面接 欠席日数 答え方。 高校の欠席日数が多いと大学入試には不利となるのか徹底調査!

就職面接で欠席の数について

面接 欠席日数 答え方

大学受験における 欠席日数は 関係があるかないかについでですが、 推薦入試では 面接があるので 欠席日数は影響すると考えれれます。 ですが、一般入試で 受験される学生に関しては 欠席日数は 特に関係しないようです。 しかし、一部の大学・学部では 面接を行っているところもあるので、 その際は受験生の 調査書が影響してくるので 欠席日数が影響してきます。 例えば、医学部の入試では面接がありますので、 その際は 高校の調査書を参考にします。 大学側は、受験生の欠席日数に関しては 極端に多ければ気にします。 その際は欠席日数が多い理由について 質問される可能性があるかもしれません。 医学部は将来の医師となる人間を 育成していく場であるので、 受験生が実際の現場でも適応出来るような 肉体でなければハードな環境についていけません。 欠席日数が多ければ肉体的に弱いだとか、 気持ち的に弱いのかと思ってしまいますので 受験生の 欠席日数は極力少ない方が良いです。 だからといって欠席日数の多い受験生は 医学部入試を合格出来ないわけではありません。 もし聞かれたならば、 「以前はそうであったけど現在は違う」と 伝わるような答え方をしましょう。 また、病的なもので欠席日数が多かったのであれば、 その病名についても改善している事を 前提に伝えておくと良いでしょう。 医学部の教員が面接官であるので、 病気の症状については理解を得られる場合もあります。 欠席日数云々の前に、 医学部の面接を受けられる受験生が 意識すべき点があります。 医学部の面接で見ているのは 受験生の コミュニケーション能力です。 人と関わる仕事で、患者とのコミュニケーションも 円滑に出来なければいけません。 コミュニケーション能力を含め、 受験生の人間性を重視すると思いますので、 欠席日数は少ないに越した事はないでしょう。

