カッテージ チーズ。 カッテージチーズのカッテージの意味や由来とは?チーズの面白い雑学。

カッテージチーズの魅力や食べ方を徹底解説

カッテージ チーズ

カッテージチーズは冷凍できる? 開封後のカッテージチーズは基本的には冷蔵保存向きと言われており、密閉容器に入れて、冷蔵庫で2日〜1週間がおおよその消費期限目安となっています。 消費期限は手作りのものほど早く、市販のものであれば保存方法にもよりますが最長1週間は置いておけるでしょう。 じゃあ冷凍での保存はできないのか?ということについてですがそんな事はなく、保存の仕方や解凍方法をきちんと理解していれば、1〜2週間程度なら冷凍庫での保存も可能です。 カッテージチーズを冷凍する時のポイント カッテージチーズは裏ごしタイプかつぶタイプかによっても保存のコツが違ってきます。 たとえば裏ごしタイプならあらかじめジェラートにしておくと冷凍しやすくなりますし、つぶタイプならオリーブオイル漬けにしておくことで、香辛料や塩の力で多少は賞味期限を伸ばすことができるでしょう。 また、賞味期限が近づいてきた牛乳を使ってカッテージチーズを作り、それを冷凍するという手段を使っている主婦の方も多いようです。 カッテージチーズの冷凍・解凍手順 ここでは、カッテージチーズを上手に冷凍保存・解凍する手順についてお話していきます。 冷凍保存と解凍の流れ カッテージチーズを冷凍する時は、ジップロック等の密閉袋に、薄くしてから冷凍するのがオススメ。 これなら使う分だけ割って、残りもそのまま自然解凍する事が出来ます。 冷凍したものを解凍すると、作りたてや開封したばかりとものよりはどうしても風味が落ちてしまいますが、食べきれない場合は冷凍する他ないので、上記の方法を試してみてください。 一度冷凍してしまったカッテージチーズは、解凍するときに成分が分離して酸味が失われ、味も落ちてしまう可能性があります。 よって、カッテージチーズの冷凍保存は基本的にはおすすめしていないのですが、流水解凍することにより味の劣化を最大限抑えることができます。 また、カッテージチーズを含んだ調理済みのおかずは冷凍しても味が落ちることもないので、冷凍したい時はまず加熱調理してからにするのもコツですね。 カッテージチーズの色々な使い道 ここでは、消費期限の近づいているカッテージチーズの様々な使い道を紹介していきます。 リコッタチーズの代用品として カッテージチーズはリコッタチーズの代用品としても使えます。 特にケーキ作りの際には、カッテージチーズとクリームチーズを半量づつ使うことでリコッタチーズにそっくりのコクと味わいを出すことができるでしょう。 離乳食として カッテージチーズは赤ちゃんの離乳食として使えるのも有名ですね。 オススメのレシピは「さつまいもバナナチーズ」で、材料は以下になります。 サツマイモ5ミリ位のスライス3~4枚• バナナ5ミリ位のスライス5枚• カッテージチーズ 離乳食スプーン1さじ程度 作り方もシンプルで、まずサツマイモとバナナを熱湯に入れてゆで、サツマイモをいつも食べている離乳食のように小さく刻み、バナナはすり潰してペースト状にします。 あとはこれらを混ぜ合わせ、カッテージチーズを上に乗せれば完成です。 和え物として ここではカッテージチーズを使った簡単な和え物レシピも紹介します。 まず材料は以下の通りです。 ほうれん草 120g• にんじん 40g• 冷凍コーン 30g• 砂糖 小さじ1• すりごま(白) 小さじ1• 薄口醤油 小さじ1• カッテージチーズ 60g 作り方はまず、ほうれん草をよく洗ってゆで、2㎝幅に切ります。 にんじんは千切りにし、冷凍コーンと一緒にゆでて、ザルにあげておきましょう。 次に砂糖・すりごま・薄口醤油・カッテージチーズを混ぜ合わせます。 これらをゆでた野菜と一緒に冷蔵庫で冷やしておき、食べる直前に混ぜ合わせれば完成です。 クラッカーにのせて 最後にお手軽なクラッカー用ディップの作り方です。 材料はこちらになります。 カッテージチーズ 100グラム• パセリ 大さじ1• マヨネーズ 大さじ1• 塩、胡椒 適量 作り方はまず、ボールにカッテージチーズ、みじん切りにしたパセリ、マヨネーズを入れて混ぜ、塩胡椒で味を整えるだけです。 たったこれだけで、ワインにもピッタリのディップになりますよ。 カッテージチーズは冷凍も可能 カッテージチーズはできれば冷蔵保存を推奨しますが、1週間〜2週間保存したい場合は、小分けにするか、もしくは薄くパキッと折って使いやすい形にしてからの冷凍保存がオススメです。 解凍する時は必ず流水解凍にしましょう。 これなら味や風味、食感が劣化するのを最低限に留めることができます。

