算数 おもしろ問題 小学生。 推理算がおもしろい! 算数が苦手な小学生でも思わずハマる楽しい問題5選

第17回 図形問題をおもしろがろう : Z

算数 おもしろ問題 小学生

Aくん、Bくん、Cくん、Dくん、Eくん、Fくんの6人で徒競走をしました。 ・CくんはAくんを抜いて4位になった。 ・AくんはFくんに抜かされて6位になった。 ・Fくんは2人抜いて3位になった。 ・この時点での4位はBくんである。 ・DくんはEくんが後ろにいることを確かめた。 ・Cくんは4位のBくんを抜かした。 ・Dくんは2位のEくんに抜かされた。 さて、Cくんの順位は? A,Cくんは4位 一見簡単そうに見えますが、 「Cくんは4位のBくんを抜かした。 」と言う言葉につられて、 4位を抜かしたから3位だ!と思う人がいます。 4位を抜かしても元々抜かした人は5位なんだから、4位になるって事ですね。 引っかかる人は100人中30人くらいですかね・・・。

次の

【算数おもしろ問題】条件整理のシンガポール算数問題に挑戦

算数 おもしろ問題 小学生

サイトの表示エラーについて(2017年09月) 現在、サイトが正常に表示されないトラブルが発生しております。 xsrv. もしもページのレイアウト崩れを起こしたり、画像データが正常に表示されない場合は キーボードの「ctrlキー と F5キー」を同時に押してページの強制更新を行って頂きますと 正常に表示されるケースが多いのでお試し下さい。 現在はエラーの原因究明を急いでおり、復旧作業に取り組んでおります。 皆様にはご迷惑をお掛け致します。 何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 原因は未だに解明できていませんが、契約しているサーバー会社のメンテナンス実施日と、 当サイトからエラーが起こり出した日がちょうどピッタリ一致するので、 恐らくそれが原因ではないかと考えております。 引き続き復旧作業を継続致します。 ご理解の程、宜しくお願い致します。 更新情報• 2016. 15 その他 追加• 2016. 28 修正• 2016. 25 その他 追加• 2016. 25 修正• 2016. 17 その他• 2016. 16 ポスター• 2016. 15 国語 バリエーション追加• 2016. 15 修正• 2016. 14 国語 「ナ・メ」追加制作• 2016. 14 ポスター 書き込み用を追加• 2016. 13 運筆 見本なし3種類追加• 2016. 11 コラム• 2016. 10 その他• 2015. 24 算数 計算式のフォント変更• 2013. 11 サイト 「ぷりんときっず」ホームページでっかくオープン! 教材リクエスト• 完成予定未定:ことわざカード• 完成予定未定:四字熟語カード• 完成予定未定:イラストカード(食べ物)• 完成予定未定:イラストカード(自動車)• 完成予定未定:よくできましたシール(乗り物)• 完成予定未定:地図記号の一覧表• 完成予定未定:漢字プリント(上級問題)• 完成予定未定:はんたい言葉(プリント・カード・ポスター)• 完成予定未定:四則計算の混在プリント(文章問題)• 完成予定未定:日本地図(白地図)• 完成予定未定:挨拶の仕方• 完成予定未定:助詞が学べる迷路• 完成予定未定:こそあど言葉• 完成予定未定:ローマ字表ポスター• 完成予定未定:アルファベットの教材(改良版)• 制作不可間違い探し(私の画力不足&苦手なイラスト分野です)• 制作不可アルファベットカード(英語の教材は後回しにする方針です)• 制作不可ぬりえ(私の画力不足&苦手なイラスト分野です)• 制作不可点つなぎ & Dot to Dot(点つなぎ系の量産が出来ません・・)• 制作不可国語の読解問題(私の乏しい国語力で物語を作るのは無理です・・)• 完成済み2016. 12月中旬:こども表彰状文字入れサービス• 完成済み2016. 11月中旬:音符・音階の読み方表• 完成済み2016. 11月中旬:カタカナ色分け文字カード• 完成済み2016. 11月中旬:似ているカタカナ追加制作• 完成済み2016. 11月中旬:ひらがな50音なぞり書き表• 完成済み2016. 11月中旬:グリッド点つなぎ見本なし追加• 完成済み2016. 