エイリアン ウェア モニター。 DELL(デル)「ALIENWARE(エイリアンウェア)」の評判ってどうなの?

ALIENWARE ゲーミング・アクセサリ

エイリアン ウェア モニター

By: ウルトラワイドモニターを購入する際に重視したい点はモニターサイズです。 最近発売されている製品は25〜35インチのモデルが中心で、選択肢も多くなっています。 ウルトラワイドモニターを活かしたいなら、おすすめは種類が豊富な35インチ。 発売されている製品の中でもサイズの大きな部類で、広い表示領域を確保できるため、作業はもちろんゲームでも使えるのが魅力です。 ただし、横幅が広いので、購入前に設置する場所の広さが足りているかを確認する必要があります。 どうしても置けない場合は25インチをチョイスしたり、壁掛けなど設置方法を工夫したりしましょう。 解像度で選ぶ By: ウルトラワイドモニターで見ておきたいのが解像度。 基本的にはどれも横幅が広く、ゲームやクリエイターソフトの表示領域を増やすことが可能です。 ただし、パソコンのスペックやプレイするゲームが解像度に対応していないと、モニターの性能を十分に発揮できない可能性もあるため、注意が必要です。 モニターの形状で選ぶ 平面タイプ By: 湾曲タイプは、モニターが幅方向に弧を描くように曲がった製品です。 正面から見た際に包み込まれるような没入感と、画面全体を見渡した際に快適な距離感が得られます。 用途としては、ゲームや映画鑑賞などがおすすめ。 ゲームの場合は、平面だと画面端が見にくいのに対し、湾曲タイプなら少ない視点移動で情報を把握できます。 映画鑑賞の場合は、曲面スクリーンの「IMAX」や3画面表示の「ScreenX」などと同様に、高い没入感で視聴可能です。 なお、正面から見れば画面全体と丁度よい距離感になりますが、左右から見ると画面の遠近感が上手く取れないことがあります。 複数人で同じ画面を共有する場合には不向きなので注意が必要です。 ゲーミングなら応答速度とリフレッシュレートもチェック By: 応答速度 応答速度とは、画面でドットの色が変化するときにかかる時間のこと。 仕事のメールやネットサーフィンをする程度であれば5msで十分。 ゲーミング用途であれば、4ms以下、理想は1msの製品を選ぶのがおすすめです。 リフレッシュレート リフレッシュレートとは、1秒間で画面が切り替わる回数のこと。 単位は「Hz」で表され、例えば60Hzであれば1秒間に60回静止画が切り替わります。 数値が大きければ大きいほど、画面が滑らかに見えるのが特徴。 文章作成や動画視聴程度であれば、60Hz以下の製品で十分です。 ゲーミング用途で利用する場合は、60Hz以上の製品を選ぶのがおすすめ。 中には144Hz以上といった高性能モデルが存在するので、FPSゲームをする方は特に注意してチェックしてみましょう。 ウルトラワイドモニターのおすすめメーカー LGエレクトロニクス LG Electronics By: LGエレクトロニクスは、韓国の総合家電メーカーです。 革新的な技術でオンリーワンの製品開発をモットーに、テレビやモニター、生活家電などをラインナップ。 特に強い分野はテレビ、モニターで、世界で初めて「有機EL」を実用化したほか、高性能なモデルを低価格で展開しています。 ウルトラワイドモニターに関してはおよそ15種類の製品があり、幅広いラインナップから選べるのが魅力です。 低価格モデルから高価格なハイエンド機まであるため、予算に応じたモデルを選べます。 エイスース ASUS By: エイスースは、高品質かつオリジナリティのある製品を開発しているパソコン関連製品のメーカーです。 ウルトラワイドモニターは平面・湾曲ともにラインナップされており、クリエイター向けとゲーマー特化の製品があります。 特に有名なのは「R. 」シリーズと呼ばれるモデル。 ゲーマーのために開発されたモニターで、クールなデザインと長時間の利用に配慮された設計が魅力です。 エムエスアイ MSI By: エムエスアイは、1986年に設立された台湾のメーカー。 パソコンの心臓部であるマザーボードや、グラフィックを左右するビデオカードの分野でトップクラスの生産量を有しています。 ウルトラワイドモニターは、ゲーマー向けに開発された「Optix」シリーズが有名。 特に話題性が高いのは、49インチかつ32:9の比率を持つ超ウルトラワイドモニターです。 デル Dell By: デルは、アメリカのテキサス州を拠点とするメーカーです。 在庫を持たず細かい注文を受けてから完成品を作る「BTO」の先駆者としても知られています。 同社はパソコンの分野で世界レベルのシェアを持っていますが、モニターも有名。 画質はもちろん、サウンドにも力を入れた「ウルトラハイエンド」シリーズが人気です。 ソフトウェアやウィンドウを左右に並べて、複数の作業を同時に行えます。 また、ブルーライトを低減する機能が付いているので、長時間でも疲れを感じにくいのが魅力です。 明るさやコントラストなどの設定をWindows上で簡単に行える「OnScreen Control機能」を搭載。 画面を有効活用できます。 また、ソフトウェアに合わせたピクチャーモードを自動適用する「My Application Preset」や、ウィンドウを自動で分割する「Screen Split」などの機能が備わっているのもポイントです。 ティアリングやスタッタリングを抑えるAMD FreeSyncテクノロジーが使われているなど、ゲームの分野においても役立つ仕様になっています。 仕事でも遊びでも高いパフォーマンスを発揮するアイテムです。 LGエレクトロニクスの34インチタイプのウルトラワイドモニター。 従来のFreeSyncにHDR機能が追加されたFreeSync2に対応したモデルです。 HDR対応ゲームの遅延を軽減し、より滑らかな映像でゲームを楽しめます。 144Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度に対応しているので、FPSなどの動きが激しいゲームでも快適にプレイできます。 映像入力端子にはHDMI2機・DisplayPort1機を搭載。 