コナン赤ちゃん小説。 小説 名探偵コナン CASE2|絵本ナビ : 土屋 つかさ,青山 剛昌 みんなの声・通販

【コナンネタバレ】和葉の未来が悲惨!平次との馴れ初めや性格、名言まとめ

コナン赤ちゃん小説

| | |このお話しはBL関連が絡みます。 表現等が大いにあります。 『御注意』下さい 何でも読める方okな方は進んで下さい この物語は本編の「目覚めたアイツ妊娠も出産もします」の外伝です。 本編がなかなか進まず申し訳ございません 涙 只今スランプで先に進めませんので・・・ その間こちらでもお読み頂ければと思いかきました。 読み切りです。 本編が進み男主人公が出来ちゃった段階でこのお話はどうなるかはわかりません 割り切りで読んで下さい。 キャラクターは相変わらずのメンバーです。 コナン、快斗、服部、そろそろ赤井さん、安室さんがでます 黒の組織も絡んできますので・・・・ 本編と外伝では出来ちゃった・・内容が違います。 できちゃった方法が違うと考えて頂ければ分かりやすいと思います。 両方ともhappyendになります。

次の

名探偵コナンかわいいランキングTOP10!!多くの美女の中で1位になるのは?

コナン赤ちゃん小説

「江戸川コナン…探偵さ…」 「真実はいつもひとつ」 プロフィール 本名 在籍 1年B組 居住地 居候 体重 18kg 『』時点 家族 設定 母 江戸川文代 CV 概要 の主人公。 のリーダー格。 天才的な頭脳の持ち主である名探偵であり、幾多の難事件を持前な頭脳で解決してきた。 正体は高校生探偵の。 の取引現場を目撃してしまったため、組織が開発したで始末されそうになったところ、命は取り止めたもののその作用で身体が縮んでしまい、 「」の小さな名探偵が誕生した。 隣人の科学者・の助言で、周囲の人物に危害が及ばぬようにと正体を隠すため、「 江戸川コナン」と名乗り、現在は小学1年生としての生活を送っている。 また黒の組織の情報を手に入れるためのの父親、のに居候している。 名目上、親がに巻き込まれて遠縁の阿笠博士に一時的に引き取られるが子育てをしたことのない博士が蘭に暫くの間預かってほしいと依頼、両親はその後、海外転勤することになったという設定。 また6-7歳相当の子供が学校に通っていないのは不審がられるとのことで阿笠博士の計らいにより新一が通学していた1年B組に転校する。 一度が架空の母親、江戸川文代に変装してコナンを引き取るが本人が米花町に残ることを切望したために小五郎に必要に応じて好きなだけ使用して構わないと言って養育費として1000万を預けて再び海外へと向かったことになっている。 また蘭に正体がバレそうになった際に一時帰国していた有希子のフォローによって、工藤有希子並びに新一親子の遠縁にあたるという設定も加わった。 後に、が阿笠博士の親戚の子ということになってにて保護されることになるが、コナンと灰原が親戚同士というような言及は見られない。 名前の「江戸川」は推理作家のから、「コナン」はの生みの親、から引用されている。 小さくなった新一が自宅まで戻った際、心配してやってきた蘭に見つかり名前を聞かれたことから、背後にあった本棚にある本、「江戸川乱歩全集」と「コナン・ドイル傑作選」を見たことから咄嗟に考えて答えた名前である。 有希子が変装時に名乗った江戸川文代は江戸川乱歩の作り出した探偵、の妻、文代からで、有希子はこの名前を気に入ったのか別の変装の機会に「明智文代」と名乗って登場している。 人物 容姿 服装は赤い蝶ネクタイと青い、が中心 小さくなり自宅に帰って最初に見つけたのが子供時代の服で、すっかり定着したせいか、では必ずこの服装である だが、現在は普通な服装も増えてきている。 原作者・氏曰く「だっていつもあの格好じゃ寒そうだし」。 眼鏡は、コナンが咄嗟に子供の頃に見た『』を思い出し、正体を隠すためにかけたのが始まり。 後にに貸した際「もびっくりの優れ物」と言っている。 最初にかけた際は父・の眼鏡の レンズを外したもので、現在かけているのは阿笠発明の。 度は入っていない。 バレないように寝る時も着用したままだったが、周囲からは「新一に似ている」と思われている。 猫を普段は被って無邪気な少年を演じているが事件が発生すると新一としてのクールな素顔を見せる。 状況によってはやを演じる事も多い。 嫉妬深い一面もあり蘭に気があるそぶりを見せる男子達を警戒するだけでなく、子供相手にも嫉妬したことも多い。 