原付 マニュアル。 原付バイクの年間維持費と50CCバイクのおすすめ車体9選【バイク初心者向け】|バイク初心者講座・バイクの旅ツーリング

初心者講座16:原付マニュアル車の乗り方【HMC:リクエスト動画】

原付 マニュアル

皆さんこんばんわ。 YoutubeRider略してYoutuberこと はるめでぃあチャンネルのはるです。 今回はリクエスト動画ということで、 原付のマニュアル車の乗り方講座を作成しました。 私も初めて運転したのでちょっとわかりにくい作品になっているかもしれません。 少しでもイメージが湧いてこれば幸いです。 他に気になる点があればコメントからお願いします。 今回利用した車種はスズキのバーディー50というバイクです。 コメント登録よろしくお願いします。 ブログでは、Youtubeで紹介できないような些細なことまで、 記録しています。 よかったらどうぞ。 愛車情報: メイン Suzuki アドレスV50 Fi車 サブ Yamaha FZ1 FAZER Fi車 撮影機材: SONY AS100V Nikon 1J5.

次の

【50cc】原付MTバイクおすすめ20選!【マニュアル】|バイクマンv2

原付 マニュアル

このページでは、マニュアル車(ミッション車)の乗り方について、解説します。 原付免許は、AT車とMT車の免許区分けがありません。 そのため、取得した時点でMT車も乗れることになります。 しかし、免許センターでは基本的にマニュアル車の乗り方を教えてくれることはなく、乗りたいと思っても、乗り方知らない…。 結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。 私も最初はそうでした。 また、マニュアル車の運転は、バイクの排気量に関わらず同じなので、これから中型二輪・大型二輪のマニュアル免許を取りに行きたいので予習したいという方にも参考になれば幸いです。 AT車のリヤブレーキレバーの位置にあります。 クラッチとは、エンジンの力をタイヤに伝えるか離すかを制御するものです。 発進時やギヤチェンジを行う際に使用します。 これはAT車や自転車と同じです。 踏むとブレーキがかかります。 シフトには複数種類がありますが、大抵のバイクの場合、下に踏むとギヤが下がり、上げるとギヤが上がります。 ギアチェンジの仕方については、を参考にしてください。 これらを踏まえたうえで、乗り方について説明します。

