サラリーマン 小遣い。 お小遣い制で月3万とかのサラリーマンって人生後悔してるだろw結婚は人生をより楽しむための手段だぞ、こうなったら終わりだわな。

サラリーマンのお小遣い額、男女ともに2年ぶり増

サラリーマン 小遣い

サラリーマンの1日の 昼食代の平均金額は570円 うーん調査結果からですがこの数字はちょっと高いかなという気もしますね。 会社に社員食堂があればほとんど500円以内だと思いますし、ランチで570円は割と高めではないでしょうか? これで仕事に1ヶ月、20日間出勤したとすると、昼食代だけで 11,400円かかります。 これでお小遣いの3割を占めることになります なので、お弁当を持参する人も多いく、 約3割近くの人はお弁当を持って仕事にでているそうです。 奥さんでも自分でも、毎朝お弁当を作るのは大変ですが、作った方が絶対に安いですよね。 ちなみに、1日のお弁当代(手作り)は160円ぐらいだと言われています。 ちなみに、サラリーマン全員のお小遣いに昼食代が含まれているわけではありません。 サラリーマンの1ヶ月の飲み回数は、 平均で2. 3回 また、1回の飲み代は5,410円で、 1ヶ月の飲み代は12,443円になります。 飲み代もお小遣いの3割を占めています。 昼食代と違って、ほとんどのサラリーマンはお小遣いから飲み代を出しているのではないでしょうか? 昼食代は高いなって思いましたけど、飲み代5410円は「安っ!」て感じたのは私だけでしょうか。 居酒屋1軒ならまだしもねえ?だいたいたキャバクラとか行っちゃうんでしょ? ・・・あっ私は酒好きですがここ数年は飲み歩くのは控えて稼ぐことに夢中になってます。 本当、交際費ってばかにならないし、実はなんの為にもならない席も多いんですよね。 ちなみにこれも家庭によってプライベートな飲み代はお小遣いから、会社の忘年会などは家計からというケースが多いようです。 ちなみに、自宅で飲む回数の平均は1ヶ月で12. 6回だそうですよ。 サラリーマンのお小遣いの内訳・使い道「嗜好品」 昼食代や飲み代だけで、お小遣いの6割を占めていることがわかりました。 では、その他の4割である16,000円ぐらいは何に使っているのでしょうか? ほとんどのサラリーマンが、 コーヒーやたばこなどの嗜好品に使っています。 毎朝コンビニでコーヒーとたばこを買うサラリーマンは多いです。 また、甘いもの好きな人ならお菓子を買う人もいるでしょう。 仕事のストレスを嗜好品で溜めないようにしているんですね。 タバコはやめた方がいいですよ・・ サラリーマンのお小遣いの内訳・使い道「遊び代」 嗜好品の話をしましたが、タバコを吸わない人もいますし、コーヒーやお茶は自宅からタンブラーで仕事に持参する人も多いです。 そんなサラリーマンは、お小遣いを何に使っているのでしょうか? 「そんなの趣味に全額に決まってるだろ!」 なんて聞こえてきそうですが、これも調べてみると人それぞれ。 パチンコ・スロット• 自己投資(本・セミナー)• 趣味(スポーツ・アウトドア・ゲーム・アニメ)• 家庭用品・DIY• 投資(株・FX)• 子供との遊び代• 美容 ほとんどのサラリーマンは趣味にお小遣いを当てているのではないでしょうか? 特に30代を超えてくると趣味もとことん「凝って」きますからかかる金額も半端じゃないですよね。 私の趣味の釣りやキャンプもめちゃめちゃアイテムにかかるお金が高いです。 なので最近はほとんど買うよりも運用したりお金を増やしてから余裕を持って好きなものを買うようにしています。 例えば、 不用品をネットで売ったり、 ポイントを貯めてみたり、 株や投資信託を始めてみたり… このあたりだったら気軽に初められて小銭稼ぎにはなりそうです。 最初は面倒だなと思うことも慣れてしまえば余裕ですよ。 「いや、もっと真剣に稼ぎたい!」方は下をご覧ください。 まとめ• サラリーマンのお小遣いの平均は約4万円• 昼食代はお小遣いの3割を占めている• 約3割近くの人はお弁当を持参• 飲み代もお小遣いの3割を占めている• 残りのお小遣いをコーヒーやたばこなどの嗜好品に使っている• お小遣いを増やしてみよう お小遣いに頼らないが正解 お小遣いの内訳・使い道は、金額にもよりますが家庭や仕事柄、地域によっても様々です。 サラリーマンのお小遣いは昔から話題になりますが、実は何年も前から金額は3万円代で「横ばい推移」です。 なんと90年代には平均お小遣い額が77,000円なんて時代もあったんですね。 今この77,000円というお金が毎月お小遣としてあったらどうですか? 好きなものを好きなように買って、1つもストレスなく過ごせそうですよね。 ではこの先5年. 10年どうなるか?・・きっと3万円平均は変わりません。 むしろお小遣は日経平均株価と連動しているとも言われているのでこの先ガクンと下がる可能性も十分にあります。 そうなった場合、今の家計のお小遣いに頼っていてはいつまでたっても自由にやりたいことはできない、買いたいものは「我慢・我慢・我慢」が続きます。 そこで現在、私のこれまでの経験を活かして、今の現状を少しでも変えたい人に向けてメールマガジンを無料で配信しています。 詳しくは以下を是非ご覧ください。