人称・呼称・言葉遣い・口癖• は自身の正体を知らない人物や蘭・小五郎など警察関係者の手前では猫を被って「 ボク」、自身の正体を知る人物や探偵団の面々の手前では「 オレ」をそれぞれ使い分けている。 は探偵団の面々・や敵キャラクター(黒の組織)には「 おまえ」「 おめえ」、 眠りの小五郎を使わず自ら事件解決する際の犯人には「 アンタ」、一目置かれている人物や頭が全く上がらない人物には「 あなた」をそれぞれ使い分けている。 は蘭には「 蘭姉ちゃん」、小五郎には対面時は「 (小五郎の)おじさん」、モノローグ時は「 (小五郎の)おっちゃん」、警察官や企業の重役など肩書きがある人物には「 苗字+役職名」(目暮警部・高木刑事・千葉刑事・白鳥刑事・佐藤刑事)、園子には「 園子姉ちゃん」、服部には「 平次兄ちゃん」、には「 世良の姉ちゃん」、阿笠には「 博士」、や事件関係者には「 苗字+さん」、探偵団や敵キャラクターにはで呼ぶ。 なお、家族には「 オヤジ・おふくろ」と呼ぶ。 言葉遣いは基本的に中性口調ではあるが、敵キャラクターの手前や激昂したときは、 口汚く攻撃的で荒っぽい男口調(俗に言うヤクザ口調)へと変化し、敵味方・相手の年齢に関係なくを全く使わず、で接する。 ただし、一目置かれている人物や頭が全く上がらない人物には、を使って敬語で応対する。 は「 江戸川コナン、探偵さ!」「 」「 」「 ボク、ちょっとトイレ!」と猫被りをこれでもかっ!と随所で披露している。 探偵として 見た目は小学生であるため、発言力がなく不自然でもあることから、腕時計型麻酔銃で周囲の人物 小五郎など を眠らせて陰に潜み、蝶ネクタイ型変声機でその人物の声を出しながら推理を披露している。 新一の声を使い電話を通して解決することもしばしば。 事件序盤や麻酔銃が使えない状況などでは、色々と苦労しながら周囲にヒントを出している。 極めて強い精神力を持ち、殺傷能力が高い武器 拳銃など を持った敵を前にしても怖気づかずに対抗できる。 同時に後先考えずに無謀な行動に出てしまうこともあり、それが原因で犯人の逆襲を受けて窮地に陥ることも少なくない。 「犯人を絶対に自殺させない」 元々持っていた信条ではなく、の影響によるもの。 「真実は一つしかないのだから、推理に勝敗・優劣・上下関係は存在しない」 こちらはが相手となると、意図的に自分から破ることがある 何だかんだで平次のことはライバルと思っている模様。 能力 推理力 父・優作譲りの才能を持ち、世界中の推理小説に囲まれて育っただけに、その洞察力は凄まじい。 ほぼ直感で犯人の目星を付けることもあり、演技力に長けたやの変装でさえ、わずかな違和感だけで見抜いてしまう。 また、その知識は雑学王と呼ぶに値するほど豊富。 推理小説にも登場する警察の専門用語や医学知識はもちろんのこと、見ただけでカラスの種類と特徴を言い当てられる他、マツタケやアサリの採り方や釣りの仕方、情報技術、自然現象、歴史、心理学など、分野を問わず様々なことに詳しい。 その豊富な知識が推理の助けにもなっている。 推理力や知識量で言えば、小学生はおろか17歳の高校生とも思えないほどの天才であり、もはや 「頭脳は大人」のレベルを超えていると言えよう。 だが、その能力をもってしても父・優作には到底敵わない模様。 また、心理的な推理の面には年相応に限界があり、犯人の心情を理解できない場合がある。 故に、まがりなりにも倍以上の人生経験を積んでいる小五郎に敵わなかったこともある。 身体能力 新一時代と同じくサッカーが得意で、ボールのコントロールは自由自在。 阿笠博士の発明品・で体力不足を補い、犯人の撃退や脱出口の確保などを行っている。 また身体が小さくなった分、身軽さも相当なもので、犯人を追ったり攻撃をかわしたりする際に大いに発揮されている。 平次曰く「みたいな奴」。 では身体能力に更なる補正がかかり、色々と超人じみた活躍を見せている。 特にに乗ってのバランス感覚溢れる動きは、現実では到底再現し切れないほど。 その他特技• 演技 小学生としての無邪気な演技もさることながら、何より注目すべきは変声機を使った他人の演技。 小五郎の他、阿笠の老人口調、生粋なにもかかわらず、女性語をあまり使わずの園子に対してもそれを躊躇いなく自然に演じている。 また『名家連続変死事件』や『黒の組織との接触』においては、初対面あるいは映像でしか見たことがない相手を演じるという離れ業も披露した。 哀曰くこの演技力は「からの遺伝」。 ちなみにコナンを演じる高山氏によれば、ぶりっ子モードのコナンを象徴する 「」の台詞のコツは 「小さな『っ』を入れないこと」 「あっれれ~?」