カオス チャイルド 7 話。 Архитектурно

CHAOS;CHILD

カオス チャイルド 7 話

アニメ「CHAOS;CHILD -カオス・チャイルド-」の詳細 2015年、渋谷。 6年前に起きた大災害、『渋谷地震』から復興した街に新設された私立高校『碧朋学園』に通う少年、宮代拓留は、自身が設立した新聞部の活動の一環として『ニュージェネレーションの狂気の再来』と称される連続殺人事件を追っていた…。 その他 第1話 情報強者は事件を追う• その他 第2話 事件が彼らを囁く• その他 第3話 彼らのお祭りのお話の言い分• その他 第4話 お話の裏側が妄想を始める• その他 第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る• その他 第6話 侵した過去に間に合うために• その他 第7話 錯綜する光と影に惑う思いは• その他 第8話• その他 第9話 錯綜する思惑の行き着くところ• その他 第10話 迫りくる過去の記憶• その他 第11話 彼の戦い• その他 第12話 彼女の思惑• その他.

次の

【カオスチャイルド】マッピングトリガー

カオス チャイルド 7 話

このページの目次• 前回のおさらい 渋谷復興祭の日がやってきた。 拓留の名を騙って「命を絶つ」と公にしていた日である。 拓留は渋谷のとある施設にて、ついに今回の黒幕である佐久間と直接対決をすることになるのだが、佐久間の思考誘導の前に拓留は屈してしまう。 第12話「彼女の思惑」 一連の事件に関わっていた尾上世莉架。 彼女が何を思い、何を目的として事件に関わったのか。 そして拓留に何を望まれて世莉架は生まれてきたのか。 ついに明かされることとなる。 それを知った宮代拓留の行動は…。 泉里が真犯人…が既定路線だった? 11話から少し時計の針が戻って、9話の時空へ。 「能力の干渉に抗っただけでこれか」と言っていた世莉架。 そのあと非通知の着信が来ていたところで場面が切り替わっていましたが、その後のやり取りが3話ごしにようやく明かされます。 世莉架は拓留が犯人に仕立て上げられたことを佐久間に猛抗議していました。 「拓留の命を保証する」というのを唯一の条件として世莉架は佐久間に協力していたのに、これでは条件も台無しです。 どうやら、南沢泉里を黒幕に仕立て上げようとしていたようですが…!?実はこれには裏がありました。 それは12話の後半で明らかになります。 非実在青少女万能説 ウッドバーン・ヘロンというのは、ヘロンの感覚遮断実験。 被験者の感覚を全て遮断し、食事や排泄以外は何も見えない、聞こえない、感じない。 やがては幻覚や幻聴で精神が破壊されていくため今では禁止されている実験です。 拓留はそれに気づき、叫びます。 「「「助けて…!世莉架!!」」」 おまえはぼくの妄想か。 という問いかけに対して「そうだよ」と肯定する白おっけいさん。 拓留は感覚遮断実験のなかで妄想の世莉架にすがります。 世莉架は「タクはどうしたいの?」と問います。 拓留が思い浮かべたのは、結衣や乃々たちのいる日常風景でした。 彼が願ったのは幸せな日常に戻ること…だったのかもしれません。 ただ「仇をとらなきゃ」という動機で動くみたいですね。 佐久間を倒せ 拓留の反撃。 目を覚ました拓留は、なんかめっちゃ叫んで佐久間に襲いかかります。 目的は思考誘導の装置を壊すこと。 そして能力を使った拓留はついにその装置を壊すことに成功! …という夢を見たのさ! 拓留は妄想を佐久間に見せていた、ということなのでしょう。 よくわからんけどたぶんそういうこと。 今度は本当に佐久間とバトル。 再び装置を壊すべく佐久間に襲いかかります。 ディソードで拓留は装置を壊すことに成功しました。 が、その後佐久間との直接対決では腕力でかなうはずもなく、拓留は足と肩をやられます。 めっちゃ痛そう。 最終的には拓留のディソードが佐久間の喉を貫通。 あのオッサン、わりとあっけなく死にました。 ゲームメイカー世莉架 世莉架は生きていた。 しかしなぜか彼女は拓留に襲い掛かってきます。 そして彼女のディソードを通じて、彼女の思考が拓留に逆流してくる…! 世莉架と佐久間が話し合いをしているシーンへ飛びます。 