次の

原付バイクの年間維持費と50CCバイクのおすすめ車体9選【バイク初心者向け】|バイク初心者講座・バイクの旅ツーリング

原付 マニュアル

こんにちは。 私は普通免許をもっており、バイクには乗ったことがありません。 マグナ50やジャズがほしいなと思い、50ccなのにマニュアルのなのか!?とびっくりしてしまいました。 質問 教習所でマニュアルの講習をしているのに、50ccでマニュアルがあってなぜ乗れるのでしょうか?教習所では安全を重視して教えているだけで、マニュアル車も慣れれば誰でも乗りこなせるということ? 質問 2 原付って30kmまでしか出せないと思います。 そこで原付のそのジャズとかストマジとかの掲示板見ていると、「90km」まで出ます等ありますが、一般道路で大体40~60までは出している人は結構いますか? 質問 3 原付で二人乗りって、違法ですよね? したことあるかたいますか?(ジャズとか大きいからばれないのかな) 質問 4 いまストマジかスクーターか、簡単なATにするか、かっこいいマニュアルにするか悩んでおります。 長くなってしまい、申し訳ございません。 宜しくお願いします。 JAZZに乗ってます。 相当カスタムして乗っています。 回答1 クラッチやギア操作は小一時間、交通量の無いところで練習う れば、直ぐに慣れます。 回答2 法的には30キロしか出せませんが、メーターはMAX60 キロが原付では当たり前。 1車線の追い越し禁止の道路で、 まともに走れば大渋滞となります。 追い禁の長いトンネルでは、それなりに走らないと相当怖い ことになります。 実際には40~50キロくらいで、走ってるのが普通です。 勿論60キロでも巡航可能?!ですが、長時間この速度で 走るとE/Gが悲鳴を上げます。 回答3 明らかに違法です。 所詮自転車扱いですし、車載重量オーバー によるブレーキの負荷が大きく、非常に危険です。 回答4 お好みでどうぞ。 燃費や将来自動二輪を取りたいならMTの 方が良いです。 MT車と言っても特に難しいとは思いません、慣れないうちは発進でもたついたり半クラ出来ないかも知れませんがすぐになれます(昔はスクーターでもクラッチ付いてました) ただしこれは人により慣れるまでに多少の時間の違いは有ります、早い人は2~3回で乗れる人も居るし何日も練習しないと駄目に人も居ます。 従って1の答えとしては慣れ次第、人にも寄ります。 原付の法定速度は30kmですが今の規制前の車両はスポーツタイプであれば80~90kmは出るタイプが殆どでした、事故防止などの観点から規制が掛かり今では60km程度しか出ない設計に成っているだけです(大抵若い人は改造していると思いますが) 私は650に乗っていますが車の流れに併せていると時には抜いていく原付も珍しくないです(一発免停の速度で) ですから2の答えは殆どの人とは言わないけど30Km規制守っている人本当に居るのと思っています。 原付の二人乗りは珍走以外では殆ど見たことがありませんが、していれば警察官であれば一発で解ると思いますよ(幾ら車体が大きくても)したがって3は定員外乗車で簡単に切符切られると思いますが、その前に危険ですからしないこと・・・ 4は質問者が本当に欲しいと思う物を購入される方が良いです、クラッチに最初苦労しても慣れれば同じ事ですから欲しくもない車両に乗っても楽しくないでしょう。 どのような理由で乗りたいのか解りませんが通勤などで有ればシート下のスペースが物入れとして使える、革靴などの傷まないスクーターが便利です。 有る程度趣味として乗りたいのであれば断然MT車でしょう、しかし、どのタイプの原付1種バイクであろうと法定速度30km、二段階右折の規制は有りますから注意しましょう。 回答1 まあ、練習次第かと。 そんなに難しいものでもないですよ。 第一、教習所に行く人も最初は初心者です。 回答2 実際に30kmを守っている人はほぼ皆無かと。 これに関しては本当は法律の範囲内を遵守しないといけないんですが、 実質黙認状態に近いです。 まあ、80kmとかだせばさすがに捕まりますが。 ある程度のスピードを出さないと、バンバン車に抜かれて危ないのが実情です。 回答3 これは即捕まります。 だめですよ。 回答4 ホンダのズーマーとかもスクーターですが、デザインはおもしろいですよね。 まあ、マニュアルとATでどうこうというのは気にしなくてよいかと。 その辺は慣れますよ。 車の運転と同じで、使えるようになってしまえば、こんなものかと思う程度です。 A ベストアンサー ATの教習は受けたことがないのですが、MTの方がいいと思います。 MTも乗れた方がいいということもありますが、それ以上に「バイクの場合はMTの方が簡単だと思う」からです。 転倒しない4輪であれば間違いなくATの方がラクなのですが、バイクはちょっと事情が違いますので。 AT教習に使われるスクーターは、「一本橋」「スラローム」「クランク」など、低速の取り回しを問われる場面で足下が全く見えません。 