ワールド メーター コロナ ウイルス。 【子どものためのコロナ対策①】 話そう、新型コロナウイルスのこと|国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン

【解説】 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる?

ワールド メーター コロナ ウイルス

次に、 風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。 体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。 高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。 一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。 感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1-11日)ぐらいで、入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9. 1-12. 5日)経ったころだと見積もられています。 感染力が強いのは、発症から3、4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。 若者と高齢者で臨床経過が異なるので、重症化率と致命率についても世代別に考えた方がよいと思います。 いまだ、世代別の疫学報告はありませんが、私個人のざっくりとした印象で言うと…、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%でしょう。 一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと感じています。 これは、やや甘めの見積もりであって、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えてください。 高齢者や基礎疾患のある人の感染を防ぐ というわけで、これから私たちは何をすべきか。 もはや、流行を抑止することは主たる目的ではなくなってきました(やれることはやるべきですが)。 むしろ、重症化する人を減らし、とくに新型コロナに感染して死亡する人をできる限り減らすことに力を注ぐべきです。 つまり、 高齢者や基礎疾患のある人に感染させないようにしましょう。 そして、 院内感染を防ぎましょう。 これに尽きます。 なお、 基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人だと考えてください。 以下、これらの方々をハイリスク者と呼びます。 ハイリスク者がいる家庭では、ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。 アルコールが手に入らないなら、おしぼりでもいいです(やらないよりはマシです)。 とにかく、ドアノブなどあちこちを触ってから、洗面台に行っても手遅れということです。 同居する家族が風邪をひいたら、ハイリスク者と接触しないよう症状が治まるまで家庭内で隔離してください。 そして、風邪をひいている人が部屋を出るときは、マスクを着用させて、アルコールで手指衛生をしてください。 部屋の外では、できるだけ余計なものは触らないこと。 トイレに行った後は、触った場所をアルコールを染みこませたペーパータオルで拭うこと。 お風呂は最後に入ること。 バスタオルは絶対に共用しないこと。 こうした対応を、発症してから7日間は頑張ってください。 それが困難であるなら、一時的にハイリスク者を親族の家などに疎開させることも考えてください。 新型コロナかどうかの確認で救急外来受診は避ける なお、 風邪症状に過ぎないのに新型コロナかどうかを確認するためだけに、救急外来を受診することは避けてください。 そこには、体調を悪化させたハイリスク者がたくさん受診しているのです。 彼らへ感染させないように協力してください。 また、救急外来には新型コロナの重症患者もいるかもしれません。 あなたが「ただの風邪」だったとしても、救急外来を受診することで新型コロナに感染して帰ってくることになるかもしれません。 流行期には、ハイリスク者の方々が人混みを避け、なるべく自宅で過ごしていただくことも大切ですね。 感染リスクのある病院に行く回数を減らすためにも、1カ月おきの外来受診を3カ月おきなど、長期処方とともに予約延長してもらうことも考えられます。 かかりつけの先生に相談してみてください。 極めて重要な高齢者施設の感染管理について 高齢者施設の感染管理は極めて重要です。 100人の入所者がいる施設で新型コロナがアウトブレイクした場合、30人以上が発症し、10人以上が救急搬送を要して、数人がお亡くなりになるというイメージが必要です。 このような事態を避けるためにも、全力で感染管理に取り組みましょう。 まず、 外から持ち込ませないこと。 流行期にあっては、 原則として面会はすべて中止。 物品の搬入なども玄関先で行います。 どうしても入らなければならないのなら、玄関先でアルコールによる手指衛生を行って、トイレも含め共用の場所には立ち入らないように求めます。 職員についても、当然ながら玄関先で手指衛生。 そして、 毎朝の検温と症状確認を自己申告ではなく、管理者による指差し確認を行います。 もし、軽微であっても発熱や咳などの症状があれば、絶対に休ませてください。 絶対にです。 勤務中であっても症状を認めたら、絶対に休ませてください。 もう一度言います。 絶対にです。 なお、流行期においては、出勤できる職員数が半減することも想定しなければなりません。 このとき、すべての業務を継続させようとしたり、現場の判断で場当たり的に仕事をさせるのではなく、優先的に継続させるべき中核業務を決定しておくことが必要です。 入居者の協力のもと、どこまで業務をスリム化できるかが勝負です。 一方、悩ましいのは通所サービスですね。 ここでの感染管理を徹底することは不可能でしょう。 デイケアやデイサービスをどのように運用するのか…。 最善の方法は、流行期にはすべて休止させることです。 もちろん、その分、訪問サービスを充実させる必要があります。 通所サービスの職員に、利用者宅を巡回させるなど工夫してください。 これは事業者だけで解決できる問題ではないので、市町村が主導するなどして、どうすべきかを急ぎ話し合っていただければと思います。 いま、話し合ってください。