そこで話されていたことは、世莉架に以下のことを思考誘導せよ、ということでした。 佐久間が委員会に戻ろうとしている。 野心を持った佐久間が世莉架を裏切り、拓留を犯人に仕立て上げようとしている 3. 「両親を殺したのは私だ」と世莉架の口から拓留に告げさせる 4. 生きる目的を変える つまり12話の冒頭で「犯人は南沢泉里にするはずだっただろう!」と抗議していた世莉架は、まさに佐久間の2番めの思考誘導にかかっていた状態だった…ということです。 全部、茶番だった 「思考誘導の装置がなければ真っ先におまえを殺していた」と息巻く世莉架にたいして、「おもしれぇなぁ!やってみるか?」と返す佐久間。 そして「クズが」と吐き捨てた世莉架はまさに黒おっけいさんだったw ともかく「このゲームの登場人物を動かしているのは私だ」と彼女はいい切ります。 そのためなら生きる目的すら偽る。 彼女は「ニュージェネの再来」を起こして、さらに拓留に「ニュージェネの再来」をことごとく解決させたのでした。 そうすることで拓留は「特別な存在」であることを叶えてあげられた。 そして、そもそも彼女が生み出されたのは、拓留が「ぼくにやりたいことを与えてよ」と願ったからだった…ということがここでようやく明かされます。 つまり一連の事件は、拓留というヒーローを生み出すためにお膳立てされたものだった、ということです。 それを願ったのは、他ならぬ拓留自身でした。 「カオスヘッド」で真犯人に仕立て上げられたものの、無実だったことを明かして一転ヒーローとなった西条拓巳のように、宮代拓留をヒーローに仕立て上げようとした。 それが世莉架の思惑だったのです。 「ぼくは情弱だ」 さて、今のところ筋書き通り拓留は罪もないのに真犯人に仕立て上げられてしまいました。 完全に西条拓巳のトレースができています。 あとは拓留の無実が証明されれば「情強」として拓留がヒーローになれることでしょう。 しかし、ヒーロー自身が「お膳立てされてる」と気づいてしまった。 拓留は全て世莉架に仕組まれてヒーローに仕立て上げられようとしている。 そのことに気づき、絶望します。 「伊藤が結衣を殺したのも、乃々だってぼくが刺したようなもんだろ」「ぼくがお前にやらせたんだ」と拓留は叫びました。 一連の猟奇殺人事件で直接手を下したのは、確かに佐久間や世莉架かもしれません。 しかし、もとをたどれば拓留が「やりたいことを与えてほしい」「特別な存在でありたい」と願ったからこの事件が起きたとも言える。 拓留はそう考えたのかもしれません。 結局彼は真犯人として出頭することとなります。 拓留は出頭、物語は1つの終わりを迎える 拓留は世莉架に手を下します。 世莉架は拓留のイマジナリー・フレンドに戻る…ということなのでしょうか。 最後は拓留が猟奇殺人事件の犯人として精神病院に収容されたと報道されています。 めっちゃ痩せこけてました。 びっくりするぐらい痩せてます。 そして、どうも世莉架は拓留の脳内ではなく、この世界に生きているようです。 最後には続編の制作が告知されました!アニメ2期なのか劇場版なのか!? そこまではまだわかりませんが、内容的には原作のTRUE ENDになるんじゃないかと言われています。 スッキリしない終わり方だったけど、続編があるならそっちに期待ですね。 『カオスチャイルド』全話通じての感想 最初は「これ、アニメでどこまで放送できるの?」って思ってたけど、思ったよりガッツリ描写されていましたね。 とりあえず序盤は連続猟奇殺人事件があって、めっちゃグロかった。 思い出したくもないような殺され方をたくさん見てしまいました。 思い切った描写という意味で言えば、中盤のおもらしは唯一の加点ポイントかもしれませんw 最終的には全ては仕組まれていた。 無自覚にヒーローに仕立て上げられていた。 そんな話でした。 おっけいさんが黒いのはある程度予想できていたけれど、まさか黒幕が佐久間だったとは思わなかった。 そういえば、おっけいさんがカエルのストラップをなぜかもっているというのは結局回収されませんでしたね。 続編で何か仕込みがあるといいなとは思います。 あとOPとEDがとてもよかったので、それはすごく好印象、というところでしょうかねw.

