トイレつまり 少しずつ流れる。 かなり困るトイレのつまり!自分でできる直し方と予防法まとめ

持ち家新築の2階のトイレの詰まりについて。 2階のトイレをトイレットペーパーで掃除して大量に流してしまい3回目くらいは水かさは増すけれど トイレットペーパーは少しずつ流れているようだったので

トイレつまり 少しずつ流れる

トイレのつまりの原因1 異物を流した場合の対処法 そもそもトイレに流しても良いものは、人間の排泄物、トイレットペーパー、水です。 これ以外はトイレに流せない異物に当たります。 ここでは固形異物を流して、トイレが詰まり少しずつ流れている時の解決法をご紹介します。 ここでの固形異物とは、スマートフォン、携帯電話、ボールペンなどの筆記用具や、お子さんのおもちゃや、プラスティックのふたなど、身の回り品で、水に溶けないものです。 自分で解決できる可能性があるのは、落とした異物が比較的浅い場所にある場合です。 この時、大事な注意点は、焦って水を流してしまわないことです。 水を流してしまうと、その水の流れに押されて、異物はさらに便器の奥へと進んでしまい、取り出すことが困難になってしまう可能性があります。 またラバーカップを使いたくなるところですが、 基本的にラバーカップはトイレットペーパーなど水に溶けるものが詰まった時に使う道具です。 ラバーカップで押し流そうとしても、トイレの排水管は直線ではなくカーブをしているので、そのカーブの所で詰まってしまい、余計に取り出すのが困難になり、状況を悪化させてしまう可能性があります。 ラバーカップも慌てて使わないようにしましょう。 トイレのつまりが異物の場合の解消策 異物を取り出す時には、まず止水栓を閉めてタンクに給水できない状態にしておきます。 作業する時にはゴム手袋をはめましょう。 便器の中をのぞいてみて、異物が見える位置にあり、なおかつ手をのばして届く位置にあれば、そのまま取り出してみましょう。 また手が届いたとしても、取り出そうとする時に、何か引っかかりがある時や便器の排水口に挟まってしまって取れない時には、無理は取り出さないようにしましょう。 排水口より奥に入ってしまった場合は、便器側から取り出すことはできません。 その場合は高圧洗浄機を使用して水圧をかけて押し出す、またはワイヤーブラシを使って押し出し、外にある排水マス側まで異物を押し出す必要があります。 この時、排水マス側でネットなどをかけておくと、異物がでてきた時に下水に流れていくのを防ぐのと同時に、押し出された異物をこのネットでキャッチすることができます。 トイレのつまりの原因2 トイレの節水 トイレの詰まりには、節水していることが原因になっている場合があります。 これが原因でトイレがつまり、少しずつ流れている状態になっている可能性もあります。 節水法には、使用する水の量を減らすためにペットボトルなどをタンクに入れる、またフロートバルブに重りをつけて水の量を減らす節水弁などがあります。 このような「水の量を減らす」という方法は、排泄物、トイレットペーパーが流れきらず、配管が詰まるといったトラブルの原因にもなります。 また、トイレを流す際のレバーの大小も、正しく使わないと詰まりの原因となります。 トイレは大小それぞれをきちんと流せるよう水の量を計算して設計されています。 節水のつもりで大小のレバーを適切に使わないと、トイレの詰まりを招くといったことにもなりかねません。 きちんと流すのに必要な水の量が足りなくなってしまうのです。 トイレで節水するのであれば、便器自体を節水のエコタイプに変えてみることをお勧めします。 また、節水グッズを取り入れてみるのも良いかも知れません。 トイレによっては取り付けられないものもありますが、水洗トイレの節水器ロスカット、ウォーターセーバーといった節水グッズは、お手頃価格で設置もしやすいので、手軽に取り入れられます。 トイレのつまりの修理をプロにお任せするタイミング できる限りは自分の力でなんとかしたいトイレの詰まりのトラブルですが、自分でなんとかしようと無理をすると、逆に状況が悪化してしまう可能性が高いです。 異物が詰まってしまって自分で取れないと思った時にはプロの業者にお願いしましょう。 無理に取ろうとして余計に奥につまってしまってしまうと、便器の取り外し工事など、大がかりな修理が必要になります。 マンション、アパートなどの集合住宅の場合は、階下への水漏れなども心配です。 基本的に、水で流れない異物が詰まってしまって手で取れない時は、プロの業者にお願いすることが安全策です。 自分で修理できる確信がない時、自分で修理できる自信がない時は、迷わずプロの業者におまかせしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回、トイレに異物を流してしまった時、自分でできる解決法と、自分で解決できないときプロの業者に修理を頼むタイミングについてお話しました。 トイレに異物を流してしまった時、自分で解決できるのは、異物が自分の手で取り除ける範囲にある場合です。 無理に取ろうとすると状況が悪化しかねません。 無理だと思った時には、迷わずプロの業者にお願いすることが安全です。 また、トイレでの節水は、詰まりの原因になりかねません。 トイレは適切な水の量で使用することが大切です。 水は、必要な時以外は何度も流さず、水流の音ボタンを活用するなど、小さなことでもできることで節水を心がけてみて下さいね。 今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

