モバイルオーダー line pay 使えない。 マクドナルドのモバイルオーダーですが、支払いがLINEpayかクレジットにな...

マックのモバイルオーダーとは?対応店舗・時間指定・ポイント付与・クーポンなど仕組み・使い方まとめ【マクドナルド:ネット注文】

モバイルオーダー line pay 使えない

すでに残高があっても、通常の支払いをするには設定が必要です。 「アカウント」から「お支払い方法の管理」に移り、設定をしていきます。 PayPayの支払い方法は以下の通り。 PayPay残高からの支払い このアプリ内に現金をチャージして利用する方法で、銀行口座を登録する必要があります。 また、「Yahoo! JAPAN ID」との連携が必要で、持っていない人はIDを作ることからはじめないといけません。 JAPAN IDは無料で登録できます。 Yahoo! マネーによる支払い 電子マネー「Yahoo! マネー」を使った支払い方法。 こちらも「Yahoo! JAPAN ID」との連携が必要です。 クレジットカードからの支払い クレジットカード情報を登録することで、PayPayを通してクレジットカードが利用可能です。 筆者はYahoo! JAPAN IDを持ってはいましたが、普段クレジットカードで支払いをすることがほとんどなので、「3」の方法で登録してみました。 これでPayPayからお買い物する準備が整いました。 お店に行く前に、お会計の方法を確認しておきましょう。 PayPayのお会計方法は以下の2つ。 バーコードでお会計 アプリ内の「支払う」ボタンを押すとすぐに表示されるバーコードを店員さんに読み取ってもらう一般的な方法。 QRコードでお会計 アプリ内の「スキャン支払い」をタップしてカメラを起動させ、お店のレジ横にあるPayPay のQRコードをスキャンして支払う方法。 今回はラクそうなバーコード会計でやってみます。 おっと、どちらにしてもレジの店員さんには先に「PayPayで」というのを忘れずに。 アプリをいじっていると「友達に送金する」というボタンも。 これはPayPayを使っている人たち同士がお金の受け渡しができるという機能ですが、用途はさまざま。 例えば居酒屋で開催したママ会のお会計をPayPayで済ませたいとき、みんなで一人のPayPayアプリに送金し、代表者がレジで決済するという、いわゆる「割り勘」機能として使うことが多いみたいですね。 この機能はチャージ残高からしか送金できないので今回は使いませんでしたが、送金はアプリ内で相手の電話番号を入力して検索し、送金額を入れれば簡単にできちゃいます。 ちなみにキャンペーンでもらったお金(今回の500円分ボーナスなど)は送金できないので注意が必要です。 「LINE Pay」はICOCAなどと同様に、アプリ内の残高を使って支払うプリペイド式。 クレジットカードを使っての残高チャージはできない(ただしLINE STOREなどLINE関連サイトはLINE Pay内でカードを登録すると支払いに利用できる)ので、以下の方法のどれかでチャージをする必要があります。 銀行口座 自分の銀行口座を登録して、その口座残高からお金をチャージする方法。 (手動でチャージするか、あらかじめ設定した残高が最低残高を下回った場合、登録した銀行口座から自動的にお金を引き落とすオートチャージも設定できる) 2. コンビニ チャージ金額をアプリ内で入力し、コンビニの端末(Famiポート)を使ってチャージする方法。 「LINE Pay カード」レジチャージ ローソンなどのレジにて「チャージしてください」と伝え、LINE Payカードを渡し、チャージしたい金額を伝えその分の現金を支払う方法。 国内外のJCB加盟店で使用できて、スマホ決済同様に、支払いに利用するとLINEポイントが貯まります。 貯まったポイントは1ポイント=1円相当としてLINE Payでの支払いに利用できるほか、各種LINEのサービスで使用したり、他共通ポイントなどにも交換可能。 LINE PayカードはLINEアプリ内LINE Payメニューから無料で発行でき、申し込むと一週間~10日ほどで届きます。 今回はお試しとして銀行口座を登録してチャージしてみることにしました。 決済方法は以下の通り。 コードでお会計 コード画面を表示して、店員さんにバーコードかQRコードを読み取ってもらう方法。 (店舗によってはお客さん側が読み取る場合もあり) 2. LINE Payカード 前述した「LINE Payカード」を使ってお会計する方法。 オンライン決済 ネットショップでの支払いをLINE Payの残高で支払う方法。 ここでPayPayと違うのは、ネットショップでもLINE Payを使うことができる点。 気になるのでちょっと調べてみました。 支払い方法で「LINE Pay」を選択すればクレジットカード番号などの煩わしい入力もなく、チャージしたLINE Pay残高から引き落とされるので便利ですね。