11月中旬:こども表彰状文字入れサービス• 完成済み2016. 11月中旬:通貨カード• 完成済み2015. 09月下旬:服薬チェックシート• 完成済み2015. 08月下旬:お手伝い&生活シート• 完成済み2015. 08月下旬:繰り下がり有り・無し混在の引き算• 完成済み2015. 08月中旬:繰り上がり有り・無し混在の足し算• 完成済み2015. 08月上旬:こども表彰状「水泳」• 完成済み2015. 07月下旬:イラストカード(動物)• 完成済み2015. 07月中旬:似ているひらがな追加制作• 完成済み2015. 07月中旬:20までの足し算表ポスター• 完成済み2015. 06月下旬:かたちづくり「色板自作」用プリント• 完成済み2015. 05月上旬:時計練習ボード「改良版」• 完成済み2015. 04月下旬:物の数え方(難しい数え方)• 完成済み2015. 04月下旬:色カード• 完成済み2015. 03月上旬:こども表彰状「読書」• 完成済み2015. 02月下旬:こども表彰状「将棋2位~3位」• 完成済み2015. 01月中旬:カタカナの塗り絵• 完成済み2014. 12月上旬:そろばんの読み方• 完成済み2014. 11月中旬:日本地図パズルA4サイズ• 完成済み2014. 10月上旬:あいうえお塗り絵• 完成済み2014. 09月下旬:2桁の百ます計算• 完成済み2014. 09月中旬:お金の両替問題• 完成済み2014. 09月上旬:物の数え方表「10個:じっこ」表記• 完成済み2014. 08月上旬:クロスワードパズル• 完成済み2014. 07月下旬:こども表彰状「お泊り」• 完成済み2014. 07月中旬:数字カード「10表記バージョン」• 完成済み2014. 07月上旬:算数用紙・学習帳「B5サイズ」• 完成済み2014. 07月上旬:人の表情から気持ちを読み取る• 完成済み2014. 06月下旬:カレンダーの読み方(日付と曜日)• 完成済み2014. 06月中旬:天気・気温から洋服を選ぶ• 完成済み2014. 05月中旬:物の結びつけプリント• 完成済み2014. 05月中旬:道路標識ポスター• 完成済み2014. 05月上旬:道路標識カード• 完成済み2014. 04月上旬:日本地図パズル• 完成済み2014. 03月下旬:世界地図• 完成済み2014. 03月下旬:二年生の漢字表「なぞり書きバージョン」• 完成済み2014. 03月下旬:一年生の漢字表「なぞり書きバージョン」• 完成済み2014. 03月下旬:日本地図• 完成済み2014. 03月中旬:カタカナかるた教科書体• 完成済み2014. 03月上旬:カタカナ表のなぞり書き2• 完成済み2014. 02月下旬:カタカナ表のなぞり書き• 完成済み2014. 02月下旬:似ている文字プリント• 完成済み2014. 02月中旬:引き算表ポスター答えなし• 完成済み2014. 02月中旬:足し算表ポスター答えなし• 完成済み2014. 01月中旬:カタカナのなぞり書きプリント• 完成済み2014. 01月中旬:ひらがなのなぞり書きプリント• 完成済み2013. 12月下旬:国語用紙・学習帳「B5サイズ」• 完成済み2013. 12月下旬:ひらがなプリント全般「教科書体バージョン」• 完成済み2013. 12月上旬:2桁の計算カード• 完成済み2013. 11月中旬:ひらがな濁音~拗音「縦書きバージョン」• 完成済み2013. 11月上旬:こども表彰状文字入れサービス• 完成済み2013. 10月中旬:繰り上がりのない足し算表• 完成済み2013. 10月中旬:ひらがな練習プリント「1文字ずつ」• 完成済み2013. 10月中旬:あいうえお表「書き順つき」• 完成済み2013. 09月下旬:なんばんめ?「なんにんめ?」プリント追加• 完成済み2013. 完成済み2013. 09月下旬:九九カード• 完成済み2013. 09月中旬:引き算表ポスター• 完成済み2013. 09月上旬:あいうえお かるた• 完成済み2013. 08月下旬:文を作ろうプリント• 完成済み2013. 08月下旬:ひらがな「は・を・へ」プリント• 完成済み2013. 07月下旬:こども表彰状文字入れサービス• 完成済み2013. 