授乳 中 生理 こない。 母乳育児のコツ:生理再開について

産後の生理こない原因は何?1年以上再開しないと病気なの?

授乳 中 生理 こない

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 産後の生理が再開する時期は人それぞれです。 そうはいっても、次の妊娠を希望している女性は特に、なかなか生理がこないと不安になることもありますよね。 そこで今回は、産後に生理がこない原因や、生理がどれくらいの期間こなかったら病院へ行くべきかなどをご説明します。 産後に生理がこないのは自然なこと? 産後しばらくは、「プロラクチン」というホルモンが分泌されることにより母乳の出が良くなる一方、卵巣の機能が抑制され、排卵がしばらく起きず、生理がこない仕組みになっています。 周りのママと比べて生理の再開が遅いと心配になる人もいるかもしれませんが、生理の再開時期は、ママの年齢や出産回数、健康状態、ホルモンバランス、授乳状況など様々な要因によって決まるものなので、平均よりも遅く来ることもありえます。 産後になかなか生理がこないとしても、ほとんどの場合病気ではないため、あまり心配しすぎないでくださいね。 関連記事 母乳育児だと産後の生理がこないの? 先述のとおり、母乳育児の場合、ミルク育児のママに比べると、生理の再開が遅い傾向にあります。 ただし、産後6ヶ月を過ぎると、生理がくる前に排卵が起こることもあり、夫婦生活を持つタイミングによっては妊娠する可能性もあります。 次の妊娠計画について、早めにパートナーと話し合っておけるといいですね。 関連記事 産後2回目の生理がこないときは? 産後は生理不順がよく見られ、一度だけ生理が来て2回目がなかなかこないというママもいます。 産後に生理不順になりやすい原因として、一度生理が来たあとも授乳を続けることで排卵が止まったり、育児疲れや睡眠不足によるストレスや、産後のダイエットによる影響でホルモンバランスが乱れたりすることが考えられます。 また、産後はじめての排卵で妊娠したことで、次の生理が来ていないという可能性もゼロではありません。 妊娠の心当たりがある場合は、妊娠検査薬で調べてみてくださいね。 関連記事 産後に生理がこないときの対処法はある? 産後に生理がこない場合、早く生理を再開させたいのであれば、母乳育児の人は授乳をやめるのも一つの方法です。 しかし赤ちゃんのことを考えると、そう簡単ではありませんよね。 先述のとおり、生理の再開時期には様々な要素が関係しており、「これを実践すれば絶対に生理がくる」という方法はありませんが、産後のホルモンバランスを整えることで、生理のリズムが戻りやすくなることも考えられます。 赤ちゃんが生まれてしばらくは、育児や家事で忙しい毎日だと思いますが、栄養バランスのとれた食事や適度な運動を心がけたり、赤ちゃんが寝ているあいだにママも一緒に睡眠をとったりと、体に無理のない生活を送れるといいですね。

次の

授乳中と生理

授乳 中 生理 こない

産後に起こる生理不順の原因 産後に生理が再開する時期は、人によって異なりますが、母乳育児をしているかどうかが一つの目安となります。 母乳育児をしていない方であれば、産後2~3ヶ月で生理が再開することが多く、母乳育児をしていた人が授乳をやめると、多くの人で6週間以内に生理が再開すると言われています。 しかし、生理が始まっても間隔が一定でなく、生理不順が続くことがあります。 産後の生理不順は、以下が原因として考えられます。 プロラクチンの分泌による無排卵月経 無排卵月経とは、生理があるにも関わらず、排卵が起こっていないことを指します。 プロラクチンは、母乳の分泌を促す女性ホルモンのことで、排卵を抑制する働きがあります。 排卵を抑制することで、出産直後に妊娠しないようにするために体がコントロールしているのです。 母乳育児をしている方であれば、プロラクチンの働きにより生理の再開が遅くなることが一般的ですが、授乳をやめると2~3ヶ月で生理が再開すると言われています。 生理が再開したあとも、排卵がなかったり、周期が不規則だったりしますが、時間をかけて正常な状態に戻っていきます。 排卵が起こっているかどうかは、継続して基礎体温を計測するとグラフの形から判断することができます。 関連記事: 基礎体温はつけていますか?基礎体温グラフをつけると月経周期だけでなく、… 環境の変化や育児のストレス 産後に限ったことではありませんが、女性の生理不順の原因として、ストレスが挙げられます。 産後は、24時間態勢での育児や、自分自身の体の変化など、さまざまなことにストレスを感じる時期です。 自分では気を張っていて気付いていないことがあるかもしれませんが、体は想像以上に疲れているということも起こりえます。 また、急激なダイエットも生理不順の原因となります。 体重が減ると、体に大きな負担がかかるため、妊娠しないように排卵を止めてしまいます。 排卵しない状態が長く続くと、治療に時間がかかってしまうため、早めの対応が重要です。 産後は意識して休息をとり、体重がなかなか減らないという場合でも無理なダイエットは避けましょう。 生理不順ではなく、妊娠の可能性も 上述の通り、産後の生理再開の時期は母乳育児をしているかによって異なりますが、再開した後しばらくは周期が不規則になることも珍しくありません。 生理が再開するまでは妊娠しない、というようなイメージを持っている方がいるかもしれませんが、生理が再開する前に排卵が起こる可能性も十分にあります。 すぐに次の子供を授かりたいと思っている場合を除き、産後初回のセックスから避妊するのがよいでしょう。 生理がきておらず、だるさや吐き気などの症状がある方は、妊娠検査薬を使用してみましょう。 産後に生理不順を経験した方の体験談 産後に生理不順を経験している方はたくさんいます。 母乳育児をしている方や混合授乳の方、生理不順だと思っていたら妊娠していたというエピソードまで、いくつかご紹介します。 これらはあくまで体験談ですので、不安があれば医師の診察を受けてくださいね。 完全母乳育児での生理不順 出典元一覧• 広尾レディース「生理不順について」(,2018年3月14日最終閲覧)• 伊藤メディカルクリニック「婦人科」(,2018年3月14日最終閲覧)• ジャスミンレディースクリニック「生理不順」(,2018年3月14日最終閲覧)• 日本女性心身医学会「乳汁分泌」(,2018年3月14日最終閲覧)• ゆかりレディースクリニック「高プロラクチン血症について」(,2018年3月14日最終閲覧)• いわて子育てiらんど「産後のセックスと避妊」(,2018年3月14日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