次の

「カッテージチーズ」が筋トレに良い理由。栄養素や食べ方を徹底解説します|細マッチョな会社員の筋トレブログ

カッテージ チーズ

カッテージチーズとは カッテージチーズはオランダが原産の柔らかいフレッシュチーズです。 コッテージチーズとかコテージチーズとも呼ばれます。 乳製品が美味しい北海道では「牛乳豆腐」とも呼ばれています。 牛乳から脂肪分を取り除きたんぱく質やカルシウムだけを残したカロリーの低い脱脂乳などから作られます。 栄養成分は? カッテージチーズのカロリーは100gあたり105kcalです。 同じフレッシュチーズの仲間のクリームチーズのカロリーは100gあたり346kcal、モッツェレラチーズは100gあたり252kcalという数字と比べると、たいへん低カロリーであるチーズです。 その上塩分や脂肪分も少ないのが特徴です。 固形分中の乳脂肪分は20%と低く、これがダイエット食として向いていると言われる理由です。 脂質のほか主な栄養素はたんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミンで、特にミネラルではカルシウムの含有量が多く、ビタミンではB2が豊富に含まれています。 味は? 柔らかいけれど適度な弾力があり、クセのない淡白な味です。 わずかに酸味があるのが特徴です。 チーズの種類の中ではどの種類になるの? 原料の乳に凝固酵素を加えて乳を固まらせ水分を取り除き、熟成させないフレッシュチーズの種類です。 白カビチーズのカマンベールと同様、軟質タイプのチーズの中でもフレッシュチーズの種類に分類されます。 カッテージチーズの作り方 一般のスーパーでも簡単に購入でき、製造している会社もたくさんありますが、カッテージチーズは家庭でも簡単に作ることができます。 温めた牛乳に酢(もしくはレモン汁)を加えることで分離し、カッテージチーズになります。 分離したあとの薄い黄色い水溶液はホエイとか乳清と呼ばれ、牛乳のたんぱく質とカルシウム以外は栄養が含まれています。 酸味も気にならない程度なので捨ててしまわずに炊飯やスープなどに活用すると無駄なく使えます。 牛乳を活用する簡単な作り方 材料…牛乳1000ml、酢(もしくはレモン汁)大さじ4杯 上記の分量で約400~500g弱のカッテージを作ることができます。 鍋を火から外して分量の酢(レモン汁)を加えて手早く全体を混ぜそのまま置きます。 しばらくすると豆腐をくずしたような固形の塊と黄色みがかった水分に分離してきます。 ボウルの上にザルをセットし、ザルに清潔なカーゼやキッチンペーパーなどを敷いてその上に塊をのせて水分を取り除きます。 塊から水分が抜けたらカッテージチーズの出来上がりです。 ボウルに溜まった液がホエイとか乳清と呼ばれるもので栄養がたくさん含まれているのでスープに加えたり捨てずに活用しましょう <ポイント>• 牛乳を温める温度が低すぎると固まりにくくなります。 レモン汁を使った方が仕上がりがよりきめ細かくなめらかなになるという声もあります。 水分を抜くときにコーヒーフィルターを利用しても便利です。 カッテージチーズの保存方法 保存は冷蔵で保存します。 ケースに入っているものはきちんと蓋をしめて保存し、手作りなどでケースがない場合は消毒した密封容器やタッパーに入れて冷蔵庫で保存してください。 市販のものに関しての賞味期限は、開封前は商品に表示されている賞味期間内に使い切り、開封してしまったら、2~3日で使い切ることをおすすめします。 