スピーカーは搭載されていませんが、ヘッドホン出力には対応しています。 画質はGamer・FPS・RTSから選択でき、さらにそれぞれを細かくカスタマイズ可能。 また、暗くて見にくいシーンでも明るく表示する「ブラックスタビライザー」機能が搭載されているのも嬉しいポイントです。 LGエレクトロニクスの34インチタイプのウルトラワイドモニター。 3辺フレームレスデザインが特徴で、画面は高さと傾きを調節できます。 HDR規格にも対応しているので、よりキメの細かい高精細な映像が楽しめるのも魅力のひとつです。 「ブラックスタビライザー」機能により、暗くて見にくいシーンを明るく表示できるのも嬉しいポイント。 また、FreeSync対応なのでゲームでの使用にも最適です。 専用ソフト「OnScreen Control」を使用すれば、明るさやコントラストの設定や詳細なカスタマイズができるので便利です。 包み込まれるような没入感が得られるので、映画鑑賞におすすめです。 アメリカのビデオエレクトロニクス規格協会が策定したHDR規格「DisplayHDR 400」に対応。 1平方メートルあたり400カンデラの輝度を有しています。 また、10bitのカラーに対応しており、デジタルシネマ規格の色空間カバー率98%を実現しているなど、リアルな色を再現するのがポイントです。 ボディに搭載されているUSB Type-Cケーブルに接続するだけで、ディスプレイへの接続やデータ転送、充電の3役をこなすのが魅力。 周辺をスッキリできます。 迫力のあるキレイな映像が楽しめるアイテムです。 HDR10に対応しており、ブルーレイやゲームがキレイな映像で楽しめるウルトラワイドモニター。 明暗がはっきりとついた、キメ細やかなカラーを再現しています。 また、搭載されている「HDR効果」機能を使えば、従来の映像もHDR画質で楽しめるのが魅力です。 アスペクト比21:9の大画面と3辺フレームレスデザインで、迫力のある映像が楽しめます。 また、スピーカーはMaxxAudioに対応しており、臨場感のあるサウンドで、深い没入感を味わえるのがポイントです。 映像が左右にずれたように見えるティアリングや映像が途中でカクつくスタッタリングを低減するAMD FreeSyncテクノロジーを搭載。 そのほかにも、快適なゲーミングを実現するDASモードやブラックスタビライザーなどの機能も備わっています。 FPSやアクションなど、展開の早いゲームで遊ぶのにおすすめのアイテムです。 ゲーミングにおすすめの、ウルトラワイドモニター。 パネルにはIPSを採用し、複数人でひとつの画面を共有しやすいのが魅力です。 画面のワイド比率は21:9と良好。 敵の位置を素早く察知して射撃できます。 また、「1ms Motion Blur Reduction機能」を搭載。 画面の切り替わり時に黒画面を挟み、残像感を軽減します。 リフレッシュレートは144Hz、応答速度は1msと高性能。 コンマを争う対戦で、優位に立てます。 さらに「AMD FreeSyncテクノロジー」を採用。 映像のちらつきやカクつきを抑えられ、快適にゲームをプレイできます。 DASモードを利用すれば、フレームバッファと呼ばれる経路を通さずに映像を送れるため、タイムラグを短縮できるのが嬉しいポイント。 機能や性能に申し分ない、おすすめのウルトラワイドモニターです。 エイスースの34インチタイプのウルトラワイドモニター。 スリムなベゼルと湾曲タイプのディスプレイが採用されているので、高い没入感のなか、映像やゲームを楽しめます。 スタンド部分にQi対応のワイヤレス充電ステーションが搭載されているのも本製品の特徴です。 同じ画面サイズの場合、フルHD画質の製品よりも約35%広いスペースを確保できるので、さまざまな作業をより効率よくこなせます。 また、画質を用途に合わせて最適化できる「SplendidPlus技術」を採用。 7種類のモードから最適な画質を選択できます。 スピーカー部分にはアメリカのオーディオブランド、Harman Kardonと共同開発した「ASUS SonicMaster技術」を採用したスピーカーを搭載。 また「ASUS AudioWizard」よりコンテンツに合わせて最適なオーディオモードを選択できます。 外部のスピーカーを接続することなく、モニターのみで高音質なサウンドを楽しみたい方にもおすすめの製品です。 ヒトの眼の自然な曲線に類似しており、画面端の映像も視界に入れられるので、視線を変えずに全体の情報が得られます。 住んでいる地域をあらかじめ設定しておくと、設定した地域の天候や気温に合わせて自動的にRGBやLEDを調節するのが特徴。 夜間でも視界を確保できる機能も備わっており、さまざまな環境に適した仕様になっているのが魅力です。 本体上部にカメラクレードルが用意されているほか、マウスバンジーも搭載されているなど、ゲーミング環境が構築しやすいのもポイント。 ブルーライト低減機能も備わっており、長時間のプレイにも適しています。 MSIの湾曲ディスプレイを採用した34インチタイプのウルトラワイドモニター。 100Hzのリフレッシュレートと8msの応答速度を有し、さらにFreeSyncにも対応しているので、ゲームでの使用に最適な製品です。 表示領域が広くアプリやブラウザを複数並べられるので便利です。 本体右下にメニューボタンが配置されているため、好みに合わせて素早く設定を変更できるのも嬉しいポイント。 映像入力端子にはHDMI・Display Port・DVIが搭載されており、最大3台までの機器を同時に接続できます。 また、画面のちらつきを軽減する「Anti-Flicker技術」とブルーライト低減機能が搭載されているので、長時間ゲームをプレイしたい方にもおすすめです。 デルのおすすめウルトラワイドモニター。 本モデルはゲーミング用に設計され、リフレッシュレートは120Hz、応答速度は2msと十分な性能を誇ります。 パネルにはIPSを採用しているので、発色のよい映像を楽しめるのが嬉しいポイントです。 また、NVIDIA G-SYNCテクノロジーに対応。 