地面タイプ 弱点。 【ポケモンSM】最強の複合タイプとは…?【雑談ネタ】

【ポケモンGO】じめんタイプ相性の覚え方! 電気を吸い取れるが、鳥には手も足も出ない!!

地面タイプ 弱点

39倍 参照元: タイプ相性の倍率早見表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. ポケモンGOにおいては「こうかなし」の代わりに0. 39倍となる。 2重相性で倍率が激化 2タイプを持つポケモンに対して、両タイプとも「こうかはばつぐん」取れる場合にはダメージが2. 56倍となる。 また、2タイプとも「こうかはいまひとつ」となる場合には、ダメージは0. 39倍まで軽減される。

次の

【ポケモンGO】じめんタイプの一覧表/弱点と相性

地面タイプ 弱点

概要 地中などに棲むポケモンがこのタイプに分類される。 ゲームでは洞窟や砂漠のマップで入手することが多い。 のが手に入るストーリー終盤から頼もしさを増すタイプである。 一方、野生やトレーナーが繰り出すじめんタイプはやので弱点を突きやすいこともあって楽に対処しやすい。 ではタイプに分類される。 タイプにを持つものが多い。 ポケモンとしてのじめんタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・タイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプのは、効果無しとなる。 関係する• でんきタイプのは効果がない。 その他のでんきタイプの(・)は効果がある。 タイプに変化したでんじはは無効化できない。 関係する状態(・・)• のダメージを受けない。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとじめんタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとじめんタイプになる。 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた) じめんタイプの歴史 多くは、が高く、、、が低い。 じめんタイプの技は5つものタイプの弱点を突くことができ、に並び全タイプのなかで最も多くのタイプの弱点を突ける。 じしんは・ともに安定し、最も多く使われている物理技だろう。 このじしんをで使えるのはじめんタイプのポケモンの大きなメリットである。 その一方でタイプに攻撃を無効化され、やのような対策手段も存在する。 タイプの技を多く覚えるため、じめん技が通じないひこうタイプをいわ技で対策するといった技構成になることが多い。 防御面では他のタイプで対応しにくいやに耐性があるのを強みとする。 特にでんきを無効にできるおかげででしたりで引っ込まれたりすることも起こらない。 弱点は・・の3つであり、上述のでんきタイプはやでじめんタイプを迎え撃ってくることが多い。 とを筆頭に優秀なポケモンが粒揃いで、対戦環境を牽引するタイプといっても過言ではない。 では撒きからアタッカーまでこなす。 ではひこうタイプか特性ふゆう持ちを相方にしてじしんを撃つのが定番の戦術。 近年は味方を巻き込まない地面技も充実してきている。 というのも、じめんは、抜群と、当時の環境では不遇寄りであったためである。 そんな中、ダグトリオは高いとそれに伴うの高さ、ほぼ確定急所の、最後の手段となるによって、例外的にじめんとして使用された。 じめんは主にへの対策として使われた面がある。 環境ではフォーマットの都合上、、がリペアとして使用された。 第二世代 数々の仕様変更によって、、、、に任せた速攻戦略が崩壊。 攻撃技ととをバランス良く覚えさせないと大会では勝てなくなった。 サンダースを始めとするも速攻型というよりサポーターとしての側面が強くなり、そこでじめんはでんじは無効のタイプとしての個性が出始めた。 前世代でのほぼ下位互換であったがの獲得との上昇によって一躍トップメタ入りを果たした。 そのガラガラはでを手に入れて手の付けられない存在となった。 、、ガラガラはの三巨頭とも呼ばれるようになった。 新規では、が活躍した。 ハガネールはガラガラのでさえも受け止められる物理耐久が長所で、ヌオーは1の耐久型としての個性があった。 いずれもでんきタイプがじめん対策として覚えている()を等倍で受けられるという点も見逃せなかった。 この世代ではとじめんの技があれば、、を除く全ポケモンに対して等倍以上を取ることができ、いわゆる「無差別破壊コンビネーション」に近い等倍範囲であった。 第三世代 が実装され、が対戦における一番の主力技となった。 じしんは味方を巻き込む全体攻撃だったので、当時の仕様により威力が分散されなかった。 じしんの存在によってダブルバトルにおけるに枠としての意義が生まれたとも言える。 新規では、がポケモンリーグ2005で活躍した。 ラグラージはに総合力で勝るアタッカーとして、ネンドールはを中心としたサポーターとして、それぞれ重宝された。 後の世代で見劣り、不遇の代表格として名前を知られるようになるも登場しているが、当時は一線級のポケモンであった。 既存組ではがを獲得し、がを獲得。 第四世代 じしんにダブルバトルの威力分散が適用されるようになり、ダブルバトルにおけるじめんは弱体化。 ところがシングルバトルではが登場し、このガブリアスが第六世代まで環境の最前線を突っ走ることになる。 これによって同複合タイプのフライゴンがガブリアスの劣化扱いされるようになった。 によるの始動役として現在では有名なも登場しているが、の導入によってが解禁されると需要が下火になった。 他の新規では、、が登場している。 第五世代 、の登場によって、天候奪取ができるの価値が上昇。 カバルドンはやなどとコンビを組み、環境の主流ポケモンとなった。 ドリュウズはBW期にはアタッカーとして使われたが、BW2にが解禁されるとを持たせたかたやぶりアタッカーとしての味が出始めた。 はBW期にはけしんフォルムが使われ、BW2で追加されたれいじゅうフォルムはダブルバトルにおいて対策必須の存在となった。 既存のポケモンではの仕様変更で強化された、を手に入れた、がの使い手としての立場を確立した。 