07月下旬:ひらがな練習プリント拗音~濁音• 完成済み2013. 07月中旬:計算カード改良版• 完成済み2013. 07月中旬:1,000まで数字表ポスター• 完成済み2013. 07月上旬:カタカナ練習プリント• 完成済み2013. 07月上旬:数字練習プリント ぷりんときっずでは 「1人の要望は1,000人の要望!」をスローガンに掲げ、 プリントのリクエストを受け付けていますので ページからお気軽にお伝え下さい。 現在は幼児~小学2年生のプリントのみ受付とさせて頂きます。 【2016年11月:追記】 問題リクエストの受付を一時中断したいと思います。 理由は2つ。 まず1つ目はリクエストのアイデアが出尽くした感があります。 これ以上受け付けると需要が少ないマニアックなものや、制作難易度が高すぎるもの、 英語・美術・理科などの分野に進出してしまうように思うからです。 2つ目ですが、現在ありがたい事に問題制作のリクエスト数がリスト未掲載の分も含めて優に100件を超えております。 すべての教材を制作し、消化するには1年掛かりの作業となります。 教材リクエスト以外にも小学3年生以降の教材の公開も 大変多くの方からご要望を頂いており、 正直キャパシティを越えており作業が追いつきません。 自分のペースで無理なく同時進行的に制作作業を続けていこうと予定しておりますので 何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。 (本当にありがたい事なのに、本当に申し訳ないです・・) 我が子の成績は学年トップクラス クリックで拡大表示: 我が子の小学3年生の時の成績表です。 国語・算数・社会・理科・音楽・図工・体育・生活 1年間通して全部3段階評価の「できた」です。 別に我が子自慢したいワケじゃないんです。 お金を使わなくてもここまで出来る 私が言いたいのは、 「塾に通ってません」「通信教育やってません」「学習本も買い与えてません」 「毎日プリントを2~3枚やっただけ」です。 子供の教育費にお金を使ったのは格安の印刷用紙と格安のインク代だけです。 もちろん小学4年以上の成績もトップクラスです。 ただ1学期分だけ「もう少し」が2つ付いて見栄えが悪かったので 1年間通してオール「できた」の3年生の時の成績表を載せました。 (思いっきりインパクト重視ですよ、ええ) 我が子は優等生ではありません 決して親の頭が良いワケではありません(本当に謙遜でも何でもなく)。 子供も公立小学校に通っている、ごくごく普通の子供です。 我が子を実験台としてプリント学習の効果を証明したかったんです。 平凡な我が家でもそれなりの結果が残せたので皆さんも私と同じようにして頂けると、 きっとお子さんの成績はクラスでトップレベルになれると思います。 私が実際に使用していたプリントを全て無料で公開していきます。 ぷりんときっず が辿り付いた答え 私が考える学力ピラミッドです。 どのクラスにも必ず1人、2人いる 「スーパー優等生」と「勉強が入りにくい子」を除いた95%以上の子供は勉強したか、 していないかの違いしかないと感じています。 結局はヤル気の問題だけ やれば自分だって出来る・本気出せば出来る、こう感じる子も多いと思いますが 本気になれないのも実力の内、やらないのも実力の内です。 「頭の良し悪し」なんて関係ありません。 人間なんて大体同じ脳ミソなんです。 単純に勉強に対して努力できるか・できないかだけの差でしかありません。 だからこそ「努力できる」という事が大きなアドバンテージになります。 1%の才能と99%の努力と言われますが勉強もこれに当てはまります。 「好きこそものの上手なれ」「継続は力なり」「塵も積もれば山となる」 いかにして勉強に興味を持たせて継続できるか、結局これにすべて集約します。 プリント3つのこだわり:その1 小さな達成感のポイントを増やす 東大・早慶など高学歴の学生でも「1冊1,000ページの参考書」と「1冊50ページの参考書」を20冊やるか、 どちらも学習量が同じでも「1冊50ページ」をやる方がモチベーションが継続すると言います。 1冊1冊、完遂する事による達成感が得られるからです。 子供がヤル気を失わない配慮 それに対し「 子供の集中力は20分が限界」と言われています。 