ではない らしい。 絶対音感 周囲から散々イジられるほどの音痴だが、携帯のプッシュ音からメールアドレスを導き出したり、ピアノの調律のわずかなズレに気づいたりできるほど正確な音感を持つ。 また劇場版『』の描写によれば、 聴いた音を正確に発音することは可能であるらしい。 父・優作直伝の技術 劇場版で度々披露する「教わった」技術の数々。 拳銃はともかくヘリコプターやモーターボート、飛行機など、単に「教わった」という説明だけでは納得できないほどのものを自由自在に使いこなしている。 毛利蘭との関係 蘭に好意を寄せているが、正体を隠している為に蘭には異性としては意識されることないもどかしい距離感が続いている。 正体を隠しているのは蘭の安全を考えてのことではあるが新一がいない寂しさを募らせる蘭の姿に思わず正体を明かしそうになったことも。 元の姿に戻りたいという強い想いの根底には新一として蘭の元に帰りたいという想いがあり、ピンチの際には蘭を想って奮起する場面が多く 蘭の存在がコナンの原動力となっている。 コナンが新一に戻った際、で蘭に告白。 後にで蘭から返事をもらい晴れてとなった。 付録の青山剛昌監修のプロフィールによると、好みのタイプは 「蘭に決まってんだろ!」と堂々と答えており、最近のマイブームは 「蘭からのメールチェック」らしい。 人気投票 10周年記念人気投票で1位を獲得し、怪盗キッドや哀らを大きく引き離した。 15周年の800回記念人気投票でも見事に1位に輝いた。 多くの番組やネット・雑誌企画などの人気投票でも1位~3位以内に輝いており、主人公として抜群な人気と知名度を誇るキャラクターである。 コナンの正体を知っている人物 名前と知った経緯• 幼児化直後に途方に暮れていたコナンから直接知らされた。 事が重大でコナンに正体を極力隠す進言をする。 両親であるため、阿笠が直接事情を説明した。 事件の捜査を通して同一人物と確信し、コナンに問い質した 正体を自力で見抜いたのは彼が初めて。 コナンも隠し通すのは不可能と判断し事情を明かした。 工藤宅を調べた際に子供時代の服がなくなっていたことと、自身が同じ状況に陥ったことにより半ば見抜き、組織脱走後保護してくれた阿笠から詳細を聞いた。 新一として電話する際に声を変えたのを聞かれた。 コナンにはその旨伝えていないが、コナンは薄々感づいている。 詳しくは不明だが、コナンの正体をほぼ見抜いているらしい。 コナンにはそれを確認していないが、コナンは知られているのではないのかと疑っている。 劇場版ではコナンと阿笠の電話を盗聴したため。 原作では新一時代の対決後、個人的に調べたためとされている。 なお、劇場版『』では手下のもコナンの正体を知っていると言及されている。 自身の調査で判明。 現時点での存命中の敵キャラでコナンの正体を知るのは彼女のみで、色々な思惑から組織に報告していない。 蘭に告白するのを阻止しようと、コナンが自ら明かした。 ただし自身の調査により半ば見抜いていた(コナンが幼児化したいきさつや黒の組織の存在は聞かされていない)。 正体を聞いた直後に渡米してコナンの前から去っていった。 本人が明かした後に死去。 独自の調査で知るが、組織に始末される。 ノアズ・アーク()• コナンの脳内データを読み取った。 その後、自ら消滅した。 最初は初対面のコナンの能力を見て何者なのか注目していたが、いつの間にか独自の情報収集で概ねの事情を知った(同じ裏社会で暗躍する謎の秘密結社・「」の存在も知っていたようである) 正体を自力で見破ったのは、服部平次・灰原哀・怪盗キッド・ベルモット・沖矢昴・本堂瑛祐・アイリッシュの7人と、ルパン一味のと(次元大介とはルパンと不二子から聞いて知った)。 上記の者たち以外にも、コナンの推理力や小学生離れした振る舞いから少なくとも 「タダな子供ではない」と思っている人物は複数いる。 元々工藤新一が世間でも有名人だったこともあり、物語が進むごとに正体を知る人物が増えつつある。 関連項目 :着ぐるみが、授業のお手伝いとして不定期に出演。 アニメ同様、着ぐるみの動作に合わせて、が声を当てており、子供も視聴していることも配慮してか、常に終始、「無邪気な少年」キャラを演じている。 また、春・秋の改変期の番組対抗特番が当番組をベースにしていた時代には、蘭や小五郎の着ぐるみと「」チームを組んで出演していた。 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃】柱組 赤ん坊を育てる