トイレが詰まった!少しずつ水が減るんですが対処方法は?

トイレつまり 少しずつ流れる

トイレがつまるには構造に理由がある! つまりが起こる原因のひとつは、トイレの構造がつまりやすい複雑な形状をしていることによるものです。 外からは確認しづらいですが、一般的な洋式トイレの排水管は、S字に大きくカーブしている部分があります。 このS字カーブの部分に水がたまるようになっていて、その水が下水のニオイをブロックしてくれているのです。 しかし、S字の部分に大量のトイレットペーパーや何かしらの固いものを流してしまうと、その部分につまってしまい、水がうまく流れなくなります。 しかし、いくら排水管がつまりやすい形状をしているといっても、それだけの理由でつまりが起きることは少なく、ほかにも理由があることが多いです。 次に、トイレがつまるその他の原因について説明していきます。 トイレをよくあるつまりの原因 トイレの構造がつまりやすい形状をしているということ以外にも、つまる原因は多いです。 ・トイレットペーパーがつまった 一度に大量に流すと、水に溶ける性質をもつトイレットペーパーでも溶け切らず、つまりの原因になることがあります。 また、トイレットペーパーは製品によって水に溶けにくいものも存在します。 ・ティッシュペーパーをトイレに流した 一般的なティッシュペーパーは、水に溶けにくいです。 水を吸収すると貼りつきやすくなる性質もあるため、トイレに流すと排水管の側面などに貼りついてしまう可能性が高く、それが原因でつまりをおこしやすいのです。 そのため、最終的にトイレに流すつもりの場合は、トイレットペーパーやトイレに流すことができるタイプのティッシュペーパーを使うようにしましょう。 ・異物を流してしまった 落としてしまったボールペンなどの小物を回収せずにそのまま流してしまうと、排水管の中をうまく流れずにつまりの原因になってしまいます。 ・長年の汚れ トイレを長い期間使い続けていれば、排水管の部分にも汚れが蓄積されていきます。 特にカーブになっている部分は汚れが蓄積しやすく、この汚れにトイレットペーパーなどが引っかかってつまりを引き起こすことがあるのです。 ・水の流れが弱い トイレの使用後には水を流しますが、その流れる水の勢いや量が十分でないとうまく流れてくれず、つまりを引き起こします。 節水として流水量を調節している方は注意してください。 業者へ依頼すべきかの見極め方 トイレの構造がつまりやすい形をしていることや、トイレつまりが起こる原因はわかりましたが、そのつまりを解消するために業者へ依頼するかどうかは迷いますよね。 そこで、どのような状態なら業者へ依頼するべきなのかをお教えします。 水の量がまったく変わらない場合 トイレがつまっている場合、たまっている水の量がいつもより多くなっています。 それでも、ちょっとしたつまりなら水が少しずつ減っていくはずです。 しかし、つまりがあまりにもひどいと水はまったく減っていきません。 このような状態になっている場合は自力で対処するのは難しいため、業者に依頼することをおすすめします。 つまりの原因が固形物の場合 ボールペンなどの水に溶けないものが原因でつまりが発生している場合は、それを取り出すのが非常に難しいです。 ラバーカップなどを使って無理に取り出そうとしたり、水を大量に流して無理に流そうとしたりすれば、便器や排水管にキズをつけてしまう可能性もあります。 こういった場合も、速やかに業者に依頼するようにしましょう。 水の流れが弱い場合 排水管につまりの原因になるものが落ちたわけではなく、水の流れが弱くなってしまっているという状態もあります。 水の流れが弱くなる原因は、排水管内に蓄積された汚れであることが多いです。 排水管の中に蓄積された汚れをしっかり洗浄するには、専用の道具が必要になります。 素人が症状を解消するのは難しいので、こういった状態の場合も業者に依頼したほうがいいでしょう。 