状況に合わせてフレームの大きさを調節したり、ティアリングやスタッキングといった画面のストレスを無くしたりするなど、視認性を向上させる機能を有しています。 本モデルは、AlienFXに対応。 ゲーム内の動きに直接連動したライティングを楽しめるのが特徴です。 自分でカスタマイズすれば、さらに細かなライティングを設定して楽しめます。 機能や性能が充実した、おすすめのウルトラワイドモニターです。 エイサーの34インチの湾曲ディスプレイを搭載したウルトラワイドモニター。 FreeSyncと同様に表示の崩れや映像のもたつきを改善できる「NVIDIA G-SYNC」に対応した製品です。 画面は高さや上下左右の角度を広い範囲で調節できるので、最適な角度で使用できます。 「Gameモード」機能を活用すれば、ゲームのジャンルに合わせて最適な画質に設定できます。 そのほか、FPSゲームをプレイする際に便利な「照表示」機能や、暗いシーンの視認性を高めてくれる「Dar Boost」機能など、ゲームに特化したさまざまな機能を搭載。 また、画面のちらつきを抑える「フリッカーレス機能」と、ブルーライトを軽減する「ブルーライトシールド」も搭載。 長時間快適映像を楽しめるおすすめの製品です。 アイ・オー・データの34インチディスプレイを搭載したウルトラワイドモニター。 3辺ベゼルレスデザインでHDRに対応した製品です。 大人数での視聴にも最適です。 「エンハンストカラー」機能によりメリハリのある映像と鮮やかな色を表現でき、色の濃さやコントラストも好みに合わせてカスタマイズ可能。 オーバードライブ機能を使用すれば画面の応答速度を向上できるので、動きの激しいゲームでも快適にプレイできます。 映像入力端子にはHDMI2機・DisplayPort・USB Type-Cを備え、3. 5Wのステレオスピーカーも2機搭載。 多彩な機能を備えたおすすめの製品です。 デルの湾曲ディスプレイを搭載した、34. 1インチタイプのウルトラワイドモニター。 「PIP(ピクチャ イン ピクチャ)」機能と「PBP(ピクチャ バイ ピクチャ)」機能を使用すれば、接続した2台の機器の映像を同時に表示可能。 「ComfortView」機能では画面のちらつきとブルーライトを軽減できます。 VESA規格に対応しているのでモニターアームの設置が可能。 映像入力端子にはHDMIポート2つ・DsplayPort・USB Type-Cを備え、スピーカーも内蔵されています。 また、UBS Type-Cで接続すれば、接続機器の充電ができるので便利です。 エイリアンウェアの湾曲ディスプレイを搭載した34. 1インチのウルトラワイドモニター。 また、非光沢タイプなので光の映り込みが少なく目に優しいのが特徴。 100Hzのリフレッシュレートと4msの応答速度を実現し、ゲーム中の映像の崩れやもたつきを改善するG-SYNCにも対応しています。 映像入力端子にはHDMIとDisplayPortが搭載されています。 目が疲れにくいフリッカーレス機能とブルーライト軽減機能が搭載されているのも嬉しいポイント。 モニターの背面にはLEDイルミネーションが施されているので、デザインにもこだわりたい方におすすめです。 湾曲型を採用した、エイサーのウルトラワイドモニター。 本モデルは広い視野角をもったADSパネルを採用しています。 家族や友人と、ひとつの画面でゲームや映画を楽しめるのが魅力です。 また、GameView機能を搭載。 3種類のゲームジャンルから選択し、最適な映像を表示できます。 EyeProtect機能は、ブルーライトをカットしたり、画面のちらつきを抑えたりできるので、長時間プレイしても目が疲れにくいのがメリットです。 さらに、「NVIDIA ULMBテクノロジー」を採用。 素早く画面が切り替わる場面でも、鮮明な画像を認識できるのが嬉しいポイントです。 リフレッシュレートは200Hzと超高性能。 視認性に優れたおすすめのウルトラワイドモニターです。 画面を2分割しても大画面で作業が行えます。 モニター部が湾曲しているので大画面ながらも見渡しやすく、目への負担を低減する仕様になっているのが魅力です。 RAW画像を確認する際に、サムネイルを並列させた状態で作業を行えます。 ウィンドウをその都度切り替える必要がないので作業時間が短縮でき、効率を挙げられるのがポイントです。 接続ケーブルも必要最小限で、机の周りをスッキリできます。 写真や動画、音楽の編集におすすめのアイテムです。 エイサーの湾曲ディスプレイを搭載した49インチタイプのウルトラワイドモニター。 アスペクト比32:9のダブルフルHD画質なので、高精細で臨場感あふれる映像を楽しめます。 オーバークロック時には最大144Hzのリフレッシュレートに対応しているため、ゲームでの使用にも最適です。 Picture In Picture機能やPicture By Picture機能を使用すれば、2つの機器からの映像を同一画面上に表示可能。 さまざまなカスタマイズや詳細な設定が行える専用アプリ「Acer Display Widget」も用意されています。 また、目の疲れを抑えやすいフリッカーレス技術やブルーライト軽減機能も搭載されています。

次の

ALIENWARE(エイリアンウェア)から240Hzリフレッシュレートの24.5型ゲーミングモニター「AW2521HF」発売

エイリアン ウェア モニター