手作りの場合も同様に密封できる容器に入れて冷蔵保存で2~3日が賞味期限です。 市販のものの開封後の賞味期限に関しても、手作りのものにしても、2~3日だという賞味期限については、フレッシュタイプのチーズは鮮度が大切な食品なので、考え方としては牛乳などと同様に考えて2~3日が賞味期限だと言われています 冷凍はできるか? 残念ながらカッテージチーズは冷凍することはできません。 冷凍するとチーズ自体が変質してしまい食感も風味も変わってしまいます。 保存の際は冷蔵で保存してください。 カッテージチーズの美味しい食べ方 カッテージチーズはそのまま食べること多いですが、柔らかいけれど適度な弾力があり、クセのない淡白な味わいからお料理に加えて活用されているチーズです。 そのまま食べる サラダにトッピングしたり、生野菜に混ぜてそのまま味わうのは一般的な使い方です。 パンやクラッカーなどの上にゆで卵のスライスやトマトのスライスをのっけて、カッテージチーズを一緒にカナッペに活用することも多いです。 ディップとして食べる 野菜スティックやカリッと焼いた薄切りフランスパンなどのディップとして活用するのも美味しい食べ方です。 ひき肉の代用に使いダイエット料理として活用する ダイエット食を作る時にひき肉の代用に活用されます。 ひき肉の半分をカッテージチーズに代用してハンバーグを作ると、脂肪分をカットでき通常のハンバーグよりカロリー落とすことができます。 カッテージチーズの食べ方のバリエーション カッテージチーズはそのまま食べても美味しいチーズですが、柔らかく癖のない味わいなので、お菓子や料理に美味しくアレンジして使えます。 ここではカッテージチーズを美味しくアレンジした食べ方のおすすめ料理をいくつかご紹介します。 なめらかなチーズケーキ カロリーが低いカッテージチーズで作るチーズケーキなので、カロリー制限の必要な方やダイエットされている方も安心して召し上がれる、簡単にカッテージチーズの食べ方をアレンジしたチーズケーキです。 クリームチーズを使ったチーズケーキのような濃厚さはありませんが、チーズの香りが豊かな軽くさっぱりとしたチーズケーキです。 材料 (4切れ)• カッテージチーズ 裏ごしタイプ 100g• 生クリーム 100cc• 卵1個• 小麦粉大さじ2• あればレモン汁大さじ1• あれば飾りのフルーツお好みで 作り方• 全ての材料をミキサーにかけて型に流し入れます。 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。 お好みでフルーツを添え出来上がりです。 調理のポイント カッテージチーズの量は大方の目安なので多少前後しても膨らみに変わりありません。 今回材料に記載されている 「ラカント」とは糖類、カロリーゼロの天然植物由来の天然の甘味料です。 ダイエットなどで摂取カロリーを気にされている方や血糖値を心配されている家庭ではよく利用されている甘味料です。 同様の甘みを出すためには普通の砂糖をラカントの分量の4倍にしてご使用ください。 スポンジケーキのように膨らみを気にするケーキではないので甘みに使う材料は砂糖でなくても、ラカントなどの天然甘味料やハチミツを利用してもかまいません。 アボカドとカッテージチーズのわさび醤油サラダ アボガドはカッテージチーズと相性がよく合う食材です。 