、、はの仕様変更で強化された。 隠れ特性によって強化を受けた既存組としては、を与えられて対面性能が増した、を獲得して耐久型として大幅強化されたが該当する。 技としてのじめんは、に唯一耐性を持つ、環境に多いに抜群のタイプとして、依然として高い需要を誇った。 第六世代 新規のじめんが系統とのみという事態。 しかもによるが5ターンで終了するように弱体化し、砂パの人気が終息。 これだけ聞くと弱体化したように見えるが、この世代に追加されたが苦手とする、に抜群を取れるばかりか、環境で依然として多いにも有利なため、勢いは衰えなかった。 ガブリアスは・Yとの上を取れる素早さから前世代に輪をかけて人気が上昇、シングルバトルでは使用率1位を不動のものとした。 第七世代 新ポケモンは単タイプの系統と複合の系統の2系統4種類。 前者は、後者はを専用特性としており、共に特性で耐久力を上げるポケモンとして知られる。 リージョンフォームでは系統が複合でタイプを獲得している。 この世代はサイクル戦全盛の環境となっているため無効で相性補完に優れるじめんの立場が向上。 の普及によって増加したはがね、に強いという点でも需要が伸びた。 前世代までトップメタ街道をひた走っていたはフェアリーの増加、メガシンカの素早さ仕様変更やこだわりスカーフ持ちの増加による素早さの優位性の大幅低下から環境の主流じめん枠の座を、に明け渡す格好となった。 USUM期のではれいじゅうランドロス、カバルドンが非常に多く、れいじゅうランドロスを基準とした耐久調整、カバルドンを突破するアタッカーの用意は、安定して勝ちたいなら当たり前になった。 ではの使えるれいじゅうランドロスが相変わらず強豪の一角として君臨したほか、公式大会では、、ら種族値のそれほど高くないじめんタイプの入ったパーティも優勝を収めている。 弱点を突けばやをも倒せるが流行しており、2017ではワルビアルに、WCS2018ではトリトドンにジメンZを持たせたパーティが優勝を決めている。 第八世代 で自分と味方のを挙げる戦術を獲得。 はを獲得して大幅強化され、容易には崩されないエースとして・両方の環境に進出。 他はトリトドン、、、が環境に進出。 トリトドンはダブルバトルでも使われるが、その他はシングルバトルが主戦場。 カバルドンは起点作り型として、ガマゲロゲはアタッカーとして、ヌオーは耐久型として需要を得た。 また、単体攻撃のの化によりしか覚えられなかった物理アタッカーがで大きく採用を伸ばすこととなった。 わざとしてのじめんタイプ 地面を揺るがしたり、砂や泥を使ったりして攻撃する。 骨もモチーフの一つ。 はで、洞窟などから脱出でき、ストーリー攻略で役に立つが、であるため、対戦での使用率は低い。 このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 タイプを持つポケモンに対しては、効果無し。 関係する状態(・・)• ポケモンに対しては効果が無い。 当該記事を参照。 ・に関してはこの限りではない。 関係する• じめんわざの威力を上げるもちものとして、・・がある。 じめんわざの威力を下げるもちものとして、がある。 ひこうタイプの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 ひこうタイプやとくせいがの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 を持ったポケモンには技が当たらない。 関係する• とくせいがのポケモンに対しては、効果なし。 とくせい・・のポケモンが使用する場合はこの限りでない。 とくせいがのポケモンは、がとき、いわ・じめん・はがねわざの威力が1. 3倍になる。 過去の仕様• までは全てだった。 対戦におけるじめんわざ 5つものタイプの弱点を突ける優秀なタイプ。 その一つであるタイプはじめんが唯一の弱点である。 耐性の多いタイプも、じめん技には弱い。 しかし、タイプや特性、持ち物の効果で攻撃をすかされることもしばしば。 苦手な・・タイプのポケモンには、技や技が有効である。 特にいわ技はむし・ひこうの2つに効果抜群の相性で、じめんポケモンの多くが習得できるので、サブウェポンとして採用することが多い。 主なとして、、系統のだが、のなどがある。 わざマシンで覚えられるじしんは地面物理技で最も威力が高く命中も100で、どのタイプの物理アタッカーにも人気の技である。 特ににおいてはじしんの一貫性はいかにして消すかが重視され、転じて「じしんを打っておけば崩壊するパーティ」というのが完成度の低いパーティの喩えとして使われるほどである。 やでは、じしんは自分以外が対象であるうえ、威力が下がるため、1体を狙えるホネブーメランやのほうが使い勝手は良い。 は非常に少なく、有用なのはのみである。 しかしじめんポケモンは総じてが低いが、突ける弱点タイプのポケモンはが低いことが多い。 じめんポケモンでも特攻の高いや、他のタイプの特殊アタッカーならば使い手となりうる。 じめんタイプを好むポケモントレーナー• タイプ相性のイメージや、家電製品によくあるアース処置の関係で地面は電気を通さないもの、と言うイメージを持たれる事があるが、地面には水分や金属分など様々な不純物が含まれているため、電気そのものはよく通る。 ただ、地面と言うものがあまりにも巨大すぎるために、多少の電流量ならば流してもすぐに拡散してしまうと言うだけである。 と以外の全てのタイプとの組み合わせがある。

次の

どくタイプ (どくたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

地面タイプ 弱点

39倍 参照元: タイプ相性の倍率早見表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. ポケモンGOにおいては「こうかなし」の代わりに0. 39倍となる。 2重相性で倍率が激化 2タイプを持つポケモンに対して、両タイプとも「こうかはばつぐん」取れる場合にはダメージが2. 56倍となる。 また、2タイプとも「こうかはいまひとつ」となる場合には、ダメージは0. 39倍まで軽減される。

次の