ダブルオー クアンタ。 METAL BUILD ダブルオークアンタ

機動戦士ガンダム00シリーズの登場兵器

ダブルオー クアンタ

チマチマ進めていたニコイチ改造、遂に完成しました。 では細かいところの説明をば。 クアンタの特徴である左右非対称。 初めて設定画を見たときから絶対にやりたかったシンメトリー化が今回のお題。 単純にニコイチ改造しただけだと足元が寂しかったので、 素組み放置してあったダブルオーセブンソードからカタール一式を拝借。 結果、クリアーグリーン装備のフルコースになってしまった・・・。 これは違う方法で作っているので後姿が珍しいかも。 で、今回一番弄ったのは件の背中のGNドライブ基部。 元々左用アームしか無いので2箱買っても右用アームは手に入らないのですよ。 なので今回はコトブキヤとかWAVEが出してる改造用ジョイントで代用しました。 改造その1: GNコンデンサなどのクリアパーツの表面だけクリアグリーン塗装。 パーツの下にはHIQパーツさんのメタリックシール シルバー を貼りました。 クリアパーツの差込用突起は切断した方が見栄えが良くなりますな。 背中とシールド内側のGNドライブにもメタリックシール+WAVEのHアイズでレンズっぽく。 改造その2: 手首の角度を変更し、設定画のような突き手持ちが出来るように。 だが手首の角度だけでは剣の柄が腕装甲に干渉してしまうので、短くカット。 まぁ設定画と比べて元々長かったので、柄の下装甲に収まる長さにしたのは正解か。 改造その3: 上記で言ってた背中のアーム基部。 2箱買って同じ基部の部品を表半分カット+裏半分カットを重ねてます。 中のABS樹脂も半分にして左右で独立して動かせる分、強度が非常に心配だったり。 まぁ青のパーツがカバー兼固定の役割を持ってるので何とかなってる・・・と信じたい。 基部に繋がってる円形部品は・・・確かブキヤのジョイントパーツだったはず。 更にそこから伸びる緑レンズ付の部品は、実はGNアーチャーの膝関節パーツ。 キット付属のアームは裏をパテで埋めないと使えないシロモノなのでスルーです。 最後にシールドに繋がる青いパーツ、何気に軸が中心じゃないんですよね。 ぶっちゃけダブルオーのバックパック一式を移植する方が簡単だったな・・・。 だがまぁ、元のデザインのまま左右対称にしたかったので変則的な方法になりました。 あとは目立った所の継ぎ目消しや、アンテナのシャープ化ぐらいかな。 改造箇所はこんなところかと思います。 クリアランスが十分じゃなかった箇所が続出。 orz ここまで来てヤスるわけにもいかないので、ナイフ一本の奮闘でした。 微調整、部分塗装、部分つや消しでようやく完成となりましたとさ。 GNソード等をクリアー系で塗ろうとも思いましたが、そのままでいいや・・・とw 刀身の向こう側が見える、この透明感は大事にしたい。 デカールは目立たない範囲で各所に配置。 腿部は最後まで貼ろうかどうか迷った。 シールドはアームの間接が多いのでよく動きます。 こうなるとカタールも飛んでいきそうで怖い。 ・・・ここで恥さらしコーナー。 クリアランス保つの面倒だったのでソードビットの接続部は一部未塗装だったり。 更に通常の武器持ち手の塗装、すっかり忘れてた・・・orz ただの装備なし状態と思うなかれ! GNシールドが2つになったことで、翼を広げるような新モードが可能になった。 ここから光の翼とかエナジーウイングとか出るんですね分かります。 たとえどんな無茶振りでも、GN粒子なら何とかしてくれるはず。 兵器の動力から病気の治療、人外との意思疎通までこなすスーパー粒子だし。 ・・・ちなみにシールドのスミ入れ、結構ミスってたり。 いや蓋を開けなきゃ分か ry そして今更ですが、メタリックシールの集光力が凄まじいですね。 普通に光ってるように見えるけど、近くの窓からの光を反射してるだけです。 GNカタール。 これの継ぎ目を消す為に、後ハメ加工してあります。 しかし背中で展開してるシールド、構えると意外に格好いいかもしれない。 ソードビット組み換えによるバスターソード形態。 夢の大剣二刀流。 実用性?隙が大き過ぎ?持ったまま回転してればいいんじゃないかな。 組み換えパターンその2、バスターライフル形態。 足にカタールのオマケ付き。 きた!ツインバスターライフルきた!これで勝つる! 右の後姿とか、背中のシールドと合わさってウイングゼロに見えてく・・・・ないな。 以上、ダブルオークアンタ 改造レビューでした。 00譲りの可動範囲の広さで色々と遊べるキットですな。 クリア素材が多いので好みが分かれるところだとは思いますが、個人的にはオススメ。 今回の改造は細かい部分だけなので、余った部品で普通のクアンタに戻せたりします。 ・・・いや、ニコイチ改造の弊害である丸々余ってるもう一体のクアンタさんに持たすかな。