次の

新型コロナウイルス感染者、世界で1000万人超に

ワールド メーター コロナ ウイルス

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、あらゆる年齢の人が影響を受けています。 ワールド・ビジョン・ジャパンは、 「子どもたちにも、分かりやすくて正しい情報を届けたい」「安心や自信の回復につながるメッセージを届けたい」との思いから、新型コロナウイルスに関する子どものための情報を定期的に発信します。 世界の国々で発信されている新型コロナウイルスに関する情報やメッセージの中から、日本の子どもや保護者・養育者にも届けたいものをシリーズで紹介していきます。 (情報は随時更新します。 外部の団体・個人が作成した情報も出典を明記して掲載することがあります。 ) 初回は、子どもの保護者・養育者に向けた 「新型コロナウイルスについて子どもと話すときに役立つヒント」です。 新型コロナウイルスについてどのように子どもと話したら良いか悩んでいる、どう話したら良いかわからないので話題にするのを避けているという保護者や養育者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 大人と同様に、子どもも新型コロナウイルスの影響を受ける中で、周りの様子から自分なりに状況を受け止め、何かを感じています。 身近な大人が自然な会話の中で子どもと新型コロナウイルスについて話し、子どもの理解を助けることは、子どもの安心や自信の回復につながります。 世界のワールド・ビジョンの事務所や、WHO・ユニセフなどの国際機関から出されている情報を参考に、新型コロナウイルスについて身近な大人が子どもと話す時に役立つヒントを以下にまとめました。 すぐに使える資料も紹介しています。 主に6~12歳くらいの子どもを想定していますが、他の年齢の子どもと話すときにも参考にしていただけます。 必ずこの通りにやらなくてはいけないわけではありません。 ぜひ、自分に合った方法を見つけて、子どもの気持ちに耳を傾けてください。 落ち着いて話ができるときに、新型コロナウイルスについて、子どもが知っていることや感じていることについて、子どもが自分の言葉で答えやすい形で聞いてみましょう。 例えば、新型コロナウイルスについて、「どういうものだと思う?」「どんな気持ちがする?」といった聞き方です(イエス・ノーではなく自由に答えられる質問にすることがポイント)。 大人が想像する以上に子どもは多くのことを知っていたり、様々な想像をしていたりするかもしれません。 子どもが話すことをからかったり否定したりせず、あたたかく受け止めましょう。 子どもが不安や心配を口にしたときは、「今のようにいつもと違う状況で不安になったり心配になったりすることは自然なことだよ」と伝えましょう。 今起きていることについて、子どもが年齢や発達に応じて理解できる言葉や例えなどを使って説明しましょう。 簡単な言葉で、穏やかに話しましょう。 あなた自身がわからないことがあっても大丈夫です。 わからないことは、わからないと子どもに正直に伝えましょう。 この機会に、子どもと一緒に調べてみてもいいかもしれません(正しい情報を確かな情報源から得るようにし、噂や偽の情報に注意しましょう)。 このときに、みんなの健康や安全を守るためにどのような人たちが働いているのか、子どもと一緒に考え、感謝する時間を持ってみましょう。 また、新型コロナウイルスの感染には、住んでいる地域や民族、年齢、性別などは関係がないこと、具合の悪い人や看病している人への思いやりが大切で、からかったりいじめたりしてはいけないことを伝えましょう。 最後に、新型コロナウイルスに関することでも、そうでないことでも、いつでも遠慮なく周りに助けを求めて良いことを子どもに伝えましょう。 からだやこころの具合が悪いときや困ったときは、我慢せずに、信頼できる大人に相談して良いということを、繰り返し伝えましょう。 身近な大人に言いづらい場合などは、子どもが自分で相談できる窓口もあります。 また、子ども自身も、前述の「3」で伝えたように、家で過ごすことや手洗いをすることなどによって、自分や周りの人を感染から守る力になっていることを、改めて伝えましょう。 また、子どもが何かを手伝いたいと言ってきたときは、可能な範囲で、子どもが安全にできる「お手伝い」をお願いしてみてください。 自分も誰かの力になれるという感覚や体験が子どもの自信につながることがあります。 ただし、無理をして頑張りすぎないよう、身近な大人が見守りましょう。 worldvision. unicef. who. pdf?

次の

【解説】 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる?

ワールド メーター コロナ ウイルス

また、ワールドメーターのデータによれば、ではこの数日で634人が感染している。 国内で確認された発症者数は2万人を上回り、1326人がウイルスが原因で亡くなった。 では22日、新型コロナウイルスにより1日で50人が亡くなり、国内での発症以来、死亡者数としては3番目に多い結果となった。 同国では5万人の感染が確認され、死亡者数は1000人を超えている。 「ワールドメーター」と米国のジョンズ・ホプキンズ大学のでは、新型コロナウイルスの感染者数が最も多いのは米国とロシア、ブラジルの3ヵ国。 ただしブラジルでは感染者数の急増が確認されており、世界でもっとも突出した感染状況にある国として米国に次ぐおそれがある。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の