Alienwareとは Iが発売する最高級である。 のを自称している。 かつてはした会社であったが、06年にに買収され、09年よりでも販売開始された。 製としてはおそらくのレッツと並んで一番高いに分類されると思われる。 概要 向けを謳っているとおり、(最新のXを除く)ではで冷を搭載し、による機「 X」や「 I」にで対応する。 も同じく対応している。 、、本体の手なミネーションが特徴で、、だけでも単独で1万近くするという強気の価格設定でもある。 以前のでは、-Rを搭載できるが存在しなかったが、にされたでは、すべてのにおいて-Rを選択することができるようになっている。 ただし、書き込みも可な-REは でもいまだに選択できない。 消滅の可能性 やSなどので盛んにされてる通り親会社であるデルが創業者である・デルが全を習得し非上場になることが決定された。 デルが得意としてきたミのではの()に押されているが 最高機種であるAlienwareに対抗出来るではデルのほうが勝ってると思われるが 先日発売された「 TAN」の非採用、-のの新が出なかったなどに対するAlienwareへの投資額が減ってることが推測される。 ・デルの方針によってはもしかするとAlienwareが消滅する可性があり、その場合大手で向けを販売してる会社はくなり、やBTOだけになってしまう可性もある。 現にを買収したは向けの販売が上くなったのであくまで憶測ではあるが、今年中旬に発売されるの新が出るかどうかで今後のがある程度分かるだろう 消滅はしないが・・・ 、Alienwareの新が発売されたが、Xの新のみで今までのだったの新は発売されないことが発表された。 また、 X 7x0も発売されたが選択できないところを見ると(では選択できる)これからのAlienwareは、小のXをにしていってなどの今までの「向け」からはしていくと思われる。 すでにがニッチなものになっているのも要因だと思われるが残念である・・・ 対抗の もX 7x0が選択できずに両者ともで少しなどをしたい層をにしていって、をめるようなはやBTOしかがなくなる時代になってしまったと言える・・・ 製品 現在の製品ラインナップ の時点で以下の製品が販売されている。 Alienware X(省)• Alienware (してになった)• のをで可) Alienware Area 51(旧) なお、かつて販売されていたAlienware ALXはで重さがkg近くあるという凄まじいであった。 の三枚構成も選べたで、電容量は0wというまさしくの名にふさわしいであった。 さらに、製で一の加工されているであり(はすべて処理済み、発売中ので加工されているのは残念ながら現存しない・・・)、数十で1が組めてしまう恐ろしいも特徴であった。 販売時の価格はでは万円、だと00という値段で、部品をドすればにぐらい買えるという恐ろしいぐらいの高価格も特徴であった。 通常のと ALX(ALXとはAlienware eの略である)の違いは、通常版は「つや消しとの二色から選べる」ALXは「加工されたが選べる」、他にはを覆い隠してるパがは手動に大してALXは電動で開く(取扱説明書より)違いである、は高級にも使用されてる加工方法の一つで、製だと一なので所有欲を満たしたい人はを探すと良いと思われる。 ではこのは販売中止になってしまったが復活を望むも多い。 しかし、以前でこのの後継機は絶対に出ないと発表されてしまったのは残念である。 なお、が出回っているらしいので執筆者が限りの最高を記入しておく(これ以外で何か変なところがあったらの可性が高で注意です)。 内容 9xのは存在しないはずです) X 0 3-I or X0 or 69 (本物はに関係なく本体に固定するのようなものが付いています。 これが付いていないとです!) 2 or で出ているとかは構成上です) M 12 (B x 3) Creve er X-Fi or o LAN に関しては適期的にされてるようなのでをして欲しい。 確実な判別方法はより、ーの認を行って保期間を見れば。 Alienwareシリーズの周辺機器 Alienwareの周辺機器については以下のとおりである。 Alienware (のG9の)• Alienware (の5からを取り除いてミネーション機を追加した)• Alienware (の5Hの)• Alienware X 0 対応) 周辺機器に関してはやなどからの評価が高いのということで高品質なものであるが値段も強気の設定である。 しかし、構成でが選べるのにXが 専用にしてしまったのは残念な点だろう。 や、ののようにでも使えるにして欲しかったと言える。 ちなみに著者はで色々発言してみたが、すべてのに対して返事が来たのだが、に関してだけは「何故か」回答だったので何らかの手を考えてるかもしれない点を書き記しておく。 しかし、本社のデルにおける方針なのか今後Alienwareでのは発売されず、Xも生産中止になってしまった。 「ALIENWAREのはもう出てこない可性があるということか」と追加で質問したところ,返ってきた答えは「うーん(苦笑)。 機能・性能について ゲームにおける機能 著者が知っている限り、l、3、ジ3、(余談ではあるがではパックでしかが入っていないので要注意!)The e エンドション、z(版)、trution、 and 、rk はAlienwareに対応しており、内の進行に合わせて本体、、がるようになっている。 以前Alienwareのにおいてにおいてもこの機を取り込むと書かれていたが、残念ながら現時点()においてはこの機は搭載されていない。 しかし、少し最初の発表から遅めではあるが、下旬のにおいてこの機が正式に取り入れられ、「を受けるとや本体がにる」などして臨場感あるを体験することが出来る。 なお、この機はAlienware専用というわけではなく、デルのからをすれば、Alienwareのとを接続していれば、のやでも使うことが出来る。 iTunesにおける機能 なお、Alienwareに入ってるを(ここに書くと長くなるので詳しくは以下のを参照してほしい)フォルダに入れると、 においてAのビジュザのを使用することが出来る。 上記でののように、に連動して本体、、が発するようになっている。 なお、このはAlienwareにしか入っていない(つまりなどでAlienwareを別にのには封入されていない) つまりデルのに最初から入ってるやなどのプリと同じ扱いになると思うので、を上にしたりは的にしないほうが良いと思われる。 ライバル商品 VooDooPC なお、かつてAlienwareがした会社であった06年以前はというがあり、それが上のであったが、()に買収されて以降、これはAlienwareと違い上消滅する形で、も長年されていない。 というで、こちらも製としてはしく冷を搭載し、Alienwareと同じく本体との手なが特徴である。 同じ構成が選べるので試しに構成から全く同じ構成にしてみたところ ,M16 2 0 -R)、お値段は中旬でのが円でありAlienware が0円であり、Alienwareのほうが非常に高くなってしまう。 