害悪パーティ 剣盾。 【ポケモン剣盾】フシギバナの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾 パーティ診断お願いします。

害悪パーティ 剣盾

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

ポケモン剣盾バタフリーの対策を考察。急増中の眠り粉身代わり型の突破方法は?

害悪パーティ 剣盾

どうも、しんま13です。 僕が考案したわけでじゃないですが、害悪型のバタフリーとタイプヌルの構築がマジで強かったので当ブログで紹介していこうと思います。 考案者はポケモン実況者のTonさんです。 バタフリーの基本スペック(種族値や特性など) まず最初にバタフリーの基本スペックをみていきましょう。 バタフリーの種族値 HP 60 攻撃 45 防御 50 特攻 90 特防 80 素早さ 70 :タイプ 虫・飛行 :特性 ふくがん :夢特性 色眼鏡 合計種族値は395。 バタフリーは初代から存在しているポケモンであり、登場当初は強力な虫技がないことに加えて、素早さの種族値も微妙だったために誰も使っている人はいませんでした。 そもそもバタフリーは虫タイプなのに一切虫技を覚えず、唯一の打点がタイプ不一致のサイケ光線のみというしょぼさ。 弱点も多く、岩が4倍、2倍が炎、氷、飛行、電気の5つ。 スペックをみる限り開発者の愛が全く感じられないモブ中のモブポケモンです。 そんなバタフリーがルビーサファイアから特性「ふくがん」を獲得。 これにより技の命中率が1. 3倍補正がかかり、眠り粉がほぼ必中で撃つことができるという強みを得ます。 (眠り粉の命中率は実数値で97%にまで跳ね上がる) この眠り粉を必中で撃てる性能を活かしたのが今回紹介する害悪型バタフリーとタイプヌルの構築です。 【バタフリーの育成論】害悪型。 この型のやることは、 1. 眠り粉で相手を眠らせる 2. 身代わりを張る 3. 蝶の舞でC、D、Sを上げていく 4. 十分舞ったら暴風で相手を倒していく です。 特性ふくがんにより眠り粉がほぼ必ず当たるため、相手が眠ってる間に身代わりを張って安全圏から蝶の舞で積んでいくという戦法です。 努力値配分はSに全振り、身代わりを張るためのHP調整をしつつ、余った努力値は防御に振るという仕様。 食べ残し込みで計5回身代わりを張ることが可能です。 如何せん耐久がぺらぺらなので、自分より素早さが高い相手に対して投げるとワンパンされてしまうため、基本は自分より素早さが低い相手に投げて安全に眠り粉を撃つようにしましょう。 バタフリーとタイプヌルの構築で安全にバタフリーを召喚していく タイプヌルの強みは「しんかのきせき」を持たせることにより耐久力が保証されている点と、素早さの遅さを活かした後攻とんぼかえりで味方を安全に召喚することができるという2点です。 しかもヌルは凍える風を覚えるので、相手の素早さを下げることも可能。 つまり、ヌルを使うことにより、ヌルを経由して安全にバタフリーを召喚することができるだけではなく、バタフリーより素早さが高い相手にはヌルの凍える風で素早さを下げてバタフリーで抜くことができるのです。 実際に使ってみた感想 バタフリーよりSが遅い相手に対してヌルの後攻とんぼかえりでバタフリーを投げるという動きを徹底していれば、相手に何もさせないまま完封できました。 というか、このヌルフリーコンボが決まると高確率で回線を切断されます。 相手視点からすれば、バタフリーが蝶の舞で2回舞ってしまうとドラパルトでさえ上を取ることができないので、上から眠り粉をかけられてボコされるという展開は免れることができません。 そりゃ回線を切断したくなりますよね。 まだこのヌルフリー構築で対戦回数をそこまで重ねたわけではないですが、今のところ一回も負けてはいないです。 この型のコンセプト上バタフリーのHP管理は非常に重要なのでステロを巻かれたらジ・エンドになるため、相手のパーティにカバルドンなどのステロ要員がいたら選出しない方がいいでしょう。 実際受け回しパーティを使ってた時によくロトムにこだわりトリックをされたものです。 このバタフリーもこだわりトリックされたらジ・エンドなので十分注意した方がいいでしょう。 ただ、身代わりを張った状態であればトリックは外れます。 おわり この害悪バタフリーヌル構築はチート級に強いので勝てずに悩んでいる人は一度使ってみてはどうでしょうか。 ではでは。 でした。

次の

【ポケモン剣盾】ペリッパーの育成論と対策【雨パの起点!世界3位も使用】

害悪パーティ 剣盾

しかし、 構築次第では勝ちやすいパーティを作成することが可能であり、たくさん勝利を重ねことで最強になることはできます。 構築の仕方が重要 最強のパーティに仕立て上げるには、構築の仕方が非常に重要です。 好きなポケモンをパーティ内に入れるにも、タイプ相性の相性保管を考えたり、どのような戦略で戦うのかを考える必要があります。 まずは レンタルパーティを使用し、実戦の経験を積むことで構築のヒントが掴めます。 対戦環境の考察 解禁ポケモンが多数ランクイン シリーズ5からヨロイ図鑑のポケモンやテラキオン、コバルオンといった準伝説のポケモンが解禁されたことにより、多くの解禁ポケモンが使用ランキングにランクインしています。 多くのポケモンが解禁されたことにより、環境ががらりと変化するため、今一度環境に合わせたパーティ構成の見直しを行いましょう。 特に生半可な火力では突破することのできない耐久力を持つポリゴン2や専用技やキョダイマックス技が強力なウーラオスの対策が必要となってきます。 新環境でもリベロエースバーンが強力 新環境に突入しても攻撃時に技と同じタイプに変化する特性、「リベロ」を持ったエースバーンが強力です。 常に技をタイプ一致として使用できるため、どの技を使った場合でも大ダメージを与えられるエースアタッカーとしての活躍ができます。 物理環境に対応できる物理受けが増えている 物理アタッカーが多い現環境では、カバルドンやドヒドイデなど、物理アタッカーに強いポケモンも多く使われています。 これらのポケモンは耐久力の高さから長期戦になりやすく、対応手段を用意しなけれ完全に動きを止められてしまうため、特殊アタッカーや変化技を封じる手段が重要になっています。 ダイマックスを活かした型が多い ダイマックスの「HPが上昇する」という仕様や、ダイマックス技の効果を利用したポケモンが環境に多く存在しています。 特に 「ダイジェット」の素早さを上げる効果が強力で、「ギャラドス」や「アーマーガア」といった「ダイジェット」を効果的に使えるポケモンの評価が高いです。 この影響で、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2段階上げられる「じゃくてんほけん」を持ったポケモンが多く存在しています。

次の