次の

ダブルオークアンタとは (ダブルオークアンタとは) [単語記事]

ダブルオー クアンタ

クアンタのフォルムとしては、気持ち太めのプロポーションでとても格好良いですね。 シリーズ恒例の全塗装と各間接に使用されているダイキャストの質感が美しい。 コンデンサのレンズやGNシールドの一部はクリアパーツが使用されています。 頭部アップ。 イメージ通りのイケメンな顔立ち。 文句なしに格好良いですね。 首下部前後可動。 胸部前後可動。 腰横ロール。 首中央パーツ上下可動。 肩ブロック前方引き出し。 肩アーマー上下可動。 上腕部横ロール。 肘90度程度可動。 前腕部がさらに可動。 フロントアーマー2点可動。 サイドアーマーリアアーマー上下可動。 腿横ロール。 膝二重可動。 足首3点可動。 足先上下可動。 思いの外コンパクトなサイズかも? ツバが上下にスライド。 前腕部に接続することができます。 またサイドアーマーに装備することもできます。 刀身とグリップを可動させることでライフルモードに。 GNシールドは接続部がフレキシブルに可動。 可動のみで背中に接続することが可能です。 GNソードビットが各部位可動して大きく展開できます。 GNソードビット各種。 グリップを引き出すことで、手に持たせることができます。 GNフィールドエフェクトとフィールドリング。 GNフィールドエフェクトは着脱が可能。 フィールドリングに取り付けることの出来るGNソードビット用支柱パーツは、接続部でボールジョイント可動します。 一度取り付けただけで、ボールジョイントの受けが1箇所が割れてしまったので、取り扱いに注意が必要かも・・・ GNソードVに各種GNソードビットを取り付けることでGNバスターソード形態に。 刀身を可動させ、先端を開くことでバスターライフル形態になります。 GNドライヴにLED発光ギミックがあります。 電池は別売り。 光量が結構あるので綺麗です。 ディスプレイベース。 恒例のデザインにネームが入っています。 補助ベースパーツや支柱、クリップを取り付けることが可能。 組み合わせることでフィールドリングやGNバスターソードなどを保持できるようになっています。 装甲を閉じることで、再び戦闘に復帰することの出来る幻の形態とのこと。 フィールドリングを使用することで、シーン再現も可能です。 胸部、上腕部、各部コンデンサーを差し替えになっています。 内部フレームをそのまま使用できているのは凄いです。 ダイキャストがふんだんに使用されているため、この形態でも見映えしますね。 この形態でもGNドライヴの発光ギミックで光らせることが可能です。 スタイリッシュで格好良い造形、美しい塗装、トップクラスの可動、豊富なギミックと、とにかくクオリティとプレイバリューが高く、クアンタの決定版ではないかと思います。 大型のリング等を保持するには少しベース周りの保持力に不安がありはしますが、個人的には大満足でした。 GFFMCではありますが、次のウイングゼロも楽しみです。