足を着くことは出来ません(減点です)ので、停まりながらクリアすれば事足りる四輪とは話が違います。 さらに車体もスクーターの方が大きく、MT教習車であるネイキッドバイクと比べて元々不利な条件にあります。 また、減速するにもバイクはブレーキをかければそれだけでバランスを崩して転倒する乗り物です。 MT車であればクラッチを切ってエンジンの力が伝わらないようにすればいいのですが、AT車だと危険なブレーキをかけなければいけませんし・・・。 結局、車体が大きくて元々取り回しが難しいスクーターで、途中で減速するのも難しい環境でソロソロと、かつ思い切って振り回さなければいけないことになります。 私は大型二輪の免許も持っていますが、今いきなりAT教習を受けても、必ずしも補習無しで卒業できる自信はありません。 免許を取ってしまえば一本橋もクランクもスラロームも、そんな技術が必要になるシーンはほとんどないのですけどね。 ちなみに四輪MT車で最も鬼門のように言われている「坂道発進」ですが、バイクの場合はブレーキ・アクセル・クラッチを全部別々に操作できます(ブレーキは右足、アクセルは右手、クラッチは左手)ので、バイクの坂道発進は実は全然難しくなかったりします。 ATの教習は受けたことがないのですが、MTの方がいいと思います。 MTも乗れた方がいいということもありますが、それ以上に「バイクの場合はMTの方が簡単だと思う」からです。 転倒しない4輪であれば間違いなくATの方がラクなのですが、バイクはちょっと事情が違いますので。 AT教習に使われるスクーターは、「一本橋」「スラローム」「クランク」など、低速の取り回しを問われる場面で足下が全く見えません。 足を着くことは出来ません(減点です)ので、停まりながらクリアすれば事足りる四輪とは話が違います。... Q 当方、40オーバーの運動オンチ中年です。 千葉市内から都内まで片道約35キロをスクーターで通勤して早2年。 そろそろ限界を感じ、一念発起して普通二輪MTの免許を取るため教習所に通うこととなりました。 先日初日を迎えましたが数回に1回はエンスト、ギアの繋ぎがわるいのか暴れ馬状態と散々な1日でした。 落ち込みながら自宅に帰ってパソコンを開きいろんな方のブログやコメントを見てこんなのは私だけじゃないんだと少し安心もしましたが、困ったことに貧乏暇なしの典型で教習所に通えるのが日曜日だけで、たまに日曜すらいけないこともあり、2、3週間空いてしまうこともあります。 そこで考えたのが原付MTを借りて 買うと高いので 練習しようと思い付きました。 そこで皆さんにお聞きしたいのです。 ・原付MTで練習するのはあり? 変なクセがつくからダメとか ・原付で練習することのメリット・/デメリットなんかを客観的、私見など、なんでも構わないので忌憚のない意見を伺いたいと思います。 なんせバイクに関する知識がゼロなものなので何卒宜しくお願いします。 A ベストアンサー 借りて練習する・・・経済的で良いと思いますよ。 練習の仕方としては、その借りたバイクを400ccの教習車と思って教習所で習ったことを復習する気持ちで乗ってください。 なんとなくギアチェンジの練習をするって気持ちでは時間が勿体ないです。 特に低速での取り回しをメインに練習すると良いと思います。 普通自動二輪の教習では大型と違って格好良く見せる必要はなく、基本が出来ているかっどうかが重要視されるので立ち上がり加速とか技量が必要なことではなく規定の運転が出来るようにすることを目標にしましょう。 私もバイクは16歳で原付免許を取りギア付きのスポーツバイクに乗り、18歳で中型免許を取り250ccのバイクに乗り21歳で限定解除をして850ccのバイクに乗っていました。 私が中型免許を取ったときは・・・・普通に規定のことが出来てたら取れました。 上手く見せる必要はありません、規定のことが出来ることが重要です。 因みに私が昔、限定解除をするときには自分の250ccのバイクで練習して受験しました。 限定解除に必須なドリフト気味のスラロームをやったり低い塀の上を走ってみたりして練習してましたw 限定解除では見せ場があり、上手に乗らないと合格しないんですよね。 私と同じ40代とのこと応援してます頑張ってくださいね。 借りて練習する・・・経済的で良いと思いますよ。 練習の仕方としては、その借りたバイクを400ccの教習車と思って教習所で習ったことを復習する気持ちで乗ってください。 なんとなくギアチェンジの練習をするって気持ちでは時間が勿体ないです。 特に低速での取り回しをメインに練習すると良いと思います。 普通自動二輪の教習では大型と違って格好良く見せる必要はなく、基本が出来ているかっどうかが重要視されるので立ち上がり加速とか技量が必要なことではなく規定の運転が出来るようにすることを目標にしま... A ベストアンサー スズキ ヴェルデが一番でしょう。 kakaku. 