数学専攻。 応用数学専攻

数理科学科

数学専攻

研究科概要• 理工学研究科3ポリシー• 教員スタッフ• 建築・都市学専攻• 志願者案内• 専攻紹介• 入学試験• カリキュラム• 研究支援・助成制度• 各種研究助成制度• 在学生案内• 履修・成績・時間割等• 学位取得• 研究支援・助成制度• 海外留学・国際連携• 学費・奨学金制度• 施設・設備• キャリア支援• ニュース・イベント一覧• 関連情報• 事務室からのお知らせ• 資料請求はこちら• 学内情報サービス•

次の

数学専攻|中等教育教員養成課程|教育学部|学部・大学院・附属施設等|国立大学法人 福岡教育大学

数学専攻

本著はそれまでの数学の景色を一変させたと言われています。 多様な個性のなかに潜む統一性を見出す視点、新たな観点を提示して、その遥か先に進むオイラーの手法は現代数学の研究の王道の一つでもあります。 北大数学では無限級数やテイラー展開を含む解析学の基礎、複素関数論を学部2・3年生で学びます。 Close 指数関数がもつ特別な性質については高校で既に習っていることでしょう。 半群は数学の様々な分野で深い進化をとげて、20世紀数学の金字塔であるホッジ・小平理論,アティヤ・シンガーの指数定理、ペレルマンのポアンカレ予想解決につながるハミルトン・プログラム、一方、現代社会における重要なテーマである混合材料の物性の解明やウェッブのページランクなど様々な研究課題において中心的な役割を担っています。 北大数学では多様体の半群の研究に必要な多様体論、関数解析、確率論を学部3・4年の講義において学びます。 ガウス・ボンネの定理はトポロジーと微分幾何という二つの分野を結ぶ定理で、この美しい公式を一般化したいという多くの数学者の努力が、指数定理など20世紀の多様体の幾何学の発展の原動力になりました。 Close 拡散という現象を知っているでしょう。 熱いものと冷たいものをくっつけると熱いものは冷め、冷たいものは暖まり、やがて2つは同じ温度になっていきます。 これは熱拡散と呼ばれます。 同様に、水を張ったタライにインクを一滴垂らすと、だんだん拡がっていき、やがて均一な色合いになっていきます。 これは物質拡散です。 このように、拡散とは均一化をもたらすもの、それが我々の常識ではないでしょうか。 ところが、イギリスの数学者アラン・チューリング(A. I分野でも多大な業績を残しています)という人は、この拡散こそが、形が自発的に形成されるための根本的なメカニズムを持っていると提唱したのでした(1952)。 当時の人には全くのパラドックスでしたが、チューリングは反応拡散系と呼ばれる微分方程式を用いて、2種類の物質が相互作用しながら異なる速さで拡散すると、形が自発的に生まれる可能性があることを数学的に示したのでした。 それは数学だけが語りうる、直感だけでは説明することのできない現象でした。 その後、その考えは自己組織化や散逸構造といった、ノーベル賞につながる分野へと発展していきます。 北大数学ではこれらの基礎となる微分方程式、力学系や関数解析などの数学理論、および数値解析や数理生物など応用に関連する内容を学部3・4年の講義において学びます。 Close 実は、正17角形が定規とコンパスで作図可能であることをこの公式は表しています。 これはガウスによって発見されました。 これは現代数学におけるガロア理論の先駆けとなった研究です。 北大数学科では、ガロア理論を学部3,4年の講義で学びます。 そしてこの理論の延長線上には、フェルマー最終定理の解決という偉業がありました。 正多角形の作図問題が、ガロア理論や円分体論、そしてフェルマー最終定理といった拡がりをもっているなんて驚きですね!.

次の

数理科学科

数学専攻

理系学部といえば「実験!実験!」というイメージですが、数学科は違いますね。 「理系の中の文系」と表現する人もいるようですよ。 数学科とは、「既に明らかにされている定理や公式をしっかり学ぶこと」や、「常識を覆すような新しい理論をもって、今まで解けなかった問題を解決すること」などを目的とした学科です。 教科書に載っている定理や公式を丸暗記し、淡々と数式を解く……という想像をされがちな数学科ですが、実際は 高い洞察力や想像力、ひらめきといったクリエイティブなセンスも求められるところが特徴といえます。 また、数学を学ぶにあたって欠かせないのが 「語学」。 特に英語に関しては、大学のテキストが英文であったり、論文を書くときに英語を指定されたりするケースが多いため、勉強を進めるうえで避けては通れないスキルです。 そうですね。 最初から理系職種にこだわらずに、数学科専攻の持つポテンシャルの高さと可能性を最大限にいかして就活に臨むのがおすすめですよ! さらに数学科の院生には、 もうひとつ就活のメリットがあるんです。 数学科を専攻した大学院生の就活メリット2:就活の時間を確保しやすい 数学科専攻の院生は一般的な理系の院生と異なり、実験などの拘束時間が比較的短いことで知られています。 また、修士課程を終える際に提出する卒論についても、オリジナルの解法を導き出すというよりは、院生生活の学習の総括に落ち着く場合がほとんどです。 よって他の理系院生と比べて就職活動の時間を確保しやすく、 後手にまわってしまいがちな情報収集にもしっかりと時間をかけることができます。 大学院の1年次から積極的に情報収集やインターン、説明会に足を運んでおくことも可能です。 数学科専攻だけど、就職先に迷っている• どのように就職活動を進めたらいいのかな?• 数学科の院生ならではのメリットって? 今回はこのようなお悩みをお持ちの方に向けて、就活ノウハウや人気の就職先についてご紹介しました。 といっても、はじめて就活を進める際は戸惑うことも多いはず。 そんな時は、 UZUZの理系出身キャリアカウンセラーにぜひご相談ください。 求人の紹介を始めとして、 最短での内定獲得を目指すことも可能ですよ。 「就活の相談相手がほしい!」「就活をスムーズに終わらせたい!」という方は、ぜひUZUZに遊びにきてくださいね。

次の