アボガドとカッテージチーズをというと洋風のドレッシングが思い浮かびますが、和風味も大変美味しくいただけます。 カッテージチーズのコクとわずかな酸味がわさび醤油とよくマッチした、チーズと和風ドレッシングのコラボが大当たりのサラダです。 アボカド1個• ミニトマト5個• 青ねぎ1本• カッテージチーズ大さじ山盛り2• レモン汁適量 (ドレッシングの材料)• 醤油大さじ1• レモン汁大さじ1• わさび小さじ1~2• オリーブオイル大さじ1 作り方• アボカドは食べやすい大きさに切って、変色防止のためにレモン汁をかけておきます。 トマトは縦半分に切り、青ねぎは小口切りにします。 ドレッシングの材料を合わせておきます。 ボウルにアボカド、トマト、青ねぎ、カッテージチーズを入れて和え、器に盛りつけドレッシングをかければ出来上がりです。 調理のポイント ドレッシングは食べる直前にかけるのがおすすめです。 醤油が茶色いので直前にかけた方がカッテージチーズの白さがはえます。 青ネギの代わりにパセリの葉を大きめに刻んで代用しても美味しくいただけます。 今回はわさび醤油をドレッシングに加えましたが、季節によっては柚子胡椒を醤油で溶いたものをわさび醤油の代わり使ってもカッテージチーズとの相性はくずれません。 詳しいレシピはこちら(クックパッド) カッテージチーズのスープ 大胆にもスープの中でカッテージチーズを作ってスープにしてしまうカッテージチーズの食べ方を大いにアレンジした料理です。 スープを作りながらカッテージチーズも作ってしまうとは、何とも一隻二兆の便利なスープです。 忙しい時に簡単に作れるお洒落なスープでもあります。 材料 (2~3人分)• レモン汁 少々• 牛乳2カップ半• 水1カップ• コンソメキューブ 1個• 塩少々• ハチミツ 大さじ1 作り方• りんごの半分をすり下ろし、残りを薄く切ります。 すり下ろしたほうにレモン汁をかけて混ぜておきます。 玉ねぎは、適当にくし切りにします。 鍋に油を敷いて熱し、薄く切ったリンゴと玉ねぎを炒めます。 そこに水、牛乳(1カップ半)、コンソメキューブを入れて煮立たせます。 煮立ってきたら、レモン汁を加えたすり下ろしリンゴをいれて、ときどき混ぜます。 この時に汁の中でカッテージチーズが出来ます。 ある程度ふつふつと煮えてきたら、塩、ハチミツ、残りの牛乳を入れて、味を整えたらできあがりです。 調理のポイント レモン汁の代用に酢を使っても構いません。 5の工程でチーズの出来が悪い時は、2で入れたレモン汁とは別にレモン汁を足して好みのカッテージチーズの分量を決めてください。 さらりと味わいたければレモン汁の量を減らすとカッテージチーズの出来が少なくなり、レモン汁を多くするとカッテージチーズの多いスープになります。 最後の加えるハチミツがない場合は砂糖を代用します。 ハチミツは砂糖よりも甘さが強いので砂糖を使うときは大さじ1強を加えます。 ハチミツを使うとよりコクと風味を加えることができるので、できればハチミツを使うのがベストです。 カッテージチーズを美味しく活用してみよう 淡白な味わいのカッテージチーズ!低カロリーでダイエットにも活用できる食品です。 そのままでも美味しいメニューはいっぱいです。 ハンバーグのひき肉を半分カッテージチーズに代用するだけ低カロリーのおかずになるのは、ダイエット中の人にとってもは嬉しい使い方ですね。 淡白で少し弾力性のあるカッテージチーズはほかの食材とも相性抜群です。 ぜひ美味しく活用してみてください。