次の

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)の舞台や聖地巡礼のための情報をまとめてみた

カオス チャイルド 7 話

は「 」。 版とのィングは 『Z』。 (は以上推奨となっているが表現などはく同一の内容。 版は性的表現がされており一部のが変更されている。 ) 『』『』『』に続く、「 」第4弾。 同第1弾『 』から6年後のがとなっており、設定を色濃く引き継いでいる作品だが、前作が未でも全く問題なく楽しめる。 より濃密に楽しみたい人は先にしておくのがオススメ。 他に作品との繋がりとしては、登場人物のが「」という人物と連絡を取るがある、ガンヴァレルの名前が出る、など。 ・を務める氏がの印について、『』は""、『』は"曇"、『』は""、そして『CHAOS;CHILD』は""と述べるように、今作は ・・の要素が強く、ビターなとなっている。 これはの問題となるが、が「 この作品は、をえたのか?」というを使った様に最高だというも多く、多数のから高評価を得た。 版の限定版にはl Wo とl Wo 2枚組 、の限定版には登場人物の「」にスポットを当てた『間に合わぬ愚者の微睡-s』と可らしいの『BOX』が同梱されている。 より、で、が放送予定。 ・は登、・は山吉一幸。 は基本的に版通りだが、のみ担当が変更となっている(の休養によるもの)。 私立『学園』に通う新聞部の は、の 、友人の 二と共に、で起こっている奇妙な連続事件を調していた。 新聞部副で、でもある に反対されながらも、事件を追っていく内に達はある事に気づく。 この事件は6年前にを騒がせた事件、『 の狂気』の再来なのだと。 でしつつある、をに変えるを持つ『 ロス』たち。 事件現場に残されている の。 関心が狂気に変わる の反応。 だってだ」 生 2。 学園新聞部のを務める3年生。 の避難所となっているキャンピングで一人暮らしをしている。 「強者」を自称し、博識で文化に精通している。 一方で、ちゃんねるの・ツイぽ・ニヤなどのしか見ず、に操作されたに踊らされる連中や、簡単に手に入るをひけらかして間違いを、強者を気取る連中を「」と見下す悪癖がある、ちょっとイタい。 好きな飲み物はビュー。 「またとない」として、事件に首を突っ込んでいく。 (おのえ・) : 「事件だ!いや、?と、とにかくタクの言う通りのことが起きたかもしれないんだよ!」 生 C 学園新聞部に所属する2年生。 拓留ので、彼のことを「タク」と呼ぶ。 昔、拓留から貰ったん・をいたく気に入っている。 拓留と異なり明るい性格でが高く、新聞部や学園全体におけるムードで、学園内に多くの友人がいる。 ぽややんとしているようで、いざという時には率先して動くさも持ち合わせる。 口癖は「おっけい」。 の間では「」の称が浸透している。 いつでも拓留と一緒にいるため、共に事件を追いかけることとなる。 やっぱりが一番よね……たはは。 (くるす・のの) : 「こういう事件ばかり追いかけるのはやめなさいって前から言ってるでしょう」 生 D 学園のであり、新聞部の副も兼任する3年生。 文武両でがあり、を問わず慕われている。 通り名は「女」。 面倒見が良いが、怒らせるととても怖い。 拓留と同じ児童養護施設で暮らしていたため、彼とはのような関係である。 (ら・え) : 「っす。 が一番、でっす! これからヨロシクねっ」 生 C 学園文芸部の2年生。 流行に敏感で、学園生活を友人との他ないおしゃべりで過ごす、絵に描いたような今時の。 しかし、時折違う一面を覗かせることもあり、第3の事件『回転DEAD』の現場に何故か倒れていた。 口癖は「あおすぐらっしゃー」「っす」。 (やまぞえ・-) : 「……って、いったいなんですか?」 生 にしてはとても幼い見たを持ち、びている落ち着いた言動を取る。 や類が苦手で、世俗にも疎い。 の老人と共に行動している姿が度々見られる。 にはんのを背負っている。 (かづき・はな) : 「んー?」 生 G 学園新聞部の。 極端にで、「ん」としか言葉を発さず、まともに話した姿は部内でまだも見たことがない。 で、部室の共用でに入り浸っている。 気に入らないことがあるとを殴りつける。 しかしのは部内随一であり、整理やを任されている。 しょっちゅうやを口にしている。 (くのさと・) :、(・) 「こんな非が蔓延している現場で的なことを言うな」 生 E 拓留と同じ 学園に最近転入してきた3年生だが、ほとんど登校してきていない。 いつもの上にを着ている。 理知的な才女だが傲不遜。 