最近は本社であるデルのが落ちてるということもあり、部品の調達が負けてしまうのだろうか。 このお値段では一般向けへの普及は厳しいと思われる・・・ さらに、はAlienwareに対抗するために新しい新機種を出してきた。 n というで、ぱっと見のは上の と変わらないが が選択できる。 この件についてで質問してみたところ、 の新(小のXは発売されている)を出す予定はいとのことである。 Falcon Northwest なお、に買収され上消滅したの他に「con w」という会社がある。 こちらはもを保っており、同社のからをBTOで購入できる。 への販売はしていないが、輸入代理店を使えば入手することが出来ると思われる。 DELL XPS(身内) なお、Alienwareが発売される前の「 S」は今で言うAlienwareのような向けとしての立場だった。 では(執筆時の上旬の商品であるS00の場合)「 S」はミ向けの一般向けとして発売されており、電容量が4wなどと少なく、をするには厳しいである。 また、も X 6、X 0 I、 Xまで選択できるAlienwareと違い、最大でも 70の一枚構成である。 余談ではあるが、かつての「 S」も 00のIなどが選択できていた。 ただし、がでは製造中止になってしまった社の「or」採用のため、Xは選択出来なかった。 なお、かつてのSは、「C」と呼ばれるの独自開発の巨大な冷を搭載していた。 のAlienwareではe社製のをしているが、やはり巨大な冷による製造の増加、冷の小化が出来なかった、そもそもで製のものを買ったほうが安い、など様々な理由が考えられるが、ではの独自開発の冷はAlienwareでは一切使われていない。 なお、この冷のはなどの較がいので、かつてのC、のe社製ののどちらが上かというのは不明である。 なお、かつてのSの最終であるS は、Alienwareと同じくAという本体のを変えるが使えるようだ(より) G-Tune 、・社のにて、遂にI X0Mを搭載した 「i」が登場した。 この製品は向けに作られたの製品と言うこともあって、Alienwareには搭載されていない搭載できるだけではなく、や、などを同じ構成で組むと、Alienwareよりも安いという、まさにと呼ぶにふさわしい製品である。 具体的な構成を挙げると、iは• : -0QM• : I X0M• : 00rpm• 学: という構成で,0円 、 対してAlienwareは、• : -0QM• : I X0M• 学: 再生専用 という構成で、なんと8,9円 という、的に見ればほとんど似たようなで14万円近い額差がある。 なお、AlienwareでI構成を組めるのは、8xのみであるため、「商品4」では、「Alienware」はにAlienware 8xとして記述している。 この額差の理由には、単純にの仕入れを安くできる何かがある、という意見もあるが、Alienwareがの製品にべ、「『細部にわたって』よい構成」に拘っていることが大きいと考えられる。 iとAlienwareをべてみると、本体やに使用している材質や、、などは、実はAlienwareが較的よいものを使用している。 べンークで高いをたたき出すための、、などは、がもっともをらせやすく、特には「のが高いほどいいだ」と考える傾向があるため、こういったところだけで評価しがちだが、「実際にを快適に楽しむ」ための気配りは、そこ以外にもある。 実際にをしていて、が打ちづらかったり、から出る音の質があまりよくなかったり、意図せずに触れて操作が乱れたりして、「イラッ」とすることはないだろうか。 実はそういったところで、をする際のはたまりやすい。 Alienwareは、そういった「がなく快適に操作できるような配慮」を、「の処理の高さ」とともに実現している。 また、これ以外にもほCには見られないはもちろん、後から自分でストレージを追加できるなどの性の高さ、との連動性、やけにこだわった周辺機器など、Alienwareには「のための構成」からは見えづらい、細かい部分へのこだわりがある。 の感性、感覚、意見の相違はあるだろうが、そういった細部にまでこだわりをもっているのがAlienware、細部のこだわりを削って、のと安さをしたものが iではないかと、筆者は考える。 当然のことながら、どちらが優秀でどちらがダメ、というのはいように思えるので、もしこの二つで迷ったら、「どっちが自分に合っているのか」を考える事を推奨する。 ASUS 安いが商品、またはには高品質のでお染みのだが、Alienwareに対抗すると思われるを発売した。 で、手なの他に初?と思われる変形機を搭載している。 お値段は定価万8千円とが付くほど高い。 Alienwareでいうとかつての ALXの値段である。 なお、Alienware で「ALX 」をに同じ構成にしてみたところ、,円となり実はあまり変わらない値段である・・・。 どうせここまで値段が高いならかつての「」のようにX 6 IやX 0 3- Iとかをやって欲しいと思える。 のは電容量がAlienwareが5w、のが0wと部品増設で3- Iや Iはなのが残念である。 劇中での使用について• 「」においてがAlienwareのを使っているがある。 「ー・」においてAlienwareののが写っていたりする。 他にも、現代を(で)代表するの、「ン・・ザ・」においてもがAlienwareのを使っている場面がある。 の「」にて、が所持している「が出来るぐらいの高そうな」とはおそらくAlienwareのことをしていると思われる(などののは見たはなので)。 トリビア なお、使用されている冷はAlienware、 共にe社製の物を使用している。 違う点はAlienwareは本体自体がるのに対して、 は冷が発するようになっている。 冷の性は製造元が同じなので変わらないと思うのでこのあたりはお好みになると思われる。 Alienware n なお、著者が知っている限り、の「」は同社の0LXというを使用している 他には Bulozerには同社のが使われている ということで冷の性は、Alienware、、共に製造元が同じため、全く同じだと思われるので全に好みになると思われる。 