渡辺真由 勤め先。 陽性判明後帰京の山梨帰省の 20 代女性ツイッター特定か!濃厚接触者も感染

山梨コロナ女性と京王バスに同乗した方が陽性反応 Twitterで報告し話題

渡辺真由 勤め先

こんにちは。 ミライです。 新型コロナウイルスに感染していることを自覚していながらも、保健所の 自粛要請を無視して身勝手な行動を続けた 20代女性(山梨)に対して 批判の声が殺到しています。 ネット上では特定作業が開始され、 真偽不明の情報が飛び交う事態となりました。 この女性が 実在するのかも疑わしい中で、義憤に駆られたユーザーが 無検証・ 無批判のまま情報を拡散。 そのため、ネット上では渡辺真由だとされている女性の顔写真などが流布しています。 彼女に関する情報は全て 出処が不明であり、到底「真実」(事実)とは言えないものばかりでした。 ところが、ここに来てネット上に流布している情報の中で 「デマ」であることが確定したものが判明したのです。 それが、 勤務先の会社に関する情報です。 一体、渡辺真由の勤務先として、 どの会社の名前が挙げられたのでしょうか? 目次• 渡辺真由(まゆ)の勤務先(会社)に関する情報はデマ確定 渡辺真由の勤務先に関するデマ情報について「デイリー」は次のように報じています。 東京都に本部を置く会社が、 公式ホームページに 「SNS事実無根情報について」 と題した4日付文面を掲載し、 新型コロナウイルス感染症に関連して 事実無根の情報が流されているとしたうえで、 同日時点で同社関係者に感染者は確認されていないと説明した。 そのうえで 「弊社と致しましては、 この風評被害に関しては、 法的措置も視野に厳正に対応していくとともに、 一方で、 万が一当社関係各位に新型コロナウイルス感染が確認された場合は、 こちらのページにてお知らせさせて頂きます。 」 「どうかご安心してご来店、 ご依頼いただければと存じます」 と記している。 (2020年5月6日配信) 上記の通り、名指しされた会社はネットの噂を 真っ向から否定したのです。 さらには、風評被害を受けたことに関して 法的措置を示唆。 この声明により、「渡辺真由の勤務先」として名前が挙げられた会社が 無関係であることが確定したというわけです。 渡辺真由に関する噂は 「爆サイ」を中心にリークされ、それが5chや各SNSに拡散されていきました。 つまり、ネット上に流布されている真偽不明の情報の大半は爆サイに書き込まれたものなのです。 ただ、爆サイは匿名掲示板であるため、 情報の出処は不明であり信憑性はゼロです。 つまり、渡辺真由の出身校と、マリアージュフレールの採用校が 一致しているという理由で問題のデマが発生したというわけです。 しかし、冷静になって考えれば、この理屈は 穴だらけです。 そもそもの問題として、ネットで吊るし上げられている「渡辺真由」という人物が、騒動の発端である 20代女性本人であるのか分からないのです。 ところが、爆サイを中心とするネットユーザーは 「20代女性=渡辺真由」という前提で証拠探しをしていたのです。 「渡辺真由=犯人」だと決めつけた上で証拠探しをしているため、「渡辺真由= 犯人ではない」という可能性には一切見向きもしないのです。 そのため、今回のように全く無関係なマリアージュフレールが風評被害を受けることになったというわけです。 マリアージュフレールは法的措置を検討していることから、今後は デマの発信者や 拡散した人間に対して刑事・民事の両面で法的責任を追及していくと思われます。

次の

【絶頂BBQ】山梨に帰省してきた東京20代まんさんの友人(男性)、コロナ陽性www

渡辺真由 勤め先

この問題は、東京都在住の20代の女性が新型コロナウイルスの自覚症状があるにも関わらず勤務先に出勤し山梨県の実家に帰省、さらに友人らと集まりとBBQ(バーベキュー)などをしていたというものです。 さらに、女性は山梨県の実家に滞在中、PCR検査で陽性反応が確認されたにも関わらず、判明後に高速バス(京王バス)で帰京していました。 以下は、感染が確認された女性の行動の時系列です。 山梨コロナ感染女性の行動歴 4月26日 味覚や嗅覚の異常の症状が出る 28日 勤務先に出勤 29日 午後3時15分バスタ新宿発の京王バスの高速バスに乗車 同日 富士急ハイランドバス停で下車し家族の車で帰省 30日 友人4人とバーベキュー 同日 東京の勤務先の同僚のコロナ感染が判明 5月1日 山梨県内でPCR検査を受ける 同日 整骨院やゴルフ練習場に行く 2日午前9時ころ 保健所が検査結果が陽性と連絡 同時午前10時20分ころ 富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗って帰京 当初、女性は「PCR検査を受けた1日に帰京した」などと虚偽の報告をしていましたが、3日に知人からの情報提供で、検査結果が陽性とわかった後、帰京していことが判明しました。 また、この女性と3日連続で会っていた知人男性は3日、新型コロナウイルスの感染が確認されました。 これらを受け京王バスは5月2日にバス車両の消毒作業を実施したということです。 keio-bus. 出たくなくても 勤めや外出をしないといけない人には この人は脅威でしかありません。 ただ、勤め先やその周辺を どうこうするのは意図がわかりません。 法的規制も無いから家族ぐるみでテロやりほうだあ — モブ夫 tantanbowbow なんか悪意ある偽物居るけどコロナで虚偽報告した渡辺真由さんこっちだぞ。 念の為に脳のPCR検査も受けましょうねー。

