花 と ゆめ パクリ。 神様はじめました 1 (花とゆめコミックス)

花とゆめ 編集謝罪の種村有菜の酷似画像はコチラ!!!!これは......

花 と ゆめ パクリ

花とゆめ12・13号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス32巻 発売中! ネタバレ配慮してなくてすみませ... 別冊マーガレット7月号の 素敵な彼氏、感想です 最新コミックス13巻は 7月22日 発売! ネタバレ配慮し... 花とゆめ9号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス 32巻は、4月20日 発売! ネタバレ配慮してなくてす... 花とゆめ10・11号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス32巻 発売中! ネタバレ配慮してなくてすみませ... 花とゆめ12・13号の なまいきざかり。 、感想です 最新コミックス18巻 発売中! ネタバレ配慮してなくて... 花とゆめ6号の なまいきざかり。 、感想です 最新コミックス18巻 発売中! ネタバレ配慮してなくて すみま... 花とゆめ7号の 暁のヨナ、感想です 最新コミックス 32巻は、4月20日 発売! ネタバレ配慮してなくてす... 花とゆめ12・13号の それでも世界は美しい、感想です 完結コミックス 最終25巻は、8月20日 発売予定!... カテゴリー• 420• 343• 260• 4 アーカイブ•

次の

「別冊花とゆめ」休刊のお話 : 山田南平Blog

花 と ゆめ パクリ

前もってのお知らせがまったくなかったこともあり、今号の別花を見て驚いた方が多いと思いますが、別冊花とゆめは本日発売の7月号で休刊になります。 私個人のお仕事については、「桜の花の紅茶王子」は今月号で最終回を迎えるので問題ないとして。 同じく別花に不定期に掲載されていた「in JACK out」の方は、掲載場所を変えて描き続けさせてもらえることになっています。 新しい掲載誌が決定し次第おしらせいたします。 同じく別花で製作、マンガParkで公開、という形式をとっていた「金色のマビノギオン」は、今後もマンガParkで公開されます。 一時休載などの予定もありません。 それ以外は、今後「花ゆめAi」(今年の秋に刊行される白泉社の新しいWeb雑誌)で新作の連載を開始する予定も立っているので、そちらも情報公開できる時期になったら、すぐにこのブログや公式ツイッターでおしらせします。 私個人の今後の話は以上です。 ここからは別花の休刊のお話。 別花の休刊、寝耳に水だった人がほとんどだと思います。 私が本誌の花ゆめから別花に移ってきたのは、隔月刊から月刊化に、サイズもそれまでのA5版からB5版に上がった、2006年のリニューアル号の時でした。 作品的には「空色海岸」の連載スタート時期です。 それから12年もの間お世話になっていた雑誌でもあるし、40年以上続いた雑誌の休刊に立ち会うことになってしまったことも残念です。 白泉社さんの雑誌に初めて掲載してもらったのが17歳か18歳の時で、それから28年ほどお仕事を頂いていましたが、自分が連載をしていた雑誌が休刊になるというのは実は初めての経験で、知らせを聞いてから気持ちを落ち着けるまでにだいぶかかりました。 最近厳しいという話は知っていたものの、歴史のある雑誌だしまだ頑張れるんじゃないか、微力ながら私も頑張ってお仕事しよう、と思っていたところに休刊のお話を聞いたので、とても残念でしたし、それ以上に色々と申し訳なさを感じました。 12年もの間途切れず連載をさせて頂いていた作家の一人として、力になれなくてすみませんでしたという気持ちが強く、編集部にもですが、毎月別花を買い続けてくださっていた読者さんに対して一番そう感じました。 桜紅茶の連載を終了させるためのスケジュールは別花の休刊が決まるだいぶ前から決まっていて、お話できないこともあって上手く言えないのですが、休刊号と桜紅茶の最終回の号をあえてそろえていただけたのがありがたいと思いました。 今月号に掲載された桜紅茶の最終回は、自分でもとても納得いく内容に描けました。 別花の休刊の号にそんなふうに自信を持って出せる原稿を描けたことにも満足しています。 休刊の報告を受けた当初は、40年以上続いた雑誌でも休刊になってしまうんだ、漫画業界の先細り怖い、と咄嗟に感じてしまいました。 でも先細りなのではなく、紙から電子媒体へ向けての転換期なのだと考えようと、すぐに切り替えました。 気持ちが追いついていないだけで、多分事実だろうとも思うし。 だって我が家で一番のマンガ読みの私だって、今は紙より電子でコミックス買う方がちょっと多いよね?と我が身を振り返ってみたりもしました。 いま、紙の少女漫画雑誌を買う人はどんどん減っています。 SNSがなかった時代、雑誌だけが若手作家の宣伝媒体でした。 その頃の紙の雑誌は、人気のある連載作品目当てに買う読者さんに若手の作品が認知されるための唯一の場所で、私もそうやって読者さんに名前を覚えてもらった新人作家の一人でした。 それだけに、これから読者さんを獲得していかなければならない若手の人たちにはほんとに大変な時代になったなと思います。 雑誌が紙から電子に移行する流れになっただけで、紙の雑誌の時と同じように電子雑誌にも若手の作品は載るのだから同じことでは?と思いきや、紙の雑誌と違って電子雑誌は、目当ての作家さんの作品を単体で買ったり読んだりができてしまうので、やはり紙の雑誌の時代のような宣伝効果は薄れます。 でも逆に今は昔と違って、SNSでセルフプロデュースして注目を浴びて、という名の売り方はできます。 そういうのが苦手だ、できれば漫画だけ描いていたい、と言う根っからの作家さんには厳しい環境でもありますが、それも本当に時代の流れと割り切るべきなんだろうな。 紙の雑誌やコミックスは、今後もなくなりはしないです。 音楽のDL購入が主流になってもCDもアナログレコードも売られているし、交通手段として車や電車しか使われなくなったとしても、馬車も馬も人力車も消えていません。 いまよりも懐古趣味的な位置づけになってしまうとは思いますが、それでも紙の本は残ると思うし、もうそれでいいかな、今後はそういう時代なんだな、と思います。 手元に置いてパラパラ眺める楽しみ方もしたい大事な漫画は、今後も手に入れられるのなら私は紙で買い続けるし、私の読者さんにも「山田さんの作品は紙で読みたい」と言ってもらえたら幸せだから、ますますがんばろうという気持ちになれるかもしれない。 私は作家として、これからも精一杯面白い漫画を描くことで漫画業界のすみっこで貢献していきたいですし(私自身凄い漫画読みなので、買って読むほうでもきっと貢献してるけども)、読者さんは買って読むこと、新しい作家さんを発掘すること、好きな作品を大事にすることで貢献していただけたらな、と思います。