なお、上記にあげた「con w」社は sという会社の冷を使用している。 s社の冷自体はでも正式に販売されており、試してみたい方はこれに関しては手軽になどでを構築できることになる。 問題点・その他 Alienwareの商品のはすべて本体に固定するためのトが付いている。 Alienwareだけで使う分には安定性も高まって良いのだが他のへの流用が一切できないという問題点が存在する。 Alienwareはブルーレイが嫌い? なお、理由は不明だが上記でも述べた通り、は最高級品でも-Rが選べないようになっていた。 また、小のXでも-Rが選べないようになっていた。 しかし、前述のとおり、にされた、および のXでは、ようやく-Rをで選択できるようになった。 デルでは下位機種に相当するSのでもを選択できるようになっているが、Alienwareはの搭載に未だに乗り気ではない。 実はこの一説には、「は内では普及しているものの、的なでは需要が低い」というものがある。 Alienwareは、などと同様に、あくまででされているの製品であるため、開発およびはで行われている。 で製品の開発を行っているにとっては、「なんでそんな需要の低いものをわざわざ入れなきゃいけないの?」という考えらしく、そもそも導入することに意味を見出していない、というのが現状のようである。 なお、この一説は筆者がデルのに問い合わせて返ってきた返答ではあるが、絶対的な信憑性をもった回答とは思えないので、実際のところどういった事情があってを導入しようとしていないのかまでは不明である。 海賊版? なお、などで報告されているがなどでこのの「版」が定期的に出品されてるらしい。 特に「」はでは入手困難なこともあり、版の普及?に拍をかけていると思われる。 怪しい商品を見かけたら(例えば正規のと違うものとか、正規品はがとかなのでそれ以下だとかなり怪しい))、出品者に「の画像(Aが書かれてる部分をでなど)」や「の画像(Alienware製品はどれも本体に固定するが付いてある)」をするようにめるべきである 関連動画 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

ゲーミングモニター AW2518H 徹底レビュー:真のゲーマーよ、誰よりも有利な環境で勝ち抜け!

エイリアン ウェア モニター

ALIENWARE X51(R2) DELL ALIENWARE X51-R2(Haswell設計)レビュー• 超コンパクトなのに、型破りのハイスペック!あのゲームPC、ALIENWARE X51が再び(現在のページ)• 超コンパクトなスリムタワーで、常識破りのハイスペック・ゲームマシン!ALIENWARE X51がついにリリースセカンド(R2)! 2012年1月発売の前機種、ALIENWARE X51(R1)ではSandy Bridge設計だったが、今回はHaswell設計で再登場。 DELLサイトではALIENWARE X51だけの表記だが、便宜上、当サイトでは ALIENWARE X51(R2)と呼ぶ。 レビューしたDELL ALIENWARE X51(R2)の構成は以下の通り。 GeForce GTX 760Ti のような大型グラフィックカードを、「ALIENWARE X51(R2)のコンパクトボディにどうやって収めるのか?」 それは後ほど紹介。 2014年7月論評 Haswell設計 レビューしたDELL ALIENWARE X51(R2)の構成• Windows 8. 1 (64bit)• Core i7-4790 プロセッサー 8MB キャッシュ, 最大 4. 0GHzまで可能• NVIDIA GeForce GTX 760Ti 2GB GDDR5 OEM版• 1!DELLモニタ。 超コンパクトなのに、型破りのハイスペック!あのゲームPCが再び 「上級者も納得できるスペックのハイエンド機がほしいが設置場所はない」という、無茶ぶりユーザーの要望に応えてくれるレアなパソコン、ALIENWARE X51(R2)。 むろん、ゲームユーザーなら尚更、気になるモデルである。 見たところ、前機種ALIENWARE X51(R1)とデザインがまったく同じである。 マット・ステルスブラックというカラーリングで、フロントは光沢、両側面は非光沢である。 高さ: 343 mm~319 mm 、奥行き: 318 mm 、幅はたったの95 mm!!最小重量: 約5. 5kg。 ミニタワーのInspiron 580の横に並べると、そのコンパクトさが伝わってくる。 ALIENWARE X51(R2)を家の中でモバイルして、テレビのあるリビングやモニタの設置してある場所でいつでもゲームをやるとか・・、いろいろ想定できる。 まあ、パソ兄さん家は狭いのでそんなニーズはないけど・・、とにかく場所を取らないのはかなりいい。 2014年7月31日調査時点の、ALIENWARE X51(R2)パーツ搭載例 調査時点の一部構成例をみると、OSのバリエーションがすごい。 ・・と言っても多言語なんだけど。 それはさておき、DELL製品のラインナップの中では、そこそこカスタマイズが豊富。 Windows 7 Home Premium SP1 64ビット 日本語版• Windows 8. 1 64ビット 日本語版• Windows 8. 1 64ビット 英語版• Windows 8. 1 Pro 64ビット 日本語版• Windows 8. 1 Pro 64ビット 英語版• Windows 7 Professional SP1 64 ビット 日本語版• Windows 7 Professional SP1 64 ビット 英語版• Windows 7 Professional SP1 64 ビット 中国語版 プロセッサ• Core i3-4150 プロセッサー 3MB キャッシュ, 最大 3. 5GHzまで可能• Core i5-4460 プロセッサー 6MB キャッシュ, 最大 3. 4GHzまで可能• Core i7-4790 プロセッサー 8MB キャッシュ, 最大 4. 