一部の以外には年齢・立場を問わず非常に高圧的な態度を取る。 凄惨な事件現場にも物怖じせず、事件に対して訳知りのようでもある。 他のの登場人物と接点がある様子がしばしば見受けられる。 の :??? 全てのが隠されたの。 の間では「子」の称で呼ばれている。 二(・) : 「副が事件を追うのはやめなさいってキレてるぞ……」 生 学園新聞部の3年生。 拓留がまともに会話できる数少ないの1人で、気の置けない親友。 事件であり、「の狂気」にもを持っている。 それ以外は極めて良識的でな気のいいやつ。 拓留と共に事件のを追う。 (かわはら・まさし) : 「また例の下らないごっこだろう? それとも気取りか?」 生 学園の3年生。 拓留と々の関係を快く思っておらず、何かと新聞部の活動と拓留につっかかってくる。 成岳志(ょう・) : 「……の性格まで見習うつもりはありませんよ」 歳 生 「の狂気の再来」事件を担当する捜一課の。 根は面だが、のにより、事件解決のためには人の協も仰ぐ柔軟さを併せ持つ。 「の」の線から事件を追いかけることとなる。 和久井修一(わくい・いち) : 「なんだい来栖くん、機嫌がいいねえ」 歳 生 学園ので、新聞部の顧問を務める。 良識があり、穏やかな人柄なのでからの信頼はあるのだが、にが読めなかったり、ちゃらんぽらんな印を受けることが多い。 ゲンさん :石住昭 「余はただいま帰った! 待たせて悪かったな!」 拓留と同じに住む、の。 拓留の秘密の「プ」を売りつけてくる。 自らを「」と称し、飲んだくれては庶民的な昔話を聞かせてくれる変人。 用語 分、を襲った局地的直下大。 8、最大震度7。 最終的な死者31人、負傷者27人。 史上稀に見る大でありながら、余震の少なさなど、災にしてはな点が多く、などがしやかに囁かれている。 のような、太った男の顔が2つ合わさって描かれたな。 のあちこちに貼られている。 ちなみにするものであり、相がになっていない。 本作の。 学園 拓留達が通う、にある私立。 からの復計画の一部として建設された。 高等部と中等部があり、合わせて千人強がしている。 校舎は最新の設備が整っており、からの評判は良い。 カオスチャイルド の被災者に見られるに似た症状のこと。 被災当時若かった世代に立ち、彼らはカオスチャイルド者と呼ばれている。 ロス 「をにする」者。 ディソードという「の」を持つ。 ディソード ロスが所有する「の」。 持ちにより形状が異なる。 ブート(化)しなければ他人のには映らない。 どんなものも切り裂ける切れ味を誇る。 の狂気 、の前に起こっていた連続事件。 通称「ジェネ」 あまりに特徴的な内容から、事件ごとにキャッな通称が付けられていた。 はされている。 の狂気の再来 拓留たちが追いかける連続事件。 に起きたジェネと同じ日付であるなど、類似点がいくつも見受けられることから「再来」と呼ばれる。 システム の随所に差し込まれる。 を引くことで「する」。 「」「」の2種類があり、その場に即した、あるいはなを拓留が繰り広げる。 の仕方によってはが分岐することもある。 を引かずすることも可。 のを見ながら事件の整理をする、いわゆる「推理」。 正否がの分岐にすることもある。 状況が「」のに似ていることからそう名付けられた。 第2の事件『音漏れたん』 事件発生日: ニヤので活躍していた()が、中に失血死した。 実際には歌っておらず、で自分の部に埋め込んだ小のから歌が流れていたため、こう名付けられた。 第3の事件『回転DEAD』 事件発生日: の回転の上で、がからぶらさがったロープに首を絞められてした。 の回転によりが締め付けられていたため、こう名付けられた。 ロ ギョエ!! 。oO(前は聞かない方がいい、かも… ) ゲーム版スタッフ ・ 英 たきもとまさし 安本 崎央佳 監修 ・原画監修 クタ-・ ひろ 演出・ 二 史尋 ディソード 麦一 裕介 テレビアニメ より、ほかにて放送開始。 では有料配信。 初回放送は1時間となっており、告知しのサプラとして第1弾「」を新規+新規でしたが第1話と共に放送された。 はとしての面が大きく、カオスチャイルドを楽しむ上で必ずを理解する必要はい。 また、複数のがあり膨大なボリュームのを&1本のに収めるという都合上、脚本には多くの再構築が見られる。 達の心情描写や毎のなどが省かれているため、の知識と共に視聴することが望ましい。 は八話がです。 ここでを最初から見るが変わるほどのが あっさりと 変されて開されます。 そのため相応の覚悟を持って視聴をお勧めします。 もでのの題名となっています。

次の