授乳中に生理が来なければ次の子を妊娠しない?

授乳 中 生理 こない

産後に起こる生理不順の原因 産後に生理が再開する時期は、人によって異なりますが、母乳育児をしているかどうかが一つの目安となります。 母乳育児をしていない方であれば、産後2~3ヶ月で生理が再開することが多く、母乳育児をしていた人が授乳をやめると、多くの人で6週間以内に生理が再開すると言われています。 しかし、生理が始まっても間隔が一定でなく、生理不順が続くことがあります。 産後の生理不順は、以下が原因として考えられます。 プロラクチンの分泌による無排卵月経 無排卵月経とは、生理があるにも関わらず、排卵が起こっていないことを指します。 プロラクチンは、母乳の分泌を促す女性ホルモンのことで、排卵を抑制する働きがあります。 排卵を抑制することで、出産直後に妊娠しないようにするために体がコントロールしているのです。 母乳育児をしている方であれば、プロラクチンの働きにより生理の再開が遅くなることが一般的ですが、授乳をやめると2~3ヶ月で生理が再開すると言われています。 生理が再開したあとも、排卵がなかったり、周期が不規則だったりしますが、時間をかけて正常な状態に戻っていきます。 排卵が起こっているかどうかは、継続して基礎体温を計測するとグラフの形から判断することができます。 関連記事: 基礎体温はつけていますか?基礎体温グラフをつけると月経周期だけでなく、… 環境の変化や育児のストレス 産後に限ったことではありませんが、女性の生理不順の原因として、ストレスが挙げられます。 産後は、24時間態勢での育児や、自分自身の体の変化など、さまざまなことにストレスを感じる時期です。 自分では気を張っていて気付いていないことがあるかもしれませんが、体は想像以上に疲れているということも起こりえます。 また、急激なダイエットも生理不順の原因となります。 体重が減ると、体に大きな負担がかかるため、妊娠しないように排卵を止めてしまいます。 排卵しない状態が長く続くと、治療に時間がかかってしまうため、早めの対応が重要です。 産後は意識して休息をとり、体重がなかなか減らないという場合でも無理なダイエットは避けましょう。 生理不順ではなく、妊娠の可能性も 上述の通り、産後の生理再開の時期は母乳育児をしているかによって異なりますが、再開した後しばらくは周期が不規則になることも珍しくありません。 生理が再開するまでは妊娠しない、というようなイメージを持っている方がいるかもしれませんが、生理が再開する前に排卵が起こる可能性も十分にあります。 すぐに次の子供を授かりたいと思っている場合を除き、産後初回のセックスから避妊するのがよいでしょう。 生理がきておらず、だるさや吐き気などの症状がある方は、妊娠検査薬を使用してみましょう。 産後に生理不順を経験した方の体験談 産後に生理不順を経験している方はたくさんいます。 母乳育児をしている方や混合授乳の方、生理不順だと思っていたら妊娠していたというエピソードまで、いくつかご紹介します。 これらはあくまで体験談ですので、不安があれば医師の診察を受けてくださいね。 完全母乳育児での生理不順 出典元一覧• 広尾レディース「生理不順について」(,2018年3月14日最終閲覧)• 伊藤メディカルクリニック「婦人科」(,2018年3月14日最終閲覧)• ジャスミンレディースクリニック「生理不順」(,2018年3月14日最終閲覧)• 日本女性心身医学会「乳汁分泌」(,2018年3月14日最終閲覧)• ゆかりレディースクリニック「高プロラクチン血症について」(,2018年3月14日最終閲覧)• いわて子育てiらんど「産後のセックスと避妊」(,2018年3月14日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の