子供向け参考書もありますが、子供にとっての1冊50ページは果てしなく長いです。 やってもやっても終わりが見えない参考書はヤル気を失う原因になり得ます。 プリントであれば1枚10分、長くても20分で終わります。 たった1日1枚でも6年間積み重ねればその差はバカに出来ません。 「1日1枚」「1日10分」この気軽さが勉強を継続させるコツだと思います。 年齢が上がるにつれ、プリント学習に慣れるにつれ、徐々に2枚3枚と増やして下さい。 プリント3つのこだわり:その2 便利さ優先の思わぬ落とし穴 今や手軽にインターネットやスマホアプリで勉強できる世の中になりました。 しかし驚きの研究結果が判明したんです。 パソコン学習は学習定着率が著しく低いんです! 鉛筆と紙を使って「書く」「めくる」など手の動作を伴いながら学習しないと頭に残らないそうです。 指を使っていても画面に向かって「クリック・タッチ」「スクロール・スワイプ」じゃダメなんです。 私たちがキーボードをタイプする時に必要な指の動きは8種類しかないと言われています。 その一方で、手書きをする時の私たちの指の動きは1万種類あると言われています。 脳も1万種類の動きに対応する部分が活性化されるのです。 どちらが良いのか比較するまでもありません。 パソコンあるある 皆さん自身、こんな経験は思い当たりませんか? 一週間前にインターネットで調べた内容、ちゃんと覚えていますか? お気に入りに登録したホームページの内容を忘れてしまって読み直した経験ないですか? 私は何度も何度もこんな経験しています。 興味がある事でさえ、そうやって忘れてしまうんですから 勉強となると尚更、何回も何回も反復しないと脳に定着しないでしょう。 何度も同じ事を繰り返すのは楽しくないし、なかなか覚えられないとヤル気も失いかねません。 パソコン学習はパソコンの操作方法を学ぶものであって勉強を学ぶものではありません。 スマホの勉強アプリも同じく、身体の財産である「視力」を悪くする原因になります。 さらに言うと携帯依存症のトリガーにさえ成り得るんじゃないか?とも感じています。 これから先、ITやAIなどの発達やプログラミング言語の重要性がどんどん高まっていくでしょうが iPhoneを作り出したスティーブ・ジョブズですら自分の子供にはスマホを持たせないと言っています。 幼少期や幼児期からスマホを持たせるのか、その辺りは各ご家庭でよく話し合って決めて欲しいなと思います。 プリント3つのこだわり:その3 楽しい!が勉強を継続させるポイント 子供が勉強を好きになれるか、いかに楽しく学習できるか。 これを最優先事項としてプリントを制作しています。 勉強を覚える事も継続する事も「楽しく」が一番重要だからです。 やっぱり気になるお金の問題 何枚もプリントを印刷すると印刷代もバカに出来ません。 楽しいデザインを考えつつお財布に優しいエコプリントを目標にしています。 各社バラつきはありますが「 通信教育は1ヶ月¥2,000円前後」 「 学習塾は1教科¥5,000円前後」です。 教材代に人件費・広告費・会社利益が乗っかるので当然高いです。 それに対しプリント印刷は工夫次第でかなり安く出来ます。 高品質な紙を使う必要がないし、格安の印刷用紙を使えば1枚¥1円(両面印刷で¥0. 5円) 互換性の格安インクを使えばフルカラー印刷や高画質印刷じゃない限り プリント1枚¥5円程度です。 安くて万能なプリント学習 苦手な教科だけを重点的に、好きな教科を好きなだけ、などピンポイントで プリントを選んで学習できる所がダウンロード印刷の強みで、効率良く学習できます。 逆に言い換えるとプリントが厳選されていない為「パパママのマネージメント能力」が問われます。 お子さんの得意な分野、苦手な分野をしっかり把握してあげて下さい。 そうしないと結局無駄な学習が増えて「非効率的」なプリント学習になってしまいます。 学習方法の合う、合わないは勿論ありますがお子さんの学力が 伸びないからといって「ダメ」と決め付けるのは早計です。 プリントに限らず通信教育でも市販教材でも「生かすも殺すも親次第」です。 当サイトを「踏み台にしてやる!」ぐらいの気持ちで利用して頂けると嬉しいです。 そして浮いたお金はお子さんの為に使ってあげて下さい。 それが私にとっても、お子さんにとってもお互いニコニコ幸せになれます。

