ユーリック ホーム。 【アットホーム】仏生山駅 33分 4LDK[6971059620]高松市の新築一戸建て(提供元:(株)ユーリックホーム)|一軒家・家の購入

マリモグループ

ユーリック ホーム

戸建てだからこそ叶えられる庭のある暮らし。 そこに「アウトドアリビング」をプラス。 アウトドアリビングは、家の内部から見ればリビングの延長となり、お天気のよい日は室内のリビングにプラスして広々と憩いの場として使える楽しさがあります。 お茶やランチをしたり、バーベキューを楽しんだり、お子さんの遊び場として利用したりと、その用途は広く、生活を豊かにしてくれます。 シンプルな暮らしを叶えるナチュラルモダンなインテリア。 大き目家具を置いても窮屈さを感じさせないリビングダイニング。 家族が集まる1階は広いに越したことはありません! リビング• 調理中の臭い・煙がリビングダイニングに広がらないメリットのある独立キッチン。 急にゲストが来られてもキッチンが見えないので慌てることなくゲストをおもてなしできます。 キッチン• リビング横には4. 5帖の洋室が隣接。 扉を開けて使えばリビングの延長に、扉を閉めて使えば寝室や客間など居室としての機能も。 寝室として使えば1階だけで生活が完結できるので、お子様がまだ小さい時や老後も快適です。 リビング• 木の風合いを活かした家具が映えるダイニングスペース。 ランプデザインの照明器具が空間のアクセントになります。 その他• パーゴラ付きテラス(アウトドアリビング)。 天気のいい日はアウトドアリビングで過ごしたくなる心地よい空間です。 友人を招いてBBQも楽しめます。 その他• 飽きのこないナチュラルモダンな外観。 玄関ドアが前面道路から見えないような設計にしたのは、玄関ドアを開けっ放しでも家の中が見えないようにするため。 プライバシー性もきちんと確保した家です。

