電話 かけ 放題 au。 ソフトバンクのかけ放題プランはお得?利用料金やサービスの特徴を徹底解説

auで、電話かけ放題みたいなプランあるじゃないですか。

電話 かけ 放題 au

定額オプションをつけた場合の利用料金 上記で示した金額にデータ通信プランの月額料金が加算され、最終的な月額料金となります。 以下に各プランでのシミュレーションを用意しました。 <定額オプションの月額料金イメージ> 基本料 プラン名称 通話オプション 月額料金 基本プラン(音声) 980円 ウルトラギガモンスター+ (データプラン 50GB+) (6,500円) 定額オプション 1,500円 8,980円 ミニモンスター (データプランミニ 1〜5GB) (3,000〜7,500円) 5,480〜9,980円 スマホデビュープラン (データプラン1GB) (1,500円) 3,980円 <準定額オプションの月額料金イメージ> 基本料 プラン名称 通話オプション 月額料金 基本プラン(音声 )980円 ウルトラギガモンスター+ (データプラン 50GB+) (6,500円) 準定額オプション 500円 7,980円 ミニモンスター (データプランミニ 1〜5GB) (3,000〜7,500円) 4,480〜8,980円 スマホデビュープラン (データプラン1GB) (1,500円) 2,980円 <基本通話プランのみの月額料金イメージ> 基本料 プラン名称 通話オプション 月額料金 基本プラン(音声) 980円 ウルトラギガモンスター+ (データプラン 50GB+) (6,500円) なし 7,480円 ミニモンスター (データプランミニ 1〜5GB) (3,000〜7,500円) 3,980〜8,480円 スマホデビュープラン (データプラン1GB) (1,500円) 2,480円 準定額オプションとの違い 定額オプションと準定額オプションの違いは、その月額料金と1回の通話の内の無料通話の時間です。 定額オプションでは1回の通話時間に関係なく通話料がかかりませんが、準定額オプションの場合は、1回の通話に対しての無料通話時間は、はじめの5分に限定されています。 それ以上の時間通話してしまうと、通常の基本プラン(音声)と同様、30秒につき20円の通話料がかかります。 ただし、 準定額オプションでもソフトバンクでの家族間通話は時間・回数制限なく無料です。 また、定額オプションの月額料金は1,500円、準定額オプションは500円と、それぞれの間には月々1,000円の金額差があります。 ・長電話だと通話が切断されることがある ・無料通話の対象外となる通話がある 長電話だと通話が切断されることがある 回数・時間無制限と謳う定額オプションであっても、通話回線に深刻な負担をかけ、通信を独占するような使用をすると、ソフトバンク側からの操作で、通話が切断されてしまうことがあります。 例えば、著しく非常識的な長時間に及ぶ通話や、間断なく発信・通話を繰り返している状態などが処置の対象です。 また、この定額オプションの機能を通話以外の目的(通信を行うことが使用者への直接の収入につながる用途など)で利用しているとソフトバンクが判断した場合も同様です。 無料通話の対象外となる通話がある 海外からの発着信や、フリーダイヤルへの発信など、定額オプションの無料通話が適用されないケースが存在します。 通話のオプションサービスを付けるか判断すべきポイント 通話オプションに加入するべきか? 現在のソフトバンクでは、使った分だけ通話料がかかる基本プランに、別途月額料金のかかかる定額オプション・準定額オプションを付与する仕組みです。 基本プランから見ると定額オプションは1,500円、準定額オプションは500円月額料金が高くなるといえるので、その金額分に見合う通話利用をするかどうかが判断のポイントです。 無料通話アプリの利用がほとんどの場合は不要 基本プランでの月々の通話料が、オプションの金額を下回るのであれば、定額オプションは不要だといえます。 30秒20円の通話料で計算すると、 毎月12. 5分以上話す場合は準定額オプションがお得です。 さらに超えて、 37. 5分以上通話するのであれば定額オプションがお得、という計算になりますが、そこまでの利用をしないのであれば基本プランのみで十分です。 また、通話の機会は多いけれどもLINEなどの無料通話アプリでの通話がほとんど、通話の相手はソフトバンクユーザーの家族、という人も定額オプションは不要ですね。 1回5分以内の通話がほとんどなら準定額オプション 準定額オプションは、1回あたり5分以内なら通話無料という時間制限があります。 短い通話がほとんどの場合は、準定額オプションが向いているといえます。 そのため、短時間で済ませようと思っていたのに、「ついつい話し込んでしまい気付いたら1時間」…なんてことには注意したいですね。 5分が近づいたら通知をしてくれる、という機能もとくにないため、準定額オプションにする場合は、通話時間を気にしながら電話をするくせをつけたほうがよいでしょう。 頻繁に通話する人・長い時間通話する人は定額オプション 通話の回数が多く、1回の通話時間も5分を超過するケースが多い人は、間違いなく定額オプションを選ぶことをおすすめします。 先述のように基本プランのみの場合であれば37. 5分、準定額オプションでも25分以上の有料通話時間があれば、それぞれの通話料は定額オプションとの差額を超えてしまいます。 長電話が習慣づいてしまっている人なら、この程度の時間を1度の通話で超えてしまうことも珍しくないはずです。 思い当たる人は、迷わず定額オプションを選択しましょう。 1回5分以内の通話がほとんどなら準定額オプション、頻繁に通話する方、通話時間が長い方は定額オプションがおすすめです。 ただし、通話相手のほとんどがご家族の人や、無料通話アプリの利用がほとんどの場合は不要といえます。 通話の状況によっては通話料が安くなることもあるため、必要に応じて、オプションをつけるようにしましょう。