最高速度はCDIのみ交換のみで、JOGは85kmまで出ますがヴェルデは プーリまで換えても63kmどまりです。 しかし加速は『くの字』のトルクカム溝のせいかJOGは途中でモタツキますが ヴェルデは一直線に50kmまで加速し最高速の63kmまでも到達が早いです。 また坂道でもギアーがローギアーなのか 50kmからでも加速していきます。 加速か最高速かどちらを重視かで選ぶといいでしょう。 わたしは加速重視なのでヴェルデにはまってます。 最近アドレスV125G(k5)も買いましたけどヴェルデの気持ち良さは 捨て難いものがあります。 それと2ストディオはギアーが高めなのか加速はいまひとつです。 Q 二輪(特に原付)の世界はボアアップしても原付のまま乗るのが一般的?! ある質問がありました。 流れは以下の通りです ・自分は普通自動車免許(+原付)しか持っていないけど、知人からApe50を数万で購入した。 ・登録しようとショップに持って行ったが、どう見てもボアアップしている(50の刻印が無い)。 結果、登録はできないと。 ・今の免許取得状況では乗れないため返金を知人に求めたが応じてもらえない。 ・この知人自身がボアアップ済みのこのバイクを購入した。 ・自分は小型免許取得は考えていないので、返金さえしてくれたらそれでいい ・万一50で登録できたとしても、事故や違反・任意保険契約上の問題が出やしないかと心配 というものでした。 ですが、複数の回答者から以下の回答が届きました。 二輪の世界ではこの程度の事は普通なんですか?? 厳密には乗る資格の無い排気量のバイクに乗るわけですが、こんな事は二輪の世界ではちっちゃな事なんですか? 二輪に乗られる方はそんなに責任感が無いんでしょうか?? 私自身、つい先日スーパーカブ110に乗りたくて小型二輪AT限定を取得しました。 先のA・Bさんの考え方では、以前ラインナップにあったカブ70や90でも(もちろん110でも)、50として登録しちゃえばいいんだよって事ですよね? 正直、これがまかり通るようなら、私は二輪の世界に対して激しく幻滅することになるんですが。。。 バイク雑誌にも、モンキーやらをボアアップした記事が多く載せられていますが、私はてっきり小型二輪免許をみんなが持っているものと思っていました。 流れは以下の通りです ・自分は普通自動車免許(+原付)しか持っていないけど、知人からApe50を数万で購入した。 ・登録しようとショップに持って行ったが、どう見てもボアアップしている(50の刻印が無い)。 結果、登録はできないと。 ・今の免許取得状況では乗れないため返金を知人に求めたが応じてもらえない。 ・この知人自身がボアアップ済みのこのバイクを購入した。 ・自分は小型免許取得は考えていないの... A ベストアンサー この質問者殿に言いたい事はたっだ一つ。 「どこの世界にも、同じくらいの割合でバカはいる。 」 こういう簡単な事実に早く気がついてほしい。 四輪は二輪と違う?そんなことはないですよ。 じゃ、本論 今まで私が知り合ったバイク乗りの中で、50ccオーバーの車両をわざわざ50cc(原付1種)で登録している人はいません。 そりゃ当然で、バイク乗りにとってデメリットばかりでメリットなど微々たるものだからです。 (詳細はもう繰り返しませんが)多くの人は原付二種登録をして乗る。 おっと、一人だけ例外がいました。 今の私は「四輪なんて動けばいい」派ですが、かつては四輪も二輪と同様、趣味の対象でした。 その時、某欧州車のミーティングで出会った人が、そういうモノに乗ってました。 彼は、四輪免許で原付に乗っている人なので、当然、51cc以上に乗ることはできない。 「パワーが違う」とか自慢している彼に対し、小型自動二輪免許を取るように勧めましたが、その後、彼が免許を取ったという話を聞いていません。 ま、彼にとって原付は道具。 四輪と違って趣味の対象では無い。 たかが道具のために、いくばくかの免許取得費用をかける気にならなかったのでしょう。 でも、彼が四輪にかけている改造費用を知っている身としては、その10分の1以下で取れる免許を取らないことに納得はできなかった。 また、これはいささか古い事例に属しますが、かつて某1. 3リッターの四輪に1. 6リッターエンジンを搭載してしまう、なんて話が一部で有名になったことがありますが、当然、改造申請なんて、面倒な事はしない。 書類上は1. 3リッターのまま。 四輪は二輪とは違う? そんなことはない。 あなたが知らないだけで、どこにでもバカはいる。 だから、二輪の世界でもバカは、そりゃあ、いるでしょうね。 特に原付の世界は、いろんな人がいる。 今でも排気量別バイクの売り上げ台数でいえば、50ccが一番です。 四輪免許所持者の膨大な数を思えば、そのごく一部が50ccに乗っているだけだとしても、インパクトとしてはすごいことになる。 これは私個人の感想ですが、原付の世界のことに、バイク乗りが責任感じてなんていられない。 