次の

就職面接で欠席の数について

面接 欠席日数 答え方

不登校の高校受験での面接について あくまで私の経験談なのですが、一つの経験談として少しでもお役に立てれば幸いです。 私が受けたのは私立の全日制高校を受験したときの面接。 通信制高校についての面接は「」で別途まとめています。 面接で不登校のことについて聞かれたら、正直に答えて大丈夫だし、嘘はダメ。 なぜなら、内申書の欠席日数を見ればあなたが不登校だったことは既に把握できているので、嘘をついてもバレるだけ。 また、不登校だったことに対して攻めたり追い詰めたり、批判したりといったいわゆる圧迫面接はまずありません。 就職だと圧迫面接といって、ストレスをあえてかける面接手法もあるんですけど、高校受験ではまずありません。 そこは安心していいと思います。 私の時は集団面接だったが、結果的に個人面接になった まず高校受験での面接が集団面接か個人面接かによって、聞かれる内容も違います。 集団面接だと他の生徒もたくさんいるんで、不登校のことはプライバシーにも触れるデリケートな質問になるから、他の生徒の前で聞くのも難しいんです。 その生徒1人だけの個人面接だったら聞きたいことを聞けるので、まず高校が面接の人数をどうするのかを事前に知っておくといいかも。 で、私の高校受験での面接は7~8人程度の集団面接でした。 そこで何を聞かれるかなーとやはり心配していたのですが、自分に順番が回ってきた時に面接官の先生が「じゃあ、とりあえずあなた飛ばして次の方」と私だけ飛ばされました。 私はもちろん、他の生徒も「 !?」という状態でしたが、とりあえずそのまま面接は進行し、他の生徒の面接が終わって皆退室した後、個人面接が開始というイレギュラー対応でした。 面接での質問内容、どんなことを知りたがっているか で、そこで何を聞かれたかというと、まず欠席状況に関しての理由を聞かれました。 まぁ、数字を見れば学校に行っていないことは明白ですから、その理由が病気なのか怪我なのか、他の理由で学校に行けなかったのかを簡単に確認するといった感じです。 また、 学校に行けていない間にどんなことをしたか、そこから復帰したことの経緯、不登校経験から学んだことなどを聞かれた記憶があります。 私の場合、学校に行けていなかったときに短期の海外留学に行っていましたのでその話とか、そこで知り合った友人との話とか、不登校期間中に学んだことなど話しました。 不登校で欠席日数が多くても、その間にどんな勉強をしていたとか、塾に行ってたとか、フリースクールや適応指導教室に行っていたのなら、それを話せば十分です。 不登校ではないけど中途半端に欠席が多くて正直に話せないような休み方をしてしまった場合はやっぱり「風邪」とかが無難。 もしくは、「その時は悩みがあって休むことが増えたが、今はもう乗り越えた」とかのサクセスストーリー的な過去話にしてしまうか、「体が弱く苦労したが、高校入学後は部活に入って体を鍛えたい」とかの前向き系ストーリーにするかですね。 高校に入ってから再び不登校にならないか?を心配しているようだった あとは高校に入学してから同じような不登校にならないかどうかを気にしていて、その点についてはどのように考えているか?の質問もありました。 もう、この時点で合格を前提にした質問だとすぐに分かりました。 「 もともと私は友人がいなくて学校にいけなくなったわけではなく、なんとなく疲れて気付いたら学校にいけなくなってしまった。 復帰してからは周囲の友人との関係の大切さを知ったので、入学後も互いを支え合えるような友人が出来れば問題なく馴染める」と答えました。 (結果、馴染めず中退しましたw) 一通りの質問が済むと他の生徒と同じような質問(入試はどうだったか、何が難しかったか、部活は何をやっていたかなど)があり、最後に「 私達の学校は出席日数で合否は決まらない。 その人の人間性で全てを決める。 欠席日数がどうか、不登校がどうとかそれらの点は一切心配しなくても大丈夫」と伝えられ、面接が終了。 ありがたい話です。 心の中では「いやいや、さっきやった入試のテストは意味なしかよ」とツッコミましたけども、まぁお察しの通り、学力レベルがすごく低い高校なので仕方がない。 面接の基本は聞かれた質問に対して答えること 面接では聞かれていないことを自分からズケズケ話す必要はありません。 「聞かれたことに対してきちんと答えを返す」というのが基本です。 不登校だったことに対して何を聞かれるかを心配するのは当然ですが、相手もそれをわかっています。 圧迫した雰囲気ではなく、普通に会話形式で質問をする感じですから、相手が知りたがっていることに対して自分の考えを答えるだけでいいと思います。 用意したような立派な言葉を並び立てても、自分の言葉ではないのはすぐにバレてしまいます。 素直に自分の考えと整理しておいて、それをわかりやすく端的に、そして自分の言葉で返す練習をしておくといいと思いますよ。

次の

中学受験は欠席日数が多いと合否に関わる?何日くらいならいいの?

