モンスト エヴァ 当たり キャラ。 【モンスト】エヴァコラボのガチャ当たりランキング最新版! いま、引いておくべきキャラはコレ!

【モンスト】リセマラ・ガチャ当たりランキング【6/29更新】

モンスト エヴァ 当たり キャラ

追憶ミッションが開催中! 『楊セン』の獣神化決定! フラパの代わりとなるイベントが開催決定! モンストリセマラランキングです。 リセマラにおすすめの最新当たりキャラと開催中ガチャのおすすめ度を紹介しています。 また、ガチャから入手できる星5 星6 キャラの当たり度も掲載しておりますので、モンストのガチャを引く際にぜひご活用ください。 その中でも後々まで使い道があるキャラはリセマラにおける狙い目と言えます。 どのガチャも毎月数日間しか開催されていませんので、開催期間は逃さないように注意しましょう。 近日中?? 近日中?? 実装済 B 実装済 C 実装済 D 実装済 B ガチャ限定キャラ当たりランキング 【 どういうランキング?】 汎用性や特化性 明確な用途 を合わせて評価したランキングです。 代替できるキャラ 特に降臨 が少ない・使い回せる高難度が多い・周回における起用頻度が高いなど、持っている価値の高いキャラほど高く評価されます。 【 リセマラランキングとの違いは?】 リセマラランキングでは禁忌の獄など高難度コンテンツに特化しすぎているキャラは評価していませんが、こちらではそういった明確な用途こそ高く評価しています。 リセマラを終えた後に引いたキャラの価値などを確認する際にご活用ください。 数はもちろんですが質も重要視します。 ただし、周回クエストでの活躍を評価しない、軽んじる訳ではありません。 強力な運枠以上の活躍が出来る・ギミック対応を無視してでも低難度クエストで採用する価値があるといったキャラであれば、高難度特化キャラと同等以上の評価とする場合もあります。 【 重要】周回クエストでの汎用性 究極・激究極などはモンストを本格的にプレイするにあたって最も多く時間を割くクエストです。 これらでどれだけ幅広く活躍できるかも評価基準の一つとなります。 ただし、前述の強力な降臨キャラの存在や、高難度クエストに比べてキャラをそこまで選ばない クリア可不可への影響が少ない・代えが利きやすい 点などを踏まえ、以前よりも評価は厳しめに行います。 基準として、自陣とフレンド枠から1体ずつの2体編成を想定して火力が申し分ないのであればプラス評価となります。 神殿・ノマクエでの活躍なども評価 神殿・ノマクエなどを周回するメリットがこれまでよりも上がっていることを考慮し、千利休や孫尚香などのキャラはその他での汎用性が低くとも高く評価する場合があります。 有用な超戦型も考慮 既存の獣神化キャラであっても戦型の書を使うことで超戦型に強化することが可能です。 未だ貴重なアイテムではあるものの、超戦型の有無で評価が大きく上がるようなキャラについては超戦型まで考慮した評価を行う場合があります。 そのため、用途が増えたことで評価が一気に上がるような場合や、逆に適正キャラ数の増加やそれに伴う間接的なクエスト難易度の低下、モンスト全体のインフレなどが理由で評価が下がる場合もあります。 将来性の査定は極めて難しいため、基本的に当サイトの当たりランキングでは現時点である程度の使い道がある上で、付加価値として希少性があるキャラを除き、将来性については加味せずに評価いたします。 誰でも等しく入手できる機会のある降臨キャラに劣ることは、ガチャ限定キャラとしては致命的な欠点であるためです。 また、似た性能のガチャ限定キャラ同士であっても、その間に明確な優劣があれば評価に少なからず差が生まれる場合もあります。 同ランク内での厳密な順位付けをすることは極めて難しいことから、ランク内での順位付けは 無しとさせていただきます。 同ランク内は属性・五十音順の並びに統一しています。 モンスト攻略 関連記事 モンスト各種リンク !注目の人気記事!.

次の

【モンスト】エヴァコラボガチャの当たりと評価!引くべき?

