学芸都市編。 ポスト2020の都市づくり (学芸出版社): 2017|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

都市計画設計研究所

学芸都市編

東京学芸大学研究報告 東京学芸大学編 東京学芸大学, 1952-• 3輯1部 哲学・芸術学• 3輯2部 国語・国文学・漢文• 3輯3部 外国語・外国文学• 3輯4部 法律学・経済学・社会学• 3輯5部 歴史学• 3輯6部 地理学• 3輯7部 教育学・教育心理学・教科教育学• 3輯10部 生物学・農学• 4集1部 哲学・芸術学編• 4集2部 外国語・外国文学編• 4集3部 法学・経済学・社会学編• 4集6部 音楽編• 4集7部 農学・工学・商学編• 4集8部 教育学・教育心理学編• 4集9部 史学・地理学編• 4集10部 国文学・漢文学編• 5集3部 法学・経済学・社会学編• 6集3部 法学・経済学・社会学• 6集11部 地理学• 10集• 11集• 12集• 13集• 総索引 : 1-10集 昭和24-33年度•

次の

日本人物情報大系 学芸編1

学芸都市編

学芸都市 【解説】 アメリカ・カリフォルニアの沿岸から西側へ50キロほど離れた海上に作られた、 直径10キロ程度の超巨大な人工島。 この海域は水深20メートルぐらいまで岩場がせり上がっているため、 その上に人工物を積み上げ、仕上げに大量の砂を載せて作られている。 また、近未来の地球を描くというテーマで撮られた映画の撮影のために、 「50年後の動植物の環境」を擬似的に作り出しており、 そのため周囲には『生物ガード』という目の細かい網のようなものに覆われ、 互いの生き物が出入りできないようになっている。 元々は島全体がハリウッド映画を撮るためだけに作られたものの、 撮影後、「島一つを処分するのはもったいない&環境によろしくない」ということで全面改修され、 現在は島そのものが世界最大のテーマパークとなっている。 他にもアメリカ側の本音としては、 「技術力で敵わない学園都市が存在する以上、CGやVFX以外の撮影技術を模索しなければならない」 という部分もあるようだ。 そのために最先端とは程遠い伝統的な芸術技術…… 絵画、彫刻、陶芸、人形劇、伝統時計、浮世絵なども集め、ヒントを探している。 その実態はアメリカ政府のUFO研究の為の研究資金を用いて行われた12のオカルト実験、 『ノーリッジ12』によって設立された研究施設。 華やかな表向きの目的の裏では、 『翼ある者の帰還』から『太陽の蛇 シウコアトル 』を奪取し、独自に解析を進めていた。 解析自体は一向に進まなかったものの、奪還を狙う『翼ある者の帰還』と激しく敵対し、 ラヴィーゼ飛行隊などを擁して戦闘を繰り返していた。 9月6日に起きた最終決戦によって施設は大打撃を受けて経営が破綻。 テーマパークとしても研究機関としても閉鎖された。 学芸都市編 「学芸都市」を舞台とした長編SS。 学芸都市に潜む陰謀に巻き込まれ、それを解決すべく奔走する美琴達の活躍が描かれている。 ショチトルやトチトリが所属する魔術結社「翼ある者の帰還」が大きく物語に関わり、また彼女らが『禁書目録』原作15巻・19巻での行動に至った経緯が明かされる。 超電磁砲SSだが、アステカ神話の霊装などが登場し魔術的な要素も多く含んでいる。 9月3日、広域社会見学で美琴達は学芸都市を訪れ、浜辺で自由行動を楽しんでいた。 しかし、サプライズのショーを見ていると、突如奇妙な機体「雲海の蛇」の戦闘に巻き込まれる。 夜になり、ホテルに戻った美琴は独自に調査を進め、成り行きで同行してきた佐天と怪しげな施設へ潜入し、行き着いた格納庫で「係員」のオリーブ=ホリデイと遭遇するも、交戦を回避しその場を立ち去る。 翌日、佐天は褐色の少女ショチトルと出会い、彼女の頼みで水着を買った後共に行動するが、突如都市中で爆発が巻き起こり、ショチトルは都市を立ち去る。 その夜、この街やショチトルらの真相が気になった佐天は昨夜の施設へ向かうが、そこでオリーブに拘束されてしまう。 翌日、佐天は海岸の岩場でオリーブに海難事故を装って殺されかけるも、ショチトルに窮地を救われる。 その夜、美琴達が佐天から事情を聴いていた時、突如武装した「係員」に襲撃されるが、美琴と黒子が応戦し事なきを得る。 翌日、大型救命艇サーモンレッドを使い都市の観光客を脱出させるべく、初春と佐天は避難誘導を行う。 美琴と黒子は海上に出現した「太陽の蛇」の子機を迎撃し、黒子負傷後は水分子の翼を使い単身でショチトルと交戦する。 最終的には子機の破壊に成功するが、テクパトルらがサーモンレッドを襲撃しようとしたことを知ったショチトルは、佐天の制止を振り切り、途中合流したトチトリと共に「雲海の蛇」を迎撃する。 その後、広域社会見学は切り上げられ、美琴達は学園都市へ帰国する。 後日のとある場所、ショチトルとトチトリは組織の上層部の元で制裁の審議を受けることになる。 いずれもコピペですよ^^.