面接 欠席日数 答え方

無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。 2020年からは全ての大学の医学部で面接を課すようになったため、面接対策をしておくことが不可欠です。 医学部の面接試験においては、基本的なコミュニケーション能力や人間性を見ることが多いです。 そのため、多少緊張してしまったからといってそれだけで面接落ちするようなことはほとんどありません。 しかし受験生の中には、筆記試験で合格できるだけの点数をとったにも関わらず面接落ちしてしまうような受験生もいます。 面接で点数を稼いで医学部に合格するというのはあまり考えられませんが、少なくとも面接で及第点をとれるように最低限の対策はしておいた方が良いでしょう。 医学部で面接落ちしやすい人の特徴 面接官とまともに会話ができない 医学部入試で面接落ちする方に多い特徴のひとつが、会話が成立していないことです。 面接官との会話のキャッチボールができず、質問に対する回答が噛み合っていない、面接官の目を見て話すことができないなどといった特徴がある受験生は落とされる可能性が高いです。 基本的なことではありますが、相手の話をよく聞いて質問の意図を理解し、きちんと向き合って答えなければなりません。 普段から人とあまり話さないタイプの方は特に注意しましょう。 志望動機が受動的すぎる 面接試験で聞かれることが多いのが志望動機ですが、 はっきりとした動機を答えられなかったり、受動的な動機を答えてしまうと面接官からの評価が下がってしまいます。 特に多くの方が答えてしまいがちなのが、親が医者だから、理系で成績が良いからという受動的なものです。 こういった動機を述べてしまうと、医学部で学びたいという志が弱いとみなされてしまうことがあります。 積極性をアピールできるような医学部の志望動機を、明確に伝えられるようにしましょう。 倫理観に欠ける発言がある 医療に携わる人材には、知識や技能だけでなく、倫理観も求められています。 そのため面接のやり取りの中で倫理観に欠ける発言をしてしまうと、医療人としての人間性を疑われてしまう可能性があります。 医療に関しての質問に対しては、間違っても倫理観に欠けた回答をしないよう注意しましょう。 特に人の生死に関するような問いかけがあったときは注意が必要となります。 特別優れた回答をする必要はないので、まず倫理観を意識して答えると良いでしょう。 テレビやニュースを見て最近話題になりやすい医療問題に注目しておき、日頃から知識をつけておくことも重要です。 落ち着きがなく精神疾患の疑いがある 面接中に落ち着きがない様子を見せてしまうと、面接で落とされることがあります。 貧乏ゆすりをしていたり、挙動不審な行動をしていると面接官からの評価が下がってしまうので、普段からそういった癖があれば直しておきましょう。 高校の欠席日数が多い 当然のことですが、高校の欠席日数があまりにも多いと面接での評価が下がります。 ケガや病気、家庭の事情など欠席の理由があれば別ですが、理由が特にない場合は合格することが難しくなってしまいます。 ひどい場合には質疑応答の内容に関係なく、欠席日数だけが原因で面接落ちしてしまうこともあります。 高校時代の出席日数による評価は後から取り戻すことはほぼ不可能なので、医学部を目指している受験生は、普段からきちんと高校の授業にも出席しておくことが大切です。 浪人を重ねている 浪人で年齢を重ねてしまうとそれだけ医師として働ける年数が短くなってしまうため、一部の大学では浪人生を合格させることに消極的な場合があります。 特に2浪以上の多浪生は面接が不利に働くことが多く、あまり公にはされていませんが、合格最低点を超えていたとしても面接で落とされることがあります。 近年ニュースにもなった事例はあくまで氷山の一角に過ぎず、明るみになっていないものの多浪生に厳しい評価をしている大学は多く存在するとも言われています。 難易度は高いですが、浪人というハンデを取り返せるようなアピールをすれば、合格の可能性はあります。 医学部を受験する場合には、浪人生が合格しにくい大学は避けるのもひとつの手です。 医学部で面接落ちしないためには? 医学部受験で面接落ちしてしまうのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 面接試験対策で特に重要なのは、先生や友達に模擬面接をやってもらい、自分の回答やふるまいに対して第三者の意見をもらうことです。 しかしそれは、高校の先生や友達が、医学部面接で求められる回答、面接官に好かれる回答を知っていればの話です。 医学部の面接試験で高評価を得るのに最も効率が良いのは、医学部に特化した予備校で対策しておくことです。 医学部予備校の面接対策を利用すれば、面接官に刺さる合格しやすい回答や、面接官に嫌われる不合格になりやすい回答などを教えてもらうことができます。 また医学部予備校であれば、 大学ごとの面接の出題傾向も把握しているので、生徒一人ひとりの志望校に合わせた対策を考えてもらうことも可能です。 さらに医学部予備校では、実際の面接試験の様子を再現した模擬面接も実施しているので、本番で必要以上に緊張しないよう面接の雰囲気に慣れておくこともできます。 このとき、挨拶や服装といった基礎的な面接マナーについてもフィードバックをもらうことができます。 そして面接対策をしてもらえる医学部予備校を選択する際には、1対1で個別指導を行っている予備校を選ぶのがベストです。 面接試験は他の受験科目と比べても、特に個別の志望校に合格するために個別で対策することが必要です。 そして武田塾医進館では、医学部受験に必要な全科目を、すべて個別で指導しています。 完全にオーダーメイドのカリキュラムで進めていくので、面接に苦手意識のある受験生には面接対策の時間を多く設けるなど、個別に対応して合格の確度を最大化します。 また、現在は受験生の相談になんでも回答するという無料受験相談も行っていますので、武田塾医進館に興味がある方や、医学部入試に漠然とした悩みがある方なども、まずは気軽に受験相談にお申し込みください。

次の