モンスト エヴァ 当たり キャラ

またエヴァラコボガチャを引くべきかどうかも考察しております。 自身の欲しいキャラのピックアップガチャを選びましょう。 またバランス型では初の貫通弱点ロックオン衝撃波を搭載しており、弱点持ちの敵に対する火力には期待ができます。 手持ちによっては低難度クエストで起用する場面もあるかもしれません。 強力なSSを短縮の効果で早く打てる点も評価できます。 ただし希少なギミック対応力が故に、活躍できる高難度クエストの数は多くありません。 現状明確な使い道こそないものの、状態異常ギミックが厄介なクエストであれば活躍できそうな性能です。 フィールドを展開することができるものです。 攻守に貢献できる高難度クエスト向きのものと言えるでしょう。 現状はそのポテンシャルを活かせる場面が限られるものの、今後のクエスト次第で評価を上げて行く可能性は十分にあるでしょう。 ただし、現状はこれらのアビリティやSSを活かせる場面がなく、カバーできる範囲は広いものの最適となる場面は少なめです。 今後クエストの増加に伴い評価が変わる可能性はありますが、現状ではやや器用貧乏な印象を受けます。 性能はどちらも獣神化の上位互換と言えるようなものですが、対応ギミックの増加などで汎用性が上がっています。 活躍度の劇的な変化はなさそう 獣神化よりも強化されましたが、友情があまり現環境で優先して使われるタイプのものではありませんので、主な活躍の場は高難度クエストになるでしょう。 ただし、水側は競合キャラの存在、光側は明確な使い道の少なさがネックとなり、改前から劇的に評価が変わるということはなさそうな印象です。 エクスカリバーなどの競合キャラには劣るものの、友情もそれなりに火力に貢献できるものとなっています。 ターン数が非常に重く手軽さはありませんが、雑魚処理が難しい高難度クエストなどでは非常に有用なものです。 友情コンボには強力なロックオントライデントレーザーを搭載しており、コネクトスキルを発動することでキラーが乗るのが魅力的です。 また、獣神化と同系統のSSを所持していますが、新たに貫通化と優秀な自走効果が加わりました。 サポート特化性能から自身でも火力を出せるようになったことで、以前よりも格段に使い勝手の良いキャラになっています。 優秀なカヲルリリスの運極作成に大きく貢献するので、コラボ期間中のみであれば最も当たりと言えるでしょう。 ガチャ「エヴァコラボ第4弾」は引くべき? この期間でしか入手することができない エヴァコラボガチャはこの期間を逃すと次の復刻があるか分かりません。 復刻したとしても前回の第3弾コラボから約3年が経過しているので、当分ゲットできない可能性があります。 過去にコラボイベント終了後に限定キャラを入手してなく後悔したことがある方は、今回のコラボイベントでは全力を尽くして回した方が悔いが残らないでしょう。 中堅レベルのキャラが多い 現状で当たりと言えるキャラ エヴァコラボガチャの星6は全体的に、「そこそこの汎用性があり、将来的な活躍にも期待できる」や「現状明確な使い道がないものの、ハマるクエストが出た時に代替しづらい」といったキャラが多い印象です。 ハンターハンターコラボのクラピカや鬼滅の刃コラボの冨岡義勇のような、高難度・低難度のどちらかor両方で今すぐ大活躍できるようなキャラが欲しい方向けではないでしょう。 どちらも適正キャラが少ないクエストなので、困っていた方にとっては非常に価値の高いキャラと言えます。 また、過去の星4-5キャラも上方修正により大きく強化されています。 上記表の5体は最低でも1,2体は所持しておく価値がかなり高いと言えるでしょう。 引くべき?アンケート.

次の

【モンスト】裏ワザでガチャの当たり確率を上げる方法を解説!