0GHzまで可能 グラフィックス• NVIDIA GeForce GTX 745 4GB DDR3付き• AMD Radeon R9 270 2GB GDDR5付き• NVIDIA GeForce GTX 760Ti 2GB GDDR5 OEM版 メモリ• 256GB SSD (6. スロット式DVDスーパーマルチドライブ• スロット式BDコンボドライブ 装備端子 前面 ヘッドフォン、マイク端子、USB3. H87 Expressチップセット• DW1506 Wireless-N WLAN Half Mini-カード• デルワイヤレス 1550 2x2 11ac コンボ、 Bluetooth付• ALIENWARE 240W ACアダプタ GeForce GTX 745の場合• ALIENWARE 330W ACアダプタ GeForce GTX 760Ti, AMD Radeon R9 270 及び R9 270Xの場合• 内部SATA コネクタ(6. DDR3 SDRAMスロット x 2基 さすがに内蔵できないので外部電源。 まるで弁当箱。 今回のALIENWARE X51(R2)レビュー実機では、330W ACアダプタ が付属。 さすがにケーブルはかなりごっつい。 ALIENWARE X51 が楽しくなる別売りアクセサリ 別売りオプションのAlienware TactX キーボード。 AlienFXで、2つのゾーンのイルミネーションが設定可能。 設定できるLEDカラーは20色。 別売りオプションのAlienware TactX マウス。 最大解像度5000dpiのレーザーマウス。 解像度はゲーム中に増減でき、精密かつ素早い操作が必要なアクションゲームなどで威力を発揮。 マウスのボタン割り当てやマクロ機能、イルミネーション機能もある。 個性的デザイン!!パーツが密集したコンパクトボディだけに、通気口多し 幅はたったの95 mm。 スロットイン式の光学ドライブを搭載。 ALIENWARE X51(R1)の時に、「ディスクが勢いよく飛び出して落ちる」という記事をみたことがあるが、少なくてもこのALIENWARE X51(R2)実機ではそんなことはなかった。 これはALIENWARE X51の仕様というよりも、搭載されている光学ドライブの仕様次第だと思われる。 前面と天井の境目に、メッキ加工の電源ボタンがある。 そしてボタンでは六角形にLEDライトが点灯する。 天井は谷間になっており、無数の通気口がある。 DELL ALIENWARE X51(R2)は、コンパクトなだけでなく、横置きも可能 右側面に、ラバー製の半立体エイリアン文字と、気泡のような突起が3つある。 一見、「何だこりゃ」だが、実はこれは横置き用のスタンドである。 横置きの状態。 滑り止めが利くのはラバー製である半立体エイリアン文字だけ。 残りの3つのスタンドにすべり止め効果が無いので、やや滑る。 これは前モデルから改善されていない。 (というより、従来のそのまま) こちらは縦置きの場合、底面になる側面(つまり横置きの場合は左側面になる)。 ここは縦置き時の天井と同じく、谷間になっており、無数の通気口がある。 一般的なPCではありえない底面吸気が可能な構造である。 ALIENWARE X51(R2)装備端子~USB3. 前面端子に「ヘッドフォン、マイク端子、USB3. 背面には、USB3. オンボードのHDMI端子はキャップで封印されており、グラフィックカードがあるためここは使用しない。 レビュー実機ではグラフィックカードにNVIDIA GeForce GTX 760Tiを搭載している。 このグラフィックカードが装備するモニタ出力は、DVI-I端子、DVI-D端子、HDMI端子、DisplayPort端子。 拡張スロットが2基あるようにみえるが、マザーボードではグラフィックカード用のPCI Express x16が1基あるのみ。 そもそもグラフィックカードの厚みで2スロット分の幅をとる。 むろん、これだけのコンパクト筐体なので拡張性があるわけない。 グラフィックカードの下にはHDD動作ライトがあるが、場所が場所なだけにユーザーの目に触れることはほとんどない。 またACアダプタを接続する電源コネクタもある。 更にその下に引き出しトレイがあるが、トレイを引き出すと仕様が記載されている。 デザイン性を損なわないように配慮したのであろう。 Alien FX!マニア心くすぐる、3つのイルミネーションゾーン ALIENWARE コマンドセンターというユーティリティソフトの1機能にAlien FXというのがある。 これがイルミネーション設定機能で、ALIENWARE X51(R2)の3箇所にLEDライトカラーを任意で決められる。 左右側面のクリアパーツ部分と、エイリアンヘッドにカラー演出ができる。 これがまた結構楽しい。 AlienコマンドーセンターにはAlien FX以外に、電源管理を行う機能のAlienFusion 、実行するゲームごとに各種設定を変えられる機能のAlienAdrenalineがある。 また、ALIENWARE X51(R2)の特典として、オリジナル壁紙も付いてくる。 グラフィックカードはどうやって搭載されている? ビスを外して、サイドパネルを外すが、イルミネーション用のケーブルがサイドパネルに直結しているため、一気に開けてはダメ。 少し隙間を開けたら、コネクタを抜く。 サイドパネルはポリカーボネート(工業プラスチック)だが、その内側にはスチール板がハメられている。 CPUファンにはパッシブダクトが取り付けられており、PCケース自体の後方ファンはない。 ファンが少ない分、特にアイドル時では静音である。 高負荷時ではそれなりの風切音はあるものの、ハイエンド機としては静かなほう。 ALIENWARE X51(R2)起動時には、一瞬、「フォォォン」と唸る。 追記:以前、CPUファンは吸気式と紹介したが、後日、ALIENWARE X51に関わったユーザーさんより訂正の指摘をいただいた。 CPUファンは「吸い出し式」になっており、PCケース外に排出する仕組みとのこと。 訂正時にはALIENWARE X51実機が手元にないため、検証はできず。 