つまりの直し方3選 トイレがつまった場合、業者に依頼する必要がある状態の判別方法はわかりました。 そこで次は、1人でつまりを直す場合はどういった手法があるのかをご紹介していきます。 トイレは構造的につまりやすいことをふまえ、自分でできる解決法を知っておきましょう。 お湯を少しずつ流す 簡単な方法として、お湯を少しずつ流し入れる方法があります。 つまっているものがトイレットペーパーや排泄物である場合、お湯を流してやることでより溶けやすい状態を作り、うまく流れるようにするという方法です。 準備するお湯は40~50度ぐらいにしてください。 便器や排水管の耐熱性はそれほど高くないため、沸騰した熱湯を入れると破損してしまう可能性があります。 ラバーカップを使う ラバーカップという名前だけだと想像がつきにくい人もいるかもしれません。 「スッポン」や「ギュッポン」などと呼ばれている、棒の先端にゴム製のカップがついたものだといえばわかる人も多いのではないでしょうか。 ラバーカップは排水口内の水を逆流させ、つまりを解消するための道具です。 使い方は簡単で、最初にラバーカップを排水口の中に入れゆっくりと押し込みます。 押し込みきって、もう押し込めないという状態になったら、勢いよくまっすぐ引き抜きます。 これを数度繰り返せば、ひどいつまりではない限りは解消できるでしょう。 注意点として、ラバーカップの使用時は水が跳ねやすいため、ビニールシートを床にしくなどして対策しておくようにしましょう。 ワイヤーブラシを使う ラバーカップを使ってもつまりが解消されない場合は、ワイヤーブラシを使った手法が効果的です。 ワイヤーブラシとは、複数の針金が束になった細長い形状の金属製ブラシです。 これをトイレの排水管にねじりながら押し込んでいき、それを前後させます。 配水管の中に直接ブラシを入れて作業することから、排水管内に存在するつまりの原因の除去や、ある程度の汚れも清掃でき、つまりを解消することができます。 注意点は、ラバーカップと同じくトイレの水が飛び散りやすい点です。 頻繁なつまりはトイレの交換をしたほうがいいことも トイレは構造的につまりやすいとはいえ、あまりにも頻繁につまって悩んでいる方がいるかもしれません。 そのような場合、経年劣化などによってトイレの排水管に傷やしつこい汚れが、トイレがつまりやすい原因になっている可能性が高いです。 何度つまりを直してもふたたびつまりを引き起こすため、手間も非常に増えます。 そのため、経年劣化によってつまりが起きやすくなっている場合は、トイレそのものを新しいものに交換するのがおすすめです。 頻繁につまりが起きるとそれを解消するための手間が増えますし、業者に依頼する機会が多ければそれだけ費用もかさみます。 経済的にもよいことはありませんので、もし頻繁なトイレつまりにお困りであるなら、トイレの設備そのものを新しくするというのも1つの手です。 まとめ トイレは構造的につまりやすい形をしており、大量のトイレットペーパーを流してしまったりすると、簡単につまりを発生させてしまいます。 また、水に溶けない普通のティッシュペーパーを流してつまりを引き起こしてしまうというケースも非常に多いです。 ボールペンやスマホのような水に溶けない固形物を誤って流してしまうことで、つまりが起こることもあります。 トイレのつまりを自分で直したくても、たまっている水がまったく減らない、水の流れが弱いなどの状態の場合は、個人でつまりを解消するのが難しい可能性が高いです。 そのため、こういった場合は業者に依頼することをおすすめします。 水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

持ち家新築の2階のトイレの詰まりについて。 2階のトイレをトイレットペーパーで掃除して大量に流してしまい3回目くらいは水かさは増すけれど トイレットペーパーは少しずつ流れているようだったので