次の

ソフトバンクのかけ放題プランはお得?利用料金やサービスの特徴を徹底解説

電話 かけ 放題 au

例えば、宅配便の再配達受付、コンサートチケットなどの電話発売、企業のお問い合わせ窓口、TV番組の電話投票や応募、競艇のレース結果や実況をお聞きになるサービスなど。 当社以外が提供する電話サービスの利用にあたり接続する番号、機械的な発信等により、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号などは定額通話の対象外となります。 A ベストアンサー 0120の番号で携帯電話やPHSなどからも受け付ける設定にしている場合は、受付されます。 0120の番号は着信者課金の番号ですから、発信者には料金がかかりません。 着信者には料金がかかります 携帯電話からの受付を出来ない設定にしている場合は、つながらない旨がアナウンスされます。 最近は、携帯電話でつながる番号を自動音声でアナウンスされている場合も多いです >そして携帯版の0120ってあるのでしょうか? あります。 と言うべきかありましたと言うべきか・・・・ フリーナンバーと言うNTTドコモのサービスがあります 090や080の番号以外に0120の番号が割り与えられます。 nttdocomo. html Q 現在ドコモユーザーで、auに乗り換えようと思ってます。 理由はよく通話をする友人たちがauで、au同士は無料通話が出来るということを聞いたからです。 *だとしたら、「指定通話定額」というサービスの意味は何なのか。 無料通話時間外 21時~1時に 頻繁に電話をする人向けのサービスですか? ちなみに友人たちはスマホだったりガラケーだったりです。 調べてもよく分からなかったので、よろしければ解答いただけると嬉しいです。 A ベストアンサー >*au同士は無料通話が出来るというのは、プランZに加入していないと適用されないのか。 4GLTE、もしくは、iPhone5の場合はLTEプランで、1~21時 の間はau携帯電話(フィーチャーフォン・スマートフォン関係なし) 相手であれば無料に成ります。 なので、掛ける方が無料に成れば相手が相応のプランにする 必要はないです。 >*だとしたら、「指定通話定額」というサービスの意味は何なのか。 「指定通話定額」とは、お書き通り、24時間通話したい人の為にある オプションです。 月390円でauの相手先が3件まで指定出来、その相手に掛ければ 24時間無料に成る…という事です。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