次の

サラリーマンの小遣い稼ぎは副業がおすすめ【月3万円を自由に使う】

サラリーマン 小遣い

年齢別の平均年収は? まず、サラリーマンの年齢別の平均年収をご紹介します。 年収ごとにご紹介していきます。 おまけで、年収1000万円までの平均のお小遣いを表にしました! こちらも要チェックです!! 年収(万円) 年間(円) 月(円) 250 217959 18163 300 261551 21795 350 305676 25473 400 349344 29112 450 393013 32751 500 436681 36390 600 524017 43668 700 611353 50946 800 698689 58224 900 786026 65502 1000 873362 72780 まとめ いかがでしたでしょうか? 実際、サラリーマンのお小遣いの使用用途第1位は 「昼食代」だそうです。 昼食代を節約するのが、サラリーマンの方にとっては一番良い節約方法でしょう。 昼食代を賢く節約したい方はのサイトをご覧になってみて下さい。 年収の少ないサラリーマンの方は毎日ワンコインランチの昼食代に抑えても半分くらいぶっ飛びます。 世の奥様方へお願いです。 お弁当を作ってあげてください。 笑 そして、サラリーマンの方々。 「ねだるな、勝ち取れ!」 頑張って稼ぎましょう!! スポンサーリンク この記事もオススメ!.

次の

サラリーマンは株で小遣い稼ぎできる? 株を始める前に知っておきたい注意点とは

サラリーマン 小遣い

人気コンテンツの目次• サラリーマンのお小遣いの平均相場はいくら?年代別・年収別で変わる お小遣いで不満が多い男性ですが、世間での平均額を知りましょう こんなに働いているのに小遣いがこれだけ!?と不満に感じる方も多いのではないでしょうか。 給料を自由に使える独身時代と違って、世帯を持つと自分だけの使えるお金ってグッと減ってしまいますね。 給料明細をみても様々な税金が沢山引かれています。 手取りからさらに生活費に住宅費などを引いて残った金額にドッと疲れを感じるのでは? 夫婦会議でお小遣いのアップを願っても却下される方。 平均相場を知る事でお小遣いの調節がしやすくなるのではないでしょうか。 お小遣いの平均について 新生銀行から発表されたサラリーマン全体のお小遣いの平均は、37,428円です 2017年調査 前年度より445円減。 約4万円もらっている計算になります。 これを多いと感じるか少ないと感じるかは年齢、年収によっても違いますね。 サラリーマンのお小遣い事情についてご紹介します。 関連記事: 景気とサラリーマンのお小遣い事情 2013年アベノミクス相場により日経平均が上昇しましたね。 しかし、景気が一時的に上がっても、バブル前と違いどんどん景気が良くなっていくという考えを持てない現在。 不安定な景気に財布の紐もきつくしめる家庭が多い傾向です。 バブルの時のように景気が上がっているから多少使っても大丈夫という前向きな考えではなく、いつ景気が悪くなるか…という考えが家庭にあります。 多少の景気の変動でサラリーマンのお小遣いは増えないのが実態です。 サラリーマンのお小遣い平均が、過去最低から低迷しているのはそういった傾向が反映されています。 バブルを知らない若い世代のお金の感覚もシビアになってきています。 使うことよりもどんな使い道をするのかを考えていて、余計な浪費をしないよう意識している方が多いですね。 関連記事: 子供がいる家庭のお小遣い事情 子供が生まれると、養育費以外にも何かと必要なお金が多いですね。 住宅や自動車などの大きな買い物をしたり、一気にお金が必要になることも多いでしょう。 未就園児がいる家庭は、出費が重なる時期ですが、女性が働けないまたは正社員で雇ってもらえなくなり収入が減ります。 前述したサラリーマン全体のお小遣い平均は、3万7千円ですが、未就園児のいる家庭になるとさらに低い平均2. 5千円となります。 飲み会などもお小遣いから出るとなると、毎月ギリギリという方も多いのでは? お昼は外食をやめ、お弁当・マイボトルを持参してやりくりしたり、家族協力し合いましょう。 子供が成人を迎えるとやっと自由に使えるお金が出来たという方も多いですよね。 そうなると、50代になって海外旅行へ行くなど趣味を楽しむ余裕が出てくる家庭も多いでしょう。 なので、30代、40代は踏ん張りどきだと自分に力を込めて頑張りましょう。 年収別のお小遣い事情 サラリーマンのお小遣い平均3万7千円、高年収の人と低年収の人の平均です。 当たり前ですが、1千万円以上稼ぐ人はお小遣いが高いです。 平均と同じくらいに合わせる!ではなくて 自身の年収に見合ったお小遣いを知る事が大切です。 年収別のお小遣い平均についてご紹介します。 年収200万円の家庭だと一か月1万円程になります。 平均の3. 7万円のお小遣いをもらっていたら多い事になります。 親と同居していて家賃が要らない場合などでなければ、相当キツキツの状況です。 しかし、急にお金がいる時期もあるでしょう。 そんな時の為にもお小遣いは貯金しておきたいものですね。 節約が嫌なら副収入を考えたり、お小遣い分を株などに回したりと収入を増やすことを目標にしてみましょう。 年収300万だと、1か月2万ほどになりますが、携帯代込みという方はなかなか自分の趣味代に回せれないと言う方も多いのではないでしょうか。 サラリーマンで役職がついていれば部下に飲み会を奢る席もあるでしょう。 そんな時なかなか「飲め!飲め!」とは言いづらくなりますね。 生活スタイルもありますので、お小遣いの額は必ずしも年収の10%というわけではありません。 奥様方はあまり細かくチェックするのではなく、そういった事情を踏まえて相談することも大切です。 結婚するまではお互い金銭感覚が違って当たり前です。 その溝を埋めるためにもお互い譲歩し合って家計を見直しましょう。

次の