シナチクレシピ。 【みんなが作ってる】 メンマのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

影の主役!メンマを使ったおすすめレシピ20選

シナチクレシピ

メンマの原料とメンマができるまで メンマの原料は麻竹(マチク)と呼ばれる台湾や中国で採れる筍です。 120センチほどに成長した筍を7月から9月にかけて収穫して、食べるところと皮や節を切り分けます。 皮や節は固く食べられないので、可食部分は少なくなります。 食べる部分を3~4時間蒸して、1ヶ月ほど発酵させます。 この発酵によって、甘味と酸味、独特な香りが出るのです。 次に3~4日ほど天日干しをします。 食べやすいようにカットして、乾燥メンマの出来上がりです。 ここから水煮メンマ、味付けメンマとなります。 乾燥メンマを水に戻す時間や製法によって、コリコリした食感や歯ごたえが変わってきます。 筍の先端部分を使ったメンマが穂先メンマと呼ばれるものになります。 発酵と天日干しを省いたメンマもあるようです。 メンマの名前の由来 「メンマ」という名前は、日本の丸松物産という会社が考案したとされています。 昭和20年代までは「支那竹(シナチク)」と呼ばれ、台湾から中国を経由して、日本に輸入されていました。 しかし丸松物産の当時の社長が「麺の上にのせる麻竹」つまり略して「メンマ」と名付けたのが現在のメンマの由来となっています。 その後、桃屋という食品会社がCMで名前を使い、「メンマ」という名前が浸透しました。 実は、麻竹の産地である台湾や中国では、麺の上にのせて食べる習慣は意外なことにありません。 乾燥メンマを水に戻し、肉や野菜と一緒に炒めたり、煮たりして食べるのが一般的です。 お酒のおつまみやラーメンにぴったり、手作りメンマのレシピ。 水煮しておいた筍をよく洗って3ミリに切ります。 ゴマ油を熱して筍を炒め、途中で輪切りにした唐辛子を加えます。 水や中華スープの素などを入れたら弱火の中火で煮込み、水分が半分ほどに減ったら、味を調節して出来上がりです。 唐辛子の量や砂糖の分量を調節することで好みの味に作れます。 おつまみにラーメンのトッピングに手作りメンマ 材料 (2~4人分)水煮した筍250gゴマ油大さじ1唐辛子1本水1. お弁当にもおすすめ、味付けメンマの作り方。 ゴマ油を入れたフライパンを火にかけてあたため、水煮してあるメンマを入れて炒めます。 砂糖、酒、みりん、醤油、めんつゆ、オイスターソースを入れて煮詰め、水分がメンマに染み込んだら完成です。 オイスターソースの味がコクがあってポイントになりますが、苦手な人は入れなくても大丈夫です。 10分で作れて簡単です。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