電話かけ放題プラン(通話定額料金)比較

電話 かけ 放題 au

かけ放題は定額制なので、毎月一定料金支払えば何時間通話をしても料金が無料になるというものです。 通話メインにガラケーやスマホを利用していた方にとっては欠かせないサービスだと思います。 これ以外にも同じキャリア同士、時間帯限定、家族限定など3大キャリアではかけ放題のプランが充実していました。 ただ気になるのは、今話題の格安スマホにもかけ放題プランがあるのか、ということです。 実は、格安スマホでもかけ放題を利用することができるので、通話派だったという方でも気軽に乗り換える事ができるのではないでしょうか。 格安スマホでかけ放題を利用したいという場合は、音声通話機能付きデータSIMを選びます。 音声通話機能付きデータSIMでは、通話時間によって通話料が発生します。 格安スマホの場合、通話料がそのまま発生するため通信量がお得になっても月額料金が高くなってしまう方は多いです。 そんな時は、MVNOのかけ放題サービスに加入すれば通話料を考えることなく格安スマホを利用することができます。 通話派の方でも毎月の通話料を気にせずに利用を続けることが可能です。 MVNOのかけ放題は、3・5・10分かけ放題の時間制が基本となります。 かけ放題は、以下の3種類になります。 ・キャリアと同じ完全かけ放題 ・時間制限のあるかけ放題 ・指定された時間分利用できる通話パック キャリアと同じ完全かけ放題 キャリアのかけ放題は定額制で完全かけ放題であることが多いです。 時間や回数制限がないので定額料金を支払っていれば、いつでも通話をすることが可能です。 ただ、注意点として、基本的に電話はキャリアと同じ電話網を使っている格安スマホですが、かけ放題の場合、一部のMVNOではIP電話を利用している場合があります。 IP電話の場合、ネット回線を利用しているため電話網に比べて回線の品質が悪いときがあります。 よりよい品質で通話を行いたい場合はIP電話ではなく電話回線のかけ放題を利用しましょう。 時間制限のあるかけ放題 MVNOの多くが、時間制限を設けたかけ放題を提供しています。 例えば、1、3、5、10分のように時間制限があります。 この中でも、5分や10分といったかけ放題を提供しているMVNOは多いです。 @モバイルくんでもオプションとして、というものがあります。 月額料金は1000円(税別)かかりますが、短時間の通話を頻繁に行うという方にはおすすめです。 指定された時間分利用できる通話パック かけ放題に近いオプションとして用意されているのが通話パックです。 メリットは主に、以下の3つになります。 ・通話料金を気にしなくてもいい ・格安スマホとガラケー2台持ちの人は1台にできる ・各キャリアと遜色なく使用することができる 格安スマホでかけ放題を利用すれば、これらのメリットを得ることができます。 それでは、各メリットをじっくりと見ていきましょう! 通話料金を気にしなくてもいい 音声機能付きデータSIMでは、通話をする際に通話時間によって金額が発生します。 各キャリアに比べると高めの料金設定のため、格安スマホを選んでもキャリアと契約しているときと月額料金が結局変わらなかった、という状況もおこり得るのです。 そこで、かけ放題を利用することで定額料金で通話料を抑えることができるため、通話料金を気にしなくてよくなります。 これは、大きなメリットのひとつでしょう。 格安スマホとガラケー2台持ちの人は1台にできる 現在、格安スマホをデータ通信契約で使用していて、ガラケーを通話専用として使っている方は多いのではないしょうか。 かけ放題のサービスを選ぶことで、2台持ちから1台にまとめることができます。 1台にすることで利便性が向上します。 2台持ちが面倒だと感じている方は、かけ放題のサービスがぴったりです。 各キャリアと遜色なく使用することができる 格安スマホの弱点といえば、やはり各主要キャリアとの差にあります。 機能面やサポート面は各キャリアに劣ると考えている方も多いでしょうが、現在の格安スマホは、かけ放題をはじめとして多くのプランで各主要キャリアと同じレベルのプランを契約することができます。 もちろん、金額は安いうえに、キャリアの縛りが嫌な方は、格安スマホを選択するといいでしょう。 格安スマホのかけ放題は、こんな方におすすめ!です。 ・チャットやメールよりも通話を多く使う方 ・仕事の関係上通話でのやりとりが多い方 ・通話料を気にせずたくさん話したい方 簡単にまとめると通話メインで使用している方にはうってつけのサービスです。 かけ放題に入っていれば通話中に料金を気にする必要はないので、思う存分通話を楽しむことができます。 また、仕事で通話が多い方にもおすすめです。 格安スマホなのでキャリアより安く通話を楽しめます。

次の