次の

マクドナルドモバイルオーダー「楽天ポイント・dポイント」は貯まらない?詳細や貯まるポイントについて

モバイルオーダー line pay 使えない

Apple Payを超えるスターバックスのモバイルオーダー 米国リサーチ会社の発表によると、店頭支払いにおけるモバイル決済の利用ユーザー数はApple Pay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)、Samsung Pay(サムスンペイ)など汎用型モバイル決済3強を超え、スターバックスのアプリでの決済が最も利用されるという。 2018年、 各サービスの利用者数は スターバックスが2,340万人、Apple Payが2,200万人、Google Payは1,110万人、Samsung Payが990万人にまで増加し、このランキングは2022年まで変わらないだろうとの予測を発表し ている。 かと言って、Apple PayやGoogle Payの利用者が少ない、というわけではない。 米国の小売店の半数以上がApple Payに加盟しており、Google Pay、Samsung Payも同じように店舗数を増やしている。 しかし、なぜスターバックスだけがこんなにもユーザー数を伸ばしているのだろうか。 アプリで 事前に注文・決済を行い、店頭では商品を受取るサービスである。 その理由としてはロイヤルカスタマーが多い、という点がまず挙げられる。 リワードプログラムの「Starbucks Rewards」では、ユーザはアプリで決済するとアプリ内に「Star」が貯まっていく。 それに応じてドリンクやフードが無料になったり、メンバー限定のオファーを受け取れたり、様々な特典や報酬があり、使えば使うほどお得になる仕組みとなっている。 つまり、レジの行列に並んで注文後にApple Payなどの汎用型のアプリ決済で支払うよりも、最初の登録さえ済ませてしまえば、こちらのほうが圧倒的に時間を短縮でき、スマートな買い物体験ができるのである。 このように、ユーザ利便性追求やロイヤリティを高めるための機能によって、汎用型のモバイル決済では得られない体験を提供し、結果大きなユーザー数の伸び つながっているだろうと考えられる。 スターバックスでは業界の中でもかなり早い段階からCDO(最高デジタル責任者)の職を置くなど、デジタル戦略を重要さを認識し、リードしてきた。 試行錯誤を繰り返しながら アップデートを行い、より高いユーザー体験へと改良されている。 国内においてもモバイルオーダーへの関心は高まってきているが、このような事例を参考にユーザー体験を設計していくことが成功につながるだろう。 執筆・編集=.

次の

マックのモバイルオーダーの支払い方法は現金も選べるの?LINE Pay・クレジットカードなど決済の仕方まとめ【マクドナルド】

モバイルオーダー line pay 使えない

すでに残高があっても、通常の支払いをするには設定が必要です。 「アカウント」から「お支払い方法の管理」に移り、設定をしていきます。 PayPayの支払い方法は以下の通り。 PayPay残高からの支払い このアプリ内に現金をチャージして利用する方法で、銀行口座を登録する必要があります。 また、「Yahoo! JAPAN ID」との連携が必要で、持っていない人はIDを作ることからはじめないといけません。 JAPAN IDは無料で登録できます。 Yahoo! マネーによる支払い 電子マネー「Yahoo! マネー」を使った支払い方法。 こちらも「Yahoo! JAPAN ID」との連携が必要です。 クレジットカードからの支払い クレジットカード情報を登録することで、PayPayを通してクレジットカードが利用可能です。 筆者はYahoo! JAPAN IDを持ってはいましたが、普段クレジットカードで支払いをすることがほとんどなので、「3」の方法で登録してみました。 これでPayPayからお買い物する準備が整いました。 お店に行く前に、お会計の方法を確認しておきましょう。 PayPayのお会計方法は以下の2つ。 バーコードでお会計 アプリ内の「支払う」ボタンを押すとすぐに表示されるバーコードを店員さんに読み取ってもらう一般的な方法。 QRコードでお会計 アプリ内の「スキャン支払い」をタップしてカメラを起動させ、お店のレジ横にあるPayPay のQRコードをスキャンして支払う方法。 今回はラクそうなバーコード会計でやってみます。 おっと、どちらにしてもレジの店員さんには先に「PayPayで」というのを忘れずに。 アプリをいじっていると「友達に送金する」というボタンも。 これはPayPayを使っている人たち同士がお金の受け渡しができるという機能ですが、用途はさまざま。 例えば居酒屋で開催したママ会のお会計をPayPayで済ませたいとき、みんなで一人のPayPayアプリに送金し、代表者がレジで決済するという、いわゆる「割り勘」機能として使うことが多いみたいですね。 この機能はチャージ残高からしか送金できないので今回は使いませんでしたが、送金はアプリ内で相手の電話番号を入力して検索し、送金額を入れれば簡単にできちゃいます。 ちなみにキャンペーンでもらったお金(今回の500円分ボーナスなど)は送金できないので注意が必要です。 「LINE Pay」はICOCAなどと同様に、アプリ内の残高を使って支払うプリペイド式。 クレジットカードを使っての残高チャージはできない(ただしLINE STOREなどLINE関連サイトはLINE Pay内でカードを登録すると支払いに利用できる)ので、以下の方法のどれかでチャージをする必要があります。 銀行口座 自分の銀行口座を登録して、その口座残高からお金をチャージする方法。 (手動でチャージするか、あらかじめ設定した残高が最低残高を下回った場合、登録した銀行口座から自動的にお金を引き落とすオートチャージも設定できる) 2. コンビニ チャージ金額をアプリ内で入力し、コンビニの端末(Famiポート)を使ってチャージする方法。 「LINE Pay カード」レジチャージ ローソンなどのレジにて「チャージしてください」と伝え、LINE Payカードを渡し、チャージしたい金額を伝えその分の現金を支払う方法。 国内外のJCB加盟店で使用できて、スマホ決済同様に、支払いに利用するとLINEポイントが貯まります。 貯まったポイントは1ポイント=1円相当としてLINE Payでの支払いに利用できるほか、各種LINEのサービスで使用したり、他共通ポイントなどにも交換可能。 LINE PayカードはLINEアプリ内LINE Payメニューから無料で発行でき、申し込むと一週間~10日ほどで届きます。 今回はお試しとして銀行口座を登録してチャージしてみることにしました。 決済方法は以下の通り。 コードでお会計 コード画面を表示して、店員さんにバーコードかQRコードを読み取ってもらう方法。 (店舗によってはお客さん側が読み取る場合もあり) 2. LINE Payカード 前述した「LINE Payカード」を使ってお会計する方法。 オンライン決済 ネットショップでの支払いをLINE Payの残高で支払う方法。 ここでPayPayと違うのは、ネットショップでもLINE Payを使うことができる点。 気になるのでちょっと調べてみました。 支払い方法で「LINE Pay」を選択すればクレジットカード番号などの煩わしい入力もなく、チャージしたLINE Pay残高から引き落とされるので便利ですね。

次の