メンマ炒め

シナチクレシピ

メンマの原料とメンマができるまで メンマの原料は麻竹(マチク)と呼ばれる台湾や中国で採れる筍です。 120センチほどに成長した筍を7月から9月にかけて収穫して、食べるところと皮や節を切り分けます。 皮や節は固く食べられないので、可食部分は少なくなります。 食べる部分を3~4時間蒸して、1ヶ月ほど発酵させます。 この発酵によって、甘味と酸味、独特な香りが出るのです。 次に3~4日ほど天日干しをします。 食べやすいようにカットして、乾燥メンマの出来上がりです。 ここから水煮メンマ、味付けメンマとなります。 乾燥メンマを水に戻す時間や製法によって、コリコリした食感や歯ごたえが変わってきます。 筍の先端部分を使ったメンマが穂先メンマと呼ばれるものになります。 発酵と天日干しを省いたメンマもあるようです。 メンマの名前の由来 「メンマ」という名前は、日本の丸松物産という会社が考案したとされています。 昭和20年代までは「支那竹(シナチク)」と呼ばれ、台湾から中国を経由して、日本に輸入されていました。 しかし丸松物産の当時の社長が「麺の上にのせる麻竹」つまり略して「メンマ」と名付けたのが現在のメンマの由来となっています。 その後、桃屋という食品会社がCMで名前を使い、「メンマ」という名前が浸透しました。 実は、麻竹の産地である台湾や中国では、麺の上にのせて食べる習慣は意外なことにありません。 乾燥メンマを水に戻し、肉や野菜と一緒に炒めたり、煮たりして食べるのが一般的です。 お酒のおつまみやラーメンにぴったり、手作りメンマのレシピ。 水煮しておいた筍をよく洗って3ミリに切ります。 ゴマ油を熱して筍を炒め、途中で輪切りにした唐辛子を加えます。 水や中華スープの素などを入れたら弱火の中火で煮込み、水分が半分ほどに減ったら、味を調節して出来上がりです。 唐辛子の量や砂糖の分量を調節することで好みの味に作れます。 おつまみにラーメンのトッピングに手作りメンマ 材料 (2~4人分)水煮した筍250gゴマ油大さじ1唐辛子1本水1. お弁当にもおすすめ、味付けメンマの作り方。 ゴマ油を入れたフライパンを火にかけてあたため、水煮してあるメンマを入れて炒めます。 砂糖、酒、みりん、醤油、めんつゆ、オイスターソースを入れて煮詰め、水分がメンマに染み込んだら完成です。 オイスターソースの味がコクがあってポイントになりますが、苦手な人は入れなくても大丈夫です。 10分で作れて簡単です。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ

シナチクレシピ

概要 [ ] メンマはもともと南部やにおいて、 麻竹、 Dendrocalamus latiflorus Munro を発酵させ食用としていた食品である。 (竹)には温帯性タケ類(単軸型)、亜熱帯性タケ類(準連軸型)、熱帯性タケ類(連軸型)があり 、マチクは中国南部や台湾など亜熱帯性地方に産するタケ類である。 収穫時期のマチクは鎌で切り取れるくらいの柔らかさで、などに産するタケ類とは質感が違う(なお、マチク(麻竹)は温帯性タケ類の(真竹)とは別の種である)。 中国南部や台湾では収穫したマチクを蒸してから、さらににして密閉させた状態で発酵させた後、細かく裂いて天日乾燥したものが「筍乾」として食用にされている。 また、これらに味付けしてそのまま食べられるように調理した物も流通している。 日本ではのやのつまみとして用いられ、塩抜きの後に炒め煮にしたりに和えたりして調味される。 国産のタケノコを使ったメンマも少量製造されているが、国内消費量の99%は中国や台湾などからの輸入品である。 名称の由来 [ ] 日本の竹とは異なるの竹が原料であることから、では元来「支那竹」と呼ばれていた。 「メンマ」という名称は、台湾出身で創業者の松村秋水がに考案したものである。 語源は「ラー メン上の マチク」で、の抗議を受けての命名とされる。 メンマという名称はが認められなかったため、にが商品名として採用し、テレビCMで宣伝したことによって広く普及した。 現在では支那竹よりも一般的な呼称として定着している。 台湾ではメンマを筍乾、筍絲、筍茸、筍尾片などと呼ぶ。 では筍絲(スンシー)と呼び、柔らかく水煮された状態のものが販売されていて、とともにたなどとして食べられている。 台湾やには、メンマを汁かけ麺の具材として使う習慣がない。 お弁当の付け合せとしてよく使われている。 脚注 [ ]• 内村悦三『竹資源の植物誌』創森社、2012年、68頁。 内村悦三『竹資源の植物誌』創森社、2012年、145-146頁。 『東京新聞』夕刊2018年10月13日(8面)2018年10月21日閲覧。 自由時報. 2017年3月12日閲覧。 2007年5月16日. 2013年10月1日閲覧。 : p. 2013年9月2日. 2013年10月1日閲覧。 「 」 『MBニュース』第62号、、2013年5月。 2017年7月20日閲覧。 台湾南投縣政府. 2017年3月13日閲覧。 自由時報. 2017年3月13日閲覧。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の