警察だってバカじゃないし、意外にバイクに詳しい人が多い。 (これは四輪しか乗って無い人には想像の範囲外でしょうけれど)刻印ぐらい見る知恵持ってる警官は少なからずいる。 私なら、そんなリスクをしょって走るのはゴメンです。 この質問者殿に言いたい事はたっだ一つ。 「どこの世界にも、同じくらいの割合でバカはいる。 」 こういう簡単な事実に早く気がついてほしい。 四輪は二輪と違う?そんなことはないですよ。 じゃ、本論 今まで私が知り合ったバイク乗りの中で、50ccオーバーの車両をわざわざ50cc(原付1種)で登録している人はいません。 そりゃ当然で、バイク乗りにとってデメリットばかりでメリットなど微々たるものだからです。 (詳細はもう繰り返しませんが)多くの人は原付二種登録をして乗る。 おっと、一人だけ例外がいま... Q 普通2輪で苦戦中です。 超初心者なので助けて下さい。 現在、教習所で普通2輪免許の取得に向けて、頑張っております(第一段階のはじめの方です)。 バイクはスクーター等も全く経験が無かったので、その重さに最初はビックリしました。 教習所では、教官いわく「時間に限りがあるので、教本読んできっちり頭に叩き込んで、 教習所ではイメージと実際の違いをよく理解して下さい。 ただし、時間がないので、 いつまでも同じところをやれません。 」とのことですが、正直な話、いろいろ疑問が ありまくりで、教本を読んでるんですが、実際にやると「あれなんだっけ?」って頭で 考えてる余裕も無く、エンスト、急発進しそう、コケそう、チェンジ操作が上手く できない、発進停止も全然慣れない…で不安が大きいです。 教官の顔を見てると、 「ホンマに全然初心者やな…。 」って感じで呆れているようにも思いました…。 初心者でもスラスラ出来るひともいるんですが、「なんで?あんなにスラスラと…」 と思い、結構悔しいです。 ですが、自分で考えても不明なことが多いので、 バイクの先輩方この超ー初心者にアドバイス下さい。 なんでそうなるのか分かりません。 フロントブレーキの掛け過ぎですか? Q3 教習所から配布されたテキストには発進時に 1 クラッチを切って 2 ローギアに入れて 3 アクセルグリップを回して、エンジンの回転を上げて 4 半クラッチにして 5 クラッチをつなぐ(アクセルを開く) と書いてありますが、実際は 3 でエンジン掛けた状態で2000rpmくらいあって、 アクセルクリップ回すと4000~5000rpmくらいになって恐ろしくて、 3 でアクセル を回すことなく、 4 に進んでいます(この状態でも進むので)。 そして 4 の半クラッチの状態が短いのか、 5 でクラッチを繋げようと するとエンストしまくりで、教官に呆れた顔で見られました。 Q5 アクセルグリップの回し加減が分かりません。 ちょっと開いたつもりがぐーんと回転数が上がったり、 おどおどしていると、全然回転数が上がらなかったり、 手のどの部分でアクセルグリップを操作するのが良いのでしょうか? Q6 変速操作について クラッチレバーを切って、チェンジアップ、チェンジダウンするときに、 「今のは変速できたのかな?」と思ってると、教官から「ローギアのままだよ!!! 」 って注意を受けました。 なんでローギアのままだと分かったんですか? 基本的には、スピードが付けば、どんどん2速、3速とチェンジしていいものだと 思っているのですが、どんなタイミングで変速すればいいのか全く分かりません。 普通2輪で苦戦中です。 超初心者なので助けて下さい。 現在、教習所で普通2輪免許の取得に向けて、頑張っております(第一段階のはじめの方です)。 バイクはスクーター等も全く経験が無かったので、その重さに最初はビックリしました。 教習所では、教官いわく「時間に限りがあるので、教本読んできっちり... A ベストアンサー Q1 自分が何速で走っているのか、分からなくなる」 皆そう言う経験をしています、あなただけでは有りません。 でも、みんな慣れてしまうのでバイクにはインジケーターが有りません。 Q2 停止位置でクラッチを切って、~」 私にも解りません?クラッチを切っているのなら、 どんなにブレーキを強く掛けようがエンストはしません。 停止前に確りクラッチを切っていますか?としか言えません。 Q3 教習所から配布された~」 エンジンを掛けた状態で2000rpm位あるのなら、アイドリングが少し高めです。 そのまま、半クラッチの操作でバイクが動き出しますね。 練習としたら、前ブレーキを掛けた状態 バイクが動かない で、クラッチをユックリ繋いでいくと バイクが動こうとしてエンジン回転数も下がります。 この状態が半クラッチです。 アクセルを開けずに前ブレーキだけ緩めると、バイクが動き始めます。 バイクが動き始めてから「ゆっくり」クラッチを繋いで下さい。 2000rpm位あるのなら アクセルを開けなくてもエンストはしない筈です。 