次の

機動戦士ガンダム00シリーズの登場兵器

ダブルオー クアンタ

ダブルオークアンタとは、『』に登場する である。 区切る部分は「 ク」(= QAN[T] ) qa ク という英単は「qum(量子)」という単の複数形である。 概要 00 QAN[T] ダブルオークアンタ 番 G-0000 全高 18. 3m 重量. 5t 搭乗者 動 ツ 武装• GNソード• GN(GNガン) においてベイターの用に調整された専用機。 式番号のTはツを意味する。 はそのままク、あるいは00Qと書かれることが多い。 本機のために稼動時から同調させたが新たに開発され、それぞれと左肩の外側にしたに内蔵されている。 部のは、ソードビットにGN粒子を供給する役割も果たしている。 また、上部にの迎撃・牽制用のGNガンを内蔵する。 ク及び新の設計開発はだが、はヴェーダにいるにも送られていた。 本機の特徴はに接続されているGNソードビット。 また、ビットを円形に配置することでGNを展開することも可。 ちなみにGNソードビットは「魂」の商品化の際に、Cビットのみの機が新設定として盛り込まれている。 後日発売した「」では設定画らしきものも存在するが、新たに描き起こしたものか、のようなものとして存在したかは不明。 さらにではA・Bビットの機も付け加えられている。 最終後の描写でソードビットを使用してを作り、間移動を可とすることが確認された。 クアンタムシステム 本機の切り札として搭載されたのの強化版「 」を発動させる。 「」が前提であるため、が。 使用時はビットを機体周囲に展開し、を背部に移動させて2つのを直結する。 全身の装甲をし ただし出によってはは必須ではない 、内蔵する各部の新Gデンサーを外部へ展開。 引き出された胸部Gデンサーの大ビカテナも展開され、粒子効率を最大まで高めて高濃度粒子領域を作る。 作中、への効果が予測できなかったことや時間的猶予がなかったため最大出で使用しているが、これ以外の出状態ではどのように行われるか不明。 機体は時のに発した後、高濃度で粒子をするためGN粒子と同じに発する。 ダブルオークアンタは「戦いそのものを止せる」の想いを体現した、恐らくは一の 「意志あるものとの対話」を的とした機体である。 後に登場。 をはじめとする異生体とクがした機体であり、が終結したなを徴する存在。 最強論について 本機は及びとな、頻繁ににおける論争に駆り出されている。 での圧倒的な描写等はなく、それらの論争にいて挙げられる「」も未登場である。 (全体のでは勢が・破壊やら色々と規格外過ぎるため、やエーも含めて、あくまで系の一つという事になる) 論争に挙げられる要因はに2つ。 1:Dのタビューでの氏による「の話によれば、本気のクはを殲滅できる」という発言。 この話はへの負担・の増援・及び味方機へのを視という条件を踏まえたによるものである。 しかしのタビューでは「の発言について 自分に確認を取ってほしかった。 作品の内容を考えれば的に困る。 」 としており、このあたりはとという立場の違いによる意見の行き違いがあったと思われる。 2:的に「強さの定義を何とするか」である。 対話のための機体であるクにとっては「戦い」=「対話」であり、相手と理解し合い戦いが終わることが、ク()がす結果である。 そして、こうなってくるととしてのとは全に土俵が変わってくるため、同士のだけでは恐らく結論が出ない。 そもそものために死を尽くしたらを考えると、 他作品との優劣を付けること自体がである。 『EXTREAM VS. 』シリーズにおいて フで発表され、第12次にて解禁された追加機体 『』では稼動時から使用可。 劇中で使用した武装に加え、によって装甲を回復させる事ができるほか、ーニャによる武装なども搭載されている。 GNソードへの換装も可。 性としては格闘寄りの万機と呼ばれる位置づけであり、『』『』どちらにおいてもによる機体調整が行われていないにも関わらず上位の座に居座っている。 『』に関しては、クよりも強かった機体群が軒並み調整されて繰り上げられたという図式だが 『』時代はあらゆる各種爆以外の兵装・攻撃を一間効化するGNソードビッアによる強引な攻めとGNソード状態における横格闘の押しつけの2種が強で、技術よりも強引な攻め合いとなる形式の対戦において良くも悪くも試合そのものを荒らす性を持っている。 続編である『』ではGNソードビッアが射撃兵装のみを効化するように調整された代わりに兵装が2倍の200に。 前作では時限定であったーニャ呼び出しが通常状態の兵装になる 時にはート呼び出しが追加 など兵装面が調整され、GNソードV時の戦い方ががらりと変わった。 が、GNソード時の格闘性は前作とほとんど変わっていないため性については変わらず、によって勢御用達となったではからは「GN」と呼ばれ畏れられている。 関連動画 関連商品 関連静画 関連項目• 第5世代ガンダム• ダブルオークアンタ•

次の