次の

オモシロひっかけ算数問題を教えてください!!小学レベルがいいです。例えば、...

算数 おもしろ問題 小学生

まず問題文の中の条件から最初に気がつくことは、同じ日にちが2回出てくる場合と、1回しかない場合があること。 14日は7月と8月に、15日は5月と8月に、16日は5月と7月に、17日は6月と8月に。 そして18日は6月、19日は5月にしかありません! ここでもしあなたがタクミだったとしましょう。 タクミが教えてもらった日にちが18日か19日だったら、もうタクミには答えがわかっていることになりますね。 まとめておきます。 もしタクミ君が18日か19日と教えられていたなら、タクミは答えがわかっていることになる。 すみれちゃんの誕生日がわからないのは、ボクだけかと思ったら、 タクミ君もわかってないんだね。 このメモを見た時、 ハヤトも18日と19日はひとつしかないことに気がついています。 ハヤトの立場になってみましょう。 もしハヤトが教えてもらった「月」が、5月だったとすると19日である可能性があります。 同じようにもし6月と教えてもらったとすると18日という可能性があります。 つまり、 ハヤトが知っている月が5月か6月ならタクミ君が「答えがわかっている」可能性が残るのです。 でもハヤトは「タクミ君もわかっていないんだね」と断言しました。 ということは、 ハヤトが教えられた「月」は5月か6月以外の7月か8月であることが確定します。 算数の条件整理の問題を解くコツ 条件整理の問題を解くには、まずは問題文の中からすべての条件(確定された情報)を取り出します。 すべての始まりですからここが一番大切です。 問題文の条件を読みとるときに意識することは、 文章にはいっている情報はすべて解答に必要な条件だということ。 すみれちゃんの誕生日の問題文や会話は、一見なんということはない会話文のようですが、ハヤト君、タクミ君の会話のすべてが条件になっていましたね。 次にその条件から確定できる新しい条件を探します。 (問題の条件)~ということは〇〇だ。 (〇〇は確定) 「〇〇かもしれない」とか「〇〇の可能性はある」は確定できる条件ではありません。 確定できない場合、さらに条件を細分化して~の場合〇〇だ、という部分的な条件で確定していきます。 今はスルーしても構いませんので、まずは基本の考え方を身に着けてしまいましょう。 「~ということは〇〇だ」をすべて引き出したら、次は、派生的に確定できる条件を探します。 いくつかの条件を合わせてわかる新しい条件を引きだします。 そうした上で、何を使って解いていくかがわかるのです。 条件整理の例題を解いてみよう 例題: A, B, C, D, 4 つのチームが他のチームと 1 試合ずつサッカーの試合をしました。 このとき B と C ではどちらのチーム が勝ちましたか。 総当たり戦 どのチームも他のすべてのチームと対戦する)なので、下線の情報を表にするのが鉄則です。 ここではただ問題の条件そのままです。 2 「ということは〇〇だ」と確定できることを探しましょう。 AがBに勝ったということは、BがAに負けたということだ。 AがCに負けたということは、CがAに勝ったということだ。 Dが3連勝したということは、AとBとCがみんなDに負けたということだ。 これを書き入れましょう。 勝ち数が同じチームはない、という条件が残っています。 ポイントは条件はすべて使う事。 表を見てみましょう。 Dは3連勝なので、勝ち数が3だ。 Aは表をみると、勝ち数が1だ。 ここまでがわかりますね。 Aが勝ち数1ということは、Bは勝ち数1じゃない。 Bは勝ち数0、Aは勝ち数1、Dは勝ち数3だから、Cは勝ち数2になる。 これですべての表がうまりました。 問題で聞かれているのは、BとCではどちらが勝ちましたか?ですから、Cの勝ち、が答えです。 まとめ 条件整理の問題が大切なのは、これがまさにロジカルシンキング、論理的思考の基礎だからです。 つまり条件整理の力は、すべての算数問題を解く力に通じます。 確定できないときは、条件付きで確定する(本ページでは解説していません)。 この思考を常に意識すれば必ず算数問題を解く自信につながります。 子供たちの成長のお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の