なお、CPUファンの回転方向を逆にできれば、吸気式にできるのだろうか?と考えてみた。 マウンタを使ったグラフィックカードの搭載。 およびスロットイン式光学ドライブ搭載の様子。 分解が面倒なので、前モデルALIENWARE X51(R1)のときの写真を転用。 一般的にはマザーボードに対して垂直に装着されるグラフィックカードだが、ALIENWARE X51(R2)では横に寝かした状態になる。 グラフィックカード自体のコネクタをPCI Express x16スロットに差し込むことはできないので、専用マウンタを使って中継コネクタがスロットに装着される。 (つまりL字型に搭載されている)。 そして、グラフィックカードの下にはストレージベイが1基あり、側に前面吸気ファンが設置されている。 2015年 後継モデル:Skylake設計のALIENWARE X51-R3 レビュー項目• 欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報! パソコンで英会話学習 パソ兄さんお勧めのPCソフト。 お気に入りの有名映画で英会話が学べる。 セキュリティソフトの選び方 今の時代は更新料0円のセキュリティソフトを選ぶ?選び方ガイド!! パソコンパーツ知識 パソコンを構成するパーツ知識やトレンド情報。 仕組みや規格を知ることで、市場に売られているパソコンの特徴が手に取るように分かってきます。 初心者には少し難しいですが、研究してみてください。 入力デバイス購入ガイド• 液晶モニタ購入ガイド• パソコン・スペック比較• DELLパソコン・レビュー デスクトップPC• 最新パソコンレビュー• 2020年4月 up!! 2020年3月 up!! 2020年2月 up!! 2020年1月 up!! 2019年12月 up!! 2019年11月 up!! 2019年10月 up!! 2019年9月 up!! 2019年8月 up!! 2019年7月 up!! 2019年6月 up!! 2019年4月 up!! 2019年3月 up!! 2019年2月 up!! 2018年12月 up!! 2018年11月 up!! 2018年10月 up!! 2018年9月 up!! 2018年8月 up!! 2018年7月 up!! 2018年6月 up!! 2018年5月 up!! 2018年4月 up!! 2018年3月 up!! 2018年2月 up!! 2018年1月 up!! 2015年のレビューアップ• 【 12月】• !15. 6インチの2 in 1コンバーチブルノート• !フレームレス画面の、高級デザイン15. 6インチノート!何気にかなりのハイスペック• !デュアルファン内蔵の最強17. 3インチ・ゲームノート• !大画面23. 8 インチ一体型ビジネスパソコン• !モバイル最高峰スペックの13. 3インチゲームノート• !デュアルファンと3つの排気口を持つ、15. 6インチハイスペックノート• !フレームレス画面の世界最小13. 3インチノート。 長時間バッテリ駆動• にて、USB Type-Cの説明を追加• スリム・ゲームPC。 シリーズ初の、水冷式システム対応!• !奥行の短いコンパクト・ミニタワーでも拡張スロット実装• !Atom系のCeleron搭載で低消費電力、コンパクト、静音• !大画面!23. 8インチ・フルHD一体型。 広視野角IPSで見やすい• 【 2015年11月】• 中級者向けのお勧め機種• 眼精疲労の軽減機能付き• !第6世代Core搭載、15. 6インチゲームノート• 【 2015年10月】• !Infinity DisplayモデルのXPS発表会で、デザイナーが来日• 【 2015年8月】• 3インチ 最高峰モバイル・ゲームノート• !次世代のIGZO2液晶搭載!削り出しの世界最小13. 3インチノート• !Windows 8の反省を踏まえ、デスクトップユーザーも使いやすくなった新OS• !GeForce GTX 980Mが搭載できる超ハイスペック、17. 3インチ ゲームノート• !超ハイスペック、15. 6インチ ゲームノート• 【 2015年7月】• !光学ドライブを実装した14インチのホーム・モバイルノート• !光学ドライブを実装!タッチ対応の15. 6インチ定番ノート• !テクスチャ加工デザインの、15. 6インチ スタンダード・ビジネスノート• !大画面17. 3インチ&ちょいグラフィック高めの娯楽ノート• ~12. 5インチ メイン・ストリームノート• ~軍用規格(MIL-STD 810G)適合の12. 5インチ・ウルトラブック• USBによるドッキング機能対応14インチビジネスノート• ~14インチビジネスノート! EシリーズDock対応製品• ~5万円台から購入できる15. 6インチ非光沢ディスプレイノート• ~15. 6インチビジネスノート!ポインティング・スティック付• 【 2015年3月】• !4Kディスプレイ搭載可能の15. 6インチノート• !世界最薄タブレット!3台のRealSenseカメラ搭載• !「シンプルに安く、基本装備重視の15. 6インチノート• !13. 3インチタブレット&堅牢ウルトラブック• !15. 6インチ非光沢液晶の法人向けノート• 【 2015年2月】• !Broadwell-Yの10. 8 インチ タブレット• !手のひらサイズのコンパクトPC• !日本初のGoogle Chrome OS搭載ノート• ~ゲーム機が融合したコンソールPC• 6インチ非光沢液晶ビジネスノート• !幅約10センチのスリムタワー• !工具レスのメンテ性、ビジネス向けスモールPC• !8インチタブレット(Atom Z3735搭載)• 【 2015年1月】• ~リチウムイオン電池• のチャタリング対策 免責事項・ご連絡等 当サイトはリンクフリーですが、当サイトのデザインおよびテキストの無断転載・複製を固く禁じており対処しています。 当サイトでは、楽天リンクシェア、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。 当サイトをご利用の際は、以下にリンクの免責事項をよくお読みください。

次の