次の

メアリと魔女の花が「声優が下手」「パクリでジブリ全部乗せ」でもやっぱり見てしまう

花 と ゆめ パクリ

2005年10月、インターネット掲示板の2ちゃんねるで、他の漫画家と構図が似ているとの指摘があり、講談社が調査を開始。 同社は10月18日に、『エデンの花』『君の白い羽根』などで井上雄彦の『SLAM DUNK』『リアル』などからの作画トレースがあり、作者本人もその事実を認めたと発表しました。 『別冊フレンド』2005年11月号に謝罪文を掲載するとともに、連載中だった『Silver』の連載中止(事実上の打ち切り)と既刊の単行本すべてを絶版とし、回収する措置をとります。 このことは新聞やテレビの全国ネットのニュースでも報道されるところとなり、2007年3月まで漫画家活動を停止。 2009年3月に連載復帰一作目の『ちはやふる』が第2回マンガ大賞を受賞した際、末次は授賞式を欠席し(代理の編集部員が出席)、関係者に謝辞を表しつつも「過去に犯した間違いというものがあり、自分はまだこういう場に出て行けるような人間ではない。 一生懸命マンガを描いていくことでしか恩返しはできない」というコメントを発表しています。 また、ちはやふるに関しても、チャンピオンで連載していた『かるた』という漫画から登場人物の名前を複数盗用したと噂されていますね。 ただ、ちはやふるのほうが格段に面白く、話も絵も全く違うので私は参考にした程度かなと思います。 大好きな作品なので、あまり周りにとやかく言って欲しくないですね。 画像に関しては載せたもの以外に、『末次由紀パクリ』で検索すれば山程でてきますよ。

次の