次の

【食べ物】高たんぱく、カッテージチーズについて【ダイエット】

カッテージ チーズ

Contents• カッテージチーズとは? カッテージチーズとは、 脱脂乳や脱脂粉乳を主原料につくられるフレッシュタイプのチーズです。 つまり、「低脂肪フレッシュチーズ」です。 低脂肪でチーズの中で最もカロリーが低く ダイエットチーズとも呼ばれています。 原産国は イギリスや オランダの説が有力。 特徴は、 木綿豆腐のようなそぼろ状の食感と、クセや塩味がないあっさりした味わいです。 それゆえ、カッテージチーズは、おかずからデザートまで幅広い料理に使えるのはもちろん、離乳食としても選ばれることの多いチーズです。 カッテージチーズの作り方 それではカッテージチーズの作り方を見ていきましょう。 以下、乳業メーカーが作る一般的な製法と家庭で身近な材料で作る方法の2通りの作り方を記します。 加熱することによってカードの脱水・収縮が促され、カッテージチーズ特有のそぼろ状の生地になるんです。 一方で、家庭で作るカッテージチーズの作り方は少し違います。 上で説明した作り方は、ミルクを乳酸と凝乳酵素で固めたのに対し、 家庭で作る方法はお酢やレモンの酸によってミルクを固めます。 それでは自家製カッテージチーズの作り方を見てみましょう。 脂肪分が多いほど、甘くコクのあるカッテージチーズが出来上がります。 自家製カッテージチーズの作り方についての詳細はこちらの記事をご参照ください。 カッテージチーズの食べ方は実に多彩です。 この記事では、カッテージチーズの「 クセがない」「 そぼろ状」「 低脂肪」という特徴を活かした食べ方を見ていきます。 これから挙げるキーワードでレシピを検索してみると美味しそうなレシピがたくさん出てきますよ。 そのまま食べる クセがないので、そのまま食べても全く抵抗なく楽しめます。 オリーブオイル、醤油、ポン酢、ドレッシング、はちみつ、ジャムなど、幅広い調味料とよく合います。 辛く味付けするなら、イメージとして豆腐に合うものを選べば大抵うまくマッチします。 甘いものと相性が良いのは言うまでもありませんよね。 和え物として そぼろ状のカッテージチーズは、食材に和えやすく サラダの具材として最適です。 サラダにそのまま添えても良いですが、 キャロットラぺやごま和えなどに合わせる食べ方もおすすめです。 食材は、ニンジン、かぼちゃ、リンゴなど 甘みのある野菜やフルーツと特に好相性。 おからと合わせて白和えやポテトサラダ風に楽しむレシピもあります。 和え物の延長の考え方で、カッテージチーズのちらし寿司も人気のあるレシピです。 意外にも すし飯とも相性が良いんです。 パスタやリゾットに合わせる 通常のチーズの代わりに カッテージチーズを合わせることで、よりヘルシーに仕上がります。 料理にコクを加えたいけど、軽く仕上げたいときにおすすめな食べ方です。 揚げ物や詰め物の具として カッテージチーズのそぼろ状で成形しやすい特徴を活かして、 揚げ物や詰め物の具として使うレシピもあります。 例えば、ジャガイモの代わりにカッテージチーズを パセリやカレー粉などと混ぜてコロッケにしたり、カッテージチーズに みじん切りにした野菜を混ぜて春巻きの皮で巻いて揚げたり。 野菜の詰め物、餃子などレシピはいくらでも考えられそうです。 ディップにする カッテージチーズは ディップの材料としてもおすすめです。 クリームチーズを使うよりも低脂肪でヘルシーなディップを作れます。 マヨネーズとも相性が良く、それにレモン汁と塩胡椒でベースが出来上がります。 あとは、ツナ缶、明太子、アボカド、みじん切りにした漬物やドライフルーツなど、アレンジ次第でさらにレシピを増やせます。 ぜひいろいろ試してお好みの食べ方を見つけてみてください。 カッテージチーズは食べ方多彩で低脂肪、健康志向なあなたに最適な日常チーズ これまで見てきたようにカッテージチーズは 低脂肪であることが大きな特徴です。 当サイトの他記事でも書いていますが、チーズの脂肪は上質で体にとって有益な成分も多いことから積極的に摂取したい脂肪です。 しかし一方で、偏った栄養バランスや脂質の摂りすぎにも注意が必要です。 そんな 健康に気遣うあなたにとってカッテージチーズは都合が良いチーズです。 レシピで栄養のバランスを考えたり食事のボリュームを調整するとき、カッテージチーズは良い助けになってくれます。 しかも、牛乳とお酢やレモンがあれはご家庭でも簡単に作ることができます。 ぜひあなたのレシピに積極的に取り入れて、美味しくかつ健康的な献立作りに役立ててみてください。

次の