トイレつまり 少しずつ流れる

しかし、時間が経てばトイレの水が流れるので、現状のまま放置してしまう人が多いんですね。 たぶん、あなたの頭の中でも「水が少しずつ流れる状態を放置しても大丈夫なの?」と放置していいのか、それとも修理するべきなのか曖昧な感じではないでしょうか? そこで今回は次の3点について詳しく解説していきます。 水が少しずつ流れる状態を放置していいのかどうか• 水が少しずつ流れる原因• 水が少しずつ流れているときの対処法 はじめに言っておくと、このまま水が少しずつ流れる状態を放置するのは危険を伴うので、できればこの記事でまとめた対処法を参考にしてみてください! 記事の内容• トイレの水が少しずつ流れる状態の放置は危険? トイレの水を流したときに「少しずつ流れるなら直さなくても大丈夫かな?」と、そのまま放置してしまう人も少なくありません。 しかし、いつもよりトイレの水の流れが悪くなっているということは、多少なりとも便器や排水管でつまりが発生しているということです。 そのトイレのつまりが今の時点では完全につまっていないだけで、 いつ完全につまってトイレの水が流れなくなるかわからない状態なんですね。 トイレの水が流れなくなるとトイレを使えなくなるだけでなく、水が便器から溢れて床が汚水で水浸しになってしまう恐れもあります。 また、トイレが完全につまってしまう前に対処した方が、修理が簡単で業者に依頼したときの修理費用を安く抑えることができます。 仕事などの都合で今すぐ修理するのが難しいという方でも、できるだけ早く時間を作ってトイレのつまり解消することをおすすめします! 「今の状態でトイレの水が流れるから放っておいてもいいか…」と思っていても、今日・明日になって突然トイレの水が流れなくなる可能性も否定できません。 できるだけ早めの対処を心がけてくださいね! トイレの水が少しずつ流れる原因は何? トイレの水が少しずつ流れるときの原因は大きく3つに分けられます。 トイレットペーパーなどのトイレに流せるものがつまっている• オムツや固形物などのトイレに流せないものがつまっている• 排水管に汚れが蓄積してトイレがつまっている この中で心当たりがある原因はあるでしょうか? もし、トイレに何かをつまらせたという心当たりがないなら、3つ目の原因である排水管の汚れが原因かも知れません。 それぞれの原因をもう少し詳しく説明するので、どの原因に該当するのか確かめてみてください。 水に流せるにも関わらずトイレにつまってしまう原因は、 一度に大量のトイレットペーパーなどを流しすぎたことが原因である可能性が高いですね。 もしくは、トイレの水を流すときに「大」と「小」を選べますが、トイレットペーパーや排泄物を流すときに「小」ばかり使っていると流水量が不足して十分にトイレットペーパーなどを流しきれないこともあります。 このようにトイレットペーパーなどを大量に流していなくても過度な節水が原因でトイレにつまりが生じることも考えられます。 その蓄積した汚れにトイレットペーパーなどが絡まって排水管を塞ぐほどに肥大化してしまうんですね。 排水管の汚れは自分で確認することが難しいですし、心当たりがないことが多いので気付きにくい原因でもあります。 もし、トイレットペーパーを流しすぎたり固形物などをトイレに落とした記憶がないなら排水管の汚れを疑いましょう。 ラバーカップの使い方や選び方などは次の記事を参考にしてみてください。 トイレの水が少しずつ流れる故障を自身で直せない場合は? ラバーカップなどを使用しても水の流れが改善されない、排水管の汚れが原因かも知れない場合は迷わず『専門業者』に依頼しましょう。 専門業者であればトイレのつまりを素早く・的確に状況を判断してつまりを直すことができます。 簡単なつまりであれば到着から 5分ほどで直ることも少なくありません。 修理費はつまりの状況によりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと8,000円ほどで修理することができます。 もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。 トイレプランジャーでは対処できないつまりの原因だったり、トイレプランジャーを使ってもつまりを解消できないのであれば業者を呼んで素早くつまりを解消させましょう! もし、賃貸物件にお住まいであれば業者を呼ぶ前に一度管理会社や大家さんに連絡してくださいね。

次の