次の

都市計画設計研究所

学芸都市編

学芸都市 【解説】 アメリカ・カリフォルニアの沿岸から西側へ50キロほど離れた海上に作られた、 直径10キロ程度の超巨大な人工島。 この海域は水深20メートルぐらいまで岩場がせり上がっているため、 その上に人工物を積み上げ、仕上げに大量の砂を載せて作られている。 また、近未来の地球を描くというテーマで撮られた映画の撮影のために、 「50年後の動植物の環境」を擬似的に作り出しており、 そのため周囲には『生物ガード』という目の細かい網のようなものに覆われ、 互いの生き物が出入りできないようになっている。 元々は島全体がハリウッド映画を撮るためだけに作られたものの、 撮影後、「島一つを処分するのはもったいない&環境によろしくない」ということで全面改修され、 現在は島そのものが世界最大のテーマパークとなっている。 他にもアメリカ側の本音としては、 「技術力で敵わない学園都市が存在する以上、CGやVFX以外の撮影技術を模索しなければならない」 という部分もあるようだ。 そのために最先端とは程遠い伝統的な芸術技術…… 絵画、彫刻、陶芸、人形劇、伝統時計、浮世絵なども集め、ヒントを探している。 その実態はアメリカ政府のUFO研究の為の研究資金を用いて行われた12のオカルト実験、 『ノーリッジ12』によって設立された研究施設。 華やかな表向きの目的の裏では、 『翼ある者の帰還』から『太陽の蛇 シウコアトル 』を奪取し、独自に解析を進めていた。 解析自体は一向に進まなかったものの、奪還を狙う『翼ある者の帰還』と激しく敵対し、 ラヴィーゼ飛行隊などを擁して戦闘を繰り返していた。 9月6日に起きた最終決戦によって施設は大打撃を受けて経営が破綻。 テーマパークとしても研究機関としても閉鎖された。 学芸都市編 「学芸都市」を舞台とした長編SS。 学芸都市に潜む陰謀に巻き込まれ、それを解決すべく奔走する美琴達の活躍が描かれている。 ショチトルやトチトリが所属する魔術結社「翼ある者の帰還」が大きく物語に関わり、また彼女らが『禁書目録』原作15巻・19巻での行動に至った経緯が明かされる。 超電磁砲SSだが、アステカ神話の霊装などが登場し魔術的な要素も多く含んでいる。 9月3日、広域社会見学で美琴達は学芸都市を訪れ、浜辺で自由行動を楽しんでいた。 しかし、サプライズのショーを見ていると、突如奇妙な機体「雲海の蛇」の戦闘に巻き込まれる。 夜になり、ホテルに戻った美琴は独自に調査を進め、成り行きで同行してきた佐天と怪しげな施設へ潜入し、行き着いた格納庫で「係員」のオリーブ=ホリデイと遭遇するも、交戦を回避しその場を立ち去る。 翌日、佐天は褐色の少女ショチトルと出会い、彼女の頼みで水着を買った後共に行動するが、突如都市中で爆発が巻き起こり、ショチトルは都市を立ち去る。 その夜、この街やショチトルらの真相が気になった佐天は昨夜の施設へ向かうが、そこでオリーブに拘束されてしまう。 翌日、佐天は海岸の岩場でオリーブに海難事故を装って殺されかけるも、ショチトルに窮地を救われる。 その夜、美琴達が佐天から事情を聴いていた時、突如武装した「係員」に襲撃されるが、美琴と黒子が応戦し事なきを得る。 翌日、大型救命艇サーモンレッドを使い都市の観光客を脱出させるべく、初春と佐天は避難誘導を行う。 美琴と黒子は海上に出現した「太陽の蛇」の子機を迎撃し、黒子負傷後は水分子の翼を使い単身でショチトルと交戦する。 最終的には子機の破壊に成功するが、テクパトルらがサーモンレッドを襲撃しようとしたことを知ったショチトルは、佐天の制止を振り切り、途中合流したトチトリと共に「雲海の蛇」を迎撃する。 その後、広域社会見学は切り上げられ、美琴達は学園都市へ帰国する。 後日のとある場所、ショチトルとトチトリは組織の上層部の元で制裁の審議を受けることになる。 いずれもコピペですよ^^.

次の