次の

20代帰省の女性会社員は誰?顔画像「大工の娘」で物議山梨富士北麓

渡辺真由 勤め先

自宅待機無視の概要 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 山梨県は2日、東京都内に住む20代の会社員女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 女性は県内の実家に帰省中、PCR検査を受け、結果が出るまで実家での待機を求められた。 しかし、その日の夜に高速バスで帰宅。 その後、感染が判明した。 県内の感染者は計55人となった。 県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚(きゅうかく)に異常が出た。 28日まで都内の会社に出勤。 29日に新宿発の高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停で下車、親族の車で帰省した。 30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをした。 帰省中に買い物にも出たという。 30日に勤務先の同僚の新型コロナ感染が判明した。 女性は味覚と嗅覚の異常も続いていたため、今月1日に県内の帰国者・接触者相談センターに相談。 PCR検査を受け、2日に陽性が判明した。 現在、症状はなく、都内の自宅に待機しているという。 先月26日に味覚と臭覚異常の症状が出ておきながら、28日まで東京の勤務先に出勤するというテロリストぶり。 追記 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 山梨県の特別チームは、感染者がコンビニエンスストアでのアルバイトを伏せていた事例があったことから、県警からの出向者も参加して組織された。 20代女性感染者の感染経路や詳細な行動暦は? 国民が自粛要請でホームステイの中、全てを台無しにするような迷惑行為をする20代女性• 4月26日 味覚と臭覚異常の症状• 4月28日 東京の勤務に出勤• 4月29日 高速バス・(京王バス)新宿バスターミナル発 15:15~山中湖• 4月29日 富士急ハイランドバス停で下車、親族の車で帰省• 4月30日 富士北麓地域にある友人宅で5人程でバーベキュー(看護師や保育士) BBQ友達産婦人科 BBQのイメージになります• 5月1日 20代女性の同僚が新型コロナの陽性反応が出て感染が確認される• 5月1日 20代女性の同僚が感染した為PCR検査を受ける• 5月1日 山梨県は検査結果が出るまで自宅待機を要請• 5月1日 結果が出る前に(虚偽の説明2日の朝のバス) 高速バス (京王バス)山中湖旭丘発 19:40~• 5月2日 検査結果が出て新型コロナウイルス感染で陽性反応• 5月2日 高速バス( 9:25山中湖旭日丘発バスタ新宿行き京王バス)新宿から徒歩で帰宅 富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、バス車内でウイルス巻き散らす• 5月2日 軽症者隔離施設 ホテル への移動は拒否 出かける気満々www ツイッターの声「親も肩身が狭い、二度と帰れない」 コロナ感染帰省の女性 感染自覚あり、検査の結果待ちなのに 山梨県内で買物や友人とバーベキューとか… 完全に頭おかしいだろ これ二度と地元にも帰れないし 親も肩身狭いだろ — ゼロワン zerozero09 山梨県55人目の感染者。 東京から帰省した20代女性。 なんで山梨帰ってくるのかなぁ? あれだけ動くなって言われてんのにどういう神経してんだ? 実家で大人しくしてるわけでもなく、富士吉田、鳴沢、富士河口湖を動き回ったそうだ。 マジ迷惑。 — katsuhiro katsumatsusho 山梨の帰省女性、本人より 家族が可哀想… — erikuri erikurilove207 山梨県には来ないで! 苦渋の決断 今はまだ、山梨に来ないで宣言 緊急事態宣言の全国への拡大を受けて、山梨県においても、県と市町村が連携して緊急事態措置に全力を尽くしているところです。 しかしながら、依然として首都圏をはじめとする山梨県外からの観光客は多数にのぼり、今後の大型連休にはさらなる増加が危惧されており、県民の皆様は大きな不安を抱いております。 そこで、通常時であれば、本県への来県は大歓迎するところでありますが、山梨県内における感染拡大防止をより一層強力に徹底するため、また、国を挙げての取り組みである大型連休中における「人と人の接触8割削減」、「都道府県境を越えた人の移動の最小化」をはかるため、 私たちは、大型連休中に、本県への来訪を予定されている皆さんに対し、以下のとおり、強く要請します。 1 苦渋の決断ながら、県及び市町村は、公共施設や道の駅をはじめとして観光施設を閉鎖し、全力で感染症予防対策に取り組んでおり、観光・レジャー目的での本県への来訪は、お断りします。 2 どうしても、やむを得ない事情で来訪される場合であっても、山梨県民と同様、原則として外出しないよう強く要請します。 令和2年4月24日 山梨県知事 長崎 幸太郎 山梨県市長会会長 堀内 富久 山梨県町村会会長 佐野 和広 20代帰省の女性の地元でもある山梨県が、来ないでと強く要請しているなか、感染症状があるにも関わらずゴールデンウイークの帰省を行い、周辺住民を恐怖に陥れる行為、危険です.

次の