コナン赤ちゃん小説

ここから、和葉の魅力や裏話を紹介していきます コナンは主人公・江戸川コナンが、数々の難事件を推理によって解決し、因縁の相手である を潰すことが目的です。 その目的に沿ってストーリーは進んでいきますが、直接黒の組織と関係ない事件も多数登場し、 人間関係も複雑に絡まっています。 そんな一部に和葉と がいますが、2人は全キャラクターの中でも人気が高く、一緒に登場する事が多いので目立つ立場。 とても仲良しで、両想いに発展している和葉と平次ですが、馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか? ご存知の方も多いかもしれませんが、2人は幼馴染であり家族ぐるみで一緒に遊ぶことも珍しくありません。 そうした中、手錠を使って遊んでいたとき、手錠が外せなくなるというトラブルに見舞われます。 手錠が外れるまで、一緒に食事したりトイレに入ったり、さらにはお風呂も同じという恥ずかしい経験をしました。 和葉はその経験を通して、平次のことを好きになり片想いの気持ちを募らせていたのです。 一方の平次も和葉に対して特別な感情を持っていましたが、それが恋なのかどうかが分からなかったのです。 しかし事件に和葉が巻き込まれ、命の危機に出くわすと彼女のために 自己犠牲的な行動を取ります。 何度も繰り返すうちに、ようやく平次も和葉を好きだという点に気付きました。 2人は、幼馴染で一緒に遊ぶほどの仲でしたが、とある事件をキッカケにして仲良くなっていったというのが馴れ初めとなりますね。 スポンサーリンク 2.コナンに出てくる和葉と平次の今後とは? 人気の高いキャラクターである和葉と平次ですが、両想いながら正式に気持ちを伝えていません。 今後2人はどのような道を辿るのか、気になって仕方ないファンは多いでしょう。 予想としては、「 正式にカップルとなり結婚する」という見方をする読者が大半です。 コナンという漫画は、高校生探偵を主軸として展開されるので、思春期特有の心の揺れ動きも上手に描いています。 恋心を持つのは思春期であれば自然ですので、漫画でも惜しみなく恋愛要素を取り入れているのです。 和葉と平次は、蘭と新一と非常によく似ており、告白が成功してカップルになったのは蘭と新一が先。 それに続くと見るならば、和葉と平次が正式にカップルになるのは、何も問題がありません。 一方で、「どちらかが事件により命を落とす」という、悲しい結末になりそうだと予想するファンも少数ながら存在します。 コナンが住む世界は、最悪レベルに治安が悪く、毎週のように殺人事件が勃発しており、和葉と平次も何度も巻き込まれました。 今でこそ、奇跡的に助かっていますが、 いつ万が一が起きても不思議ではない状況です。 どちらも、相手の為なら自分の命を投げ打つ覚悟が出来ているので、和葉と平次は相手の為に死ぬ可能性も高いと言えます。 決して安泰な未来が待っているとは、言い切れないのが2人の現状です。 スポンサーリンク 3.和葉の性格に隠された秘密 平次から好かれている和葉ですが、コナンの世界においても人気が高く、男子からナンパされた経験もあります。 スタイルも抜群で、可愛らしい容姿をしているため人気があるのも頷けますね。 そんな和葉ですが、どのような 性格をしているのでしょうか?• 面倒見が良い• 気さくで明るい• 社交的• 優しい• 自分に厳しい• 自己犠牲的• 気が強い 和葉はそれほど多く原作に登場していませんが、劇場版では度々出てくるので性格は判断しやすいです。 