女神店

泉 の ネコ 女神

美において誇り高く、によるで、最高の美神として選ばれている。 また、戦の女神としての側面も持つ。 日本語では、 アプロディテ 、 アフロディテ、 アフロディーテ、 アフロダイティ(: )などとも表記される。 元来は、やの豊穣の植物神・植物を司る精霊・であったと考えられる。 アプロディーテーは、生殖と豊穣、すなわち春の女神でもあった。 の『』では「黄金のアプロディーテー」や「笑いを喜ぶアプロディーテー」など特有のを持っている。 の『』では純粋な愛情を象徴する天上の「(英語版 」と凡俗な肉欲を象徴する大衆の「(英語版)」という二種類の神性が存在すると考えられている。 概説 [ ] の『』によれば、によって切り落とされたの男性器にまとわりついた泡(アプロス、aphros)から生まれ、生まれて間もない彼女に魅せられたが彼女を運び、に運んだ後、に行き着いたという。 彼女が島に上陸すると美と愛が生まれ、それを見つけた季節の女神たちが彼女を飾って服を着せ、に連れて行った。 オリュンポスの神々は出自の分からない彼女に対し、美しさを称賛して仲間に加え、が養女にした。 ホメーロスはゼウスとの娘だと述べている。 美と優雅を司る三美神たちは彼女の侍女として従っている。 また、アプロディーテーのつけた魔法の宝帯には「愛」と「憧れ」、「欲望」とが秘められており 、自らの魅力を増し、神や人の心を征服することが出来る。 気が強く、やと器量比べをしての発端となったり、の養育権をと奪い合ったりすることもある。 キュプロスとアプロディーテーのあいだには本質的な連関があり、女神が最初にキュプロスに上陸したというのは、アプロディーテーの起源とも密接に関係する。 結婚相手・愛人を含め関係があったものは多々いるが主なものは、、、アドーニスである。 聖獣はで、聖鳥は、、、。 聖樹は、、、。 、、もその象徴とされる。 また、やに乗った姿でも描かれる。 物語 [ ] アドーニス [ ] (Adonis)は、王テイアースの娘 スミュルナの生んだ子であるとされる。 スミュルナは、アプロディーテーへの祭祀を怠ったため父親に対して愛情を抱く呪をかけられ、策を弄してその想いを遂げた。 しかし、これが露見したため父に追われ、殺される所を神に祈っての木(スミュルナ)に変じた。 その幹の中で育ち、生まれ落ちたのがアドーニスといわれる。 また、アドーニスの出生についてはまったく別の説話も多い。 例えば、の述べるところでは、の子孫で、キュプロスにパポス市を建設したキニュラースの息子がアドーニスである。 アプロディーテーはこのアドーニスの美しさに惹かれ、彼を自らの庇護下においた。 だがアドーニスは狩猟の最中に野猪の牙にかかって死んだ。 女神は嘆き悲しみ、自らの血をアドーニスの倒れた大地に注いだ(アドーニス本人の血とする説も)。 その地から芽生えたのがといわれる。 アプロディーテーはアドーニスの死後、彼を祀ることを誓ったが、このは、、キュプロス、そして特にで執り行われた。 この説話は、地母神ととしての少年というオリエント起源の宗教の特色を色濃く残したものである。 アイネイアース [ ] ゼウスはたびたびアプロディーテーによって人間の女を愛したので、この女神にも人間へ愛情を抱くよう画策し、をその相手に選んだ。 女神はアンキーセースを見るとたちまち恋に落ち、彼と臥所を共にした。 こうして生まれたのがであり、彼はトロイア戦争の後に逃れ、その子イーロス(名:ユールス)が、の祖とされたため、非常によく崇拝された。 信仰 [ ] 東方起源の性格 [ ] 古くは東方の豊穣・多産の女神、などと起源を同じくする外来の女神で、『』に記されているとおり、キュプロスを聖地とする。 オリエント的な地母神且つ神としての性格は、繁殖と豊穣を司る神として、庭園や公園に祀られる点にその名残を留めている。 そして愛の女神としての性格を強め、自ら恋愛をする傍ら神々や人々の情欲を掻き立てて、恋愛をさせることに精を出している。 同じく愛の神と共にいる事もしばしばである。 また、これとは別に航海の安全を司る神として崇拝されたが、これはとの関連を示唆するものと考えられる。 やでは、アテーナーのように、甲冑を着けた軍神として祀られていた。 特にコリントスはギリシア本土の信仰中心地とされ、コリントスのアクロポリス()のアプロディーテー神殿には、女神の庇護下の が存在した。 この所作もまた東洋起原のものとされる。 古くから崇拝されていた神ではないために伝えられる説話は様々である。 の妻とされるが、と情を交わしてなどを生んだという伝承もある。 アプロディーテーとエロースを結び付ける試みは、の古典期以降に盛んとなった。 金星の女神 [ ] 本来、豊穣多産の植物神としてイシュタルやアスタルテー同様にの女神であったが、このことはホメーロスやヘーシオドスでは明言されていない。 しかし古典期以降、再び金星と結び付けられ、ギリシアでは金星を「アプロディーテーの星」と呼ぶようになった。 現代のヨーロッパ諸言語で、ラテン語の「」に相当する語で金星を呼ぶのはこれに由来する。 でも歌われる中世の聖歌『』の「マリス・ステラ(Maris stella)」は、「海の星」の意味であるが、この星は金星であるとする説がある。 がオリエントの豊穣の女神、すなわちイシュタルやアスタルテーの系譜にあり、ギリシアのアプロディーテーや、のウェヌスの後継であることを示しているとされる。 ローマ神話での対応と別名 [ ] ローマ神話では ウェヌス(Venus)をアプロディーテーに対応させる。 この名の英語形は「ヴィーナス」で、金星を意味すると共に「愛と美の女神」である。 また、 キュプリス(「キュプロスの女神」の意)という別名もある。 キュプロス島には古くからギリシア人植民地があったが、キュプロスを経由して女神の信仰がオリエントより招来されたためとも考えられる。 アプロディーテーとキュプロスには本質的な関係があった。 その海からの生誕と関係して「キュテレイア(キュテーラの女神)」と呼ばれるほか、キュプロスの都市にちなみ「パピアー(パポスの女神)」とも称される。 ギャラリー [ ]• 芝崎みゆき 『古代ギリシアがんちく図鑑』• 図解 ギリシア神話』103頁。 参考文献 [ ]• 『』高津春繁(訳)、岩波書店、1978年。。 マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『』木宮直仁(訳)、、1988年。。 フェリックス・ギラン『ギリシア神話』中島健(訳)、、1991年。。 『ギリシア神話』新潮社、1994年。。 Howatson et al. Concise Companion to Classsical Literature, Oxford Univ. Press 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - - -• - との間の子• - - - 共にアプロディーテー崇拝の中心地•

次の