モンスト エヴァ 当たり キャラ

Contents• 持ってて損なし!是非当てたいモンストガチャ当たりキャラクターTOP10! 因みに限定のキャラクターには名前の隣に 内でどのガチャで当てられるのかを書いていますのでご参照ください。 では、今最も当たりと言われるキャラクターを順番に紹介していきたいと思います! 第1位:ルシファー(超獣神祭) 登場した際から強いと言われてきたルシファーですが、新キャラや獣神化に伴い段々と影が薄くなってきていましたが、2018年7月ついに 獣神化したお陰で友情のダブルエナジーサークルが驚異の強さとなりました。 更に防御力ダウンをしてくれるお陰で更に攻略時に貢献してくれます。 ルシファー4体の艦隊でいけば、あのかつて最高難易度を誇った攻略の難しいエデンですらばんばん倒していくことの出来るほどです。 そしてSSの大号令は味方全員を一斉に動かすことの出来るため、ボスを殴るのにも雑魚処理にも役に立ちます。 更にバリアも健在なので多少のことでは攻撃を受けないというまさに至れり尽くせりな性能となっております。 ゲージもなく、癖のある性能でもないので初心者でも難なく使いこなせるでしょう。 第2位:マナ(超獣神祭) 2018年の年始から超獣神祭にて登場したマナですが、 進化の新友情インボリュートが破格の威力になっております。 一発かすっただけでもかなりの大ダメージが出せる上に弱点に直撃すれば柔らかい敵ならすぐにゲージを削りきることも可能です。 ルシファー同様バリアがついており、SSは大号令に加え撃種変換によりマナ自身は貫通タイプになる為、直接弱点に当たりやすくなります。 ただ、友情のインボリュートは位置によっては全く敵に当たらないので、なるべくマナを敵の近くに配置した方がいいでしょう。 それ以外は特に使いづらさなどはないでしょう。 第3位:パンドラ(超獣神祭) 2017年の年始から超獣神祭に追加されたキャラクターですが、パンドラの場合は進化、神化ともに強いというのが魅力的です。 神化はアンチウィンドにアンチダメージウォール、そして新友情のバリアフ寄付により仲間の被ダメージを減らしてくれます。 友情の追従型貫通弾は上手く引っ張ることが出来れば大ダメージを与えることが出来ます。 進化の方はマインスイーパーMと超アンチ重力バリア、ドレインとなっており、超アンチ重力バリアのお陰でバリアのステージに行くと物凄い勢いで暴れてくれます。 ツクヨミなどのハートが出ないステージや敵をいっぺんに倒さなければいけないステージで重宝されます。 また、SSはパンドラボックスを狙った方向の敵に投げつけて相手を攻撃力ダウンさせ痺れを付与することが出来るため、こちらもかなり強いSSとなっています。 このようにパンドラはどちらでも強いのですが、 汎用性があるのは進化、純粋な火力としては神化の方に軍配があがります。 是非2体揃えて使い分けしたいキャラクターです。 第4位:弁財天(激獣神祭) 激獣神祭により新たに追加された弁財天ですが、パンドラ同様進化、神化ともに強いキャラクターとなっております。 進化はアンチ重力バリアとアンチワープという汎用性のあるアビリティに、加速の友情が2回当たれる為味方のスピードアップ要員になれます。 更にSSの白爆発で味方の友情を誘発することも可能です。 SSが30ターンと長いのですが、SS短縮も持っているので、ゲージを外さなければもう少し早く打つことが可能になります。 一方神化はギミックに対してはアンチバリアしかないのですが、闇属性キラーとカウンターキラーを素アビにもっており、友情にキラーが乗る為ホーミングと貫通拡散弾の威力も倍増します。 更にSSは8ターンで打てるオールアンチなので、2巡に1回は打てるようになっています。 パンドラ同様、出来れば2体使い分けたいキャラクターです。 第5位:ベートーヴェン 獣神化により音楽家シリーズが大分強くなりましたが、その中でも特に強いのがベートーヴェンです。 友情の爆破拡散弾が密着時にはかなり強力です。 アビリティもゲージ無しのアンチブロックとアンチ重力バリアで沢山のクエストに行けるうえに、SSが最短20ターンで打てる大号令となっており、獣神祭限定キャラクターをも凌ぐ強さとなりました。 こちらも癖のなく使いやすいキャラクターになっています。 第6位:神威(超獣神祭) 神威も獣神化によって大分強さが強化されました。 落雷の友情が2回になり、アンチ重力バリアと超アンチワープという汎用性の高いアビリティにより、様々なクエストで使われております。 第7位:ノストラダムス(超獣神祭) ノストラダムスもパンドラや弁財天同様進化と神化、どちらも使えるキャラクターとなっております。 進化は超アンチ重力バリアに火属性キラー、友情のトライブパルスがなかなか使えます。 神化は光、闇属性キラーにマインスイーパーMとアンチブロックという、進化、神化ともにキラーの入る仕様になります。 第8位:妲己(激獣神祭) 妲己も獣神化により、ランページレーザーELという友情面がかなり強化されました。 アビリティもアンチ重力バリアにアンチワープ、光属性耐性という汎用性も高いキャラクターです。 第9位:モーツァルト モーツァルトも獣神化により、主にホーミングの鬼となりました。 友情、SS共にホーミングかなり強力で、ホミ吸さえいなければ雑魚処理、ボスへの攻撃共に使えます。 第10位:カマエル(レッドスターズ) 新しく追加された天使シリーズの1人ですが、友情が妲己と同じくランページレーザーELがかなり強力です。 アビリティも超アンチワープ、アンチ魔法陣、アンチウィンドとトリプルアビリティなのも魅力の1つです。 攻略サイトで最強キャラトップだったのマ? — 傘 umbrellaanother 超獣神祭ガチャ、引いてみた。 卑弥呼(四体目)、ノストラダムス(二体目)。 ホシ玉からは、ルシファー(四体目)。 ・・・まあ、当たりなんだろうな。 特に超獣神祭がトップ3を陣取っている為、とくに狙っているキャラクターがいない限りは超獣神祭を引くようにしましょう。 あなたも有利にモンストを攻略していってください!.

次の