原作や劇場版などの和葉を見ると、まずは優しくて明るい性格をしているとすぐに分かります。 面倒見が良いのは、「平次の姉役」を自称している所からも伝わってきますし、コナンの面倒を率先して引き受けていますね。 女性らしい一面を見せる一方で、犯人に対しては毅然とした態度を振る舞うなど強い一面も持っているのです。 自己犠牲的な精神は、平次の命を救うために自らが犠牲になろうとしたところかに現れており、容姿も性格も完璧なキャラクターと言えます。 スポンサーリンク 4.和葉にまつわる謎と考察 コナンに出てくる和葉は、平次とセットでしか物語に登場しません。 平次は単独で出てくる場合も稀にありますが、和葉に至ってはこれまでピンで登場はしていないのです。 どうして和葉は、平次と一緒でなければ物語に出てこないのか、という謎を感じますよね? この謎に対する考察として、「 平次のことが気になって仕方ないから」というものがあります。 和葉は幼馴染である平次を、誰よりも、もしかしたら自分の命よりも大切な存在と考えています。 平次が動くとき、和葉は必ず彼の所に出向き動向をチェックする、ある意味で嫉妬深い部分があるのです。 気になって仕方がないので、平次と一緒にコナンの物語に登場すると考察されています。 もう一つは、「和葉だけが登場する設定が思い浮かばない」という、制作側の立場にたった考察です。 和葉は準レギュラーという立場ではなく、あくまでも平次の幼馴染という少し遠い場所にいます。 単独で彼女が物語に出てくる設定を作るのは、ストーリーが思い浮かばないということで断念されているのだとか。 また、和葉と平次はセットだから味わい深くなるのであり、単独ですと本来持つ力を出し切れないという考察もあります。 スポンサーリンク 5.和葉から飛び出した名言特集! コナンに登場する和葉は、登場回数はそれほど多くはありませんが、劇場版ではメインを張るほどの活躍を見せています。 そのため台詞は意外と多く、ファンの間で「 名言」と語り継がれることも少なくありません。 以下から、和葉の名言の中でもファンが厳選したものを紹介していきますね。 ごめんな平次…アタシの分まで長生きして• 見たいんやもん…平次が事件解いたときのあのキラキラした顔• でもほれたらアカンよ• 前からアンタのこと、めっちゃ…す、好っきやねん• もうなくしたらあかんよ• いつからアタシがアンタの物になったん?• その勝負、受けたるわ 平次への想い、命を失う覚悟などが読み取れる名言が多いのが理解できるでしょう。 スポンサーリンク 6.和葉の可愛すぎる画像が話題に! コナンの和葉は、蘭を超えるほどの人気を誇り、物語で登場すれば常に大きな話題となります。 男性ファンがとても多い和葉ですが、 表情豊かなのも人気の秘密。 以下からは、和葉ファンが一押しする画像を厳選して紹介しますね。 和葉は表情が豊かで、特にうるうるしている顔にノックアウトされたファンは少なくありません。 幼少期からヒロインでもおかしくないほど整っているので、今後もどんどんファンを増やしていくでしょう。 コナン 和葉まとめ ここでは、 和葉と平次の馴れ初めや、性格、さらには名言などについて紹介していきました。 和葉と平次は幼馴染ですが、お互いが好きでありながら正式に想いを伝えていない、何とも甘酸っぱい関係です。 和葉の性格は女性らしい一面と、男性に負けない気の強さなどがバランスよく備わっており、容姿も性格も完璧。 今後も活躍が期待されるので、和葉を応援していきましょう!.

次の