次の

選ばれる理由

ユーリック ホーム

ローコスト住宅の中では、少し高めの価格設定になっていますが、 細部を比較すると、採用される仕様もローコストハウスメーカーの中では 少しグレードが高めではあります。 ALCパネルというと、 高価格帯のハウスメーカーであるへーベルハウスが 外装材として採用していることをご存じの方も多いのではないでしょうか。 ただ、へーベルハウスと違うのは、 ALCパネルを雨や汚れから守るコーティングの方法です。 へーベルハウスはALCに非常に高価な塗料を使用し、 数十年間のメンテナンスフリーを謳っています。 逆に、ユニバーサルホームは リシン吹き付け。 ALCは塗装が命ですので、メンテナンスもそれなりにお金がかかります。 リシン吹き付けですと、 10~15年に1度の外壁の塗り替えが必要になる場合もありますので、 ユニバーサルホームを検討する場合は、 このメンテナンス費用も確認して下さい。 フライ デイ 便利で暮らしやすいワンフロアの感覚を持ちながら 空間のゆとりと豊かな生活をつくる1. 8万円~ 特徴を表わすネーミングとなっており、非常に分かりやすいラインナップです。 どんな家に住みたいのかを考えると、どんな家が対象になるのかが分かります。 それに、グレードによっては、 設置が義務付けられている換気システムもオプションで 追加の費用がかかるようですので、注意して下さい。 タマホーム程標準装備が充実している訳ではなく オプションを追加すればそれだけお金がかかります。 求めるものをはっきりさせて予算組みをしっかりしないと、 最初は安いと思ったのに最終的には高くついたという結果になってしまう 可能性が高いです。 また、建物本体価格ということを知っておいて下さい。 単純に坪単価に希望の坪数をかけた金額が総計ではありません。 また、地盤が弱い土地ですと、さらに100万円アップすることもあります。 そういった費用を考慮していくと、40坪の家では、 約1,700万円 はかかる計算になりますので、他社と比較する場合には、 すべての要望を盛り込んだ、家を建てるために必要なすべての費用を 見積もってもらわないと、意味がありません。 建物にかかる費用を で紹介していますので、 ぜひご覧ください。 Q値は、2. 壁は、断熱材に加えALCが取り付けられていますので、 断熱性能はグラスウール70mm位の性能になるのでしょう。 断熱性能の比較で、ユニバーサルホームの場合ですと、 ALCが断熱性に優れた材料として取り上げられています。 ただ、ALCの断熱性能は、 一般的な外壁材と比較して断熱性能が高いだけ。 熱貫流率0. つまり、50mmのALCは15mmの一般的なグラスウールと 同等の性能ということになります。 卵を使った実験をしたりしていますが、 本来なら、壁の中身を再現して室内の温度を比較するなどしないと 家の快適さの比較にはならないことに注意しましょう。 確かにインパクトはあるのですが・・・ また、天井の断熱は75mm。 通常、グラスウールを200mm程度いれないと夏の暑さを防げませんので、 これだと貧相に感じてしまいます。 通常、1階の床の下には空間があるものですが、ユニバーサルホームはその空間をなくし、 地熱の利用を目指しています。 地熱は自然のエネルギーであり、活用すべきエネルギーなのですが、 活用の仕方によっては、逆にエネルギーを使う原因になってしまいます。 その点を詳しく説明します。 そのため、ユニバーサルホームでは、床を暖めるために、床暖房をラインナップしています。 この床暖房ですが、 基礎全体を暖める方式となっているため、熱容量の大きい地面も一緒に暖めて いるのです。 通常の床暖房の場合、 床下には断熱材が施工されているため、暖めた熱のほとんどは家の中を 暖めるために使われます。 しかし、ユニバーサルホームの方式ですと地面も一緒に暖めるため、効率が悪くなります。 家の中の温度変化を小さくするという意味からいくと 蓄熱して放熱するこの方式は理にかなっているのですが、 暖房をしながら光熱費を抑えることを考えると、あまりお勧めできないと思います。 思い切って、暖房を使わない生活をするのであれば、 マンションの角部屋に近い住み心地を実現できるのかもしれませんが、 断熱が十分とはいえないユニバーサルホームの家だと寒さを感じるかもしれません。

次の

選ばれる理由

ユーリック ホーム

戸建てだからこそ叶えられる庭のある暮らし。 そこに「アウトドアリビング」をプラス。 アウトドアリビングは、家の内部から見ればリビングの延長となり、お天気のよい日は室内のリビングにプラスして広々と憩いの場として使える楽しさがあります。 お茶やランチをしたり、バーベキューを楽しんだり、お子さんの遊び場として利用したりと、その用途は広く、生活を豊かにしてくれます。 シンプルな暮らしを叶えるナチュラルモダンなインテリア。 大き目家具を置いても窮屈さを感じさせないリビングダイニング。 家族が集まる1階は広いに越したことはありません! リビング• 調理中の臭い・煙がリビングダイニングに広がらないメリットのある独立キッチン。 急にゲストが来られてもキッチンが見えないので慌てることなくゲストをおもてなしできます。 キッチン• リビング横には4. 5帖の洋室が隣接。 扉を開けて使えばリビングの延長に、扉を閉めて使えば寝室や客間など居室としての機能も。 寝室として使えば1階だけで生活が完結できるので、お子様がまだ小さい時や老後も快適です。 リビング• 木の風合いを活かした家具が映えるダイニングスペース。 ランプデザインの照明器具が空間のアクセントになります。 その他• パーゴラ付きテラス(アウトドアリビング)。 天気のいい日はアウトドアリビングで過ごしたくなる心地よい空間です。 友人を招いてBBQも楽しめます。 その他• 飽きのこないナチュラルモダンな外観。 玄関ドアが前面道路から見えないような設計にしたのは、玄関ドアを開けっ放しでも家の中が見えないようにするため。 プライバシー性もきちんと確保した家です。

次の