後の課題の坂道発進では、アクセルを開けます) 4 の半クラッチの状態は、発進時はしばらくの続けた方が良いのでしょうか?」 練習としたら、そうです。 半クラッチのまま、アクセルを開けるのは感心しませんが、練習としたら、そういう感じです。 クラッチはゆっくり繋ぎます。 半クラッチの状態からいきなりポンと繋ぐとエンジンはトルクの無い回転数ですのでエンストします。 クラッチを繋ぐと同時にアクセルを開けられると良いのですが、今は 練習には 必要有りません。 直ぐになれます。 停車する前に足を着くと、そこからまだバイクが前に進むので悪くすると立ちゴケに成ります。 Q5 アクセルグリップの回し加減」 回す感覚はアクセルの開け過ぎになります。 アクセルを軽く握った右手の手首の関節を、グリップを中心にして 少し関節を下げるような感じです。 グリップも、バイクのハンドルの外側から指先をグリップに廻して包む感じで、 小指でグリップする感じです。 グリップと掌全体が直角になって、指全体でギュと握ってはいけません。 クラッチ側も同様です。 しかし教習所では確り握れと教えますけれどね。 Q6 変速操作について」 1速でうまく発進出来れば通常は直ぐに2速へシフトします、1速で走る事は有りません。 2速からの3速へのシフトもうまく加速が繋がっていれば通常は3~4秒後位でしょう。 この感覚は慣れるしか有りません。 うまく加速が繋がると、エンジンの吹き上がりも、繋がって行く感じが続きます。 教習所ですから、外周路で4速50キロ位が教習速度?だったと思います。 5速6速の出番は有りません。 また、教習車には表示ランプが付けて有りますので、遠目からでも何速で走っているのか 解ります。 必要ありません、と言うかしてはいけません。 教習のついでに一度この本を読んでみてください きっと参考になると思います。 sideriver. html Q1 自分が何速で走っているのか、分からなくなる」 皆そう言う経験をしています、あなただけでは有りません。 でも、みんな慣れてしまうのでバイクにはインジケーターが有りません。 Q2 停止位置でクラッチを切って、~」 私にも解りません?クラッチを切っているのなら、 どんなにブレーキを強く掛けようがエンストはしません。 停止前に確りクラッチを切っていますか?としか言えません。 Q3 教習所から配布された~」 エンジンを掛けた状態で2000rpm位あるのなら、アイドリングが少し高めです。 そのまま、半ク... A ベストアンサー 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。 どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・ 又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも) もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい) なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。 どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因... Q こんにちは。 原付に乗る事になりました。 基本的な事かもしれませんが教えてください。 1 原付で片側1車線の道路の左端を走行していたとします。 そこで右前方にある脇道に入りたいが、対向車が来てる為 待たなければいけない時、原付はどこで待っていれば良い のでしょうか? そのまま道の左端に寄せて止まり、渡れるまで待つべきなのか それとも車線に寄って停止し、対向車が無くなるのを待つべきなのでしょうか? 道の真ん中で停止してるのも怖い気がします。 2 また同じように、片側一車線の【二段階右折】が不要な交差点を 右折する場合、信号待ちは左端で待機するべきか、又は車線に寄って 待機するべきか? 教えてください。 お願いします。 A ベストアンサー 車線の右によって右折待ち。 センターラインがなければ、 車線の中央で右折待ち。 車線の右による際には、 後方の安全確認、 右ウインカー点灯、 3秒後に右側へ移動。 交差点であるなら、 交差点の30m手前で、 右側によっていなければなりません。 右折が終了したらウインカーを消す。 道路交通法で右折の場合 二段階右折を除く 、 車線の右 中央 によって右折する。 交差点の中央直近内側を通行することが明記されています。 エンジンの搭載されていない軽車両は、 車線の左端に沿って二段階右折ですが、 原付は軽車両ではありませんので二段階右折は違反です。 二段階右折を指示されている場所ではその限りではない。 原付で後方確認をせずに右に出てくるバカが多いです。 二輪を運転する上では、左右に移動する場合、 後方から接近してくる車両が無いか確認して、 3秒前に合図を出してから左右に移動してください。

次の